ベートーヴェン

2011年06月20日

ベートーヴェン悲愴第1楽章アップ

先日発表会の講師演奏。
HPのミューズスタジオにアップしました。

私は、あぁでもないこぉでもないと、
頭を悩ませ苦しんでいる自分を、
生徒さんたちに隠したくないと思ってイマス。
先生だって苦しんでるし、先生だって必死だし、
(いや、先生だからこそ必死ナノヨ)
先生だってもっともっと上手になりたい!と切望しているのですヨ。

それはね、本を出版しようと何ら変わらない。
今さら自分を飾りたてたところでどうしようもないので、(^-^;
今まで通りのスタンスでミューズスタジオを続けていこうと。

今年の私は、当日の調子がとぉっても悪かった。
なんだろ、夕方くらいから姿勢がすごく悪くなってきて、
おかしいな、おかしいな、3日前にカイロへ行ったばかりなのに、
どうも姿勢が落ち着かない。しっくりこない。
とにもかくにも集中せねば!と自分の出番に向けて、
気持ちを高めていきました。

本番はなんとか最後まで弾き切ることができましたが、
最後まで姿勢がしっくりこなかったなぁ。
浮つきそうになる指を、必死で鍵盤にしがみつかせていた感があります。(笑)
パッセージも無理やり力づく勢いで持っていってるところがあったり。(^-^;
本番に向けて体調を整えるって、本当に難しい。
数日前からリラックスを心掛けてはいたのですが、
発表会の準備やらレッスンやらで、それにも限界があったのでせうか。

で、一番悔しいのが、最後の方の間違い。
まるで譜読み間違いしちゃったみたいな間違いが1か所。
こういう間違いは、ミスタッチより許せない。
この部分、自分の中に取り込めてなかったんだなぁ。
甘さが、本番出てしまった。
今思うととても重要な箇所なのに、見逃してました。

それにしても、ここ数年フランスバロックばかり弾いていたから、
ベートーヴェン難しかった〜。(^-^;
この1年ベートーヴェン尽くしでやってはきたものの、
フランスバロックほど夢中になれたわけでもなく、
フランスバロックほどしっくりきていたわけでもなかったので、
結構辛かったデス。

多分私の性質と合致するのは、
フランスバロックなんだろうけれど、
これってね、講師演奏には向いてないでしょ?
クリスマス会などのサロンではいいだろうけれど、
バリバリに弾いた大人の生徒さんの後に、
フランスバロックではトリを飾るのにあまりにもふさわしくなさすぎる。

講師演奏は、やりたい曲だけやれるわけじゃないのがつらいところ。
でも、ある意味勉強になるんですよね。
私が好きな曲はあまりにも偏り過ぎているので、
ピアノ講師として必要な資質を学ぶためには、いい機会なのデス。

ということで、今シューマンを譜読みちう。
来年の講師演奏にするかどうかはまだ未定だけれど、
ここ2年ほど私のテーマになっている音楽の精神性を追求するのに、
いい作曲家なのでは・・・と感じています。
まずは文学文学。
たくさん本を読みませう。
あ、それから室内楽も聴きませう。
あ、歌曲も聴かねば!!

1年で最も忙しい数カ月を乗りきった後は、
12月まで自分の時間を満喫できる期間。
自分を成長させるための文化的期間というか。(笑)
コンサート行くぞ!美術館行くぞ!
本読むぞ!CD聴くぞ!!
わぁい。楽しみ♪♪♪





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 12:15|PermalinkTrackBack(0)

2010年12月01日

ベートーヴェン悲愴第3楽章録音しました

初期のソナタを一気に弾こう計画、続行中なのですヨ。
暗譜しないにしても、ある程度仕上げないと学べない。
とはいえ、全部ある程度仕上げるのはかなぁりキツイ。(笑)
ということで、録音できる程度に仕上げる曲は、
ほんの一部になりそうです。(^_^;)

ベートーヴェン悲愴第3楽章を録音しました。
まぁ失敗もあるけれど、
何度も録音しなおすのもなんだし・・・。
私なりのイメージがつかめたということで、
この曲はとりあえずおしまいにして、
前へ進もうぢゃぁないの、と思っておりまス。





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ベートーヴェン---Amazon
ベートーヴェンの生涯 (平凡社新書)
クチコミを見る
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
クチコミを見る
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
クチコミを見る
CDで聴く一冊でわかるベートーヴェン
クチコミを見る
新編 ベートーヴェンの手紙〈上〉 (岩波文庫)
クチコミを見る
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究 決定版 (平凡社ライブラリー あ 21-1)
クチコミを見る




emksan at 23:42|PermalinkTrackBack(0)

2010年11月16日

一気にベートーヴェンを譜読みして学ぶこと

最近ベートーヴェンのソナタを弾いている私ですが、
こうして一気に学んでいくということの大切さを痛感しています。
そして、一気に学んでいることで、見えてきたことがある。
どういう演奏をしたら、自分に納得がいくのか、ということ。

楽曲に対するイメージも大切。
響きも大切。
そのための音のバランスやタッチも大切。
拍子感も大切。
楽曲全体の流れも大切。
そのための音の方向性も大切。
全体の構成感も大切。
フレージングも大切。
そのための呼吸も大切。

ひとつひとつ取り上げるだけならいい。
楽曲に対するイメージにだけ集中して弾くなら。
響きのことだけを考えて弾くなら。
全体の流れだけを意識して弾くなら・・・。

ひとつひとつのことだけを念頭に置いて弾くのはたやすい。
でも、それじゃいい演奏にならない。
すべてが一体化していないとだめ。
それが難しい。

特に昨日アップした悲愴第2楽章はこれが難しかった。
勢いで弾くわけにはいかない。
そういう曲はごまかしがきかない。
抑揚を付けて歌えばラクかもしれないけれど、
この曲はそういう曲じゃぁない。
だから難しい。

私が惹かれるピアニストはみな、
すべてが一体化していて、
だからこその集中力と、だからこその説得力ある演奏をします。

何年も前に彼が私に言ったこと。

「恵美子の演奏は、ブツブツしている。
本来音楽というのはひとつの絵巻物のようじゃないとだめだよね?」

素人の彼に、痛いところと突かれた私。
絵巻物・・・いい表現だと思う。
まるでリヒテルのような演奏。
鳥瞰図を眺めるような俯瞰した演奏。
ところが、一曲に夢中になって練習していると、
ひとつひとつのことにこだわってしまいがち。
そうすると一体化が手元から離れていってしまう。

ベートーヴェンに焦点をあてて、
初期の作品ばかりをドドドドッと譜読みしている今、
視野が以前より広がってきているのを感じます。

02156一体化させるとはどういうことをいうのか?
結局こういうことは人からああだこうだと言われたところで、
わかり得ないことなのだと思う。
実感してみないことには。
そして、最近実感しつつある気がするのですよ。

道のりはまだまだ長い。
だけど、ちょっと入口に立てた気分。



クリックで応援してネ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ベートーヴェン---Amazon
ベートーヴェンの生涯 (平凡社新書)
クチコミを見る
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
クチコミを見る
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
クチコミを見る
CDで聴く一冊でわかるベートーヴェン
クチコミを見る
新編 ベートーヴェンの手紙〈上〉 (岩波文庫)
クチコミを見る
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究 決定版 (平凡社ライブラリー あ 21-1)
クチコミを見る



emksan at 13:54|PermalinkTrackBack(0)

2010年11月09日

リヒテルのベートーヴェン

たった今、リヒテルの演奏を聴いたところ。
ベートーヴェンのピアノソナタ第9番。
ある程度自分なりに楽譜と会話をした後、
こうして数人の演奏を聴くのは、とても楽しいこと。
自分に見えていなかったことが見えてきたり、
ほほぉ〜そう弾くのぉ?!みたいな解釈に出会ったり。
楽しい瞬間です。

で、リヒテルの第9番。(1963年録音のもの)
冒頭私がこの曲に抱いた印象そのものの演奏で始まったため、
ぐぐっと惹きこまれました。
そして、惹きこまれたその集中力はそのまま第3楽章まで続き、
演奏終了後、CD相手に拍手喝さいしてしまった私です。
すごかった。

全楽章通じての、この統一感はなんだろう。
それぞれの楽章に役割がある。
楽章ごとの音の方向性もすごすぎ。
あ!そっか、この音楽はここに向かっていたのか!!!
と発見させられることしばしば。
とにかくリヒテルの演奏は視野が広い。

あぁ、こんなにも広い視野で楽譜を眺めることができたなら、
なんてなんて楽しいだろう!
この視野の広さは、リヒテルが生まれ持った才能のひとつだと、
私は感じています。
視野の広いピアニストは他にもいるけれど、
リヒテルのそれはけた違いだと感じるから。

感動!すっごく感動!!
すばらしい演奏だった。
すごく幸せなひとときでした。


楽天にもAmazonにもなかったので・・・。
HMVでこのCD売ってマス。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2605338

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【リヒテル---Amazon
リヒテル
クチコミを見る
リヒテルと私 河島みどり 著
クチコミを見る
ピアノを語る バレンボイム・ポリーニ・アラウ・リヒテル・ブレンデル
クチコミを見る
ネイガウスのピアノ講義
クチコミを見る
巨匠リヒテルの世界―昆田亨写真集
クチコミを見る





emksan at 15:42|PermalinkTrackBack(0)

2010年11月07日

頑張るのが気持ちイイ

heartnベートーヴェン引き続き頑張ってマス。
第8番悲愴全楽章に始まり、
第9番全楽章、やっとこさ第10番第3楽章まできています。
悲愴第1楽章以外は人前で弾く予定がないので、
とことん仕上げているわけではないのですが、
なかなか前進しません。
これだけたくさんの曲を抱え始めると、
練習時間がいくらあっても足りなくなってくる・・・。
ピアニストってホントすごいなぁ。

でも、数こなすってすごい!をすでに実感し始めていますヨ。
かなり違う。
たかだか3曲全楽章弾いているだけで、
今までベートーヴェンの何を弾いた気になってたんだろうと思う。
そして、なんだなんだ、ベートーヴェンのこと何一つわかってないじゃないかと思う。
たかだか3曲でコレ。
今までの私は何だったんでせう?

ピアニストがよくベートーヴェン全曲演奏会なるものをやるけれど、
これにはこういう意味があったのか・・・です。
たかだか3曲弾いただけでこれだもの。
全曲弾いたらすごいだろうと思う。
今私はベートーヴェンからいろんなことを教わっている気がしています。
全曲弾いたら、どれだけ多くのことが学べるんだろぉ。

考えてみたらベートーヴェンのソナタなんて、
高校生以来弾いていなかったかもしれん。(^_^;)
大学時代は何弾いてたんだ???
なぁぜこんなにベートーヴェンから遠ざかっていたんだ???

中・高校生の頃は何もわからずに弾いてたんだなぁ。
今だからこそ学べることっていうのがたくさんあって、
年を重ねるのも悪いもんじゃないと思ふ。
なんかすごく楽しい♪


クリックで応援してネ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ベートーヴェン---Amazon
ベートーヴェンの生涯 (平凡社新書)
クチコミを見る
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
クチコミを見る
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
クチコミを見る
CDで聴く一冊でわかるベートーヴェン
クチコミを見る
新編 ベートーヴェンの手紙〈上〉 (岩波文庫)
クチコミを見る
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究 決定版 (平凡社ライブラリー あ 21-1)
クチコミを見る




emksan at 20:38|PermalinkTrackBack(0)

2010年10月23日

久々のベートーヴェン

花瓶久々にベートーヴェンの話題です。
悲愴の第1楽章を弾くにあたって、
この近辺に作曲されたソナタを全部練習しようと思い立ってから、
一応譜読みはし続けているのです。
でも、途中確かに浮気してしまった上、
何も手がつかない時期があったりと、進みはかなぁり鈍いなぁ。(^_^;)

先日あまりにも初期・中期・後期の全体像が、
具体的にしっかりと頭に入っていないことにいらだち、
まとめてみることにしました。
なんとなぁくじゃぁね、もうどうしようもないので。
こうしてみると、ほんっとなんとなぁくのなんて多いことかっ!
記憶力が悪いってこういうときツライです。とほほっ


【初期】

・3つのピアノ・ソナタ 作品2

 第1番へ短調 第2番イ長調 第3番ハ長調

・第4番 変ホ長調 作品7

・3つのピアノ・ソナタ 作品10

 第5番ハ短調 第6番へ長調 第7番ニ長調

・第8番 ハ短調 作品13 ≪悲愴≫

・2つのピアノ・ソナタ 作品14

 第9番ホ長調 第10番ト長調

・第11番変ロ長調 作品22

・第12番変イ長調 作品26 ≪葬送≫

・2つの幻想曲風ソナタ 作品27

 第13番変ホ長調 第14番嬰ハ短調≪月光≫

・第15番ニ長調 作品28 ≪田園≫

・3つのピアノ・ソナタ 作品31

 第16番ト長調 第17番ニ短調≪テンペスト≫ 第18番変ホ長調

・2つのやさしいピアノ・ソナタ 作品49

 第19番ト短調 第20番ト長調

 

【中期】

・第21番ハ長調 作品53 ≪ワルトシュタイン≫

・第22番へ長調 作品54

・第23番へ短調 作品57 ≪熱情≫

・第24番嬰へ長調 作品78

・第25番ト長調 作品79

・第26番変ホ長調 ≪告別≫

・第27番ホ短調 作品90→中期から後期への兆候

 

【後期】

・第28番イ長調 作品101

・第29番変ロ長調 作品106 ≪ハンマークラヴィーア≫

・第30番ホ長調 作品109

・第31番変イ長調 作品110

・第32番ハ短調 作品111


本当にメモ程度だけれど。
これを印刷して、壁に貼りつけました。
あぁ、記憶力が悪いって本当にツライ。。。


飴で、弦楽四重奏はたっぷり聴いたので、
再びピアノ・ソナタに立ち返り、
作品14から作品28までを一気に聴くことにしました。
バックハウス、シュナーベル、ミケランジェリ。
こうしてみると私ベートーヴェンのCD少ないんだなぁ。

バックハウスのピアノはとても興味深くて。
なんだろ、その演奏方法がフォルテピアノを彷彿とさせるものに感じたのですよ。
デュナーミクなどが楽譜通りではない箇所も多々あって、
そういうところはちょいと気になったりもするのですが、
とても面白く聴くことができました。
私好きかも・・・。
もっとこの人のベートーヴェンが聴きたいと思いました。

シュナーベルは、ピアノの技術はそれほどじゃぁないのですが、
インスピレーションがよくて。
バックハウスのベートーヴェンは、
大きなまとまりでグググッと曲が進められていく感じで、
すごく俯瞰していると感じたのですが、
シュナーベルは、構成感がとってもわかりやすく、
第1主題と第2主題の性格の違いなど、
とにかく極端なほど表現にコントラストが
あるのです。
そういう意味では、私はこちらの演奏も好きなのですよ。
シュナーベルは全集を持っているので、
バックハウスの全集が欲しいなぁ。

久々にベートーヴェン漬けでたくさん曲を聴いたら、
再び練習に熱が入り出しましたヨ。(笑)
 ・・・・・ベートーヴェンと同時にリュリとクープランもやってるんですけどネ。
     これは本当に私の癒しです。

でも進みが遅いんだなぁ。
今やっとこさ第10番の第1楽章に入ったところ。
先が思いやられるほどとろい進み具合ですぬぇ。
こりゃぁ、少しエンジンをかけなければ、
いつまで経っても終わらんぞ・・・デス。
たいして仕上げているわけでもないくせに、だめですねぇ。
がんばろっ。


・・・・って、ブログ記事書いてたら、
バックハウスのCDが欲しくなっちゃって買っちゃった♪


バックハウス/ベ−ト−ヴェン:ピアノ・ソナタ全集
バックハウス/ベ−ト−ヴェン:ピアノ・ソナタ全集
 →今回は珍しく楽天で購入しました。
  これが一番安かった。送料無料で10909円でしたヨ。

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ベートーヴェン---Amazon
ベートーヴェンの生涯 (平凡社新書)
クチコミを見る
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
クチコミを見る
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
クチコミを見る
CDで聴く一冊でわかるベートーヴェン
クチコミを見る
新編 ベートーヴェンの手紙〈上〉 (岩波文庫)
クチコミを見る
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究 決定版 (平凡社ライブラリー あ 21-1)
クチコミを見る




emksan at 23:06|PermalinkTrackBack(0)