ZED

2008年10月06日

シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』

毎回来るたびに楽しみにしているシルク・ドゥ・ソレイユ
これはただのサーカスじゃないのですヨ。
芸術です!
舞台・衣装・ストーリー・キャラクター・振り付け・音楽、
すべてが一体となった舞台芸術!!
そのシルク・ドゥ・ソレイユが常設になりました♪

ところで、夫婦で夢中になっているこのシルク・ドゥ・ソレイユ。
毎回毎回宣伝がすごいっ!!
だから嫌でも情報が目に飛び込んでくるんですよね〜。
今回は、世界ふしぎ発見で取り上げられていました。
でもね、ここにもネタバレがっ。(_ _;)
5分もしないうちに、チャンネルを変えたのデシタ。
 ・・・・ビデオ録画して昨日見ましたヨ。

そのほかにも、演奏会へ行ったら『ZED』のチラシ!
私としては、その世界観も舞台もキャラクターも、
全くの情報なしで観たいわけデス。
チラシは目をつぶってくしゃくしゃっとゴミ箱へ捨てました。
危ない危ないっ!

こうして氾濫する情報から自分を守るのに必死だったわけですが、
全くの情報なしで観る楽しみは格別です!!
どんなキャラクターが出てくるのか、
どういう世界観で、どういう構成なのか、観ないとわからない。
何が起こるかわからない驚きと感動!
格別の時間です。
そして、その格別の時間を昨日の夜味わってきたのですよ〜♪

ってことでね、これから観に行きたい〜と思われている方は、
この先読まないほうがいいかもしれません・・・。(笑)
ネタバレなしで言えることは、
やっぱり常設シアターとテントとは違うんだなぁってことです。
常設にしかできないことがあるんでしょうね〜!すごかった!
また、世界観もイイ!すっごくイイ!
世界各国に常設シアターのあるシルク・ドゥ・ソレイユですが、
これはかなりヒットな常設シアターなのではないでせうか。

ってことで、ここから先はほんのちょっとだけですがネタバレが含まれます。
私のようにすべての情報をシャットダウンしている人には向きません。
お気をつけあれ〜〜
少々のネタバレならOKという方は、この記事下の”続きを読む”をクリックしてくださいネ。


【ブログ村からこの記事へいらした方への注意事項】
ブログ村からこの記事タイトルをクリックしていらした方は、
その時点で追記が表示されています。
その場合、”続きを読む”の文字をこの記事下に探してもありません。
この先、スクロールするとすぐに”少々ネタバレ”の文章が現れますので、
お気をつけください。m(__)m
追記を見たくない方は、このブログトップページへ移動してください。



ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ 


【モントリオール/本---Amazon.co.jp
アートサーカス サーカスを超えた魔力 (光文社新書)
白い扉の向こう側 ようこそシルク・ドゥ・ソレイユへ
シルク・ドゥ・ソレイユ サーカスを変えた創造力
二つの言葉の町モントリオール―カナダ・ケベック文化紀行
トロント・ケベックシティ オタワ・モントリオール (JALシティガイドマップ)
ふだん着のモントリオール案内

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 


続きを読む

emksan at 15:14|PermalinkTrackBack(0)