熊野古道

2008年03月30日

グルメ満載!伊勢&熊野古道(世界遺産)旅行

2泊3日の国内旅行へ行ってきました。
行き先は、伊勢神宮&熊野古道です。
歴史&食べまくり・・・みたいな旅行でした〜。

【1日目(木曜日)】

”弊遐名古屋→松阪
⊂昇紜伊勢市
3圧棔覆汗亀棧多賀宮→土宮→風宮)
て盖棔覆汗亀棧荒祭宮→風日祈宮)

mameda新幹線のお供は、
豆狸のいなり寿司。
ここでお腹いっぱいにならないよう、
2人で半分個、少なめにネ。

こんな近所に、
こんなに美味しいお店があったとは!
ここのいなり寿司は他とは違います。
特に気に入ったのは、
豆狸いなりとわさびいなり。
どちらも絶品。
なんで今までコレを知らなかったの?
損してマシタ。

ということで、
幸先のいい出発です♪

matusaka

松阪といえば松阪牛!
すき焼きの店、牛銀のある魚町は、
本居宣長の生家があったりと、風情のある町並み。
だから駅からの道のりも楽しい♪


sukiyaki

仲居さんが焼いてくれる松阪牛は、
驚くほどの分厚さ!!
1人2枚だけれど、
これ以上食べられないというくらいのボリューム。
1枚目と2枚目では、味付けがちょいと違うのですヨ♪


gekuu駅のコインロッカーに
荷物を預け、
早速伊勢神宮の下宮へ!
ここでしか見られない、
唯一神明造り。
茅葺屋根や千木、鰹木は
とても神秘的で、
時空を超えた空間に
いるみたい。

森の中にポッと現れるので、
とっても神秘的。

ボランティアのガイドさん
いろんなお話を伺うことができました。
せっかく行くなら、
ガイドさん付きがお勧め!

すべて自給自足で、
塩田まで持っているというお話や、
現在は伊勢市でヒノキを育てはじめていて、
いずれは遷宮のたびに使うヒノキすべてを、
伊勢市でまかなっていきたいというお話。

神様には常に新しく美しいお宮に鎮座していただくという、
常若という思想に基づく遷宮。
20年しか経っていないそれまで使われていた建築材は、
他の神社に譲られ生かされるというお話。
イロイロと興味深いお話を伺うことができたんですヨ。


akahuku

伊勢に来たら、やっぱり赤福でしょ♪
餡が私にはちょっと甘すぎな気がしましたが、
お餅が美味しいぃ〜。
それに、甘いんだけど美味しいんですよねぇ。
で、お皿にのっている3つ全部いただいちゃいました♪うほほっ


naikuuこの写真いいでしょ♪
時空を超えた感じがする写真。
お気に入りの1枚です。

手前の空間は新御敷地という土地。
遷宮の際、
この土地の上に建替えるのデス。
約1年間は、
2つのお宮が並ぶそうです。

神様に気持ちよく
お引っ越ししていただけるように、
という心配りなんですよね〜。
どのお宮にも、
このような新御敷地があるんですヨ。

kazahinomi

これは私お気に入りの別宮、風日祈宮。
五十鈴川の支流に橋がかけられ、
この向こう側にお宮があるんですヨ。


iseudon

旅行の楽しみは、その土地でしか食べられないものを食するコト♪
ひたすら食い気な私です。
これは伊勢うどん。
うどんがこぉんなに太いのに、すっご〜く柔らかいんですヨ。
でね、タレが旨い!
すっごくすっごく濃いのですが、クセになりそうな味なんですよ。
お店によって、いろんなタレがありそうな味です。
私が行ったお店はまめやです。
他にもいろんなお店があるので、食べ比べてみるのも楽しいかも?!


hosidekan1hosidekan2



2日間泊まった宿、星出館です。
インターネットで見ると、泊り客の反応が大きく分かれるお宿。
建物がとっても古いんですよ。
で、家族経営っぽいの小さな小さな宿です。
ってことで、現代のサービスに慣れている人は、
不満に思っちゃうんでしょうね〜。

でもでも、私にとってはさいっこうのお宿でした♪
ここにしてよかった〜!
建物は大正時代に建てられたものです。
旅館を経営し始めたのは、昭和元年。
雰囲気満点ですヨ。

hosidekan3私が一番興奮したのは、
2階にある渡り廊下。
外の中庭に出られるんですヨ。
中庭を2階から楽しむ空間です。
廊下というより橋かな〜。
ちょっと湾曲していて、
すっごく趣のある橋なんですヨ。

私のお部屋は、この橋の向こう右側。
で、お手洗いがこの橋の手前にあるんです。
トイレへ行きたくなるたびに、
この橋を渡る楽しさったら!

橋を渡るたびに、
ちょっと手すりに寄りかかかって、
瓦屋根の向こう側に見える星を眺めたり、
中庭を眺めたり。

mire

これは夜のお供のミレーフライ。
彼がコンビニで見つけてきた一品。
ここでもやっぱりご当地物なのデス♪
ビスケットって書いてあるのですが、
揚げパンの味がするんですヨ。
すっごく香ばしくてクセになるビスケット。
カロリー高そう〜と思いつつ、
思わず手が伸びてしまう・・・。<(;~▽~)


【2日目(金曜日)】

^棒市→尾鷲→鷲毛
熊野古道馬越峠
H鷲→伊勢市

せっかくなら熊野古道まで足を伸ばしたい!
ということで、数ある古道から馬越峠を選びました。
伊勢市からJR紀伊本線で尾鷲駅へ。
尾鷲駅からバスで鷲毛下車。
ここまで約2時間。
でもね、2時間かけた甲斐があったんですヨ。

magose1

江戸初期に作られた石畳の道。
高度300メートルを越える峠全体に敷き詰められています。
とにかく雰囲気満点!!
森の音をお聞かせできないのが残念。
鳥のさえずり、木々の葉がこすれる音、
川のせせらぎ。言葉は不要。
お気に入りの写真をいくつかアップしちゃいますネ♪


magose2

magose3

magose4

峠の上でゆで卵を食らう私。
ここでも十分景色はいいのですが、
ここには天狗倉山という山があるのですヨ。
そこには”絶景”の2文字。
せっかくここまで来たなら、登ってしまえ!と登りました。
これがすごかったっ!!!!!


tengurasan1

入り口はこんな感じ。
でもね、これは序の口だったのデス。(^_^;)


tengurasan2

これがいつまで続くの?!ってなくらい、続くのデス。
いやぁ、一段一段が高くて
ゼイゼイハァハァ、息が荒れる荒れるっ!
あとで知ったのですが、
馬越峠のてっぺんから、天狗倉山のてっぺんまで、
高度差200メートル。(^_^;)
そりゃキツイわっ!


tengurasan3

でもね、せっかく馬越峠に来たなら、
絶対に天狗倉山に登るべき!!!!
頂上付近がすごいのですよ。
岩だらけなんです。
でね、岩と岩の間をよじのぼっていくと、
こういう大きな大きな岩が出現するのです。
なんと山頂は、この岩の上なんですヨ。


tengurasan4

写真じゃ伝わらないのが悲しい!
これ、巨大岩ですよ。ホント!
写真の角度のせいで小さめに見えますが。
このはしごを登ったところが山頂と呼べるところ。
岩の上は結構広く、岩の下には空間が!
なんと、この岩浮いてるんですヨ。
すっごいバランスで浮いてるのデス。すごすぎっ!


tengurasan5

tengurasan6

岩のてっぺんから眺める景色は、まさに絶景。
とんびがたくさん飛んでいて、気持ち良さそうだったな〜。


tengurasan7.JPG

tengurasan8

これだけの景色は、天狗倉山に登らないと見れないんですヨ。
それにしても海がきれい!
エメラルドグリーンなんですよ。

山頂を堪能した後の下山は、
登りよりきつかったっ!
いや、呼吸はラクなんですよ。
登りはとにかくゼイゼイ呼吸が苦しかった。
その点くだりはラク。

でもね、私も彼も、ひざが笑う笑う。
もう笑っちゃうくらいに笑うんです。
それくらい太ももの筋肉が辛い!!
よく足をくじかずに、無事下山できたなぁ〜って感じデス。


magose5

天狗倉山を下山しても、まだまだくだりは続きます・・・。
峠を下っていかなきゃいけない。(^_^;)
足はガクガク、ひたすら下山。
でもね、石畳のある景色はやっぱり美しい!
こんなに足がガクガクなのに、
もうこの石畳ともお別れなのか・・・と思うと、
名残惜しくて名残惜しくて。
熊野古道はクセになる古道ですネ。


magose6

ここを越えたんですね〜。
いやぁ〜、がんばったがんばった!!
でも、さいっこうに楽しかった!


ajikko

たっぷり動いた後の夕飯は、星出館の裏にあるあじっこで。
伊勢エビの鍋だったのですが、
食べるのに夢中で写真撮るの忘れちゃった。(^_^;)
最後の雑炊は最高♪
このお店は、とにかく何を食べても美味しい!
食べまくっちゃった。
それにしても、安すぎでしょう。
この味に、この安さ、コストパフォーマンス良すぎです。


【3日目(土曜日)】

〃鉤Φ棧おはらい町→内宮
伊勢市→名古屋→品川

荷物を伊勢市駅のコインロッカーに預け、
バスで月讀宮へ。


tukiyominomiya1

1日目に行けなかった内宮の別宮、月讀宮。
天照大神の弟神、月讀尊が祀られています。
すごく雰囲気のある入り口。
ここだけ時空が違うみたい。


tukiyominomiya2

ここには4柱の神が祀られていて、
ちゃんとお参りする順番があるんですヨ。


tukiyominomiya3

神社には、本殿と拝殿があり、
神様がいらっしゃる本殿には入れないのですが、
別宮は規模が小さいので、本殿が近くにあって外観が見えやすい。
だから、なんかすごく身近に感じるんですヨ。


sannpo.JPG月讀宮からおはらい町へは徒歩。
伊勢は歩くだけでも楽しい!
趣のある建物が多い上に、
自然も豊富。
道端で見かける花に心なごみます。

で、ここから先は、
食べまくりの旅。
いや、
これまでも食べまくりましたが・・・。
おはらい町では、
食べたいものばかり!

食べるものは決めていたのですが、
おはらい町入り口に行列が。
あんまり魅力的だったので、
さざえのつぼ焼きを食べちゃいました♪
これまた食べるのに夢中で、
写真に撮るのを忘れてしまいました。(^_^;)
美味しかったですよ〜。

tekonezusi

お昼ごはんは伊勢名物のてこね寿司。
醤油に漬け込んだカツオが、
甘めの酢飯の上にたぁっぷり載っています。
食感がすっごくなめらかでびっくり!
ご飯も美味しいぃぃぃぃ〜♪

私が入ったのはすし久
カツオのくさみが一切なくて、
とにかくまろやか!
伊勢に来たら、絶対食べておきたい一品ですね〜♪


jyagabata.JPGこれからは、
胃が壊れる勢いの食べまくりです。(笑)
これは、まる天の揚げかまぼこ。
左はチーズ棒。右はジャガバター天。
絶品はジャガバター天。
ジャガバターがだぁ〜い好きな私には、
たまりません!
ゴロゴロ入ったジャガバターが、
超うまいっ!

ちなみに、かまぼこで有名なお店に
若松屋があります。
食べ歩きはしませんでしたが、
真空パックのお土産用が売っていたので、
それを購入しました。
帰ってきて食べたのですが、
チーズ棒は若松屋の方が美味しいと思いマシタ。

まる天のチーズ棒は、
仙台で食べなれている鐘崎のいぶり笹チーズ味に似ていたからかも。
若松屋のチーズ棒は食べたことのない、新鮮な味だったので。

また、若松屋は横綱ひりょうずという揚げかまが有名なのですが、
これまた旨い!!
9種類の具財が入ってて具沢山!
豆腐が入っていて、これまたいい香りなのですヨ。


butasute.JPG


次に食べたのが、豚捨のコロッケ&メンチ&串カツ。
どれも1個ずつを半分個して食べました。
 ・・・・だって、せっかくだから全種類食べてみたかったんだもの♪
めちゃくちゃ美味しい!と思ったのはコロッケ。
ここでしか食べられない味わいなのですヨ。
中はしっとりねばりのある食感で甘い!
でね、衣が不思議なんだなぁ。
あんな衣は初めて味わいました。
食感も香りも。
油が違うのかな、衣になんか工夫があるのかな。
とにかく香ばしくて美味しい!


okageyokotyou.JPG

雰囲気満点のおかげ横丁。
おはらい町の中にあります。
おはらい町もおかげ横丁も、
建物がどれも古くて風情があります。
立ち並ぶお店はどれも魅力的で活気があり、
とにかく楽しいぃぃぃぃ!!


kiseru.JPGここでは生まれて初めてキセルを経験したのですヨ。
ずっとどんなもんだろうと思っていたんです。
祖母が昔吸っていた、という話は聞いたことがあったのですが、
吸っているところは見たことがなかったし。

まさか、こんなところで経験できるとは!
1回100円でした。
キセルに使う葉は一種類なんだそうです。
タバコはいろんな種類があるのにネ。
でね、味わいはタバコと同じでした。

吸い終わったら、手前下に置かれている竹筒に、
カンッカンッといい音を立てて、灰を捨てます。
これまた楽しかったり。
義父が面白がりそうだと、
お土産用のキセルセットを買いました。

motiyakisenbei歩いていると、
目の前でせんべいを焼いてるお店を発見。
香ばしいいい香りがするので、
2種類買ってみました。

七味味と普通の醤油味。

食感は彼がおかきと間違えるほど、サクリッ。
甘めの醤油ダレがとても美味しい♪
彼は醤油ダレが気に入り、
私は七味が気に入りました。

歩きながら食べるお煎餅は、
また格別ですネ!


宇治橋まで来て、
せっかくだからもう一度内宮を見ていこう、ということに。
先日来たのは平日。この日は土曜日。
とにかく人込みに驚きました!

ちなみに、これが平日に行った内宮。

suiterunaikuu


で、これが混んでいて驚いた内宮です。

konderunaikuu

びっくりしちゃいましたよ〜。
とにかく落ち着いて見て回れないんですよね。
実は、3日目に来ようと言っていた私たち。
たまたま1日目が晴れていたので、
晴れているうちに行った方がいいねと、
1日目に変更したのです。

平日に行っておいてよかった〜!!!
だってね、1日目の内宮は、
こんな風に神苑が貸切状態だったんですヨ。

sinen

すごいでしょ♪
3日目の土曜日は、ここが人だかりでした。
神秘的な神宮を体感したいなら、平日がお勧めです。
でも、江戸時代はこの3日目みたいな人だかりだったのかな〜。

kakihurai.JPG帰り道のおはらい町でも、
やっぱり食べちゃいました。
だってね、通りすがりのおじさんが、

「牡蠣フライうまかった。」

と言っているのを耳にしたんですヨ。
気にはなっていたのですが、
お腹がいっぱいだったので
やめていた牡蠣フライ。
でもね、内宮を歩いているうちに、
なんか食べられそうな胃に。(笑)
せっかくだから食べちゃお〜!と
食べることにしたのでした♪

二軒茶屋の牡蠣フライ。
これで450円!!安すぎでしょう!
しかもね、味わいがしっかりしていて、美味しいのですよぉ。
タルタルソースを付けて食べました。
食べてよかったぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ!


yuuhi

伊勢と熊野古道を堪能しまくった3日間。
帰りの電車、

「またおいで。」

と優しく語り掛けてきてくれるような景色に見送られて
帰ってきました。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【伊勢神宮・熊野古道/本---Amazon.co.jp
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック
伊勢神宮―森と平和の神殿
絵図に見る伊勢参り
熊野古道を歩く―紀伊路・中辺路・小辺路・大辺路・伊勢路全47コース (歩く旅シリーズ 街道・古道)
世界遺産巡礼の道をゆく 熊野古道
熊野古道を歩く (歩く旅シリーズ 街道・古道)
神々の道―熊野古道
世界遺産紀伊山地 熊野古道を行く (ほたるの本)

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 17:20|PermalinkTrackBack(0)