モーツァルト

2012年02月23日

オペラで感情と音楽の関係を感じる

モーツァルトのドン・ジョヴァンニ。
家にあるDVDはフルトヴェングラーとムーティのもの。
でもね、どっちも私にはピンとこなかったのです。

先日観たアーノンクールのコシ・ファン・トゥッテがよかったので、
アーノンクールはバロックだけでなくモーツァルトもいいな〜と、
アーノンクールのドン・ジョヴァンニを購入することにしました。


モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 [DVD]モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2002-06-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アーノンクールの演奏はとても立体的で、
すべての音(旋律)が耳に入ってきます。
その上、どの歌手も素晴らしい!
歌も演技もピカイチ。

テンポ設定も、台詞と音楽の関係も、
台詞から台詞に移り変わる間合いも、
どれもこれも素晴らしすぎて、言葉では表現しきれません。


モーツァルトは人間感情を表現するとき、
どのような音楽表現を用いたのか?


それを知りたければオペラを観るのが一番♪
特に、アーノンクールのそれは、
とてもわかりやすくて勉強になります。
動き、台詞、感情により変化する声質へのアプローチが、
とにかく細かいのですよ。
音楽と人間感情の関係が手に取るようにわかる。

私はモーツァルトのため息の表現が大好きなのですが、
アーノンクールのため息の演奏は本当に美しい〜!
聴いているこっちがため息ついちゃいます。

それにしても、やっぱりモーツァルトの細かな音の動きによるアンサンブルは、
これくらい抑え気味なビブラートじゃないと、楽しめないですね。
特にアーノンクールの音の整理術(なんて言ったら怒られそうですが)は、
それぞれの役柄の感情に合わせた声質の変化、
ハーモニーや旋律のバランスが絶妙なので、
全てがはっきりと聴きとれるのです。
聴いていてとても気持ちよい♪

ところで、最近衝動買いしまくっている私は、
持っているアーノンクールのコシ・ファン・トゥッテとは
違うバージョンのコシ・ファン・トゥッテがとても気になっていて、
そちらも購入することに。

以前購入したコシ・ファン・トゥッテはこれ。
このDVDに関する私の感想はこちら

モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2000-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


今回購入したのはこれ。

モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》 [DVD]モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》 [DVD]
出演:アーノンクール(ニコラウス)
UNIVERSAL CLASSICS(P)(D)(2009-11-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


なんかね、違う視点で演奏してそうな表紙だったので、
今度はどんな視点のコシ・ファン・トゥッテなのか気になっちゃって。(笑)

コシ・ファン・トゥッテは人間感情と音楽を
モーツァルトがどのように結び付けて作曲していたのか、
特にわかりやすい題材と思うので、
そのような目線で勉強したいわ〜という人にお勧めですヨ♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 20:52|PermalinkTrackBack(0)

2008年12月03日

11歳モーツァルトのピアノ協奏曲を聴いて

早速届いたのですヨ、ヘブラーのCD。
中古で購入したCDでしたが、未開封の品でした。
らっき〜♪


ピアノ協奏曲第1番ヘ長調
アーティスト:ヘブラー(イングリッド)
販売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
発売日:1992-10-25
クチコミを見る


そして嬉しいことに、フォルテピアノによる演奏だったのですヨ。
オケも古楽器です。
モーツァルトのフォルテピアノというと、
先日ミューズ資料館に”お勧めCD”として投稿した、
スコダのモーツァルトソナタ集がありますが・・・。


Mozart: Sonates pour le pianoforte [Box Set]Mozart: Sonates pour le pianoforte [Box Set]
販売元:Naive
発売日:2005-11-15
クチコミを見る


こちらのフォルテピアノより、
ヘブラーの弾いているフォルテピアノの方が古そう。
スコダのフォルテピアノより線の細い音色なのですヨ。
でもね、どんなフォルテピアノを使用しているか書いてないんですよね〜。
1973年の録音なのですが、
当時は古楽器ってそれほど演奏されなかっただろうし、
何年もののピアノで、誰が製作したかなんて、
書かないのが普通だったのかも?!
 ・・・・・とはいえ、スコダのシャンツ製ピアノにしても、
     復元楽器かもしれず、そこまではわからない私。(^_^;)
     スコダの1790年製ってのはかなり古いし、
     それより古いなんていったら、
     きちんと演奏できる保存状態になってるかどうか。。。



で、モーツァルトのピアノ協奏曲なのですよ。
11歳で作曲した曲。
あぁ、恐るべし11歳。(笑)
これくらいの楽曲を”演奏できる”11歳ならいると思うんですヨ。
でもねぇ、これだけの楽曲を”作曲できる”となると、
いないんじゃぁないでしょぉか。
モーツァルトほどの天才って、今後現れるのでせうか?
こうして聴いていると、モーツァルトの存在は奇跡だとしか思えないデス。

それにしても、なぁんで11歳にこんな緩徐楽章が書けるんでしょう?
他作曲家のピアノソナタ編曲にしたって、早熟すぎるでしょ。(^_^;)
第4番の第2楽章ト短調なんて、
とても11歳の子どもの表現とは思えんっ。
第2番の第2楽章もひっじょうに美しいのですよ〜。
こんな美しい楽章を11歳が書いたの?!みたいな・・・。(^_^;)
この美意識は何なんでしょ?!
私はモーツァルトの緩徐楽章が大好きなのですが、
すでに11歳でこの美意識を持っていたんですねぇ。はぁっ

ところで、このCD、ヘブラーのカデンツァもいいんですヨ。
ヘブラーは成熟した才能豊かな大人の女性。
それが11歳のモーツァルトの楽曲を、
さらに奥深いものにしている感じがするんですヨ。
このときばかりは、あぁモーツァルトは11歳なんだと思わされる・・・みたいな。(笑)
短いカデンツァではあるけれど、このカデンツァを作曲したヘブラーってすごい。

この11歳だったモーツァルトを思い出させるヘブラーのカデンツァですが、
それはモーツァルトのスタイルを壊さない、とてもとても美しいカデンツァです。
私、モーツァルトのスタイルを壊すカデンツァって嫌いなんですヨ。
カデンツァの部分だけ浮き出ちゃって、
なんか違う楽曲が混じっているように感じるカデンツァってあるでしょう?
私はその違和感で楽曲への集中力を失ってしまうんです。
でもね、ヘブラーにはそれが全くない。
それはそれは美しいカデンツァなのですヨ。

うほほっ。
このCDは買いデシタ。
ヘブラーの演奏もいいし、フォルテピアノの音も耳に心地よい。
そして、楽曲への深い愛情を感じる、誠実なオケの演奏もいい。
みずみずしい感性に満ち溢れたこれらの楽曲が、愛おしくてたまらなくなるCDです。
私の大切な一枚になりそう♪
機会があれば、この楽曲の基になった楽曲を聴いてみたいなぁ。
 ・・・・モーツァルトのピアノ協奏曲第1番〜第4番についての詳細はこちら


《ピアノ協奏曲第1番の基となった楽曲》
 ・第1楽章:ラウパッハ/クラヴィーア・ソナタ第5番第1楽章
 ・第2楽章:不明
 ・第3楽章:ホーナウアー/クラヴィーア・ソナタ作品1-3第1楽章

《ピアノ協奏曲第2番の基となった楽曲》
 ・第1楽章:ラウパッハ/作品1第1楽章
 ・第2楽章:ショーベルト/ソナタヘ長調作品17-2第1楽章
 ・第3楽章:ラウパッハ/作品1第3楽章

《ピアノ協奏曲第3番の基となった楽曲》
 ・第1楽章:ホーナウアー/ソナタ作品2-1第1楽章
 ・第2楽章:エッカルト/ソナタ作品1-4アンダンティーノ
 ・第3楽章:エマヌエル・バッハ/クラヴィーア曲集(Wq.117)の中の1曲

《ピアノ協奏曲第4番の基となった楽曲》
 ・第1楽章:ホーナウアー/クラヴィーア・ソナタト長調作品1-1より
 ・第2楽章:ラウパッハ/クラヴィーア・ソナタ作品1-1より
 ・第3楽章:ホーナウアー/クラヴィーア・ソナタト長調作品1-1より


ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
モーツァルト (講談社学術文庫)
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
モーツァルト全作品事典
モーツァルト―マンガ音楽家ストーリー〈2〉 (マンガ音楽家ストーリー (2))
作曲家別演奏法 2 モーツァルト

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 10:00|PermalinkTrackBack(0)

2008年12月01日

モーツァルト/小ジーグト長調K..574

なんだこりゃ?!だったのですヨ。

モーツァルトの死の2年前、1789年以降、
ピアノ作品作曲数が激減しているのが気になり、
そこいら辺の曲を手当たり次第聴いていたのデス。
私って本当に曲を知らない。
この曲、初めて聴いたのですヨ。(^_^;)
 ・・・・・CD持ってるのに、聴いてない曲が多い。(_ _;)
で、驚いちゃったのデス。


なんだこりゃ?!


モーツァルトの対位法の扱いが上手いというのは、
前々から気になっていたことで、
モーツァルトってすごいなぁと思ってはいたのですが。
 ・・・・・天才なんだからすごくて当然なのかもしれないケレド。(^_^;)

この曲、凝縮のされ方が尋常じゃないんですヨ。
何も知らされずにこの曲だけを聴かされたら、
モーツァルトだって気づかないんじゃぁないかな。


モーツァルトが活躍した時代は、現代曲がもてはやされた時代。
亡くなった作曲家の曲なんてそっちのけ?!
バッハは大昔のいまどきぢゃない人、
モーツァルトは現代でいうところのポピュラー作曲家。

そんなモーツァルトにとって身近だったバッハは、
J.S.バッハではなく、その息子のヨハン・クリスチャン・バッハだったそうです。
先日お話したK.107のピアノ協奏曲は、
J.S.バッハではなく、ヨハン・クリスチャン・バッハの作品をもとにした習作です。


1782年23歳のモーツァルトは、
ヴァン・スヴィーテン男爵の邸で開かれるコンサートに足しげく通います。
この男爵は古楽に興味がある人で、
J.S.バッハC.P.E.バッハ(エマヌエル・バッハのこと)の作品を集めていました。
ここで演奏された楽曲もヘンデルやバッハの楽曲ばかり。


『ヘンデルの6つのフーガと、エーベルリーンのトッカータとフーガも一緒に送ってください。
ぼくは、毎日曜日、12時にヴァン・スヴィーデン男爵のところに行きます。
そこでは、ヘンデルとバッハ以外は何も演奏されません。
ぼくはいま、バッハのフーガを集めています。
セバスチャンの作品だけでなく、エマヌエルや
フリーデマン・バッハのも含めてです。
それからヘンデルのも。
--中略--
イギリスのバッハ(ヨハン・クリスチャン・バッハのこと)が亡くなったことはもう御存知ですね?
音楽界にとってなんという損失でしょう!』

 ・・・・・モーツァルトの手紙 1782年4月10日 レオポルド宛


モーツァルトの興味はヨハン・クリスチャン・バッハから
J.S.バッハやエマヌエル・バッハへと向かい、
1782年”前奏曲(幻想曲)とフーガハ長調K.394”を作曲します。
モーツァルトは勉強するとき、まず模倣から入るんですね。
模倣から、その手法を確実に自分のものにしようとする。
この楽曲はその経過に作曲された曲なのだろうと感じます。
とことん学んで作曲手法を盗んでやるぞ!という強い意欲を感じます。
やっぱりモーツァルトは真面目なんだなぁ〜。


それから7年後の1789年、モーツァルトはライプツィヒを訪れ、
バッハゆかりの聖トマス教会でオルガンを弾きます。
かつてのバッハの弟子、老学長は、


『師がよみがえったようだ。』


と言ったそうですが、
バッハの作品を研究し尽くしたモーツァルトは、
1782年から7年という歳月を経て
確実にその手法を自分のものにしていたのですね。


このエピソードと同年の1789年に作曲されたのが、
小ジーグト長調K.574です。
バッハやヘンデルの手法を自分流に昇華させたとはいえ、すごすぎでしょう。(笑)
やっぱりモーツァルトは”天才”なのデス。
一体なんなんでしょう、この曲は。
何度聴いても「なんじゃこりゃ?!」と思ってしまう。
古いスタイルで書かれた曲なのに、なんだか新しい。
天才モーツァルトだからこその作品なのでせう


ところで、この曲を作曲した2ヵ月後、
モーツァルトはピアノ・ソナタ第17番K.576を作曲しています。
これもなんか興味深いんですよねぇ。

このソナタは、皇女フリーデリーケ・シャルロッテ・ウルリーケのために、
「やさしいピアノ・ソナタ」を作曲するよう依頼された作品と言われてきましたが、
明らかに「やさしい」ものではないので、
現在ではフリーデリーケ王女のためのものではないと考えられているようです。
でね、聴くだけでわかるんですよ。
明らかに”やさしくない”というのが。(笑)
すごくすごく練られている曲だなぁと感じます。
対位法がね、いい具合にモーツァルトカラーで使われていて。

小ジーグとソナタ第17番、続けて聴くとなんだか面白い・・・。


Mozart: Complete Solo Piano Works
Mozart: Complete Solo Piano Works
 ・・・・・この記事に出てきた楽曲すべてを聴くことができる
     巨匠ギーゼキング、8枚組みのモーツァルトCD集です。



ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
モーツァルト (講談社学術文庫)
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
モーツァルト全作品事典
モーツァルト―マンガ音楽家ストーリー〈2〉 (マンガ音楽家ストーリー (2))
作曲家別演奏法 2 モーツァルト

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 17:35|PermalinkTrackBack(0)

2008年11月28日

11歳のモーツァルトとピアノ協奏曲

ピアノ史メモ年表内のピアノ作品目録を書くのが面白い、
ということは昨日の記事に書きましたが、面白いのですヨ。
で、気になるところは調べないと気が済まなくなっちゃうワケで・・・。
謎解きみたいな面白さがありますね〜。
何も知らないって、こういうとき得かも。(笑)

モーツァルトは11歳のときに4曲のピアノ協奏曲を書いていると、
昨日の記事に書きましたが、これが気になったのですヨ。
1767年11歳のモーツァルトが作曲したピアノ作品は、
ピアノ協奏曲第1番から第4番の4曲だけ。
で、なんでだろう?と思ったわけです。
年齢的にもたぶん勉強として書いたのだろう・・・と、
昨日のブログには書いたものの、
あくまでも想像だったので、ホントのところが知りたくなったのですヨ。


こういうときあると助かる一冊。
少しずついろんな作曲家のものを買い集めてマス。

モーツァルト〈2〉 (作曲家別名曲解説ライブラリー)
モーツァルト〈2〉 (作曲家別名曲解説ライブラリー)
 ・・・・・1,2巻あります。


この本によると、第1番〜第4番の協奏曲は、
他の作曲家のクラヴィーア・ソナタを改作したものらしい。
やはりピアノ協奏曲のお勉強としての作品だったのですネ。
さらにそれから3年後、
モーツァルトはK.107のピアノ協奏曲を書いています。
これは、ヨハン・クリスチャン・バッハの作品を下敷きにして書かれているそうです。

私が持っているバレンボイムのピアノ協奏曲集は、
ピアノ協奏曲第5番から始まっています。
これが、初のモーツァルトのオリジナル作品だからなのですね〜。
第5番が書かれたのはモーツァルトが14歳のときのこと。
ピアノ協奏曲を書き上げられるようになるまでに、
これだけの年月をかけるんなんて!
さすがレオポルトパパ?!
モーツァルトのお父さんは本当にスゴイです。

ところで、モーツァルトの書簡集を読んでいても思うのですが、
私、モーツァルトってすごく真面目だったんだろうなって思うんですヨ。
だって、音楽に対する努力は並大抵のものじゃなかったはず。
天才だけど、これでもかってくらい徹底的に基礎をやってる。
人並みの才能しかない人間でもこれだけの努力をしたら、
それなりに大成するんじゃなかろうか・・・と思うほどに。
ピアノ協奏曲にこれだけの時間と労力を使っているんだもの。

でね、こうなると聴きたくなっちゃうでしょう?
ピアノ協奏曲第1番から第4番。
探しましたよぉ〜。でね、見つけましタ♪
今注文しちゃった!(笑)
だって、私の大好きなピアニスト、ヘブラーのCDを見つけちゃったんだもん。
中古だけど、そんなのいいんです。


ピアノ協奏曲第1番ヘ長調(ヘブラー)


ちなみに、もう1枚見つけたとっても魅力的なCD。

リヒテルの演奏。
新星日本交響楽団との共演です。
なんか歴史的にも気になる1枚でしょ?
でもね、これはまだ買ってないんです。
このCD買ったほうがいいかなぁ・・・?


モーツァルト:ピアノ協奏曲第1番&第5番&第18番(リヒテル)



ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 


【モーツァルト/本---Amazon.co.jp
モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)
モーツァルト (講談社学術文庫)
モーツァルト名盤大全―最新・完全版作品解説&名盤ガイド (ONTOMO MOOK)
モーツァルトの手紙 (講談社学術文庫)
モーツァルト (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
モーツァルト全作品事典
モーツァルト―マンガ音楽家ストーリー〈2〉 (マンガ音楽家ストーリー (2))
作曲家別演奏法 2 モーツァルト

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 21:03|PermalinkTrackBack(0)

2008年06月27日

弦楽四重奏:モーツァルト

届きましたヨ。
モーツァルトの弦楽四重奏&五重奏。
聴き比べしているわけではない&楽譜を見ているわけではないので、
はっきり”好き”とは言い切れませんが、質の高い好演でっす。

Mozart: Chamber Music


こうやってみると、これも聴き比べしてみたくなっちゃうなぁ。(_ _;)
なんだか何枚CDがあっても足りない・・・。
なんてお金のかかる勉強法だろぉ。
でも、借りるのは嫌なんですよ。
聴きたいと思ったときに、すっと聴けるようにしておきたい。
それで、あれもこれも!になっちゃうんですよねぇ。

ウィーン時代のモーツァルトは、
ピアノ協奏曲をたっくさん作曲してるので、
明日からは協奏曲もたっくさん聴きたいと思ってマス。
でも、また聴き比べしたくなっちゃうんだろうなぁ。とほほっ
驚くことに、私はモーツァルトのピアノ協奏曲全集を、
バレンボイムのしか持っていないぃぃぃ〜〜!!

で、インマゼールのCDを発見してしまいマシタ・・・。
喉から手が出るほど欲しいぃぃぃ。
今月すでに何枚買ってることか。
その上さらに・・・だなんて、買えるだろぉか。6(⌒〜⌒ι)

ところで、来週からは違う曲の練習です。
何にしようか迷い中。
今週はK.475のファンタジアと、
ソナタ第14番全楽章をやったのだけれど。
来週もやっぱりウィーン時代かなぁ。
ソナタ第10番〜第13番あたりでせうか。

弾いたことのある曲もあるけれど、
全楽章じゃぁないんですよねぇ。(^_^;)
特に緩徐楽章は経験不足もいいところで・・・。
ファンタジア系も経験不足なのだけれど、
これは1週間じゃぁ絶対無理。(笑)
ん〜、来週練習する曲は・・・楽しく迷うこととしましょぉ。

この仕上げるわけじゃなく、
とにかく数をこなす・・・という練習法ですが。
タイムリミットがあるっていいかも、と感じはじめてイマス。
何事も細かく細かく見てしまいがちな私にとっては、
全体を眺めざる得ない状況に置かれるのもいいみたい。

視野を広くもったまま、いろんな曲に接することができる。
こういう練習も楽しいものですぬぇ〜。



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【モーツァルト/CD---Amazon.co.jp
モーツァルト:ピアノソナタ集:グールド
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番:グルダ
モーツァルト : ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付」:グルダ
モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集:ピリス
モーツァルト:キラキラ星の主題による変奏曲 K.265:エッシェンバッハ
モーツァルト : ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調:グリュミオー
モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集:アルゲリッチ
モーツァルト:ディヴェルティメント集:コープマン
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集:ヘブラー

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 15:45|PermalinkTrackBack(0)

2008年06月24日

モーツァルトいろいろ♪:ウィーン時代

先日お話した3日〜1週間で1曲・・・の手始めに選んだ曲が、
ウィーン時代のモーツァルト。
K.475のファンタジアとK.457のソナタ。
で、イロイロ聴いてマス。
当時のモーツァルトが作曲した曲を選曲して・・・。
ん〜、気持ちよいぃ〜♪
忙しい上半期を終えて、気持ちにゆとりが持てているせいで、
すぅ〜っと音楽が染み込んできます。
1週間ほど集中的に聴き続けようと思イマス。



モーツァルト : ピアノ・ソナタ全集

Mozart: Complete Solo Piano Works

これは、もちろんK.475とK.457の聴き比べです。


モーツァルト : ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452

これは当時のモーツァルトが最高の出来だと言っていた作品。
聞き惚れてしまいます。


モーツァルト:ピアノ協奏曲全集(9枚組)

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第25番

これは当時作曲されたピアノ協奏曲第20番の聴き比べ。
この聴き比べは面白いっ。


で、そういや室内楽曲のCDがないなぁと。
ハイドンセットと交響曲のCDが欲しかったので、
こんなCDを購入しました♪
今週中に届く予定。楽しみぃ〜♪

弦楽四重奏曲集&五重奏曲集 アルバン・ベルク四重奏団
交響曲全集 ベーム&ベルリン・フィル



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【モーツァルト/CD---Amazon.co.jp
モーツァルト:ピアノソナタ集
モーツァルト:レクイエム
モーツァルト:ホルン協奏曲全集
モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集
モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集
小澤征爾セレクション 音楽のおくりもの for kids
モーツァルト:ディヴェルティメント集
モーツァルト:クラリネット五重奏曲
モーツァルト:大ミサ曲 ハ短調
モーツァルト : ピアノ変奏曲集
モーツァルト : フルート&ハープ協奏曲&クラリネット協奏曲

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 22:35|PermalinkTrackBack(0)