支援

2015年06月30日

電子ピアノ支援


電子ピアノ支援
津波や地震で楽器がダメになってしまった方への支援活動です。被災地の方々に、震災前の日常を少しでも取り戻していただけたならと願いながら、支援を続けています
(1000円単位でお願いしています)
  ↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
 
http://musestown.livedoor.biz/archives/51947658.html 

これまでの楽器支援報告
 ・購入した支援楽器  楽器提供マッチング


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  

emksan at 11:47|PermalinkTrackBack(2)

2012年10月03日

小学6年生の子のスピーチ(楽器支援)

電子ピアノを支援してくださった方から、
小学6年生のお嬢さんがピアノ支援で感じたことをスピーチしたところ、
平和スピーチコンテストで学校代表に選ばれ、
さらに区の代表に選ばれたとのご報告をいただきました。

平和とは笑顔でいられる世界のこと。
大人は平和のためにとあれやこれや難しい事を考え、
こねくりまわしますが、
まさに一言で平和を表すとしたらこれなんですよね。
なによりも小学6年生の子が、
そのためには身のまわりの人を笑顔にすることが第一歩だと、
浮ついた表面上の理想ではなく、
しっかと地に足をつけた目線を持っていることに驚かされます。

是非ご一読ください。



人を笑顔にする「平和」               

私は「平和」とは、人を笑顔にするものだと考えています。
三月十一日、東日本大震災――。
私はこの復興、支援活動を通して感じた「平和」について話したいと思います。

私は三月三十一日以降、東日本大震災で被災された方々に、
どのような支援をしたらいいのかを考えていました。
その頃、ピアノの先生の紹介で、「楽器支援活動」を知りました。

それは、横浜市でピアノ教室をしている方が行っている活動です。
そのブログには「震災でピアノが流されてしまった子供がたくさんいる。
そんな子達の日常を取り戻すため、
電子ピアノの支援をして頂きたい」と書かれていました。

私は、毎日ひいていた大切なピアノを失ってしまった人に、
少しでも日常を取り戻してほしい。
自分の支援で被災者の方に笑顔になってもらえばと思い、
この「楽器支援活動」をすることを決め、
小さい頃使っていた電子ピアノを支援しました。
ピアノを送った相手は、宮城県仙台市亘理町に住んでいる方です。
それから間もなく、ピアノを嬉しそうにひいている写真とお礼のお手紙を頂きました。

そしてわかったのです。
このように、一人でも多くの人々を笑顔にすることが、
復興につながる「平和」への第一歩である、と。

世界では戦争や、食に飢えている国。
子供でも働かなくてはならない国があることを知りました。
そう考えると、私達が今、あたり前の生活をしていることが、
とても幸せに思えてきませんか。

私はこの東日本大震災で、今苦しんでいる人や困っている人が日本にも、
そして世界にもたくさんいることを強く感じました。
そのような人々が笑顔でいれる世界。
これが、私の考える「平和」です。
だから私は、この支援活動のように
地道だけれども人を笑顔にできる活動をしていきたいです。

まずは、自分の身のまわりの人を笑顔にすることがこの「平和」への第一歩です。
私は、最上級生として一年生とよく交流をします。
私が笑顔で一年生に声をかけると、一年生は笑顔で応えてくれます。
だから、私は私自身が笑顔を心がけ、人と接していこうと思います。
そして、いつかはたくさんの人が笑顔になることを強く願っています。


・・・ 電子ピアノ支援の詳細はこちら ・・・


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 11:44|PermalinkTrackBack(0)

2012年07月10日

電子ピアノ支援、支援金も助かります

しばらくブログを更新していませんでしたが、
楽器支援の方は順調に進んでいました。
アップライトピアノのマッチングも、
なんと一気に2台お話が進んだのですヨ。

アップライトピアノ支援はとても難しいんです。
中古アップライトピアノの中には、
すでに使えなくなっているピアノ、
もしくは調整に高額がかかってしまうものが多いからです。
一気に2台だなんて、個人で支援活動をしている私にとっては、
まるで奇跡のようなできごとです。
支援くださった方々に本当に感謝です。

現在、石巻の先生からの伝手で、
大阪の方から3台のアップライトピアノ支援が可能だと
お話をいただいています。
繋がりのある被災地の先生方へ、
この情報を流しているところなのですが、
支援要請の声は今のところ出てきていません。

震災から1年以上経った今でも、
アップライトピアノ支援を受けられる状態にある人は、
とても少数だということです。
ピアノ指導者であっても、
出張でのレッスンは再開しても、
仮住まいのアパートや仮設にはアップライトが置けないからと、
電子ピアノで我慢なさっている方々がいらっしゃいます。

電子ピアノ支援については、
ここ最近趣味で弾く大人の方への支援が続きました。
大人の方はみなさん遠慮なさって、
なかなか支援要請を出せずにいたようです。
電子ピアノ支援は、ピアノにはすごく触りたいけれど、
そこまで人さまに甘えてしまってはいけないという気持ちが先立ち、
支援要請を遠慮する方々も多くいらっしゃるのです。

私の支援は、震災で楽器を失ってしまった方への支援なので、
子どもに限らず、保育士を目指している学生さん、
保育士の方、趣味で弾く大人の方、
あらゆる方が支援対象になっています。

最近支援させていただいた大人の方々はピアノが大好きで、
震災前までピアノが当たり前のように日常に寄り添っていた方々です。
こういった方々は支援が無事済むと、
本当にとてもとても喜んでくださいます。
昨日、いただいたメールの一部です。


昨日無事に受け取り,組み立てしました
夜中なのに弾いてみました
今日も朝から。。。
やっぱり楽しいですね。
嫌なことあっても元気がでるかなぁと。


子どもに比べ、大人は先が見通せてしまう。
だからこその不安感、焦燥感というものが常につきまとってきます。
また、被災地の人間関係も、
被災状況や支援状況によって複雑なものになり、
あれから1年以上経った今、
気を張り続けてきた大人の方々が、
疲れを見せ始めていると聞きます。

だから、こうしてピアノを通じて、
嫌なことがあっても元気がでる、と言っていただけると、
本当に嬉しくなります。
改めて、ピアノは心の支援なのだと思わされます。
ある支援者の方が、こんなメールをくださいました。
本当にそう思います。


人が生きるということは、最低限の衣食住だけで済まされる訳ではないですね、
心が伴わない復興は有り得ないですね。


ところで、昨日大槌町のピアノの先生からメールをいただきました。
大槌町へは今年の始めに伺いましたが、
がれきだけが撤去され、
見渡す限り何もない景色が広がっていた場所です。

このとき、この先生のご実家へ寄らせていただいたのですが、
小さな山の裾野にあるこのご実家と、
その裏にある1軒だけがポツンと残り、
目の前にあったはずの家々は1軒もなくなっていました。
本当は180度見渡す限り、家々が立ち並んでいたはずの場所です。

この先生のご実家は1階部分が浸水し、
ドロだらけになってしまったそうです。
家の中に標識が流れ込んできていたと。
しかし、人出不足と材料不足から、
リフォームができずにいました。
この先生から昨日いただいたメールの一部です。


実家のリフォームが終わり、両親が仮設住宅から引っ越しました\(^o^)/

先生がいらした時は、襖が貼られてない状態でした。
家の前の風景はあの時と変わらず、
特に母は不安が大きかったようですが、
引っ越してみたらとても嬉しそうでした。
家があるって、本当に幸せな事なんだと思いました。

庭に花を植え、支援で頂いたプランターを並べ、少し明るくなりました。

まだ家具を買う気分にはなれない、と家の中は殺風景ですが(^_^;)
そのうち、暇ができたら買い物に連れ出そうと思っています♪

着々と、日常を取り戻しています!!
報告でした♪


こうして日常を取り戻しつつあるお話を伺うと、
とても嬉しくなります。

被災地にはいろんな方々がいらっしゃいます。
このように日常を取り戻しつつある方もいれば、
震災後とほとんど変わらない状況に置かれている方もいます。
少しでも多くの方々が、
このように日常を取り戻していかれることを、
心から願いながら、
支援活動を続けていきたいと思っています。

今後ともみなさまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


支援方法の詳細はこちらをご覧ください。
http://musestown.livedoor.biz/archives/51947658.html



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 11:41|PermalinkTrackBack(0)

2012年01月25日

私と協力し合っている音楽支援活動のご紹介

今日は、お互いの支援活動を協力し合っている方々のご紹介です。


【楽譜支援】

私が支援させていただいているピアノの先生方をご紹介しています。
もう何名もの先生や生徒さんをご支援いただきました。
今後もご支援いただく予定でいます。
こちらでは随時楽譜を募集しています。
楽譜募金も助かります。
詳細はこちらをご覧ください。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.livedoor.jp/chocorin_p/archives/3810742.html


【RisingSun2012/アップライトピアノ・グランドピアノ支援】

コンポーザー・ピアニスト天平さんの声かけで集まった、
5名の演奏家とその仲間による支援活動です。
有志全員、仕事とは無関係のボランティア活動です。
私は支援先をご紹介させていただいています。

チャリティーコンサートを開き、
ホール代などの経費を除いた全額(出演料は発生しません)が、
このプロジェクトのために使われます。
第1回のチャリティコンサートは3月7日ですが、
この支援活動はこれで終わらせず、長く続けていくとのことです。

また、こちらの支援活動では、
状態のよいグランドピアノかアップライトピアノを、
被災地に寄付してくださる、もしくは安く譲ってくださる方を募集
しています。
詳細はこちらをご覧ください。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.tempei.com/japan/?p=348


どの支援活動も口コミが重要と思います。
私の支援活動同様、
これらの支援活動もブログやツィッターなどで広めていただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 21:57|PermalinkTrackBack(0)

2012年01月19日

被災地に音楽を〜タウンニュースの取材を受けました〜

先日、タウンニュースの取材を受けました。
神奈川県全域に無料で配られるもので、
雑誌ではなく新聞扱いなのだそうです。
読売・朝日・毎日新聞に折り込みで入ります。

1行政区に1つのタウンニュースを基本としているということで、
私が受けた取材は、鶴見区版に載せていただくことになりました。
タウンニュースの記事は、ネットでご確認いただくことができます。

私の記事はこちら♪
『被災地に音楽を』

取材してくださった方も、岩手県の方と繋がりのある方で、
とても親身にお話を聞いてくださいました。
2時間があっという間でしたヨ。
こんなに丁寧に取材してくださって、本当に感謝です。

最近アップライトピアノの支援要請が高まっているように思います。
私の方でどこまでカバーできるかわからないため、
アップライト支援に関しては、他の方法を考えています。

明日、コンポーザーピアニストの天平さんにお会いしてきます。
チャリティコンサートを通じて、
ピアノの寄付を考えていらっしゃる方です。
今後も被災地の方々と繋がって活動していきたいとブログにあったため、
私の活動を支援していただけないかコメントさせていただきました。

その後すぐに事務所の方からメールをいただき、
明日お会いすることになりました。
今後私の方へアップライトピアノの支援要請があった方々を、
こちらの活動にご紹介することができたらと考えています。

まだ、どのような形で協力し合えるかわからないのですが、
とても前向きに支援活動に取り組まれている方々のようなので、
何らかの形で協力し合えるのではと思っています。

天平さんの支援活動はこちら!
チャリティコンサートのチケットを発売しています。
http://www.tempei.com/japan/?p=348

Rising Sun Charity Concert 2012
2012年3月7日(水) 18:30開場/19時開演
かつしかシンフォニーヒルズ(アイリスホール)東京都葛飾区立石6-33-1
http://www.k-mil.gr.jp/institution/symphony/introduction.html
全席自由 4,000円(税込)
■イープラス/チケット申込み
【PC専用サイト】
http://bit.ly/w5I90P
【携帯専用サイト】http://bit.ly/w67ugk

吉武大地 / ヴォーカル : http://www.escolta.jp/
天平 / 作曲家&ピアノ : http://www.tempei.com/
Tsukasa / ヴァイオリン : http://ameblo.jp/tsukasa-vnbeat/
熊井麗音/ ピアノ: http://ameblo.jp/piano-reine/
梶原ひろみ/ ヴォーカル : http://ameblo.jp/hiromint3/



楽器支援方法の詳細はこちらをご覧ください。
お申し込みは、ブログのコメント欄ではなくメールをください。
どうぞよろしくお願いいたします。

“鏈匱圓罰擺鐵鷆ー圓離泪奪船鵐
被災地楽器店で楽器を購入し、被災者へ楽器支援するための支援金募集。
 
(1000円単位でお願いします)
   http://musestown.livedoor.biz/archives/51947658.html 


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 13:56|PermalinkTrackBack(0)

2011年12月28日

12月10日以降の楽器支援報告

みなさんのご支援のお陰で、
多くの子どもたちがピアノのレッスンを再開し始めています。
本当にどうもありがとうございます!!

この1カ月、支援を受けた生徒さんたちが、
クリスマス会や発表会に参加できたとのご報告をいただきます。
クリスマスコンサートでの演奏している生徒さんの写真や、
発表会で花束を抱えている先生の写真など、
被災地のピアノの先生方が送ってきてくださるのです。

しかし、まだ再開できずにいる子どもたちも大勢います。
子どもたちの心のケアはこれからが本番と感じています。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

前回楽器支援報告を更新したのは12月9日でした。
それ以降の報告を更新しています。
http://musestown.livedoor.biz/archives/51950898.html


支援金による電子ピアノ支援
 ヤマハYDP-S31 \65000 6台

楽器提供者による電子ピアノ支援
 ヤマハP-95B 1台
 ヤマハCLP-840 1台
 コロムビアEP-535 1台 
 

以上、9台を支援させていただきました。
ご支援いただき、本当にどうもありがとうございました!


楽器支援方法の詳細はこちらをご覧ください。
お申し込みは、ブログのコメント欄ではなくメールをください。
どうぞよろしくお願いいたします。


“鏈匱圓罰擺鐵鷆ー圓離泪奪船鵐
被災地楽器店で楽器を購入し、被災者へ楽器支援するための支援金募集。
 
(1000円単位でお願いします)
   http://musestown.livedoor.biz/archives/51947658.html 


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 21:37|PermalinkTrackBack(0)