モーツァルト

2008年12月01日

モーツァルト/小ジーグト長調K..574

なんだこりゃ?!だったのですヨ。

モーツァルトの死の2年前、1789年以降、
ピアノ作品作曲数が激減しているのが気になり、
そこいら辺の曲を手当たり次第聴いていたのデス。
私って本当に曲を知らない。
この曲、初めて聴いたのですヨ。(^_^;)
 ・・・・・CD持ってるのに、聴いてない曲が多い。(_ _;)
で、驚いちゃったのデス。


なんだこりゃ?!


モーツァルトの対位法の扱いが上手いというのは、
前々から気になっていたことで、
モーツァルトってすごいなぁと思ってはいたのですが。
 ・・・・・天才なんだからすごくて当然なのかもしれないケレド。(^_^;)

この曲、凝縮のされ方が尋常じゃないんですヨ。
何も知らされずにこの曲だけを聴かされたら、
モーツァルトだって気づかないんじゃぁないかな。


モーツァルトが活躍した時代は、現代曲がもてはやされた時代。
亡くなった作曲家の曲なんてそっちのけ?!
バッハは大昔のいまどきぢゃない人、
モーツァルトは現代でいうところのポピュラー作曲家。

そんなモーツァルトにとって身近だったバッハは、
J.S.バッハではなく、その息子のヨハン・クリスチャン・バッハだったそうです。
先日お話したK.107のピアノ協奏曲は、
J.S.バッハではなく、ヨハン・クリスチャン・バッハの作品をもとにした習作です。


1782年23歳のモーツァルトは、
ヴァン・スヴィーテン男爵の邸で開かれるコンサートに足しげく通います。
この男爵は古楽に興味がある人で、
J.S.バッハC.P.E.バッハ(エマヌエル・バッハのこと)の作品を集めていました。
ここで演奏された楽曲もヘンデルやバッハの楽曲ばかり。


『ヘンデルの6つのフーガと、エーベルリーンのトッカータとフーガも一緒に送ってください。
ぼくは、毎日曜日、12時にヴァン・スヴィーデン男爵のところに行きます。
そこでは、ヘンデルとバッハ以外は何も演奏されません。
ぼくはいま、バッハのフーガを集めています。
セバスチャンの作品だけでなく、エマヌエルや
フリーデマン・バッハのも含めてです。
それからヘンデルのも。
--中略--
イギリスのバッハ(ヨハン・クリスチャン・バッハのこと)が亡くなったことはもう御存知ですね?
音楽界にとってなんという損失でしょう!』

 ・・・・・モーツァルトの手紙 1782年4月10日 レオポルド宛


モーツァルトの興味はヨハン・クリスチャン・バッハから
J.S.バッハやエマヌエル・バッハへと向かい、
1782年”前奏曲(幻想曲)とフーガハ長調K.394”を作曲します。
モーツァルトは勉強するとき、まず模倣から入るんですね。
模倣から、その手法を確実に自分のものにしようとする。
この楽曲はその経過に作曲された曲なのだろうと感じます。
とことん学んで作曲手法を盗んでやるぞ!という強い意欲を感じます。
やっぱりモーツァルトは真面目なんだなぁ〜。


それから7年後の1789年、モーツァルトはライプツィヒを訪れ、
バッハゆかりの聖トマス教会でオルガンを弾きます。
かつてのバッハの弟子、老学長は、


『師がよみがえったようだ。』


と言ったそうですが、
バッハの作品を研究し尽くしたモーツァルトは、
1782年から7年という歳月を経て
確実にその手法を自分のものにしていたのですね。


このエピソードと同年の1789年に作曲されたのが、
小ジーグト長調K.574です。
バッハやヘンデルの手法を自分流に昇華させたとはいえ、すごすぎでしょう。(笑)
やっぱりモーツァルトは”天才”なのデス。
一体なんなんでしょう、この曲は。
何度聴いても「なんじゃこりゃ?!」と思ってしまう。
古いスタイルで書かれた曲なのに、なんだか新しい。
天才モーツァルトだからこその作品なのでせう


ところで、この曲を作曲した2ヵ月後、
モーツァルトはピアノ・ソナタ第17番K.576を作曲しています。
これもなんか興味深いんですよねぇ。

このソナタは、皇女フリーデリーケ・シャルロッテ・ウルリーケのために、
「やさしいピアノ・ソナタ」を作曲するよう依頼された作品と言われてきましたが、
明らかに「やさしい」ものではないので、
現在ではフリーデリーケ王女のためのものではないと考えられているようです。
でね、聴くだけでわかるんですよ。
明らかに”やさしくない”というのが。(笑)
すごくすごく練られている曲だなぁと感じます。
対位法がね、いい具合にモーツァルトカラーで使われていて。

小ジーグとソナタ第17番、続けて聴くとなんだか面白い・・・。


Mozart: Complete Solo Piano Works
Mozart: Complete Solo Piano Works
 ・・・・・この記事に出てきた楽曲すべてを聴くことができる
     巨匠ギーゼキング、8枚組みのモーツァルトCD集です。



ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
モーツァルト (講談社学術文庫)
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
モーツァルト全作品事典
モーツァルト―マンガ音楽家ストーリー〈2〉 (マンガ音楽家ストーリー (2))
作曲家別演奏法 2 モーツァルト

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 17:35|PermalinkTrackBack(0)

2008年11月28日

11歳のモーツァルトとピアノ協奏曲

ピアノ史メモ年表内のピアノ作品目録を書くのが面白い、
ということは昨日の記事に書きましたが、面白いのですヨ。
で、気になるところは調べないと気が済まなくなっちゃうワケで・・・。
謎解きみたいな面白さがありますね〜。
何も知らないって、こういうとき得かも。(笑)

モーツァルトは11歳のときに4曲のピアノ協奏曲を書いていると、
昨日の記事に書きましたが、これが気になったのですヨ。
1767年11歳のモーツァルトが作曲したピアノ作品は、
ピアノ協奏曲第1番から第4番の4曲だけ。
で、なんでだろう?と思ったわけです。
年齢的にもたぶん勉強として書いたのだろう・・・と、
昨日のブログには書いたものの、
あくまでも想像だったので、ホントのところが知りたくなったのですヨ。


こういうときあると助かる一冊。
少しずついろんな作曲家のものを買い集めてマス。

モーツァルト〈2〉 (作曲家別名曲解説ライブラリー)
モーツァルト〈2〉 (作曲家別名曲解説ライブラリー)
 ・・・・・1,2巻あります。


この本によると、第1番〜第4番の協奏曲は、
他の作曲家のクラヴィーア・ソナタを改作したものらしい。
やはりピアノ協奏曲のお勉強としての作品だったのですネ。
さらにそれから3年後、
モーツァルトはK.107のピアノ協奏曲を書いています。
これは、ヨハン・クリスチャン・バッハの作品を下敷きにして書かれているそうです。

私が持っているバレンボイムのピアノ協奏曲集は、
ピアノ協奏曲第5番から始まっています。
これが、初のモーツァルトのオリジナル作品だからなのですね〜。
第5番が書かれたのはモーツァルトが14歳のときのこと。
ピアノ協奏曲を書き上げられるようになるまでに、
これだけの年月をかけるんなんて!
さすがレオポルトパパ?!
モーツァルトのお父さんは本当にスゴイです。

ところで、モーツァルトの書簡集を読んでいても思うのですが、
私、モーツァルトってすごく真面目だったんだろうなって思うんですヨ。
だって、音楽に対する努力は並大抵のものじゃなかったはず。
天才だけど、これでもかってくらい徹底的に基礎をやってる。
人並みの才能しかない人間でもこれだけの努力をしたら、
それなりに大成するんじゃなかろうか・・・と思うほどに。
ピアノ協奏曲にこれだけの時間と労力を使っているんだもの。

でね、こうなると聴きたくなっちゃうでしょう?
ピアノ協奏曲第1番から第4番。
探しましたよぉ〜。でね、見つけましタ♪
今注文しちゃった!(笑)
だって、私の大好きなピアニスト、ヘブラーのCDを見つけちゃったんだもん。
中古だけど、そんなのいいんです。


ピアノ協奏曲第1番ヘ長調(ヘブラー)


ちなみに、もう1枚見つけたとっても魅力的なCD。

リヒテルの演奏。
新星日本交響楽団との共演です。
なんか歴史的にも気になる1枚でしょ?
でもね、これはまだ買ってないんです。
このCD買ったほうがいいかなぁ・・・?


モーツァルト:ピアノ協奏曲第1番&第5番&第18番(リヒテル)



ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
モーツァルト (講談社学術文庫)
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
モーツァルト全作品事典
モーツァルト―マンガ音楽家ストーリー〈2〉 (マンガ音楽家ストーリー (2))
作曲家別演奏法 2 モーツァルト

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 21:03|PermalinkTrackBack(0)

2008年06月27日

弦楽四重奏:モーツァルト

届きましたヨ。
モーツァルトの弦楽四重奏&五重奏。
聴き比べしているわけではない&楽譜を見ているわけではないので、
はっきり”好き”とは言い切れませんが、質の高い好演でっす。

Mozart: Chamber Music


こうやってみると、これも聴き比べしてみたくなっちゃうなぁ。(_ _;)
なんだか何枚CDがあっても足りない・・・。
なんてお金のかかる勉強法だろぉ。
でも、借りるのは嫌なんですよ。
聴きたいと思ったときに、すっと聴けるようにしておきたい。
それで、あれもこれも!になっちゃうんですよねぇ。

ウィーン時代のモーツァルトは、
ピアノ協奏曲をたっくさん作曲してるので、
明日からは協奏曲もたっくさん聴きたいと思ってマス。
でも、また聴き比べしたくなっちゃうんだろうなぁ。とほほっ
驚くことに、私はモーツァルトのピアノ協奏曲全集を、
バレンボイムのしか持っていないぃぃぃ〜〜!!

で、インマゼールのCDを発見してしまいマシタ・・・。
喉から手が出るほど欲しいぃぃぃ。
今月すでに何枚買ってることか。
その上さらに・・・だなんて、買えるだろぉか。6(⌒〜⌒ι)

ところで、来週からは違う曲の練習です。
何にしようか迷い中。
今週はK.475のファンタジアと、
ソナタ第14番全楽章をやったのだけれど。
来週もやっぱりウィーン時代かなぁ。
ソナタ第10番〜第13番あたりでせうか。

弾いたことのある曲もあるけれど、
全楽章じゃぁないんですよねぇ。(^_^;)
特に緩徐楽章は経験不足もいいところで・・・。
ファンタジア系も経験不足なのだけれど、
これは1週間じゃぁ絶対無理。(笑)
ん〜、来週練習する曲は・・・楽しく迷うこととしましょぉ。

この仕上げるわけじゃなく、
とにかく数をこなす・・・という練習法ですが。
タイムリミットがあるっていいかも、と感じはじめてイマス。
何事も細かく細かく見てしまいがちな私にとっては、
全体を眺めざる得ない状況に置かれるのもいいみたい。

視野を広くもったまま、いろんな曲に接することができる。
こういう練習も楽しいものですぬぇ〜。



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【モーツァルト/CD---Amazon.co.jp
モーツァルト:ピアノソナタ集:グールド
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番:グルダ
モーツァルト : ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付」:グルダ
モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集:ピリス
モーツァルト:キラキラ星の主題による変奏曲 K.265:エッシェンバッハ
モーツァルト : ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調:グリュミオー
モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集:アルゲリッチ
モーツァルト:ディヴェルティメント集:コープマン
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集:ヘブラー

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 15:45|PermalinkTrackBack(0)

2008年06月24日

モーツァルトいろいろ♪:ウィーン時代

先日お話した3日〜1週間で1曲・・・の手始めに選んだ曲が、
ウィーン時代のモーツァルト。
K.475のファンタジアとK.457のソナタ。
で、イロイロ聴いてマス。
当時のモーツァルトが作曲した曲を選曲して・・・。
ん〜、気持ちよいぃ〜♪
忙しい上半期を終えて、気持ちにゆとりが持てているせいで、
すぅ〜っと音楽が染み込んできます。
1週間ほど集中的に聴き続けようと思イマス。



モーツァルト : ピアノ・ソナタ全集

Mozart: Complete Solo Piano Works

これは、もちろんK.475とK.457の聴き比べです。


モーツァルト : ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452

これは当時のモーツァルトが最高の出来だと言っていた作品。
聞き惚れてしまいます。


モーツァルト:ピアノ協奏曲全集(9枚組)

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第25番

これは当時作曲されたピアノ協奏曲第20番の聴き比べ。
この聴き比べは面白いっ。


で、そういや室内楽曲のCDがないなぁと。
ハイドンセットと交響曲のCDが欲しかったので、
こんなCDを購入しました♪
今週中に届く予定。楽しみぃ〜♪

弦楽四重奏曲集&五重奏曲集 アルバン・ベルク四重奏団
交響曲全集 ベーム&ベルリン・フィル



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【モーツァルト/CD---Amazon.co.jp
モーツァルト:ピアノソナタ集
モーツァルト:レクイエム
モーツァルト:ホルン協奏曲全集
モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集
モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集
小澤征爾セレクション 音楽のおくりもの for kids
モーツァルト:ディヴェルティメント集
モーツァルト:クラリネット五重奏曲
モーツァルト:大ミサ曲 ハ短調
モーツァルト : ピアノ変奏曲集
モーツァルト : フルート&ハープ協奏曲&クラリネット協奏曲

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 22:35|PermalinkTrackBack(0)

2008年05月19日

モーツァルト:ピアノソナタ第15番K.545アップしました。

先日La Musipue du soleilで演奏した、
モーツァルトのピアノソナタ第15番第1楽章K.545を、
HPのミューズスタジオにアップしました。

hanauri_i今回の曲は、
テクニック的にラクに自分の手に収まる曲だったので、
他の部分でかなりこだわることができたなぁと思います。
目指すはハンマーフリューゲルの色合い!
特に、第2主題のアルペジオのところ。
あそこってチェンバロスタイルですよね〜。
だから、どうしてもそういう響きにしたかったのデス。

で、一体どういうタッチで弾いたら、
また、どういう音のバランスで弾いたら、
そういう音色に聴こえるのか?!
この曲で一番試行錯誤したところかもしれません。
でも、試行錯誤した甲斐があったかなぁ。
私好みの音色になった気がしています。

それにしても・・・。
せっかく今の私なりに納得のいく演奏ができたというのに、
録音の悪さはひどいですね。(_ _;)
マイクの音量設定を間違えて低くしすぎました。
そのため、ソフトで音量を大きくしています。
そうしたら、ゴォ〜という雑音が・・・・。
はぁっ。

まぁ、どんな録音をしたところで、
生の音色を堪能できるわけじゃないのだから、
仕方ないかぁ・・・と思ってみたり。

ところで、今回この曲を演奏して楽しんだのは、
リピート後の演奏でした。
モーツァルトの時代、リピート後の演奏は即興でアレンジが加えられたんです。
で、せっかくだから私も遊びたいなぁと。

でも、モーツァルト様の曲を台無しにするようなことは、
とてもとても私にはできないので、(^_^;)
許されるであろう範囲内の装飾を加えるに留めました。
ってか、それ以上のアレンジは私にはできません・・・。

それにしても、本番やっぱり緊張していたみたいで、
装飾の入れ方に遊びがないなぁ・・・。
入れる装飾は決めていたのですが、
ちょっとしたタッチの間というか、
その違いで、随分違うものなんですよ。
なんだか、せっかくの装飾がサラッと流れてしまった。(_ _;)
もっと昔の奏法っぽく聴かせたかったんだけどなぁ。とほほっ

でも、まずはこの5〜6年勉強してきたことで、
レッスンを受けなくても、自分で楽曲を分析して、
自分なりに解釈して、
自分なりの演奏に仕上げることができるようになったのだということに、
今回は満足したいなぁと思っています。


hirahirasakuraそろそろ、
もう1段階アップするための、
がんばりが必要な時期が
きてるんですよね。きっと。
ここ1年
充分充電したハズなので。
<(;~▽~)
満足した後は、
その気持ちを
エネルギーに変えて、
また前へ進まねば!と
思うのだけど。

まだ今の自分に何が必要なのか
見えていない私。。。
これがはっきり見えてこないと、
なんとも動きづらい。
これが見えた瞬間は、
焦燥感に襲われ、
その後、
負けるかぁ〜と前へ進む・・・が、
私のパターンなのですが。



それとも、
まだ前へ進む時期ではないのかな。
これまでのことを復習し、
もっと骨太にしていく時期なのかもしれません。

勉強したいことが
見えていないということは、
視野が狭くなっている可能性もあるし。
それって怖いなぁ・・・。
本を読んで、音楽を聴いて・・・。
まずは、足固めと同時に、
もっと視野を広げるべきなのかな。


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
モーツァルトの息子 史実に埋もれた愛すべき人たち (知恵の森文庫)
モーツァルト―神童とよばれた天才作曲家 (学習漫画 世界の伝記)
ピアノソロ のだめカンタービレの世界 モーツァルト編 (ピアノ・ソロ)
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト全作品事典
私が独裁者?モーツァルトこそ!―チェリビダッケ音楽語録
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
作曲家 人と作品 モーツァルト (作曲家 人と作品)
モーツァルトの音符たち―池辺晋一郎の「新モーツァルト考」
青島広志のモーツァルトに会いたくて

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 18:28|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月23日

ピアノの歴史15【モーツァルト】

ピアノの歴史 銑は、ブログカテゴリ『音楽/ピアノの歴史』からご覧ください。

【モーツァルト(1756〜1791)】

モーツァルトの一生は、旅行に明け暮れたものでした。
6歳のミュンヘンとウィーンへの小旅行に始まり、
翌年には3年をかけての大旅行。
幼少期に西ヨーロッパの中心的な都市へ赴き、
様々な刺激を受けました。

当時のモーツァルトが演奏のため出入りしたのは、宮廷や上流社会。
そこには最高級の楽器があり、
幼少期のモーツァルトにはこれらの楽器を演奏する機会が、
豊富に与えられていたのでした。

モーツァルトがソナタの作曲を始めたのは1775年のこと。
1789年までの間に18曲のソナタを作曲しています。
これらの楽曲はすべて、
5オクターブ(F1-f3)の音域内で作曲されました。

oniki

 ・・・・・実際にピアノを前にしてこの音域を眺めてみると、
     現代のピアノに比べこじんまりした感を持ちます。
     その上、当時の鍵盤は今より1つ1つの鍵盤の幅が狭く、
     奥行きもなく深さも浅い。
     そんなことを想像しながら、
     モーツァルトの楽譜を眺めるのは、
     とても面白く楽しいことですネ。


モーツァルトのソナタは、4つに区分することができます。

 1)ミュンヘン滞在中・・・第1番〜第6番(1775年作曲)
 2)マンハイム・パリ旅行中・・・第7番〜第9番(1777-1778年作曲)
 3)ウィーン時代前半・・・第10番〜第14番(1783-1784年作曲)
 4)ウィーン時代後半・・・第15番〜第18番(1788-1789年作曲)


1777年にシュタインのフォルテピアノに出会う以前、
モーツァルトはチェンバロを愛用していました。
少年時代シュペートのフォルテピアノを父親から与えられていたのですが、
性能が思わしくなかったようです。

シュタインのフォルテピアノに巡り合ってからの作品は、
チェンバロ的なものからピアノ的なものになっています。
1781年、モーツァルトはなけなしの金をはたいて、
ワルター製の中古ピアノを購入します。
このピアノはペダルはありませんでしたが、
鍵盤が浅く、歌うようなメロディをペダルなしで演奏できたそうです。

 ・・・・・興味深いのは、日々モーツァルトが接していたワルター製のピアノは、
     シュタイン製のピアノより幾分暗い音色がする・・・ということです。
     一度聞き比べてみたいものですネ。


ところで、当時のウィーン式ピアノには、
たくさんのペダルを備えた楽器がありました。
フェルトで弦の響きを押さえるリュート・ペダル。
空洞の箱を楽器の共鳴版の下に取り付け、
箱を共鳴させることで音を増幅するフォルテ・ペダル。
低音弦の上に羊皮紙を載せ、
ファゴットのようなビリビリした音を作るファゴット・ペダル。

興味深いのは「トルコ行進曲」に適したペダルがあったということ。
楽器の下に小さなベル(鈴や鐘)や、金属の棒、小太鼓、
小型のバスドラムがいっせいに鳴り出すというトルコ・ペダルです。
 ・・・・・この仕掛けを思い浮かべて「トルコ行進曲」の楽譜を見ると、
     よく耳にする速く駆け回るように弾く曲なのか?という疑問に突き当たります。
     何故トルコ行進曲というのか?


モーツァルトは作曲家というだけでなく、
鍵盤楽器(オルガン・ハープシコード、フォルテピアノ)の名演奏家でした。
モーツァルトが演奏について語っている興味深い一文はコレ。

『ぼくが常に正確に拍子を守っていること、
それについてはみんなが感心しています。
アダージョでテンポ・ルバートするとき、
左手はそれと関係なくテンポを守るのも
彼らには理解できないことです。
彼らだと、左手がつられて遅れます。』


ハイドンはモーツァルトの演奏について、
グリージンガーというハイドンの最初の伝記作家にこのように伝えています。

『モーツァルトの音楽を聴く機会を
彼はけっして逃さなかった。
そして、モーツァルトの音楽を聴いて
なにかを学び取らないことはない、と口癖のように言った。
もっと年老いてからのハイドンは、目に涙を浮かべながら、こう語った。
「モーツァルトのクラヴィーアの演奏を生涯忘れることができない。
それは胸に響くものだった。』



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 



【モーツァルト/本---Amazon.co.jp

DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
モーツァルト (講談社学術文庫)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト全作品事典
ピアノソロ のだめカンタービレの世界 モーツァルト編 (ピアノ・ソロ)
吉田秀和全集〈1〉モーツァルト・ベートーヴェン
モーツァルト―神童とよばれた天才作曲家 (学習漫画 世界の伝記)
私が独裁者?モーツァルトこそ!―チェリビダッケ音楽語録
CD付絵本 モーツァルトへようこそ
モーツァルト・ピアノソナタ―形式の分析による演奏の手引き
モーツァルト―マンガ音楽家ストーリー〈2〉
モーツァルトへの旅


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック








emksan at 18:59|PermalinkTrackBack(0)