音楽史

2008年11月27日

ピアノ史メモ年表のピアノ作品目録を眺めて

おととい・・・

『HPの
ピアノ史メモ年表の更新続行中です。
ピアノ欄の作曲家名をクリックすると、
別ウィンドウで小さなウィンドウが立ち上がり、
作曲家の簡単な紹介とピアノ作品目録が出てきます。』


と書きましたが。
ピアノ作品目録をまとめていて、
気づかされることが結構あるんですヨ。
これをやることにしてよかったと思うのは、
ピアノ作品に的を絞ったということ。
そして、それを年代順に並べたということです。

年代順に並べ始めたのは、
モーツァルト以降のことなのですが、
面白いなぁって思うんですヨ。
本を読んでいれば情報として出ては来るんですよ。
この作曲家はこの年代にソナタばかり書いていた・・・とかね。
そういう情報。
でも、それって並べてみてみたわけじゃないのでピンとこないわけデス。
実感が湧かないというか。私って頭固いから。(^_^;)

でもね、並べてみると「ほほぉ〜」と思うわけデス。
例えばモーツァルト。
1767年、彼が11歳のときですが、
このときの作曲、ピアノ曲はピアノ協奏曲しか書いていないんですよねぇ。
 ・・・・・もしかしたら、私の調べ方が足りないだけで、
     他の曲も書いているのかもしれませんが。

で、想像するわけです。
年齢からいっても、この頃のモーツァルトは、
ピアノ協奏曲を学ぶという意味合いで書いていたのだろう・・・と。
また、面白いのはソナタをバババッと書いている時代があるということ。
1775年16歳のときのことです。
一気に第1番から第6番まで1年で書いています。
全体を眺めていると、
ここいら辺から作品という本格的な匂いがプンプン漂ってくるんですよね〜。
17-8歳くらいから勉強の時代は終わって、
曲の規模や奥深さが増しているような気がします。

もう1人、面白いなぁと思ったのがシューベルト。
全作品目録からピアノ作品だけを抽出していたので、
いかに歌曲が多いか手に取るようにわかって面白かった。
いやぁ、歌曲だらけですよ。(笑)
歌曲王の由来を実感させられました。
ピアノ作品は歌曲の中にちょこっと混じっているといった程度。

でね、ほほぅ・・・と思ったのが、舞曲が多いということ。
他の作曲家に比べ、舞曲の割合がすごく多いんじゃぁないでしょうか。
数えたわけじゃないので、はっきりとは言い切れませんが、
ドイツ舞曲やらメヌエットやらが、随分と目に付くんですヨ。
また、連弾曲が多いのにも驚かされます。
女性と連弾するためにたくさん書いたのでしょうか?(笑)
それともシューベルティアーデのためかな。

また、この作品目録には”デュオ作品”という欄を設けていますが、
これも興味深い欄になったなぁと思います。
編曲ものも含め、
オリジナルの連弾曲or2台ピアノの楽曲が一目瞭然で、
我ながら見やすい欄になったのでは・・・と。
 ・・・・・シューベルトはほとんどがオリジナル作品。

     シューベルトの連弾特集なんてコンサートがあったら、面白そうだなぁ。

一番最新の作曲家はメンデルスゾーンです。
これは結構苦労しました。
研究が他の作曲家ほど進んでいないんではないでしょうか。
もしくは進んでいたとしても、あまり流布していないか・・・。
どうなんでしょぉ?
作品番号のない作品が多い!
他の作曲家は、作品番号が新しくなっていたり、
いろいろ研究が進んでいるんだなぁ〜を実感させられながらまとめるのですが、
メンデルスゾーンはいまいちよくわからんデス。
まぁ、私が表面的なことしか知らない・・・というのが一番の原因なのでせう。(^_^;)

作曲家によりイロイロではありますが、
このようにピアノ作品だけを抽出することに、
楽しみを見出している私。
今後も地道にのんびりと続けていけそうデス♪


ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【音楽史/本---Amazon.co.jp
西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)
はじめての音楽史―古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで
CD&DVD51で語る西洋音楽史
新音楽史
ピアノのための絵でよむ音楽史―4期で学ぶ
大人の音楽史入門―読んでわかる!きいてわかる!クラシック音楽の歴史
西洋音楽の歴史
詳説総合音楽史年表―音楽を世界の歴史からグローバルにとらえる

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 15:30|PermalinkTrackBack(0)

2008年11月25日

ピアノ史メモ年表更新中!作曲家紹介とピアノ作品目録

HPのピアノ史メモ年表の更新続行中です。
ピアノ欄の作曲家名をクリックすると、
別ウィンドウで小さなウィンドウが立ち上がり、
作曲家の簡単な紹介とピアノ作品目録が出てきます。


pianoshimemo3


pianoshimemo4



私が調べうる限りのピアノ作品目録なので、
完全なものとは言い切れないのですが・・・。
現在、バッハ、スカルラッティ、モーツァルト、ベートーヴェンまで進んでいます。
今後もどんどん書き足していきますネ。


ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【音楽史/本---Amazon.co.jp
西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)
はじめての音楽史―古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで
CD&DVD51で語る西洋音楽史
新音楽史
ピアノのための絵でよむ音楽史―4期で学ぶ
大人の音楽史入門―読んでわかる!きいてわかる!クラシック音楽の歴史
西洋音楽の歴史
詳説総合音楽史年表―音楽を世界の歴史からグローバルにとらえる

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 19:18|PermalinkTrackBack(0)

2008年11月21日

ピアノ史メモ年表--久々の更新

久々の更新です。(^_^;)
 ・・・・・ピアノ史メモ年表はこちら
ちょこちょこ更新はしていたのですが、
今回の更新はちょっと一歩進めたかな・・・みたいな更新です。

というのも、悩んでいたんですよねぇ。
ベートーヴェンの時代(古典派→ロマン派)から、
ロマン派への移行部分。
表にしている以上、どうしても線引きせにゃいかんわけで・・・。
本当は歴史って繋がっているので、
線引きなんてできっこないんですが、
こういった形の年表にした以上、
なにがしかの線引きが必要になってくるのデス。
で、やっとこさ”ここいら辺かな”を見つけたという次第。

ベートーヴェンの時代(古典派→ロマン派)の欄は、
ナポレオンが没落する1812年あたりまでにし、
ロマン派の始まりをヴィーン会議を契機に・・・と見ることにしました。
ヴィーン会議が民衆や音楽にもたらした影響は大きそうだったので。

この先のロマン派内にある”ヴィルトゥオーソの時代”は、
1830年2つの革命を契機に、線引きしてみよっかなぁと思っています。
もしかしたら、ここはピアノメモだけに留めて、
歴史に関しては、ロマン派の始まりと一緒にしちゃうかも・・・。
でも別々に配置することで、
その後の国民主義的な作品の登場への繋がりが、
わかりやすくなるのかなぁと思ったり。
まだまだ揺れ動きそう。(^_^;)

たかだかメモ。されどメモ。
ここにあることぜぇんぶを記憶できるわけないので、
このメモは私にとってとても重要なんですヨ。
 ・・・・・とにかく私は記憶力が異常に悪いのです。
     アルツハイマーになっても私も周りも気づかないだろうと思うほどに!

あれなんだっけ?みたいなとき、見ればいい。
そうすれば思い出せる・・・みたいな便利ツールにしたいと思っています。

でもネ、ただのメモじゃぁ嫌なんですヨ。
全体像がイメージしやすいメモがいい!
だから歴史も、美術も、文学も、全部ひっくるめて提示することで、
それぞれの時代をイメージしやすくしています。
作曲家が生きたそれぞれの時代を、
頭で理解するんじゃなくて肌で感じたい!


その分、あれもこれもで大変なのだケド・・・。<(;~▽~)
整理するのにすごく頭を使うので、鍛えられてるかも。
記憶力が鍛えられてるんじゃぁないですよ。(悲しいケレド)
なんだろうなぁ・・・時代の想像力というか・・・、
そういうものが鍛えられている気がシマス。

今回参考資料が一冊増えました。
ありがたやぁ〜。
この本のお陰で、ちょいと深みが増しましタ。

クラシックでわかる世界史  時代を生きた作曲家、歴史を変えた名曲
クラシックでわかる世界史 時代を生きた作曲家、歴史を変えた名曲



ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【音楽史/本---Amazon.co.jp
西洋の音楽と社会 12巻 西洋音楽史年表
音楽史のすすめ (音楽選書)
ピアノ音楽史事典
ヨーロッパ建築史
カラー 図解音楽事典
クラシックでわかる世界史 時代を生きた作曲家、歴史を変えた名曲

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 17:12|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月15日

ピアノの歴史10【スクエア・ピアノ】

ピアノの歴史 銑は、ブログカテゴリ『音楽/ピアノの歴史』からご覧ください。
【スクエア・ピアノ】

ジルバーマンが亡くなった直後、
プロイセンとオーストリアの間に7年戦争が勃発しました。
ベルリン楽派の優秀な音楽家たちは次々に宮廷を離れていき、
ジルバーマンの技術を受け継ぐ弟子たちは、
1760年集団でイギリスへ渡ります。

弟子たちのリーダーであったツンペは、
1761年に自分のアトリエを持ち、
そこでスクエアピアノを製作しました。
現存している最も古いスクエアピアノは1766年製のものです。

Squarepiano

これは国立音楽大学所蔵のスクエアピアノ。製作年代はわかりません。

この楽器、クラヴィコードに似ていると思いませんか?
当時のフォルテピアノは、
古くからある鍵盤楽器の外形や装備を受け継ぎました。
スクエアピアノはクラヴィコードから、
グランドピアノはハープシコードから受け継いだのですね。

ツンペの発音機構は、イギリス式シンプル・アクションと呼ばれています。
ジャックがハンマーレヴァーの根元を突き上げる方式で、
木のハンマーはなめし皮で巻かれていました。

スクエアピアノは小型で経済的だったため、
イギリスで爆発的な人気を勝ち得ます。
クラヴィコードに比べると音量が豊かでしたし、
スピネットに比べると表現力が豊かだったからです。
1770年代には、1年に何百台も製作されたそうですよ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんのCDだけ集めています!


【フォルテピアノ/CD】
鍵盤音楽の領域vol.4 [フォルテピアノコレクションI]
浜松市楽器博物館コレクションシリーズ(4) フォルテピアノ
モーツァルト : フォルテピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調、K.452
モーツァルト:ピアノ協奏曲第8
モーツァルト:フォルテピアノの
モーツァルト:ピアノ三重奏曲1
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全
モーツァルト:フォルテピアノによるソナタ集
モーツァルト:フォルテピアノのための変奏曲集
モーツァルト:ピアノ協奏曲15
幻想のフォルテピアノ《月光》-クラヴィーアの歴史と名器

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 12:01|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月12日

ピアノの歴史9【ドイツで初めてのピアノ】

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
ピアノの歴史【クラヴィコード供曚こちら
ピアノの歴史ぁ撻蓮璽廛轡魁璽畢機曚こちら
ピアノの歴史ァ撻蓮璽廛轡魁璽畢供曚こちら
ピアノの歴史Α撻蓮璽廛轡魁璽畢掘曚こちら
ピアノの歴史А撻蓮璽廛轡魁璽匹らフォルテピアノへ】はこちら
ピアノの歴史─撻侫ルテピアノの誕生】はこちら

【ドイツで初めてのピアノ】

1709年、イタリアのクリストフォリがピアノを開発したおよそ25年後のこと。
ドイツのオルガン製作者ジルバーマンが、
1720年製クリストフォリのピアノと酷似したフォルテピアノを製作しました。
  ・・・・クリストフォリのピアノに関する論文を読んだとも、
    あまりに酷似しているので現物を見たのではないかとも言われています。

プロイセンのフリードリッヒ二世は、この楽器に興味を示し、
ジルバーマンのピアノを7台購入しています。

1747年、J.S.バッハはフリードリッヒ二世の宮廷に招かれました。
フリードリッヒ大王自身はフルートが得意で、
その伴奏者として大バッハの息子、エマヌエル・バッハを召抱えていました。
孫の顔を見るためライプツィヒからベルリンへ赴いた大バッハを、
フリードリッヒ大王がサンスーシーの離宮に招いたのでした。

即興演奏が得意だった大バッハは、そこでさまざまな即興演奏を行い、
のちにそれをまとめてフリードリッヒ二世に献呈しています。
 ・・・・・『音楽の捧げもの』BWV1079

このとき、大バッハは1747年製ジルバーマンのフォルテピアノを試奏しています。
しかし、大バッハはこのフォルテピアノを気に入りませんでした。
当時のフォルテピアノは、まだまだ改良の余地ある未完の楽器で、
すでに完成されたクラヴィコードやチェンバロより劣って感じたのだと思います。

大バッハの指摘を受け、様々な改良をほどこしたジルバーマンですが、
息子が亡くなってしまったため、その技術をドイツに残すことができませんでした。
しかし、弟子たちによりイギリスへ移入されイギリス式のアクションとして発展していきます。
  ・・・・・大バッハの指摘は、バッハ研究者のシュピッタによって以下のようだったと
      言われています

      『バッハはその一台を弾き、音を高く評価したが、
      タッチが重いことと高音が弱いことだけを欠点として指摘した。』


また、息子のエマヌエル・バッハは当時のフォルテピアノについて、
このように語っています。
  ・・・・・『クラヴィーア演奏の正しい技法の研究』1753年出版

『ハープシコードは慨して合奏用、クラヴィコードは独奏用に使われる。
ちかごろのピアノフォルテは長持ちするし、
上手に作られているならば多くの長所がある。
ただ、この楽器のタッチは特別の研究を必要とするが、
それは、なまやさしいことではない。
このピアノフォルテは、独奏や、あまり大きくない編成の合奏では効果的である。
ただ私の考えでは、よいクラヴィコードは、音が弱いことを除いては、
音の美しさではピアノフォルテに劣らないし、
ベーブンクやポルタートをつけることができる点で、
ピアノフォルテよりすぐれている。』


私たちがハープシコードやクラヴィコードを前にしたとき、
改めて奏法を学ばなければならないのと同様に、
当時の演奏者は新しい楽器であるフォルテピアノの奏法を、
研究しなければならなかったのですね。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

今売れている音楽本をご紹介しています!


【バロック/CD】
パッヘルベルのカノンバロック名曲集
ベスト・バロック100
バロック・ヴァイオリン名曲集
バッハ:チェンバロ協奏曲全集1
パッヘルベルのカノン/イ・ムジチ~バロック名曲集
ヘンデル:水上の音楽
バッハ:マタイ受難曲
イタリア・バロック・オーボエ協奏曲集
極上のクラシック3 バッハBEST
バッハ:ヨハネ受難曲
バッハ:チェンバロ協奏曲全集2
ひとときの音楽 ~バロックの美しい歌~
バッハな一日

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック







emksan at 14:06|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月07日

ピアノの歴史8【フォルテピアノの誕生】

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
ピアノの歴史【クラヴィコード供曚こちら
ピアノの歴史ぁ撻蓮璽廛轡魁璽畢機曚こちら
ピアノの歴史ァ撻蓮璽廛轡魁璽畢供曚こちら
ピアノの歴史Α撻蓮璽廛轡魁璽畢掘曚こちら
ピアノの歴史А撻蓮璽廛轡魁璽匹らフォルテピアノへ】はこちら

【フォルテピアノの誕生】

クラヴィコードは、強弱がつき感情表現豊かな楽器でしたが、音量が貧弱でした。
ハープシコードは、音量は充分にありましたが、微妙な感情表現ができませんでした。
クラヴィコードのように豊かな表現が可能で、
なおかつ音量の大きな楽器はないものか?

現代のピアノに繋がるピアノが誕生したのは1709年のこと。
フィレンツェのクリストフォリの考案でした。
残念なことに、この史上初のピアノは現存していません。
ただ、クリストフォリは改良を続けたので、
現存しているピアノもあります。
  ・・・・1709年はバッハとヘンデルが24歳の頃です。


そのうち最古のピアノは1720年製のもの。
ニューヨークのメトロポリタン美術館が所有しています。
 ・・・・・ニューヨークへ行った際に見ることができたのですが、
     触れるわけでもなく、実感を持てぬまま帰ってきてしまいました。(_ _;)

クリストフォリ最後のピアノとして残っているのは1726年製のもの。
ライプツィッヒのライプツィヒ大学(旧カール・マルクス大学)の楽器博物館が所有しています。

この頃のピアノは、まだチェンバロの箱を借りての作品。
現代のピアノに比べるとハンマーも驚くほど小さいですし(親指くらい)、
弦も驚くほど細く短いです。
ハンマーの素材が現代とは違うせいか、
実際の音はというと、現代のピアノよりチェンバロに似て聴こえます

驚くことに、クリストフォリのピアノにはウナ・コルダ・ペダルが備わっていました。
キーに対して弦2本が張られており、
ウナ・コルダ・ペダルを踏むと、鍵盤が横にずれて弦1本を打弦する仕組みです。

その他にも現代のピアノに備わっている様々な機構が備わっていました。
例えば、エスケープメント
ハンマーが弦を叩いたあと、すぐに弦から離れるようにする機構です。
そして、バックチェック
戻ってきたハンマーがはねかえって再び弦を叩いてしまわないようにし、
次の動作へ移れるよう元の状態に戻しておくという機構です。

「ピアノもフォルテも出せるチェンバロ」(クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ)、
を発明したクリストフォリ。
クリストフォリが仕えたメディチ家の楽器目録には「アンピチェンバロ」と書かれています。
「小さなハンマーのついたチェンバロ」(クラヴィチェンバロ・ア・マルテレッティ)と
呼ばれたこともあったそうです。

クリストフォリのピアノは、「新しいチェンバロ」として受け止められたのですね。
「クラヴィチェンバロのための」と書かれた曲でも、
一概にチェンバロのためとは言い切れないということでもあります。

いつも当時って現代より自由だったんだろうな〜と思うのです。
バロック時代の楽曲は、ただ楽譜通り演奏するだけではなく、
途中にアレンジ(即興)が入ったりします。
舞曲形式の楽曲はリピートがついていますが、
2回目の演奏では楽譜通りに演奏せずに、
装飾音をつけてみたり、ハーモニーをつけてみたり。
様々に即興されたそうです。

楽器についてもそうです。
チェンバロで弾いたり、クラヴィコードで弾いたり。
場合によっては、あるソロ楽器のための楽曲を、
合奏曲に編曲してあったりもします。
1つの楽曲をいろんな編成で使いまわす・・・というか。(笑)
そういうことが日常的に行われていたんですよね。
ショパンの時代ですら家庭で楽しめるようにと、
ピアノコンチェルトを室内楽用に編曲して出版していたりするのですから。

バッハのフーガの技法は楽器指定がなされていません。
レオンハルトは、この曲をチェンバロのための曲だと解釈し演奏しています。

バッハ:フーガの技法&クラヴィーア練習曲集第2巻

パイプオルガンのための曲だと解釈する人もいます。
弦楽四重奏団がこの曲を演奏することもありますし、
他の編成による合奏で奏でられることもあります。
私はトン・コープマンとティニ・マトーの、
2台のチェンバロによるCDを持っています。

バッハ:フーガの技法


私はというと、どの楽器のためだという正解はなく、
バッハ自身も「この楽器編成でなければダメだ。」という意識は、
あまりなかったのではないかなぁ、などと想像しています。
大切なのはどの楽器・・・ということではなく、
音はどのような音形を形作っているのか、
ハーモニーはどこへ向かって進み、
旋律と旋律はどのように掛け合っているのか・・・ということだと思うからです。
それって、どの楽器にだって表現できることですよね。

っと、話が大分逸れてしまいましたが。<(;~▽~)
楽器博物館って楽しいですヨ♪


浜松市楽器博物館
武蔵野音楽学園楽器博物館
国立音楽大学楽器学資料館


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


音楽史の本だけを集めています!


【フーガの技法/CD】
バッハ:フーガの技法 :グールド
バッハ:フーガの技法 :エマーソン弦楽四重奏団
バッハ:フーガの技法 :ムジカ・アンティクヮ・ケルン
バッハ:フーガの技法 :ジュリアード弦楽四重奏団
バッハ:フーガの技法 :ヘルムート指揮、ドイツ・バッハ・ゾリステン
バッハ:フーガの技法 :タヘツィ(オルガン)
Die Kunst der Fuge BWV1080/フーガの技法 :古典四重奏団
バッハ:フーガの技法 :シュトゥットガルト室内管弦楽団

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック






emksan at 12:39|PermalinkTrackBack(0)