発達障害

2013年09月02日

発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ セミナーお知らせ

【ネットでセミナー公開中/無料動画配信】

どんな子にも自在にレッスン!
悩みを解消するための3つの視点

発達障碍児から得た指導法は、障碍のない生徒さん、
経験値のある大人の生徒さんにも使える引き出しばかり。
アプローチを生み出すための”視点”の持ち方さえわかれば、
どんな子がやってきても自在に対応することができるようになります。

http://musestown.livedoor.biz/archives/cat_50036917.html



【下記のセミナーは終了しました。】

あきらめないで!ピアノ・レッスン
〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜
≪打てば響く3つの視点≫
個性を知る・理解力を知る・身体能力を知る



セミナー画像



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 




【終了したセミナー】

・2011年5月31日/伊藤楽器YAMAHAピアノシティ船橋
・2011年10月20日/スター楽器池上店
・2011年10月25日/国立音楽大学
・2011年11月2日/ヤマハ岡山店
・2011年11月18日/ヤマハ仙台店
・2012年1月16日/jet全日本エレクトーン指導者協会 本部指導室
            音楽療育鍵盤指導研究ネットワーク (渋谷)
・2012年3月4日/幼児音楽研究会115回例会(子ども教育宝仙大学)
・2012年4月17日/ミリオン楽器南浦和店
・2012年6月29日/兵藤楽器磐田店
・2012年10月30日/関西ピアノ芸術連盟主催(大阪)
・2012年11月9日/やぎ楽器店広畑本店
2013年9月5日/ヤマハミュージック新潟


emksan at 15:41|PermalinkTrackBack(0)

2012年06月18日

発達障碍児の暗譜

私は生徒さんに、
挑戦できることは挑戦してもらいたいと、いつも思っています。
でも、その挑戦が生徒さんに不似合いで、
ただ苦労を強いるだけの場合は無理強いしません。
挑戦をあきらめるわけでもなく、
だからといって無理強いするわけでもなく・・・デス。

今日は発達障碍の子の暗譜について、
私が感じていることについてのお話です。

自閉症スペクトラムの子の暗譜は、
極端に2つに分かれるなぁと感じています。
一方は、1,2度聴いただけで覚えてしまう。
もう一方は、楽譜を見ないと頭が整理できず弾けなくなってしまう。

1,2度聴いただけで覚えてしまう子。
鍵盤の位置と音の高低が一致していて、
一度聴いただけでそれらを覚えてしまう。
指がまだ弾けていなくても、
頭の中では正しい鍵盤と正しい音が鳴っているのです。
あとはその通り指が動くよう練習するのみ。

1人すごいなぁという子がいて、
この子は片手ずつ弾けるようになると、
両手がパズルのようにピッタリと合わさります。
両手奏の練習をしていなくても、
片手ずつがすらすら弾けるようになっていれば、
両手が弾けるのです。

また、1度とは言いませんが、
何度か”見た”だけで覚えるタイプの子もいます。
こういう子は、鍵盤の動きで記憶します。
私の指の動きを見て記憶する。
また、こういう子は、楽譜が写真のように頭に入っているので、
その楽譜の映像記憶と私の鍵盤の動きを一致させることで、
一層理解が深まります。

音の高低を聞きとっていないとは言いませんが、
音の高低を意識する以上に、鍵盤の動きと、
写真のように記憶した楽譜が記憶の頼りなのだろうと感じます。

もう一方の、楽譜を見ないと頭が整理できないタイプの子。
こういう子は、暗譜をして弾くのに苦労します。
記憶できないわけではないんです。
ただ、弾いていて突然思考が止まり(もしくは音楽の流れが止まり)、
記憶していた1枚の楽譜が頭の中で破れて、
断片となり、散り散りになります。

こうなると、弾いていた指は止まり、
頭の中が一瞬停止します。
弾いている曲が、曲の途中で止まる、ということです。
しかし、ばらばらになった楽譜の断片を、
再びパズルのようにはめ込むと、
もう一度そこから弾き始めることができるのです。

暗譜はできている。
だけど、暗譜した状態で、
曲を最初から最後まで止まらずに弾くことが難しい。
どうしても楽曲の途中で、頭の中の楽譜がバラバラになってしまうのです。
こういう子は、楽譜があればきちんと止まらずに弾くことができます。

1度聴いたら覚えて弾けてしまう子も、
目で鍵盤の動きを見て記憶する子も、
このように楽曲の途中で頭の中にある楽譜がバラバラになってしまう子も、
私は、自閉症スペクトラムの子の”記憶”や”理解の仕方”というものを、
いつもパズルのようだなぁと感じます。
パズルの成り立ちと性質を想像すると、
彼らのことを少し理解できるように思うのです。

ところで、知的障碍の子の中にも暗譜が苦手な子がいます。
この場合、純粋に記憶するのが苦手なんだと感じています。
こういう子に共通するのは、
弾けるようになった楽曲でも1週間弾かずにいると、
嘘のように弾けなくなる・・・ということです。
こういう子がレパートリーを維持するのはとても大変なことです。
すぐに忘れてしまうからです。

2,3日弾かずにいると、
全く弾けなくなる個所が何か所か出てきてしまいます。
改めて片手ずつ練習しなきゃいけなくなる個所が、
出てきてしまうのです。

一口に”暗譜”といっても、いろんな個性があるものですね。
それぞれの個性に合わせたアプローチをといつも思います。
無理して暗譜させる必要はない。
でも、暗譜できるようなら暗譜する。
無理してレパートリーにする必要はない。
でも、本人がレパートリーとして残したいと思っているようであれば、
そのためのアプローチをする、です。

楽曲を弾けるようにしていくためのアプローチも、
個性によって方法論は変わってくるでしょう。
鍵盤の動きで覚えるタイプの子には鍵盤の動きを、
楽譜の模様で覚えるタイプの子には楽譜で、
音で覚えるタイプの子には音でアプローチをする。

そして、最終的にそれらがすべて一致するのが理想的ですね。
どれかに偏っているのでは、「挑戦」したことにはならないと思うからです。
音楽的自立を目指すのであれば出来得る限り、
「音の高低」「音の並び」「鍵盤の把握」「楽譜」を一致させたい。

ただ、それも”どこまでの音楽的自立を求めるか”なんですよね。
それぞれの子の個性に合った、音楽的自立というものがあるように思います。
こちらの一方的な物差しで、
音楽的自立はこうあるべき!を押し付けるのでは、
生徒さんは苦しい思いをするだけでしょうし、
身につくはずのことすら身につかなくなってしまうでしょう。

障碍のあるなしに関わらず、
いろんなタイプの生徒さんがいるなぁと思います。
それぞれの子が得意と思うところからアプローチし、
得意なところから理解を深めてもらう。
そうすると、音楽も自由で伸びやかになる。
そんな風に感じています。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 11:53|PermalinkTrackBack(0)

発達障碍に関する、みなさんのお勧め本

昨日「発達障碍に関する本に思う」のブログ記事で、
みなさんのお勧め本をお伺いしましたが、
早速お勧めの本をご紹介くださった方がいらっしゃるので、
こちらにご紹介です♪


高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て 改訂版高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て 改訂版
著者:吉田友子
中央法規出版(2009-06-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

完 子どもへのまなざし (福音館の単行本)完 子どもへのまなざし (福音館の単行本)
著者:佐々木正美
福音館書店(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


【推薦者による推薦文】

具体的で分かりやすい本。。。
吉田友子先生「その子らしさを生かす子育て」

何と言っても、発達障碍があるなしに関わらず
子育て中のお母様にぜひ読んで欲しいのが
佐々木正美先生(小児精神科医)の「子どもへのまなざし」全3巻です。
まず、母が癒され、心が洗われます。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 10:52|PermalinkTrackBack(0)

2012年06月17日

発達障碍に関する本に思う

今日ツィッターでツィートしたものです。
ツィートにあるように、お勧めの本がありましたらお知らせください。
ブログやツィッターなどで、発信していけたらと思います。m(__)m


本を出版して「具体的ですごくわかりやすかった。」と言われます。私はすっかり、ピアノ指導においての感想だと思っていました。これまでピアノ関係で発達障碍に関する本はほとんどなく、あったとしてもちょっと触れられている程度のものだったので。(続

ところが、ピアノ関係に留まらない感想らしい、と感じるようになってきたのです。発達障碍児に関する本は、どれも専門的な内容でわかりにくい、と。私が書いたような具体的なものが少ないらしいのです。本にも書いていますが、私は障碍の専門家として書いているわけではないんですよね。(続

逆に、障碍名に固執しないようにしているので、障碍の詳細については専門書にお任せする、と書いています。そして、障碍について知りたい方のために2冊推薦しました。「光とともに」という漫画と「自閉っ子、こういう風にできてます!」です。私が読んだ本って、この程度のものなんですよ。(続

確かに、そのほかにも専門的な本を手にしましたが、最後まで読みませんでした。専門的過ぎてレッスンに生かせそうもなかったので。そっか、みなさんもそうなのか、と。私がこのような具体的なレッスンアプローチの引き出しを持てたのは、知人に障碍について詳しい方がいらしたということが大きい。(続

音楽療法学会に顔を出している人、福祉大学を卒業し、ご自身のお子さんが自閉症スペクトラムという人。こういった方々から土台となる知識を得ました。その土台をもとに、いろんな生徒さんと出会っていく中で生まれたレッスンアプローチがあの本です。(続

なので、私は発達障碍児を抱える親御さんは、みなさんこのような具体的な対処法というか、そういうものをご存じなのだと思い込んでいたんですよね。ところが、どうやらそうではないらしい、と。(続

私の生徒さんの親御さんが「こういう本、今までなかったですよね。もっとあればいいのに。」とおっしゃったとき、「ピアノ指導本ではこういう本今までなかったですものね。」と答えたのですが。そのときのお母様の表情は、「いや・・・そういう意味じゃなくて。」というお顔。(続

こういう方が結構いらっしゃって、そういうものなの?と不思議に思いました。Amazonを見ると結構いろんな本が出ています。「発達障害のある子どもができることを伸ばす!」「発達障害の子とハッピーに暮らすヒント」「ケース別発達障害のある子へのサポート実例集」とか・・・etc.(続

私はこれらを手にとって読んではいませんが、題名を見る限り具体的なことが書いてありそうに思います。どうなんでしょう?発達障碍の子どもたちと関わっている方々が、もっと具体的なアプローチ方法を知りたい!と望んでいて、そういう情報を手にしにくい状況にあるのだとしたら、それは問題かも。(続

ということで、みなさんお勧めの「これは具体的でわかりやすかったよ!」という本がありましたら、どうぞお教えください。ツィッターやブログを通して、発信していけたらと思います。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 17:20|PermalinkTrackBack(0)

2012年01月30日

発達障害とピアノのコミュニティ

mixi内にある、発達障害とピアノのコミュニティ。
気づけば145名!
非公開なのでなんでも打ち明け合うことができます。
メンバーの条件は”ピアノ指導者であること”です。

レッスンでの悩みや、
こういうアプローチをしたらうまくいったよ!といった、
具体的な情報を交換し合っています。

発達障害の生徒さんがいらっしゃる先生、
是非お気軽にメンバー登録してくださいネ!


mixiのコミュニティ
「発達障害とピアノ」
ピアノ講師限定、非公開制
mixiは招待されなくても
登録できます。
http://mixi.jp/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 17:22|PermalinkTrackBack(0)

2011年12月06日

発達障碍児へピアノ指導してくださる先生方へ

私のHPにはひまわりの丘”という、
発達障碍とピアノをテーマにしたコーナーがあります。
そこには”発達障碍の方を受け入れているピアノ教室リンク集”があるのですが、
まだまだその数は足りないと感じています。

発達障碍の子どもたちは、ピアノ教室を探すのがとても大変!
本を出版する前から「先生を紹介してほしい」というメールが、
全国各地からたびたび舞い込んできていたのですが、
出版後、その勢いが加速しています。
全国でたくさんの方々が、ピアノの先生を探すのに苦労しているのです。

このリンク集でリンクさせていただいているお教室は、
まだ一部の地域のみにとどまっています。
未開拓の地域があまりにも多いんです。

発達障碍の生徒さんを受け入れていらっしゃる先生!!
もちろんまだ受け入れていないけれど、
出会いがあれば受け入れるつもり、という先生も!!
障碍のプロでなくても構わないのです。
子どもが大好きで、生徒さんと向き合い、
生徒さんを”知ろう”と思える先生であれば、
誰にでも発達障碍児へレッスンすることはできます!

是非このリンク集に貴お教室のHPorブログをリンクさせてください。
HPやブログのない方でも大丈夫。
その場合、メルアドをリンクさせていただいています。
是非ご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせがあったときに、
先生をご紹介して差し上げられないことが、なによりも辛いです。
発達障碍の子どもたちが、
ピアノ教室を探すのにたらい回しにされない社会を!
特に、関東以外の先生!是非リンクさせてください。
どうぞよろしくお願いいたします。


リンクご希望の方は、以下の情報を emikopiano★terra. までご連絡ください。
(いたずら防止のため「★」を「@」に変え、最後に「dti.ne.jp」を加えてください。)
ゞ擬写
△教室の教育方針などの紹介文
HPもしくはブログURL(ない方はメルアドにリンク希望と書いてください。)


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 17:21|PermalinkTrackBack(0)