ピアノ

2020年10月24日

「知っておきたい幼児の特性」シリーズ講座動画

現在、私事でシリーズの続きを開催できずにいますが、落ち着いたら再開する予定です。開催済み(A〜D)動画のお申込みはいつでも受け付けていますので、お気軽にお申込みくださいね!


line


「知っておきたい幼児の特性」シリーズ講座動画


『知っておきたい幼児の特性』〜ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に〜(音楽之友社)に沿った内容のシリーズ講座です。本を持っていなくても受講できる内容になっています。


ブログ内お申込みフォームへお名前、メールアドレス、講座名をご記入の上、送信後は必ず「メッセージを受け付けました」の画面をご確認ください。折り返しメールを差し上げます。





  講座A  

7歳頃までの特性を知ろう》

なんでわからないの?なんでできないの?と悩む前に。幼児の特性を知れば「そういうものなんだ!」と気持ちがラクになり、それらの特性に応じ一人ひとりに合ったアプローチを見出す楽しさが芽生えてきます。

このシリーズ講座の基本的視点となるため、これに続く講座を参加ご希望の方は、まずは講座A動画をご受講くださいね。

2020525日開催のZOOM 講座の録画です。

【動画料金(2時間)3千円

       (講座A参加済の方は1000)

【お申し込み】ブログ内お申込みフォームへお名前、メールアドレス、講座名をご記入の上、送信後は必ず「メッセージを受け付けました」の画面をご確認ください。

動画はファイル転送サービスギガファイルを使い、ダウンロードしていただくことになります。ダウンロードはパソコンからとなります。スマホからのダウンロードは、ギガファイルアプリのこちらをご参照ください。ファイル容量は1.95GBとなりますので、スマホの場合は空き容量にご注意くださいね。

https://news.gigafile.nu/app





  講座

《幼児の特性に応じた読譜指導》

幼児が読譜を学ぶとき何が起きるのか?どこにつまづき、なぜつまづくのか?つまづきの原因によってアプローチは異なってきます。前操作期にある生徒さんに起きやすい「誤解」をひとつひとつ丁寧に紐解いていきます。

講座Bは、講座Aの幼児の特性を踏まえた上でのお話になるので、ご興味のある方は講座A動画を先にご受講くださいね♬ 

2020629日開催のZOOM 講座の録画です。

【動画料金(2時間)3千円

       (講座B参加済の方は1000)

【お申し込み】ブログ内お申込みフォームへお名前、メールアドレス、講座名をご記入の上、送信後は必ず「メッセージを受け付けました」の画面をご確認ください。

動画はファイル転送サービスギガファイルを使い、ダウンロードしていただくことになります。ダウンロードはパソコンからとなります。スマホからのダウンロードは、ギガファイルアプリのこちらをご参照ください。ファイル容量は1.89GBとなりますので、スマホの場合は空き容量にご注意くださいね。

https://news.gigafile.nu/app





  講座

《読譜指導の前に》

音符カードは読めるのに、楽譜になると読めなくなる生徒さんはいませんか?読譜指導前にじっくりと取り組み、生徒さんの体に染み込ませておきたいことについてのお話です。

講座Cは、講座Aの幼児の特性を踏まえた上でのお話になるので、ご興味のある方は講座A動画を先にご受講くださいね♬ 

202076日開催のZOOM 講座の録画です。

【動画料金(2時間)3千円

       (講座C参加済の方は1000)

【お申し込み】ブログ内お申込みフォームへお名前、メールアドレス、講座名をご記入の上、送信後は必ず「メッセージを受け付けました」の画面をご確認ください。

動画はファイル転送サービスギガファイルを使い、ダウンロードしていただくことになります。ダウンロードはパソコンからとなります。スマホからのダウンロードは、ギガファイルアプリのこちらをご参照ください。ファイル容量は2.12GBとなりますので、スマホの場合は空き容量にご注意くださいね。

https://news.gigafile.nu/app





  講座 

《指導の焦点を定める》

話を聞いていない。集中してくれない。やっているそばから今すべきことを忘れる。これらを生徒さんが不真面目だからと思い込んではいませんか?

このシリーズ講座の基本的視点となるため、これに続く講座を参加ご希望の方は、まずは講座Dをご受講ください。

講座Dは、講座Aの幼児の特性を踏まえた上でのお話になるので、ご興味のある方は講座A動画を先に受講してくださいね♬ 講座BCは受講していなくても大丈夫です。

2020831日と93日開催のZOOM 講座の録画です。

【動画料金(2時間)3千円

       (講座D参加済の方は1000)

【お申し込み】ブログ内お申込みフォームへお名前、メールアドレス、講座名をご記入の上、送信後は必ず「メッセージを受け付けました」の画面をご確認ください。

動画はファイル転送サービスギガファイルを使い、ダウンロードしていただくことになります。ダウンロードはパソコンからとなります。スマホからのダウンロードは、ギガファイルアプリのこちらをご参照ください。ファイル容量は2.39GBとなりますので、スマホの場合は空き容量にご注意くださいね。

https://news.gigafile.nu/app








emksan at 10:47|Permalink

2020年10月20日

発達障碍ピアノレッスン情報交換会京浜地区

次回開催の日程が決まりました!

片手ではスラスラ弾けるのに両手で弾けるようにならない。体のコントロールがうまくいかず、力んでしまったり、抜くというと全身が抜けてしまったりする。そんな生徒さんはいませんか?今回はレッスンの中での身体的な経験談を中心にみんなで話し合いましょう!

お申込はスター楽器までどうぞ!下記リンクの申し込みフォームからお申込みいただけます。文字化けしていますが、スター楽器のサイトです。

ikegami@stargakki.com
03-3755-2131

image








emksan at 20:45|Permalink

2020年10月19日

ピティナ【ZOOMオンラインセミナー】発達障碍でもピアノが弾けますか? 〜事例共有&相談会〜

ピティナの講座日程が決まりました!

11月11日10時から2時間。お申込は以下のサイトからどうぞ。

ピティナセミナー情報よりーーー

発達障碍の個性豊かな生徒さんたちへのピアノレッスン。「どうすればより良いレッスンができるのか」お悩みをお持ちの先生方も多いと思います。こちらの講座では講師・受講生の皆さんの間で経験談や工夫、アプローチを共有し、お互いに解決策・効果的なレッスンアプローチを考える場を提供いたします。

正解が1つではないピアノレッスン、より多くの事例を知ることで、指導の引き出しを増やしていきましょう。

「発達障害でもピアノが弾けますか?」「あきらめないで!ピアノレッスン〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜」(ヤマハ)著者である、中嶋恵美子先生による経験豊かなお話にも注目です。











emksan at 19:27|Permalink

2020年10月18日

発達障碍お勧め本

発達障碍に関する本をお勧めするとき必ず筆頭に挙げる一冊。ピアノ指導者は生徒さんの身体的特性に悩まされることがしばしばあります。そのため発達障碍者の身体的不自由さについて多くを語ってくれているこの本はとっても貴重!

当事者であるお2人の対談なのですが、こたつに足を入れると足への意識がなくなり、足が消えたように思えるとか、雨が痛いとか、具体的なことがたくさん書かれています。

先日ピティナのセミナーで、2グループに分かれたディスカッションがあったのですが、どちらのグループでもこの身体的な特性が話題になったのが印象的でした。

時間に限りがあったこの日、全ての相談にはお応えできなかったのですが、早速2時間全部相談コーナーという講座が実現しそうです!11月11日になりそう。決定してピティナの申し込みサイトが立ち上がり次第、こちらでお知らせしますね。

image
image





emksan at 14:37|Permalink

2020年10月16日

発達障碍でもピアノが弾けますか?

昨日はピティナ指導セミナー第1講座、『発達障碍でもピアノが弾けますか?』でした。前半はアンケートに寄せられた質問をもとに構成。後半は2グループに分かれてのセッションと私への相談コーナーとなりました。

テーマは「具体的事例をたくさん知る」ということ。ひと口に発達障碍といっても、一人ひとりに見られるその特性は10人10色。何人の発達障碍の生徒さんに出会っても、一人ひとりとの出会いは「はじめまして」なんですよね。

ひとつひとつの出会いに試行錯誤はつきものですが、少しでも多くの具体的事例を知っていれば、必要以上に右往左往することなく対応していけます。ピアノレッスンではどのような現象がみられ、それらにはどんな原因があり、どんなアプローチが考えられるのか?

また、ひとりで悩むのではなく、みんなで情報を共有し、悩みや喜びを共感し合える場があることはとっても大切。今回はピティナ主催ということで、FBなどの交流がなく、これまでひとりで悩むしかなかったという先生方が多くご参加くださっていたように思います。

FBには「発達障碍ピアノレッスン」という1000名を超える大きなグループがあります。私が立ち上げたグループなのですが、現在私はFBが乗っ取りに合ったのち、アカウント停止になっているためグループ管理ができず、神野由香先生が管理してくださっています。

ここには経験豊かな先生方がたくさんいらっしゃるので、相談投稿をすると多くの暖かで有意義なコメントが寄せられます。でも、FBをしていない方の居場所がまだ充実していないのが現状なんですよね。

そのため各地のピアノ指導者による自主的な集いのお知らせを載せた「発達障碍ピアノレッスン」というブログを作ったのですが、このような会はとても少ないので、情報はまだそれほど多くはありません。

しかし、このコロナ渦でZOOMによる講座やレッスンが普及したため、地域に偏ることなく、全国の先生方が集いやすくなりました。先日は京浜地区の発達障碍ピアノレッスン情報交換会をZOOMで開催し、今後は2ヶ月に1回くらいのペースで開催していけたならと考えています。

昨日の相談コーナー。多くの先生が挙手してくださったのですが、タイトなスケジュールですべてのご質問にはお答えできませんでした。そこで、2時間全てを相談に充てた講座の開催を担当の方に提案させていただいたところ「ぜひやりましょう!」とのお返事。昨日は口調も早口になりましたが、この講座が実現すればゆったりとよりわかりやすい表現でお伝えできるだろうと思います♬

ところで、昨日は講座と同じ題名の本をご紹介いただきましたが、この本はコミックエッセイで私の指導スタンス、教育への想いは伝わると思うのですが、レッスンアプローチの詳細を載せたものではありません。

さらに多くの具体的事例やそれらに応じたレッスンアプローチについては、同じヤマハミュージックメディアから出版しているこちらの本をご参照ください。

昨日の講座の題名と同じコミックエッセイはこちらです。このブログに書き溜めてきた生徒さんたちの様子やその関わりがとてもわかりやすく漫画化されています。






emksan at 07:44|Permalink

2020年10月14日

ピティナ指導セミナー(ZOOM)

明日はピティナの指導セミナー。様々な講師が2日間ホールで講演する予定だったものが、コロナで延期、ZOOMで実現することとなりました。このコロナ渦におけるピティナの素早い対応と柔軟性は目を見張るものがありますね。

以下のリンクは、明日木曜日私のセミナーです。参加者のみなさんには、事前にアンケートにお答えいただいているのですが、現在のところ、多動な子、グレーゾーンの子、体のコントロールがうまくいかない子などのお悩みや、様々な個性に私がどう向き合い、なぜ生徒さんたちが辞めずに長く続けてきているのか?といったご質問をいただいています。

2回の私へのQ&A時間にグループ分けしたディスカッションの時間を挟むというスケジュール。たった1時間ではありますが、濃密な時間になりそう!






emksan at 12:58|Permalink