音楽史

2007年03月06日

ピアノの歴史7【ハープシコードからフォルテピアノへ】

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
ピアノの歴史【クラヴィコード供曚こちら
ピアノの歴史ぁ撻蓮璽廛轡魁璽畢機曚こちら
ピアノの歴史ァ撻蓮璽廛轡魁璽畢供曚こちら
ピアノの歴史Α撻蓮璽廛轡魁璽畢掘曚こちら


【ハープシコードからフォルテピアノへ】

ピアノが普及するのは18世紀末のこと。
それまでは、クラヴィコードやハープシコードが主流でした。
クープラン、ラモー、スカルラッティ、ヘンデル、バッハ

では、ハープシコードの時代から突然フォルテピアノの時代へと突入したのでしょうか?
もちろん違います。
この2つの楽器は同時期に共存し、
ハープシコードからフォルテピアノへと橋渡しをした作曲家がいるのです。
バッハの息子たち、ハイドン、クレメンティ、モーツァルトなどがそうです。

ハイドンやモーツァルトを演奏するとき、ピアノだけを連想しますか?
それともチェンバロやクラヴィコードも連想しますか?
この時代の楽曲を見ると、
チェンバロやクラヴィコードのための曲と思えるものが多々あります。
モーツァルトが幼少期に作曲したものは、
チェンバロやクラヴィコードのための曲ばかり。
モーツァルトは旅行にクラヴィコードを持ち歩きました。

基本的に1770年代のウィーンではチェンバロが主流でした。
ウィーンは保守的だったのですね。
その7年後、モーツァルトはフォルテピアノをアウグスブルクで見て感激しています。
モーツァルトが21歳のときのことです。

1790年代にはウィーンでもフォルテピアノが優勢となります。
1790年ハイドンは、ある婦人にシャンツ製のフォルテピアノを勧めています。
ハイドン自身1788年にシャンツのフォルテピアノを購入した形跡があるそうです。
ハイドンが56歳のときのことです。

フォルテピアノが優勢になる以前、
これら作曲家の作品は、チェンバロやクラヴィコード、フォルテピアノと、
様々な鍵盤楽器で演奏されました。
ハイドンの初期と後期、モーツァルトの初期と後期の楽譜を、
これら楽器の変遷を想像しながら眺めるのも面白いですヨ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


最近売れているクラシックCDはこれ!


【ハイドン/本】
古典音楽の父ハイドン
ハイドン―使い捨て作品と芸術作品
交響曲の父ハイドン
ハイドン復活
ハイドン・モーツァルト―現代医学のみた大作曲家の生と死
作曲家と出会うハイドン その生涯と作品
ハイドン ロマンの軌跡―弦楽四重奏が語るその生涯

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 11:57|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月05日

ピアノの歴史6【ハープシコード掘

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
ピアノの歴史【クラヴィコード供曚こちら
ピアノの歴史ぁ撻蓮璽廛轡魁璽畢機曚こちら
ピアノの歴史ァ撻蓮璽廛轡魁璽畢供曚こちら


【ハープシコード掘

今回は大型のハープシコードについて。
演奏会などでよく見かけるチェンバロです。
この楽器についての最古の記述は14世紀末
現存している最古の楽器は16世紀のものです。
この時代の主要な製作地はイタリア。
薄手で細長いという特徴があり、
なんと脚を取り外して卓上に置けるものもあったそうです。
1つの鍵盤に対し1対の弦。
たがいに反対に向いた2本のプレクトラムでこの1対の弦を鳴らしました。

17世紀に入ると、主要製作地はフランドル地方へ。
  ・・・・・オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域です。
なかでもリュッケルス一家が有名で、
厚手のケースに特徴のある銘器が製作されました。
ハープシコードには1段鍵盤のものと2段鍵盤のものがありますが、
2段鍵盤を取り付けたのは、フランドルの製作者たちでした。

余談ですが、チェンバロの演奏会へ通うようになり、
「チェンバロにも発展の歴史があるんだ!」と実感した私。
考えてみれば当然のことなのですが、
ピアノが発展する以前の楽器、
という固執したイメージに捉われていたんですね。
時代によって楽器の大きさも変わりますし、
それに伴い響きの豊かさも変化していきます。
個人的には、響きすぎる大きなハープシコードより、
ちょっと小さめのハープシコードの方が好きです。
 ・・・・楽器編成にもよりますが。ソロはその方が耳に優しく感じます。

ところで、これから話を進める前に必要な知識をちょこっとお話したいと思います。
チェンバロの本などを読んでいると「何フィート」という言葉が頻繁に出てきます。
8フィートというのは鍵盤通りの実音のことです。
この半分の4フィートだと、その音の1オクターブ高い音ということになります。
8フィートの倍の16フィートだと、1オクターブ低い音
これはパイプオルガンのパイプの長さからきている言葉です。
チェンバロは弦の太さや張力で音の高さを調整できるので、
弦の長さを示しているものではないそうです。

このハープシコード(チェンバロ)の新しい機能を見ると、
思わずエレクトーンを思い出してしまう私です。
ハープシコードにもエレクトーンのような装置があったんですね〜。
エレクトーンを始めて触ったとき、なんだこりゃ?と思ったコト。
鍵盤の実音より1オクターブ高い音や1オクターブ低い音を、
同時に鳴らすことができるんです。
エレクトーンは音色のほかに、そういう装置を使って音を作る。
ピアノでは考えられない装置です。

で、これと同じような装置がハープシコードにはあるのです。
17世紀はじめになると、
4フィート弦と8フィート弦の両方を鳴らすことができる装置が考案されました。
どういうことかというと、
上段と下段でフォルテとピアノを、弾き分けられるようになったということです。
実音だけのピアノと、4フィート弦も同時になるフォルテ。
これらは前回お話したストップの操作でコントロールします。

また、カプラーと呼ばれる機構が発案されました。
上下段鍵盤を連動させ、同時に二つの鍵盤に張られている弦を鳴らせるようになりました。
ハープシコードは、このようなストップ操作により音色を変えることができるのですね。

バッハのイタリア協奏曲をみると、
合奏(トゥッティ)とソロの対照を感じます。
チェンバロの上段鍵盤と下段鍵盤・・・のように当てはめると、
楽曲へのイメージがググッと広がると思いませんか?

ところで、これは余談ですが・・・。
リュッケルス一家が製作した2段鍵盤のほとんどは、
移調2段鍵盤だそうです。
いやぁ、これ驚きます。
上段と下段で鍵盤の配列が少しずれているんです。
例えば、上段C音の位置に下段鍵盤F音を置く。
下段鍵盤Fを弾くとC音が鳴る・・・という仕組みです。
なんとも弾きにくそう。(^-^;
でも、電子ピアノやエレクトーンにはこういう機能がありますね。
私はこういう鍵盤を弾くと頭が混乱して弾けなくなっちゃいます。
 ・・・・でもね、トン・コープマンがパイプオルガンを弾いている映像を見ると、
    弾いてる鍵盤と鳴ってる音が違ってたりするんですよね〜。
    こういう鍵盤で弾けないとパイプオルガンは演奏できないのかなぁ。



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


のだめカンタービレ特集更新してます!


【ピアノの歴史/本】
日本のピアノ100年―ピアノづくりに賭けた人々
ピアノ進化の歴史と演奏家―いい音を求めて
ピアノ音楽史事典
ピアノの歴史―楽器の変遷と音楽家のはなし
チェンバロ・フォルテピアノ
ピアノ
ピアニストに贈る音楽史
楽器を知ろう―ピアノ

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 17:20|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月29日

ピアノの歴史3【クラヴィコード供

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
【古楽/CD】
十字軍の音楽
ゴシック期の音楽
オケゲム:エッチェ・アンチルラ・ドミニ
テレマン:管弦楽組曲
ネーデルランド楽派の音楽(2)
ダ・ヴィンチの世界
ジョスカン・デ・プレ:モテトゥス名曲集
古楽への招待
ネーデルランド楽派の音楽(1)
ルネッサンス・スペインの宮廷音楽
宮廷の愛(3)(ブルゴーニュ宮
ドゥクチア
中世ヨーロッパ名曲集
中世ルネサンス音楽への招待状
ルネサンスのクリスマス音楽
ルネサンス名演集
ルネサンス・リュート曲集





【クラヴィコード供

この魅力的な楽器クラヴィコード。
現存している一番古いものはドメニコ・ダ・ペサロという人が製作した1543年のもの。
3オクターブ半ほどの音域があるそうです。(c3〜E)
最初はイタリアで製作されていたクラヴィコードですが、
16世紀になるとヨーロッパ各地に普及し、
17世紀にはドイツで多く作られるようになり音域も4オクターブまで広がりました。

16世紀というとルネサンス期ですね。
この頃日本へ初めてヨーロッパ船が到着しました。(1542年)
その7年後フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸。
その中に、このクラヴィコードがあったようです。
「十三ノ琴ノ糸ヒカザルニ五調子ヲ吟ズ」と当時の文書にあります。

クラヴィコードは小型の楽器で持ち歩きやすいものだったんです。
旅行ばかりしていたモーツァルトは、その中でも極めて小型のクラヴィコードを愛用。
古いクラヴィコードには脚のないものが多く、
容易に持ち運びができるだけでなく、机の上に置いて弾くこともできました。
現代のキーボードのような手軽さですネ。

最後にバッハについて書いたフォルケルの一文をご紹介。

「バッハがいちばん好んで弾いたのはクラヴィコードであった。
ハープシコード(チェンバロ)は多用な表現能力を備えてはいるが、
彼にとって感情表現が十分でなかった。
またピアノフォルテは、彼の生存中まだ幼児期にあった楽器だったために、
彼を満足させるには荒削りすぎた。
それゆえ彼はクラヴィコードを練習用、
および一般に個人的な音楽の楽しみのための最上の楽器、と考えたのである。
彼の洗練された考えの表現には、この楽器がもっとも好都合であった。
実際クラヴィコードは音の点では貧弱だったが、
きわめて柔軟性に富んでいるので、
ハープシコードやピアノフォルテからはこの楽器ほどの
こまやかな表現が得られるとは信じがたかったのである。」

音が小さいというだけで衰退してしまったクラヴィコード。
フォルケルの一文を読むと、復活してもらいたいものだ・・・と思わずにいられません。
でもね、コンサート向けじゃないんですよね。(_ _;)
誰の耳にも届かないほど微弱な音なので。
いつか欲しいな。自分で調律できなきゃだけど。
調律の方法を覚えて、自分用に欲しいものデス。
場所もあまりとらないし・・・。探せば売ってるし・・・。
いつかね、いつか・・・。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


チェンバロ・フォルテピアノのCDはここ♪




emksan at 11:00|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月27日

ピアノの歴史2【クラヴィコード機

・・・・ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【クラヴィコード/CD】
シークレット・モーツァルトクラヴィコード作品集
鍵盤音楽の領域vol.3
クラヴィコード作品集

ミューズ資料館には、ピアノ本&楽譜&CDがいっぱい!

 



【クラヴィコード機

Clavichord

クラヴィコードという言葉が初めて書物に現れたのは1404年
15世紀半ばには、この楽器の図面が記録されています。

「よいクラヴィコードは、音が弱いということを除いては、
音の美しさではピアノフォルテに劣らないし、
ベーブンクやポルタートをつけることができる点で、
ピアノフォルテよりも優れている」(P.E.バッハ)


ピアノはハンマーが弦を叩きますが、
クラヴィコードは
タンジェントと呼ばれる、
マイナスドライバーの先のような棒が弦を叩き上げます。
このタンジェントの材料は様々で、
木、動物の骨、鯨骨、真鍮などがありました。
鍵盤を押すと、てこの原理でタンジェントが上がり、
弦を打って発音させます。

この楽器、チェンバロと違って音の強弱がついたんです。
キーを強く押し下げると弦へのタンジェントの当りが強くなるので、
音量が大きくなります。
弱く押し下げれば音量が弱くなる。
これはチェンバロにはない大きな長所だったんですよね。

そして、もう1つの特徴。
P.E.バッハが言っている「ベーブンク」と「ポルタート」です。

先端にタンジェントをつけただけの簡単な装置だったクラヴィコードは、
てこの支点を中心に、ちょこっとだけ左右に動くのです。
このちょこっと左右に動く横揺れを利用して、
鍵盤を右か左に動かすと、タンジェントが弦に当たる位置が変わります。
当然音の高さが変わりますよね。
当時の演奏者は、この奏法で感情的表現を行ったのでした。
この奏法は「ポルタート」と呼ばれます。

そして「ベーブンク」。
これまたと〜っても魅力的な特徴なんですよ。
クラヴィコードでは指が鍵盤を押し下げている限り、
タンジェントが弦を突き上げて音が鳴り続けます。
そのとき鍵盤を押し下げている指の圧力を変えると、
鳴っている音に強弱が生じるのです。
ヴァイオリンでいうとヴィブラートのような効果ですが、
ヴァイオリンのヴィヴラートは音の高低によるものだから、
厳密に言うと、やっぱりヴィヴラートではないんですよね。
この奏法は「・・・・・」という点をスラーで囲んだ記号で示されました。
この記号が書かれていたら、その曲はクラヴィコードのために書かれたのだとわかります。


emksan at 10:44|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月21日

ピアノの歴史1【鍵盤の歴史】

自分の脳みそを整理する意味合いも込めて、
ちょっとピアノの歴史について書いてみようかな・・・と。
今のところまで書いているので、
までは順次アップできるのですが、
それ以降はいつになるかわかりません。<(;~▽~)
ちょいと忙しくしているので・・・。
ただ、このままだといつまでたってもアップできなさそうなので、
とりあえず書いたものだけはアップしちゃうことにしました。


【鍵盤の歴史】

鍵盤ってピアノが生まれるずっと前からあったんですね〜。
鍵盤そのものの発達はオルガンとともにあります。
最初のオルガンは紀元前3世紀半ば
北アフリカのアレキサンドリアでクテシビウスにより考案された、
ヒュドラウリスという水圧を利用した楽器だそうです。
お風呂場で洗面器をひっくり返して上から押すと、
中の空気が水を押す・・・これを利用したオルガンです。

hydraulis

この楽器はパイプ列に送風して発音させるために、
キーが取り付けられたんですよね。
とはいえ、まだレヴァーと言ったほうがいいような段階だったようですが。
これらのレヴァーが盤状に整列していたようです。
・・・・・見たことがないので、どんな感じなのか見てみたいですね〜

その後、皮袋のふいごから送る空気で発音するオルガンが出てきて、
演奏に使わない音を鳴らさないようにする「ストップ」機能が生まれます。
(最初は、1つのキーを操作すると何本ものパイプが鳴ってしまっていたそうです。)

これらレヴァーのようなキーがボタン状に変わり、横に並ぶようになり、
ついには四角いボタン状で半音鍵も見えるようになるのは14世紀のこと。
この頃になると、オルガンは教会で使われるようになり、
15世紀頃からは教会の建築にあわせて設計されるようになりました。

ところで、黒鍵って最初からあったわけではありません。
白鍵だけだとファ-シ間の響きが増4度で響きが硬い!
そこで完全4度を求め♭シの鍵盤ができたそうです。
現代のように5つの黒鍵が揃ったのは、13世紀〜14世紀ごろかけてでした

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


のだめカンタービレ特集♪


【パイプ・オルガン/CD】
パイプオルガン赤ちゃんのための子守歌集
オルガン音楽のすゝめ [豊田市コンサートホールのパイプオルガン]
パイプオルガンによる讃美歌集
パイプオルガン・讃美歌Xマス
パイプオルガン大好き
パイプオルガン・クリスマス
Tientos y Glosas en Iberia
Scheidemann - Organ Works
トッカータとフーガ / バッハ : オルガン作品集
ヘンデル:オルガン協奏曲集(作品4&7全曲)
結婚行進曲~華麗なるオルガン名曲集
バッハ/初期オルガン作品集「愛」
ラインベルガー:オルガン作品全集第5集
デュプレ:オルガン作品集第5集 「かくも喜ばしき日」「聖なる十戒」他
バッハ/中期オルガン作品集「望み」
バッハ/後期オルガン作品集「祈り」
レーガー:オルガン作品集(4)
サン=サーンス:オルガン作品集



emksan at 11:52|PermalinkTrackBack(0)