古楽

2012年10月17日

14世紀の響き

久々に古楽を堪能しました。
今日聴いたCDはこれ。


Codex Reina
Codex Reina
クチコミを見る
 →残念ながら今は手に入りづらいようです。

14世紀頃の音楽です。
19曲中14曲は作者不詳ですが、
その中にアルス・ノヴァの代表的な作曲家、
ギヨーム・ド・マショーの曲が入っています。
こんな感じの曲です。↓


 


マショーは1300年頃-1377年の
フランス、ランス生まれの作曲家です。
フランス国王ジャン2世の妃や、
ノルマンティ公シャルル(のちにフランス王シャルル5世)など、
多くのパトロンに仕えたようです。

この時代の音楽は私にとり、
とても耳に心地よく、
不思議と郷愁すら感じます。
フレーズや旋法が、日本人の呼吸に合っているのかも。

古楽を聴くとき、響きを堪能しつつ、
その時代の香りを感じたくて、
自分で作ったピアノ史メモ年表を見ることがあります。

マショーは百年戦争を経験しているんですね!
ジャンヌ・ダルクの時代ですよ!!
まだダ・ヴィンチもラファエロもいない時代。
ルネサンス前、ゴシック建築時代の作曲家です。

文学のところを見ると、
ダンテが亡くなったばかりの頃で、
同時期に活躍したのはボッカチオ。
「神曲」は読んだけれど、「デカメロン」はまだ読んでないなぁと思ったり。

ちなみに、クラヴィコードが初めて書物にあらわれたのは1404年のこと。
マショーの時代は、まだチェンバロもクラヴィコードもなかったということですね。
でも、オルガンはありましたよ。
鍵盤はいまのような形ではなかったかもしれませんが・・・。

それまでレバーが盤上に整列していたものが、
ボタン状に変わり、それらが横に並ぶようになり、
ついに四角いボタン上で半音キーも見られるようになった時代。
そして、今のように5つの黒鍵が揃ったばかりの時代。
(それまではシの♭しかなかったりと、徐々に黒鍵が増えていったようです)

いろいろ書いてきましたが、
この時代の香りを感じるには、
これらの情報だけでは足りないですね。
私の好きな本に、
古城事典という子ども向けの本があります。


古城事典 (「知」のビジュアル百科)
古城事典 (「知」のビジュアル百科)
クチコミを見る


ちょうどこの時代のお城の作りや
食卓の様子、娯楽や女性と子どもの様子が書かれていて、
当時の香りを感じるのに役立つ本です。
こういう映像を思い浮かべながら、その時代の楽曲を聴く・・・。
こんな風にタイムトリップする楽しみが古楽にはあります。

それにしても、
今日Amazonで本購入したばかりなんですよね・・・。
デカメロン気になるぢゃん。(^_^;)
いつか読んでみよふ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 16:07|PermalinkTrackBack(0)

2012年02月16日

贅沢な半日〜音楽DVDを聴きまくる〜

昨日はなんとも贅沢な半日を過ごしました。
6時間近くぶっ通しで音楽が聴けるなんてっ!!
1年振りくらいかもしれません。
吉松隆氏のCDについては、
昨日ブログにしているので、
今日はそれ以外に観たDVDをご紹介♪


Music of the French Baroque [DVD]Music of the French Baroque [DVD]

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


器楽合奏だけでなく、
バロックダンスを見ることもできます。
リュートのソロもいい♪

ただ・・・願わくば、カメラよ、もっと落ち着いてくれ!です。
とにかくカメラワークが激しくて、落ち着きがないのですよ。
こういうのを脳内ロココ調とでもいうのでせうか。(笑)
そんなに激しく動いたら酔っちゃうよ・・・デス。

この中に、テレマンの楽曲があるのですが、
とてもとても美しい器楽曲!!
テレマンをもっと聴いてみたくなりました。
演奏はとても質が高く、
やはり本場の古楽はレベルが高いな〜です。



モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2000-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


2000年2月のチューリヒ歌劇場でのライブ映像。
バロック以前のアーノンクールは、
70年代までが好き・・・と思っていた私。
というのも、最近のアーノンクールは
古楽であっても現代歌手を起用しているからです。
どうにもあのビブラートの発声が、私には耐えられないんですよ。
器楽演奏はあんなにすばらしいのに・・・です。
バロック音楽は、バロック歌手で堪能したい。

このDVDは2000年の収録ですが、
題材がモーツァルトということで、
何の違和感も感じずに楽しむことができました♪
ソプラノがすばらしかった〜。

ちなみに、解釈はかなり真面目な解釈になっています。
笑えるところもあるんですが、
全体的にはかなり真面目な解釈と思います。
その分美しいアンサンブル、美しい響きを堪能することができて、
モーツァルトが「人間の感情」と「音楽表現」を、
どんな風に結び付けて作曲したのか、
わかりやすいかもしれません。

アーノンクールの演奏は、
いつも感情豊かなんですよね。
かといって流されるわけではありません。
間の取り方、音の切り方が絶妙といつも思います。
そして、音の強弱の表現豊かなことったら!

また、このオペラですばらしかったのは演技♪
細部にいたるまで動きが計算されているんですよ。
動きがとても自然で、ぼうっと立って歌うなんてことはありません。
歌手の表情も豊か!
もし、このDVDを100%満喫できない理由があったとしたら、
侍女の歌のレベルがもう少し高かったらなぁ・・・くらいでしょうか。
そこだけがどうしても気になってしまいました。

うちには、他のコシ・ファン・トゥッテのDVDもあるので、
そちらをもう一度見てみたくなりました。
聴き比べてみたい。
アーノンクールの表現は、結構個性的と思うので。

久々の音楽漬けな半日。
ほんっと贅沢な時間でした♪幸せっ


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 15:01|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月27日

平均律をクラヴィコードで

今感動しています。
今日は眠れないかも、というほどに感動しています。
待ちに待ったCDが今日やっと届きました。
平均律のCD。クラヴィコードによる演奏です。


ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機
ピアノの歴史【クラヴィコード供


ずっとクラヴィコードのCDが欲しいと思い続けてきた私。
mixiで知り合いになったバッハ好きの先生で、
チェンバロを習っていらっしゃる方がいらしたのですが、
その方に情報をいただくことができ、
念願のCDを探し出すことができたのですヨ♪

でね、気付いたこと。
私っておバカだったのね、ということ。
検索のかけ方、「クラヴィコード」って日本語でやっちゃってたんですよねぇ。
Clavichord」で検索すれば、結構出てきたのね。(^_^;)
ということで、カークパトリックとトゥーマのCDを購入したのでした。

インベンションや平均律は、
きっとチェンバロよりクラヴィコード向きに違いない!と思い続けてきましたが、
やっぱり!やっぱりやっぱりやっぱり!!です。
チェンバロでは見えてこないことがたくさん見えてくる!

それにしても、2人の解釈の違いはすごい。(笑)
カークパトリックはどれもテンポが速い。
テーマを出すという意識がとっても強くて、男性的。
教材としてインベンションや平均律をやってきた私たちにとっては、
カークパトリックの演奏の方がしっくりくるかもしれません。

しかししかし、私はトゥーマの演奏がお気に入りです。
テンポは緩め。
でも、そこには美しいフレージングと同時にハーモニーがあります。
音色も美しい!
録音がいいということもあると思いますが、
ひとつひとつのタッチがとても丁寧なのだと感じます。
だから、とてもとても心地がいい!

バッハはインベンションに
「とりわけカンタービレの奏法を習得し」
とインベンションの意義について書いています。
カンタービレ、カンタービレ、カンタービレ!
バッハのカンタービレとは?!
私はトゥーマの演奏に豊かなカンタービレを感じました。
それはとても美しく繊細で、私の心は震えます。


ところで、あることに気付きました。
トゥーマは1980年バッハ国際コンクールオルガン部門で、第2位になってるんですよね。
でね、このコンクール第1回の1950年ピアノ部門第1位に輝いているのは、
私が大大大好きなニコラーエワなのですねぇ。
ちなみに、第1回オルガン部門優勝者は、あのカール・リヒター。
ふむふむ。
ってことは、第3回ピアノ部門で優勝している、
ヴァレリー・アファナシエフはもしかして私好みのピアニストなのかも?!
これは聴いてみなければ。


【今回私が購入したCD/HMV】

カークパトリック 平均律第1巻
カークパトリック 平均律第2巻
トゥーマ 平均律第1巻、第2巻


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


【ピアノ歴史---Amazon
カラー図解 ピアノの歴史---作曲家が愛した、当時のピアノで奏でるCD付
クチコミを見る
新版 ピアノの歴史 楽器の変遷と音楽家のはなし (オルフェ・ライブラリー)
クチコミを見る
音楽史叢書 ピアノ大全 <.ピアノを読む―ピアノの誕生とその改良をめぐる歴史―>
クチコミを見る
ピアノ―誕生とその歴史
クチコミを見る
ピアノ音楽史
クチコミを見る
チェンバロ フォルテピアノ
クチコミを見る




emksan at 22:28|PermalinkTrackBack(0)

2010年09月04日

ルイ14世のミサ

久々にコンサートへ行ってきました。
だぁい好きな古楽です。
会場は東京カテドラル聖マリア大聖堂。
内部はピラミッドのような空洞になっていて、
舞台の真上がちょうどピラミッドの頂点になるような空間で、
広いし高いしビックリ。
教会ならではの響きを堪能できる会場でした。

プログラムの内容は、ルイ14世のミサ曲が中心。
作曲家はルイ14世のもとで宮廷楽団の楽長をしたド・ラランド。
1714年には王室礼拝堂の音楽をひとりで担当するようになり、
恩給や馬車の使用など、音楽家としては破格の厚遇を受けていたそうです。


・「ゆるされた者は幸い」
・「深い淵から」
・「王の晩餐のためのサンフォニー」より第2ファンタジーあるいはカプリス
・「ヴェルサイユの泉」よりシャコンヌ
・「テ・デウム」

演奏したのは古楽アンサンブル「コントラポント」という、
日本の楽団です。
これが驚くほど質の高い演奏で、本当に感動だったのですよ。
このような規模のコンサートには珍しく、
4000円とちょっと高めのチケット代だったのですが、
これだけ高いレヴェルの演奏を披露できる楽団なら当然といった感じ。

収穫だったのは古楽専門の声楽家が日本にいるのだということがわかったこと。
第一声を聴いたとき、「あっ!!」と驚いたんですよ。
こりゃ私が大大大好きな古楽の発声法ではないのぉ〜〜!と。
しかも、みなさん声が美しいっ!
装飾音符の節回し、透明感あるまっすぐな響き。
これよこれ〜〜〜っ!と堪能しまくったのでした。

この教会の響きもマッチしてていいんですよね〜。
普通のホールじゃありえない残響だったし。
あれ、3秒どころじゃなく4秒くらい残響あるんぢゃないかしらん。
演奏は、この残響を熟知した上での間合いを取り入れている感じがして、
それがまたすばらしくって。
残響があるからこその融和した音、
残響を感じつつの次の音楽への導入。
この感覚は、ホールにはないものだなぁ〜と思いました。

でね、こんだけ質の高い古楽専門の歌が日本で聴けるのであれば、
そういうオペラを見るのもありなんじゃん?と思った次第。
これまではDVDだけで堪能していた世界です。

12月4、5日に、バロック・オペラ「ラ・カリスト」という作品が上演されます。
(渋谷区文化総合センター「さくらホール」)
カヴァッリ作曲の作品。
声楽陣は日本の古楽界第一人者たち・・・なぁんてチラシに書いてあって、
興味をそそられます。
この日程にお教室の行事が入らないようだったら、行ってみたいなぁ〜。

う〜ん。久々のコンサート。
大ヒットの演奏会で大大満足!!
そうそう足しげくコンサートへ行けるわけではないので、
こんな風に体中が喜ぶコンサートに出会えると、
もう嬉しくて嬉しくてたまらなくなってしまいます。

古楽アンサンブル「コントラポント」。
これから要チェック!と思った次第。
ホームページはこちら。 http://www.fonsfloris.com/c/index.html
早速お気に入りに入れちゃいました♪
ここでは視聴が可能ですヨ!
興味のある方は是非聴いてみてくださいネ!


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【古楽---楽天
ヘンデル / オラトリオ『ソロモン』 コノリー、グリットン、サンプソン、ロイス&ベルリン古楽アカデミー、RIAS室内合唱団(2CD) 輸入盤 【CD】
ルベル、ジャン=フェリ(1666-1747) / ルベル:四大元素、ヴィヴァルディ:四季 ミドリ・ザイラー、ベルリン古楽アカデミー 輸入盤 【CD】
バッハ / ブランデンブルク協奏曲全曲 ベルリン古楽アカデミー(2CD) 輸入盤 【CD】
ネーデルランド楽派の音楽 デイヴィッド・マンロウ&ロンドン古楽コンソート(2CD) 輸入盤 【CD】
スペインの古楽 サヴァール / エスペリオンXX(8CD)  輸入盤 【CD】
ドゥクチア: カテリーナ古楽合奏団 【CD】
〔オルフェ・ライブラリー〕 新版 古楽のすすめ




emksan at 14:48|PermalinkTrackBack(0)

2007年09月18日

古楽のススメ〜YouTubeより〜

古楽続きで、今日も古楽。
いつも文字だけでお伝えしづらいなぁと思っていたら、
YouTubeというありがたい存在に気づいたのでアリマシタ。



The allegro from the Trio Sonata in D minor by Telemann

先日お話したリコーダーの響きも聴くことができます。
通奏低音のヴィオラ・ダ・ガンバも見えますね。
私、こういうバージョン初めてかもしれないのですが・・・。
たいがい”トリオ”というと、
通奏低音楽器2つで1つの楽器とみなし、
4名の演奏が多いのですが、
これは5名ですよねぇ〜。
リュート&オルガン&ガンバで1名分とみなしているのでせうか。
ちょいと勉強不足でわかりません。

こういう音楽は、やっぱり生演奏が一番ですネ。
是非是非響きの良い小さな空間でのコンサートへ
足を運んでみてください♪
ほんっとうに楽しいですよぉ〜〜〜!


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

【古楽/CD---Amazon.co.jp
ゴシック期の音楽
十字軍の音楽
ジョスカン・デ・プレ:モテトゥス名曲集
バッハ:ミサ曲 ロ短調
ダ・ヴィンチの世界
テレマン:ターフェルムジーク(食卓の音楽)より第4集
ネーデルランド楽派の音楽Vol.2(器楽合奏曲とミサ曲)@マンロウ/ロンドン古楽コンソート
スペインのラ・フォリア@パニアグワ/アトリウム・ムジケー古楽Ens.
ルネッサンス・スペインの宮廷音楽@マンロウ/ロンドン古楽コンソート
テレマン:管弦楽組曲
ドゥクチア

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック





emksan at 12:00|PermalinkTrackBack(0)