Mikoto

2012年06月12日

Mikoto主宰コンサート(楽器支援)

様々な良質のコンサートを企画なさっているMikotoの加藤さん。
ご自身が企画なさっているコンサートを通じて、
私の楽器支援を支援し続けてくださっています。

今月6月2日(土)には、
「5人のアンサンブル」バロック音楽と名曲の調べ

という企画で支援金を集めてくださいました。
先日加藤さんがYouTubeにアップなさっていた、
当日の演奏は本当にすばらしく、
こだわりを持ってコンサートを企画なさっている、
加藤さんのセンスの良さと、
音楽に対する真摯な思いを感じました。

ところで、6月19日(火)のMikoto企画が、
とっても興味深いのでご紹介です。
私も伺わせていただく予定なのですが、
ピッコロヴァイオリンという楽器のコンサートなんです。
ロシア在住のグレゴリー・セドフさんという方の演奏です。

場所は川崎。
ミューザ川崎内に市民交流室というサロンがあるのですが、
ここは響きがとってもいいんですよね〜。
小さな響きのよいサロンなので、
臨場感ある響きを堪能することができると思います。


【ピッコロヴァイオリンとは?】

著名なヴァイオリン製作者で音響物理学者のカーリン・ハッチス博士が、
理想的な弦楽器を求め、
実験と研究の成果として作成した新しい弦楽器8種のうち、
最少で最高音の弦楽器。
NASAの技術により実現した0.178个箸いΧ忘戮覆らも
調弦・演奏に耐えうる強度を備えた特注の弦を
E線に使用することで、通常のヴァイオリンより1オクターブ高く調弦される。
単に高音なだけでなく、独得の伸びと艶があり
優美なソプラノのような美しいサウンドが特徴。
世界に数艇しか存在せず、21世紀の新しいアイデアの楽器として
世界の巨匠たちも注目している。


子供・学生席(5歳〜大学生1500円)好評に付き、残数が少なくなっています。
お早目にお申込みをお願いいたします。


グレゴリー・セドフ ピッコロ・ヴァイオリンコンサートwith 内藤晃
2012年6月19日(火)19:00開演 18:30開場
ミューザ川崎シンフォ二ーホール市民交流室

マスネ:タイスの瞑想曲
P.I.チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より“入場と黒鳥のアダージョ”“ロシアの踊り” 
バッジーニ:妖精の踊り
ドニゼッティ:オペラ「ドン・パスクアーレ」よりアリア
A.ルビンシテイン:ロマンス“夜”
日本の名曲より:五木の子守唄 会津磐梯山
I.カールマン生誕130周年記念:
 オペレッタ 「伯爵夫人のマリツァ」「インドの踊り子」  ほか


全席自由:
一般:3500円 
5歳〜大学生1500円(未来の音楽会事務局のみ取扱い)
当日:4000円


PCを開く時間がない!申し込みが難しいという方は・・・
実行委員長 携帯アドレスへご連絡ください。
ご予約承ります!!
加藤 hap28@ezweb.ne.jp
お名前・枚数を必ずお知らせください。


<お問い合わせ・ご予約>

未来の音楽会 実行委員会
.瓠璽襦arimaoh@nx.ejnet.ne.jp 
FAX:044-944-7179
(´共に代表者名・枚数・連絡先を明記)
MIKOTOホームページお問い合わせからもお申込みいただけます。
http://mikoto21.com/cncrts.html

良い音楽を、できるだけ幅広い年代の方に聴いていただけるように
子供・学生料金を設定しました。(5歳〜大学生1500円)
ご希望の方は、お手数ですが、年齢とお名前をお知らせください


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 10:44|PermalinkTrackBack(0)