歴史

2007年09月03日

日本の歴史に興味が沸いて・・・

音楽繋がりで、
ずっと西洋の歴史にばかり興味が向いていた私。
ところが家の前を通る東海道がきっかけで、
日本の歴史に興味が沸いてきたのデス。

東海道→伊勢神宮→神話・・・・、
そして行き着いたところが”天皇”だったのでした。
なぜ天皇を神とあがめていた時代があったのか。
実は今まで知らなかった私。(_ _;)ゴメンナサイ
天皇が神話と繋がっていただなんて、
今まで知らなかったのです。オハズカシイ・・・

古事記の本を読んだら、
それが天皇に繋がっていることがわかり、
じゃ、天皇って何?という疑問にぶつかったのでした。
日本人に生まれながら、
当たり前の存在である天皇のことを全然知らない!
でも、知らないのってきっと私だけじゃないですよネ??
日本って不思議な国です。

で、お勧めの本がコレ。
天皇の本―日本の霊的根源と封印の秘史を探る (New sight mook―Books esoterica)

右よりとか左よりとかいう書き方ではなく、
中立で冷静に書かれている・・・気がします。
だから、何も知らない人間にとっては、
導入としていい本だと思うのですヨ。

天孫神話から、古代天皇家の謎、
ずっと”なんだろぉ?”と疑問だった三種の神器の話などなど。
三種の神器は歴史上どのように語り継がれてきて、
現代どうなっているのか・・・なぁんて話も書かれていて、
とぉっても面白かった!

また、偽天皇の話書かれています。
”私が本当の天皇だっ!”ってなわけです。
果たして天皇家は本当に万世一系なのか?!

それから、天皇に関するニュースでよく耳にはするけれど、
具体的な意味は全く知らない・・・という単語の数々。
これらについても丁寧な説明があって、
そぉんな伝統があるのねぇ〜という新鮮さに出会えます。

例えば、”宮号””し号””称号”。
どの名前がなんなのか・・・ってコトです。
これがわからないと、頭の中混乱しちゃいマス。(^_^;)

また、宮中の行事である祭祀。
大嘗祭など平成2年に行われたらしいのだけれど、
ぜんっぜん記憶にない。(_ _;)
カラー写真がたくさん使われていて、とても興味深かった!

巻末には”歴代天皇125代”の一覧があり、
1人1人の時代や特徴が書かれています。

天皇の時代、将軍の時代、政府の時代・・・
なんだかそれぞれの時代によって、
天皇の扱いがまるで変わるので、
結局天皇って何なんだろう?とわからずじまいだった私。

未だにわかったとはいえない状態ですが、
天皇の歴史と日本の歴史は、
切っても切れない密着な関係にあるんだなぁを実感です。

ううむ。天皇崇拝な教育はしなくてイイと思うけれど、
もう少し日本史でわかりやすく教えてくれててもよさそうなもんなんだけどなぁ。
それとも私が覚えていないだけなのか?!<(;~▽~)



私の音楽以外のお勧め本はこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【天皇/本---Amazon.co.jp
「天皇家」誕生の謎―古代史から見た権力と天皇
古代天皇家と日本正史―現人神と万世一系の超秘密
源氏物語の時代―一条天皇と后たちのものがたり
神武東征の謎―「出雲神話」の裏に隠された真相 (PHP文庫)
謎の大王継体天皇 (文春新書)
実録・天皇記 (だいわ文庫)
天皇と日本の起源―「飛鳥の大王(おおきみ)」の謎を解く (講談社現代新書)
天武天皇 隠された正体 (ワニ文庫)
大和朝廷の起源―邪馬台国の東遷と神武東征伝承 推理・邪馬台国と日本神話の謎 (推理・邪馬台国と日本神話の謎)
天皇家はなぜ続いたのか (ワニ文庫)
海峡を往還する神々 解き明かされた天皇家のルーツ


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 16:03|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月04日

ピアノの歴史5【ハープシコード供

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
ピアノの歴史【クラヴィコード供曚こちら
ピアノの歴史ぁ撻蓮璽廛轡魁璽畢機曚こちら


【ハープシコード供

ハープシコードには大型のものと小型のものがあります。
大型のものは、きっとみなさんが想像している楽器。
グランドピアノに似た形のもの。
今日は小型のハープシコードについてのお話です。
小型のハープシコードは見た目にはクラヴィコードに似ているかも。
横長で鍵盤に対して弦が平行に張られています。

Spinet.jpg

これら小型の楽器をどう呼ぶかについては、
いろいろあるようで・・・。(^-^;
私もチンプンカンプンです。(笑)

例えば、17世紀イギリスでは撥弦鍵盤楽器すべてを
ヴァージナルと呼んだとか。
前回触れたようにハープシコードは英語の呼び方で、
国によって様々な呼ばれ方をしています。
最近では形や機構による再分類がされているそうですが、
ここまでくると頭がぐるんぐるんしてきちゃう私。

かといって、この話題に触れないわけにもいかないので、
小型のハープシコードがあったんだ〜
         ・・・・・
程度に触れたいと思います。(笑)

この小型ハープシコード、呼び名は2種類ほどあるようです。
スピネットとヴァージナル。
私はスピネットという言葉の方をよく耳にします。
でも分類でいうとこの2つの楽器、ちょっと違うようです。

ヴァージナル:鍵盤に近いほうに低音弦
スピネット:鍵盤から遠いほうに低音弦


これも絶対というわけではなく、
そういう弦の張られ方が多い程度のようですが。

新しい分類法によるスピネットでは、
ジャックが左の手前から右の奥へと斜めに並ぶヴァージナルと異なり、
鍵盤とほぼ平行に置かれ、
すべての弦が左から右奥斜めに張られています。
上記写真は国立音楽大学楽器学資料館に収められているスピネット。
短い高音弦はケースの手前。
長い低音弦は左から右奥に伸びています。

この弦の張り方、ジャックの位置だと、
ヴァージナルは長方形で作れますが、
スピネットは三角形にならざる得ません。

これら分類となるとチンプンカンプンになってしまう、
小型ハープシコードですが、
古くは15世紀中頃の文献に記されているそうです。
その後16世紀末から17世紀初頭にイギリスで大流行。
音楽史でいうと、ルネサンス後期からバロック初期にかけてですね。

ヴァージナルやスピネットは、
クラヴィコードのように小型で持ち運びしやすかったため、
卓上に置いて弾く家庭用として人気があったようです。


気軽にチェンバロに触れることのできるスタジオです。
↓↓↓
ギタルラ社東京古典楽器センター:JR目白駅
 1段フレミッシュチェンバロ、2段フレンチチェンバロ
 1時間 1500円


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

古楽をCDで聴いてみませんか?


【チェンバロ/CD】
バッハ:フランス組曲(全曲)曽根麻矢子
バッハ:イギリス組曲曽根麻矢子
バッハ:イタリア協奏曲曽根麻矢子
ゴルトベルク曽根麻矢子
シャコンヌ曽根麻矢子
バッハ/ブランデンブルク協奏曲全曲レオンハルト
バッハ:フランス組曲(全曲)レオンハルト
バッハ:インヴェンションとシンフォニアレオンハルト
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)レオンハルト
バッハ:ゴルトベルク変奏曲レオンハルト
バッハ:「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帖」よりレオンハルト
バッハ:フーガの技法&クラヴィーア練習曲集第2巻レオンハルト

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 13:33|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月03日

ピアノの歴史4【ハープシコード機

ピアノの歴史 攜鞍廚領鮖法曚こちら
ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機曚こちら
ピアノの歴史【クラヴィコード供曚こちら


【ハープシコード機

ハープシコードは国によって呼ばれ方が異なります。
チェンバロと言われるとピンとくる方も多いのでは?
ドイツ語やイタリア語ではチェンバロと呼ばれ、
フランス語ではクラヴサンです。
クラヴィチェンバロと呼ばれることもあります。
ちなみに、ハープシコードは英語です。

ピアノの歴史・・・という題名で書いているこの記事。
発音機構でみると、
ハープシコードよりクラヴィコードの方が、
ピアノの原点というにふさわしいと感じます。
クラヴィコードは弦を打ちますが、
ハープシコードは弦をはじくのです。

ハープシコードの鍵盤の先には、
ジャックと呼ばれる長い木片が垂直に置かれています。
このジャックの先にはプレクトラムと呼ばれる爪が埋め込まれており、
鍵盤を押し下げるとプレクトラムが弦をはじいて発音します。

私がとても興味深く聴き比べてみたいと思っているコト。
それは、このプレクトラムの素材の違いによる音色の変化です。
これまで様々なハープシコードを聴いてきましたが、
プレクトラムの素材は変わりなく、聞き比べできないままでいます。
当時使われていた素材は以下の通りです。

・鳥の羽骨
・鯨の骨
・貝殻
・馬の蹄
・真鍮
・木
・皮
・牛のもみ皮


ね?素材によって、かなぁり音色が変化しそうだと思いませんか?
話がちょっと脱線してしまいますが、
私が素材による音色の変化を聴いてみたいと思う楽器に、
陶器製のフルートガラス製のフルートがあります。
一体どんな音色なんでしょうね〜。

ところで、ハープシコードにはストップという機能がついています。
つまみやボタンともちょっと違うのですが、
そのストップを動かすと様々な変化がつけられるのです。
ピアノでいうとペダルのようなものですが、
ピアノでは考えられないような機能が備わっています。
このストップ操作によりプレクトラムの素材を選択できる楽器もあったようです。
とても興味があるので触ってみたい楽器のひとつなのですが、
未だに出会っていません。(T_T)
 ・・・・他にも様々なストップの機能がありますが、
    それについては後々お話したいと思います。

ちなみに、本当にそんな機能があったのか?という疑問も持っていたりします。
プレクトラムの素材をストップ操作で選べるなんて、
一体どういう作りにしたらそんなことができるのか??
私が読んだ本には、このように書かれているのですが、
私の読み方が間違っているのか・・・?
『演奏の際に音色を変えようとするときには、
ストップを操作して、ジャックに植えてあるプレクトラムの選択を
変えなければならない。』


これまでプレクトラムの選択をストップ操作で変えられる楽器に出会っていないので、
一体どんな作りになっているのか興味津々です。



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


バロック音楽に関する本だけ集めています


【グレン・グールド/本】
グレン・グールド演奏術
グレン・グールド論
グレン・グールド発言集
「草枕」変奏曲―夏目漱石とグレン・グールド
バッハからブーレーズへ グレン・グールド著作集
パフォーマンスとメディア
グレン・グールドの生涯
ぼくはエクセントリックじゃない―グレン・グールド対話集
漱石とグールド―8人の「草枕」協奏曲
グレン・グールド伝―天才の悲劇とエクスタシー
グレン・グールド書簡集
グレン・グールド 孤独のアリア
リヒター、グールド、ベルンハルト
グレン・グールドとの対話

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 14:32|PermalinkTrackBack(0)

2006年09月19日

カキ氷の歴史

この夏カキ氷に目覚めた私。
先日電車に乗っていたら、
車内電光掲示板に目が行きました。

答え
カキ氷:古くは枕草子に出てくる


電車を降りる寸前に気づいたので、
どんな問題だったのかは知らないのですが、
これはすごい!!

カキ氷ってそんなに古いの?
平安時代?!

で、疑問。

一体何で削ってたんだろう?
だってね、機械じゃぁないと思うんですよ。
カラクリ時計などの機械が発達したのは、
江戸時代ですよね〜。
平安時代に、そんな機械があったとは思えないし・・・。

一体何をかけてたんだろう?
現代のようなシロップがあるわけじゃなし。
ジャムなんて代物があったとも思えず。

調べましたヨ。
インターネットって便利ですねぇ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
まずわかったのは、枕草子の四十二段に出てくるということ。

削り氷にあまづら入れて  あたらしき金わんに入れたる

金属製の器に刃物で削った氷を入れ、
甘葛煎(あまづらせん)という
ツタを原料にした甘味をかけて食べたそうです。
当時、砂糖はまだなかったんですね〜。びっくり。
甘味も貴重、氷も貴重。
高級な一部の人しか食べられないものだったようです。

一体どんな味だったんでしょうね〜。
どこかで再現していないものか・・・。
食べてみたい。


楽天アイスクリームランキング
楽天>抹茶>アイス    楽天>あずき>アイス

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪
人気Blogランキングへ  にほんブログ村 グルメブログへ



emksan at 21:46|PermalinkTrackBack(0)