バロック

2012年02月16日

贅沢な半日〜音楽DVDを聴きまくる〜

昨日はなんとも贅沢な半日を過ごしました。
6時間近くぶっ通しで音楽が聴けるなんてっ!!
1年振りくらいかもしれません。
吉松隆氏のCDについては、
昨日ブログにしているので、
今日はそれ以外に観たDVDをご紹介♪


Music of the French Baroque [DVD]Music of the French Baroque [DVD]

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


器楽合奏だけでなく、
バロックダンスを見ることもできます。
リュートのソロもいい♪

ただ・・・願わくば、カメラよ、もっと落ち着いてくれ!です。
とにかくカメラワークが激しくて、落ち着きがないのですよ。
こういうのを脳内ロココ調とでもいうのでせうか。(笑)
そんなに激しく動いたら酔っちゃうよ・・・デス。

この中に、テレマンの楽曲があるのですが、
とてもとても美しい器楽曲!!
テレマンをもっと聴いてみたくなりました。
演奏はとても質が高く、
やはり本場の古楽はレベルが高いな〜です。



モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2000-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


2000年2月のチューリヒ歌劇場でのライブ映像。
バロック以前のアーノンクールは、
70年代までが好き・・・と思っていた私。
というのも、最近のアーノンクールは
古楽であっても現代歌手を起用しているからです。
どうにもあのビブラートの発声が、私には耐えられないんですよ。
器楽演奏はあんなにすばらしいのに・・・です。
バロック音楽は、バロック歌手で堪能したい。

このDVDは2000年の収録ですが、
題材がモーツァルトということで、
何の違和感も感じずに楽しむことができました♪
ソプラノがすばらしかった〜。

ちなみに、解釈はかなり真面目な解釈になっています。
笑えるところもあるんですが、
全体的にはかなり真面目な解釈と思います。
その分美しいアンサンブル、美しい響きを堪能することができて、
モーツァルトが「人間の感情」と「音楽表現」を、
どんな風に結び付けて作曲したのか、
わかりやすいかもしれません。

アーノンクールの演奏は、
いつも感情豊かなんですよね。
かといって流されるわけではありません。
間の取り方、音の切り方が絶妙といつも思います。
そして、音の強弱の表現豊かなことったら!

また、このオペラですばらしかったのは演技♪
細部にいたるまで動きが計算されているんですよ。
動きがとても自然で、ぼうっと立って歌うなんてことはありません。
歌手の表情も豊か!
もし、このDVDを100%満喫できない理由があったとしたら、
侍女の歌のレベルがもう少し高かったらなぁ・・・くらいでしょうか。
そこだけがどうしても気になってしまいました。

うちには、他のコシ・ファン・トゥッテのDVDもあるので、
そちらをもう一度見てみたくなりました。
聴き比べてみたい。
アーノンクールの表現は、結構個性的と思うので。

久々の音楽漬けな半日。
ほんっと贅沢な時間でした♪幸せっ


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 15:01|PermalinkTrackBack(0)

2011年01月12日

バロック時代のお化粧

バロック時代のオペラを再現したDVDなどを観て、
化粧が気になるとブログ記事にしたことがありました。
http://musestown.livedoor.biz/archives/51882879.html


すっきりしましたヨ。
うん。すっきり♪
文章を読むだけでは、どうにもこうにもね、
納得いかなかったんですヨ。
絵画でそんな真っ白な肌に真っ赤な頬紅をつけたご婦人なんて、
見たことなかったんだもの。


頬紅


これで納得。
肌は真っ白、男性も女性も頬は真っ赤。
これをこのような絵画ではなく、現実のお化粧にしたら、
あのオペラのような化粧になるのでせう。
マリーアントワネットとか、モーツァルトの映画なんかも、
こういうお化粧ですよね。
あれって、時代様式に沿ったお化粧だったのね!デス。

あぁ、それにしても、真っ白な白粉を塗って、
真っ赤な頬紅をつけていたのは女性だけじゃなかったってことは、
リュリもクープランもラモーもこんなお化粧をしていたってことかしらん?!
あぁぁぁぁ・・・どんなに音楽が素敵でも、引いちゃう。(^_^;)

ところで、付けぼくろって、
黒くて丸いものだけかと思っていたら、そんなことなかったんですネ。

付けぼくろ


ほくろと言わずにパッチと言ったそうです。
★の形や月の形。
紙や布など、素材も様々だったようです。
この絵なんて、上に馬車に乗ってる絵があるし。
こんなのもパッチと言ったのでせうか??
まるで毎日がお祭りって感じ。(笑)
このようなパッチで、肌のシミなどを隠していたそうな。

ちなみに、髪型が面白いって知ってました?
髪結いさんは、梯子に登って髪を結ってあげていたそうです。
船が載ってるカツラの絵なんか有名ですよね~。
ちなみに、その髪型では馬車に乗れないものだから、
イスを外して馬車に乗っていたそうな。

髪型・頬紅


当時の貴族社会の美意識は、
とてもとても現代社会に生きる私に理解できるものではなさそうです。
でも、こういう世界でリュリ、クープラン、ラモーは生きていたのよね。(^_^;)
貴族の女性は、こぉんな髪形とこぉんな頬紅で、
リュートやチェンバロを奏でていたのかしらん?
想像を絶するわ。(笑)

現代でいうとバブル時代のお化粧ってとこかしらん。
そう思うと、少しは理解できるかな。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【バロック時代ー---Amazon
不安の時代―バロック風田園詩
クチコミを見る
ドレスデン 都市と音楽 ザクセン選帝侯ヨハンゲオルク2世の時代 バロック音楽研究会・編
クチコミを見る
バロック音楽 (講談社学術文庫)
クチコミを見る
ヨーロッパ宮廷文化の時代 (メトロポリタン美術全集)
クチコミを見る
大世界劇場―宮廷祝宴の時代 (叢書・ウニベルシタス)
クチコミを見る


 



emksan at 09:00|PermalinkTrackBack(0)

2011年01月09日

ラモーのクラヴサン曲集ゲット♪

クープランもいいけれど、どうやらラモーも好きそう!
という手ごたえを自分に感じたので、
ラモーのクラヴサン曲集を探しました。
って、探したのは私ではないのだけれど。(^_^;)
自分で探すには限界があったのですよ。


「クラヴサン曲集第1巻」(1706年)
「クラヴサン曲集」(1724年)
「新クラヴサン曲集」(1728年)
「コンセールによるクラヴサン曲集」(1741年)


これは、ラモーが出版しているはずの楽譜です。
ここまでは調べられるんですけどねぇ。
クープランのように「曲集」として、
現代の世に出版されているのかどうかがわからなくって。
結局いつもお世話になっている、
スター楽器池上店の方に調べていただいたのですヨ。

そこでわかったのは、
在庫次第という全音から出ている楽譜です。


・ベーレンライター原典版18 ラモ「クラヴサン曲集」
・ベーレンライター原典版28 ラモ「コンセールによるクラヴサン曲集」


残念ながら、昨年末に手に入る予定だった原典版18が、
今年に入って在庫切れ。
スター楽器さんでは購入することができませんでした。
その後、楽天&Amazonで検索して調べたところ、
無事Amazonで購入することができました。
よかった~!
私が欲しかったのは原点版18です。
なるべくね、初期の作品を知りたかったのですよ。
こちらの楽譜では、1706年の作品が取り上げられていたので。

今日この楽譜が届きました♪
中身をパラパラとめくって感動しましたよ~!
ラモーはクラヴサン第2集の冒頭に、
『クラヴサンの運指法について』という論述を載せているのですが、
それが全文訳されていたんですよ。

また、ラモーは第3集で、
『この曲集の楽曲、ならびに音楽の様々な種目についての考察』
という論述をしているのですが、
この重要と思われる論述も訳されているのです。

この楽譜、資料としてもすごいんです!
こりゃぁ、28の方も買わなきゃ!と、
今日焦ってAmazonで注文しました。
在庫がなくなっちゃったら、もう手に入らなくなるんだもの。
そりゃ焦るでしょ。

あぁ、嬉しい!嬉しい嬉しい嬉しいっ!!!
こんな貴重な楽譜に出会えるなんて、
私はなぁんて幸せ者なんだろぉ♪

ところで、原典版18は、楽天では在庫がなさそうです。
Amazonでは私が購入したとたんに、
「在庫あり」の文字が消えました。
でも、「在庫なし」の文字が今のところ見当たらないんですよ。
もしかしたら、まだ在庫があるのかな?
欲しい方はいまのうち!と思いますヨ。


ベーレンライター原典版18 ラモ クラブサン曲集 (ベーレンライター原典版 18)ベーレンライター原典版18 ラモ クラブサン曲集 (ベーレンライター原典版 18)
全音楽譜出版社(1998-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ベーレンライター原典版28 ラモ コンセールによるクラブサン曲集ベーレンライター原典版28 ラモ コンセールによるクラブサン曲集
全音楽譜出版社(1998-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ちなみに、海外からの取り寄せで2,3カ月かかる楽譜ではありますが、
以下のような楽譜がベーレンライター社から出ているようです。
こちらは年代別にまとめられた楽譜のようですが、
1728年の作品は入っていないそうです。


「Preces de clavecin Bd.1」(1705-6年・1724年)
「Preces de clavecin Bd.2」(1726-7年・1741年)


先程、ちらりとラモーを弾きました。
もしかしたらクープランより好きかもぉぉぉ~。
それにしても、第1集の第1曲目プレリュード。
小節線がないのですよ。
サティみたい。
 ・・・って、サティが当時を真似たのだけれど。
一体冒頭の全音符はどの程度の長さで演奏し、
そこに入る8分音符はどのようなタイミングで演奏すればよいのでせうか??
こりゃ、ラモーのCD買わなきゃだなぁ。
当時のスタイルが全くわからないデス。(^_^;)

あぁ、ワクワクしちゃうなぁ~。
もうソレイユで演奏する予定の曲もベートーヴェンもそっちのけで、
この曲集にかかりきりになりたぁぁぁぁぁい!!(笑)


 ・・・・CD検索してたら、ラモーの歌劇が出てきました。
    ラモーのオペラ!観たいっ!!DVD探そうっ♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ



【ラモー---Amazon
やさしい訴え ラモー作品集
クチコミを見る
ラモー:コンセールによるクラヴサン曲集
クチコミを見る
ラモー:クラヴサン曲全集 1
クチコミを見る
ラモー:歌劇「イポリトとアリシ
クチコミを見る
ラモー:序曲集
クチコミを見る
ラモー:歌劇「カストルとポルクス」(1754年版)
クチコミを見る




emksan at 15:06|PermalinkTrackBack(0)

2010年11月03日

バロック時代の化粧

私の大切なDVDの中にコレ↓があります。


リュリ / Cadmus Et Hermione: Dumestre / Le Poeme Harmonique Morsch 【DVD】
リュリ / Cadmus Et Hermione: Dumestre / Le Poeme Harmonique Morsch 【DVD】


リュリの歌劇『カドミュスとエルミオーヌ』です。
音楽的にも質が高いのですが、
興味深いのは歴史的再現を行っているという点です。
明かりはすべてろうそく!
セリフの発音も、楽器も奏法も当時のもので、
舞台装置も当時の再現です。
歌手の動きはバロックダンスの美意識に通じるものがあり、
当時のフランスではこういう動きだったんだろうなぁと納得させられます。

でね、気になっていたのがお化粧なのですよ。
真っ白けっけ。
そういやモーツァルトの歌劇なんかでも、
こういう化粧のものをよく見かけます。
これが当時の流儀だったのか?

舞台の明かりはろうそく。
これくらい真っ白に顔を塗って、
濃く化粧をしないと表情がよくわからなかったのかもしれません。
これまでモーツァルトの歌劇などのDVDでは、
なんだかその化粧があまりに滑稽で、
変なのぉ〜!!としか思えずにいたのですが、
このDVDでは何故かその化粧を自然に受け入れることができたんですよね。
それはろうそくの明かりだったからなのかも・・・。

ところで、これはあくまでも私の憶測でしかありません。
当時はこういう化粧だったのよ、なぁんて言われたところで、
そうそう簡単に納得できるものでもなし。
こりゃぁ調べるしかないでしょっ。

インターネットで調べたところ、
ちょっとしたことはわかりました。
ルネサンス時代から肌は白い方がいいという美意識があり、
白粉は顔だけにとどまらず、首や胸、全身に使われ、
男性も聖職者から老人まで、
口紅、髪粉、付けぼくろなどを用いたそうです。

18世紀になると、白い顔の頬の部分に丸く頬紅を塗るようになりました。
淡い色に限らず、濃い鮮やかな紅まであったというから驚き。
しかも一日中塗っていたというのですから、
真昼の明るい最中でこの化粧、今見たら滑稽ですね。

わらっちゃうのは、肌を一層白く見せるため、
付けぼくろのほかに、淡く青色で血管を描いたということ。
一体どれだけ肌を白くみせたかったのでせう?
ちなみに、あのマリー・アントワネットはフランス式の派手なお化粧が気に入らなく、
自然主義のイギリス式へと変えていったそうです。
真っ赤な頬紅はなくなり、
香水もどぎつい香料から自然の花の香りへと移り変わりました。


とりあえず、私が調べたところでわかったのは、この程度のコト。
まだまだ納得いくほどではございません。(^_^;)
それにしても、絵画が好きで良く見るけれど、
このような化粧をしたご婦人の肖像画って・・・見かける??
あんまり見た記憶がないのだけれど。
当時は宗教画が多いからかなぁ。

このように、まだまだ謎だらけの西洋化粧の歴史。
ネットで調べるだけじゃぁだめだと見切りをつけ、本を探すことに。
ところが、この本もなかなか見つからないのですよ。
服飾の歴史に関する本は多くあるのですが、
お化粧に関する本がない!
いやね、日本のお化粧に関する本はあるのです。
でも西洋のものがない!!

ようやく見つけたのが、
コレ↓

おしゃれの文化史〈1〉化粧 (春山行夫の博物誌)おしゃれの文化史〈1〉化粧 (春山行夫の博物誌)
著者:春山 行夫
平凡社(1988-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

と、コレ↓

華やぐ女たち―ロココからベルエポックの化粧とよそおい華やぐ女たち―ロココからベルエポックの化粧とよそおい
著者:津田 紀代
ポーラ文化研究所(2003-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


何冊か検索でヒットしましたが、
どうやら私が知りたいことはここいら辺に書かれているのでは・・・と。
でね、どちらも中古なんですねぇ。
2冊買うのもなんだかなぁ・・・と思い、
とりあえずこれらの本の題名で再び検索をかけたら、
ポーラ文化研究所のHPへ辿りつきました。

出版物のご案内という中に、
『華やぐ女たち』という上記の本の題名と同じCD-ROMを見つけたのです。
どうやら絶版になった本がCD-ROMになっている様子。
そこで、このCD-ROMを購入することに決めました。
メールで注文すれば送料無料とあったので、
こりゃもうひとつくらい買ってもいいかな・・・と、
『ヘアモードの時代』というCD-ROMも購入することに。
どちらも800円と安いのですよ。
バロック時代の髪型はかなり滑稽で笑っちゃうオンパレード、
というのは知っていたので、笑う目的で買うことにしました。

面白そうでしょ?


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【ファッションの歴史---Amazon
服飾の歴史をたどる世界地図―現在のスタイルになった、意外なルーツと変遷とは? (KAWADE夢新書)
クチコミを見る
世界服飾史
クチコミを見る
ファッションの歴史―西洋服飾史 (シリーズ「生活科学」)
クチコミを見る
服飾の歴史 (古代・中世篇) (文庫クセジュ (554))
クチコミを見る
図説 ヨーロッパ服飾史 (ふくろうの本/世界の歴史)
クチコミを見る
服飾の歴史〈古代・中世篇〉 (1974年) (文庫クセジュ)
クチコミを見る
西洋服飾史 図説編
クチコミを見る





emksan at 15:29|PermalinkTrackBack(0)

2009年11月06日

フランスバロック・・・シャンボニエール

いろいろ聴きたぁ〜〜い!!と、YouTubeを徘徊しました。
本当は自分でCDを買うのが一番イイ。
でも、何がいいのやらさっぱりわからなかったので、
とりあえずYouTubeなのデス。
落ち着いたら買わなきゃっ。
今日はシャンボニエール。


Chambonnières(シャンボニエール)/1601〜1672
フランスバロック初期の作曲家、クラヴサン奏者。
 ・・・・・5曲続けて聴く私が登録した再生リストです。




emksan at 13:08|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月06日

私なりのバロック

最近なんかわかってきたこと。
それは、私がどうバロックを演奏したいのか、という立ち位置。

いや、古楽が好きなので、
ピアニスティックに弾くという立場ではないなぁ〜とは思っていたんですヨ。
でもね、チェンバロとは全く違う楽器ですからね、ピアノは。
そのピアノで演奏するわけですから、
もっと具体的なイメージというか・・・立ち位置が欲しかったのです。

それがなぁんとなくわかりかけてきた。
自分が見えてきた・・・という感じかな。

私がピアノでバロックを演奏する際に、大切にしたいと思っているもの。
それは、バロック独特のフレージングだったり、間合いだったり・・・です。
で、それをピアノで弾く以上は、ピアノの音色で弾きたい。
それが見えてきた。

これまでの私は、チェンバロの音が頭に鳴った状態で練習をしていました。
チェンバロ→ピアノに変換できないまま練習していたのデス。
でも、最近は違うのですよ。
頭の中でピアノの響きがする。
その曲のイメージを保ったまま、ピアノの響きがしてくるのです。

イメージとしては、
チェンバロよりクラヴィコード。
チェンバロよりリュートって感じなのかも。

ああ、これが私なんだなぁというものが見えてきて、
なんかとてもとても嬉しい。

ピアノ指導者としては、
4期を全体的にまんべんなぁくこなす必要があるのだろうけれど・・・。
でも、やっぱり私はバロックが好き。
でもって、フランスものが好きなんだなぁ。
大好きなバロックを練習しているときが一番楽しい。
だからこそ、私らしさが見出せてきているんだろうし。
これが他の時代だったらどうなんだろぉ・・・。<(;~▽~)
暗中模索からなかなか抜け出せないんだろうなぁ。

まぁ、他の時代は置いておいて、
今は大好きなバロックに身を存分に浸して堪能しよう♪
しあわせぇ〜。


ランキングに参加してます。クリックで応援して♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ 


【クープラン、ラモー/CD---Amazon.co.jp
タンブラン~ラモー:クラヴサン曲集
ラモー:コンセールによるクラヴサン曲集
ラモー:カンタータ「焦燥」&ラモー:クラヴサン曲集(1724)@クリスティ(hc)
ラモー:クラヴサン曲集@〔クラヴサン曲集第1集~前奏曲/クラヴサン曲集~鳥の呼び戻し/ロンドによるミュゼット 他〕ギルバート(hc)
ラモー:クラヴサン曲全集@〔クラヴサン曲集(第1~第5組曲)/ラモー氏の小さなハンマー/新クラヴサン組曲集/王太子妃〕ルセ(hc)
「テティス」/クラヴサン曲集

恋の夜鳴きうぐいす~クープラン:クラヴサン名曲集
フランソワ・クープラン:クラヴサン曲集
クープラン:クラブサン名曲集
F. クープラン:クラヴサン曲全集 1(カミングス)
F.クープラン:クラヴサン名曲集@〔「クラヴサン奏法への追加/クラヴサン曲集第1巻/組曲イ長調 他〕センペ(hc)

楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 14:32|PermalinkTrackBack(0)