啓蒙思想

2011年11月09日

啓蒙思想を学ぶ

以前、啓蒙思想って何だろう?
と知りたくなった時期があって、
いろんな本を読んだことがありました。
いろんな・・・といっても、たかが知れているのですが。(^_^;)

クラシック音楽と啓蒙思想って切っても切り離せない関係ですよネ。
近代史の始まりのようなものですから。
先日あるピアノの先生と啓蒙思想のことが話題になりました。
そのとき、啓蒙思想に興味のあるピアノの先生って、
結構多いのでは〜と思ったので、
私が読んだ本をご紹介しようかな、と思います♪


まず、最初に手に取ったのはコレ↓です。
薄っぺらな本で、とても読みやすかった。
導入にはもってこいだったかも。
5ミリくらいの薄っぺらな本です。


啓蒙の世紀と文明観 (世界史リブレット)啓蒙の世紀と文明観 (世界史リブレット)
著者:弓削 尚子
山川出版社(2004-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


それから、フランス革命についての本。


フランス革命史〈上〉 (中公文庫)フランス革命史〈上〉 (中公文庫)
著者:ジュール ミシュレ
中央公論新社(2006-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


分厚い上下巻に分かれた本ですが、
読みにくい本ではありません。
著者の啓蒙思想に対する熱い思いが伝わってくる本です。

それから、もっと客観的にフランス革命を眺めたいと思って読んだ本。
私が大好きなふくろうシリーズの本です。
カラーで楽しいですヨ。


図説 フランス革命 (ふくろうの本)図説 フランス革命 (ふくろうの本)
河出書房新社(1989-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


次に読んだのは、カント。
カントと聞くと小難しそうに思えますが、
この本はスラスラと読める本でした。


永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)
著者:カント
光文社(2006-09-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


私は現代社会には、
この啓蒙思想が根深く根付いているように感じています。
アメリカの存在が大きいんだろうな、と。
だって、アメリカを建国したのはフリーメイソンでしょう?

フリーメイソンの思想は、まさに啓蒙主義的と思います。
アメリカ建国とフリーメイソンについて語られるとき、
テレビでは都市伝説として扱われたりするけれど、
私はそれほど秘密主義的なものは感じないんですヨ。
ただ、啓蒙主義に傾倒している人たちが、
アメリカを建国したにすぎないのだと思うからです。

そして、この資本主義・平等主義のアメリカが、
近代史を引っ張ってきているんですよね。
日本の明治維新も、戦後の教育も、
啓蒙思想が根底にある気がしています。
(啓蒙主義の平等っていうのは、
私たちが想像する平等主義とは異質かもしれません。
あくまでも西洋社会の中での平等主義であって、
他人種を含むものではないからです。)

最近私が知りたいと思っているのは、
この啓蒙思想の発展の過程です。
わかりやすく、私にでもわかるように説明してくれている本ってないかなぁ。(笑)
特に現代において、この啓蒙思想がどのように発展しているのか。
啓蒙思想への批判から生まれた思想についても知りたいデス。
何か読みやすいお勧めの本はありませんか?


ところで、子どもの頃誰もが読んだ「ガリバー旅行記」。
これね、啓蒙思想への風刺なんですよ。
そういう視点で読むと、本当に面白い。
児童書として省略されたものではない、原著がお勧めです。


ガリヴァー旅行記 (岩波文庫)ガリヴァー旅行記 (岩波文庫)
著者:スウィフト
岩波書店(1980-10-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 17:43|PermalinkTrackBack(0)

2007年11月09日

啓蒙思想ってなに?

啓蒙思想って?
単語は知っていても中身をよく知らない。
西洋音楽やってるんだから、
やっぱり知っておいた方がいいよね・・・。

で、1年くらい前からかな。
イロイロ本を読んだりしていたのデス。

啓蒙の世紀と文明観 (世界史リブレット)
薄くてとぉっても読みやすい本。

フランス革命史〈上〉 (中公文庫)
上下巻。
分厚いですが小難しい本ではありません。
啓蒙思想に対する著者の熱い思いも伝わってきたり・・・。

図説 フランス革命 (ふくろうの本)
ふくろうシリーズ。
カラーで手軽に読める本。

永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)
カントの本を読みやすくしてある本。


そぉんなに小難しい本は読めない私。
読むのを断念しなくても済む、
手軽に読める本をチョイスしてました。
以前ブログで紹介したガリバー旅行記は、
啓蒙思想を諷刺した本だということで読んだ本でした。
 ・・・・・児童書として省略されているものではなく、
     原著を読みました。



少しずつ啓蒙思想ってものが立体的になってきて・・・。
今私が生きている世界は、
啓蒙思想の上に成り立っていたのねぇ〜と、
現代にも息づいている啓蒙思想に気づかされ・・・。


ただ、それはの部分だけではなくの部分も含めてのコト。


なんかね、くらぁい気持ちになっちゃったんですよ。(^_^;)
今私がこうしてなんちゃって主婦をしながらピアノ講師が堂々とできるのも、
啓蒙思想の賜物。
言論の自由を保障されブログを自由に書いているのも啓蒙思想のお陰。
選挙に行くことで政治に参加できるのも啓蒙思想のお陰。

啓蒙思想が社会にもたらした光は、
それはそれは大きな光です。
でも、何事も表があれば裏がある。
表の大きさが大きければ大きいほど、裏も大きい。
啓蒙思想の影。
これはキリスト教に私が感じる影とも一致しています。
啓蒙思想の生みの親がキリスト教だものね、当然か・・・。

で、このの部分。
表があれば裏もあるさっ!と割り切れればいいものを、
息が苦しくなってくるほどに受け入れられない私がいるのデス。
考えるだけでイライラしちゃうし、
あぁ人間なんて人間なんて〜!!!!と思い込んでしまう。(^_^;)
しまいにゃ、ベートーヴェンの曲まで押し付けがましく聴こえてくる始末。

その上、こぉんな本を読んでしまい、
さらに精神的ダメージ大。

未来をひらく歴史―日本・中国・韓国=共同編集 東アジア3国の近現代史

あ、ちなみにこの本お勧めです。
やったやらないの議論は置いておいても、
全体の流れが把握できる。
やったやらないの議論は、
当時を目の当たりにしているわけではない私&
歴史学者でもない私がどうこう議論に加われる問題ではありませぬ。
何よりネット上での議論が大嫌いな私。
 ・・・・・この件に関するコメントは受け付けません。m(_ _)m

ただ、侵略した・・・という事実は否めない。
そして、その侵略を正当化させたものが啓蒙思想だったのですね〜。
西洋がアジアに進出し、アジアに文明化を求めたのも、
啓蒙思想の影の部分と私は感じています。
一方的に優越感を感じてるから。
キリスト教の十字軍遠征と同じような押し付けがましさがある。

その西洋の真似をして、
「日本以外のアジアに文明化を。」と正当化して侵略した日本。
ってか、文明化させるという「あんた何様?!」な態度に、
正当性があるかというと、ないと思うんだけれど・・・。
文明化といってもあくまでも西洋目線だし。

私は西洋の文明がなによりもすばらしく、
地球にいるすべての人を文明化しなきゃならん、
と決め付けて押し付けてくることに寒気を覚えるのデス。
鳥肌が立ってくる。
価値観を押し付けられるのが大嫌いだから。

これが啓蒙思想の影の部分で、
現代にも息づいていると気づいたとたん、
苦しくて苦しくてたまらなくなる。
人間が作り出す社会に嫌気がさしてしまうのデス。

こんだけ文明化に頼った生活を日々送っている上に、
西洋文化のピアノやってるんですけどね・・・。
これだけ多くのものを啓蒙思想から享受しておきながら、
影の部分を鳥肌が立つほど拒否する私。

あぁ、優越感ってイヤだ。
耐えられん。

 ・・・・ホント、ネット上での議論は大嫌いなので、
    議論に発展するようなコメントは差し控えてください。m(_ _)m
    でもって、私はとぉっても傷つきやすいので、
    その点も考慮してやってくださいね。m(_ _)m



私の音楽以外のお勧め本はこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【啓蒙思想/本---Amazon.co.jp
共和主義と啓蒙―思想史の視野から (Minerva21世紀ライブラリー)
深層のフランス啓蒙思想―ケネー、ディドロ、ドルバック、ラ・メトリ、コンドルセ
サロンの思想史―デカルトから啓蒙思想へ
文明の帝国―ジュール・ヴェルヌとフランス帝国主義文化
近代日本の思想像―啓蒙主義から超国家主義まで
フランス啓蒙思想入門
啓蒙の民主制理論―カントとのつながりで
フランス啓蒙思想の展開
伝統と啓蒙―近世ドイツの思想と宗教
明治啓蒙期の経済思想―福沢諭吉を中心に


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 21:58|PermalinkTrackBack(0)