バッハ

2021年07月13日

子どもの頃習った古典派音楽からの脱却


なぜ毎日のようにFBでフォルテピアノ・アカデミーSACLAを話題にしているのか?それは私がいちピアノ指導者だから。

私たちが子どもの頃習った画一的な古典派音楽ではない、生命力に溢れた当時のスタイルを知る指導者が増えることを願っているから。

すでにピティナではコンペの課題曲講座やステップのミニ講座に小倉貴久子さんを招き、そのような方向に進み始めているようです。

しかし、当時のスタイルの根本は1曲だけを取り上げた課題曲講座だけでは理解に至らないことでしょう。

フォルテピアノ・アカデミーSACLAの素晴らしいところは、様々な生徒さんのレッスンが聴講できるという点にあります。今年の受講生レッスン曲目は、古典派だけでなくバロックも多く見られます。

少しでも多くのピアノ指導者が、子どもの頃学んだ古典派から脱却する重要性に気づき、音と知識を自らの感性に結びつけ、生徒さんに伝えていこうと、この聴講の機会を活用してくれたならと、みなさんと同じいちピアノ指導者として願っています。




ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。




ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042







emksan at 14:52|Permalink

2021年07月08日

小倉貴久子さんを迎えてFBライブ配信決定!

とっても贅沢なひとときになりそうです。インタビュアーは私。私のFBタイムラインからのライブ配信となります。

IMG_0143

https://www.facebook.com/profile.php?id=100060495273596






ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。





ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042









emksan at 10:55|Permalink

2021年07月07日

時代ごとの演奏スタイルを当時の楽器で学ぶ


第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLAは、受講生のレッスンが聴講できます。今日はクリストフォリ?それともクラヴィコード?ベートーヴェンはヴァルターかな?受講生は作曲者に応じた楽器を選びレッスンを受けます。

FullSizeRender
FullSizeRender


当時の演奏スタイルを当時の楽器で学べるのが、このアカデミーの素晴らしいところ!ピアノ指導者なら一度は聴講しておきたい内容ですよ〜。







ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。






ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042








emksan at 10:57|Permalink

2011年11月07日

インベンションの楽譜に線を引きますか?

バッハを学ぶときのお話し。
私は対位法を学ぶ初めての生徒さんに、
それぞれのメロディに線を引いてもらうことがあります。

でもね、本当はコレ、好きじゃないんですヨ。
これはあくまでも対位法を見た目でわかりやすくするために、
最初の1,2曲にやるだけで、
それ以外は極力やらないよう避けています。

それは、符頭を線で繋げることにより、
見えにくくなってしまう情報があまりにも多いからです。
確かに横の繋がりが見えると、
テーマがどこにあって、それがどのように左右で展開しているのか、
わかりやすくなりますよね。
でも、線を引いてしまうと、その曲が持っているカラーが見えにくくなっちゃう。

私は、楽譜って模様だと思うんです。
その模様から受ける印象は、
そのままその楽曲への印象に直結するんですよね。
流れるような曲なのか、リズミカルな曲なのかetc.

パッと楽譜をみたとき、
あ、これはアリアだな、とか、
あ、これはダンスだな、とか
これは器楽合奏かな、
これは2重奏かな、
と思索することができる。
楽譜の模様ってすごい情報量。

バッハを読譜するとき、
私たちはその印象から、どういうテンポで弾こうかな、とか、
どういうアーティキュレーションで弾こうかな、と思案することになります。
この思索する時間がこの上なく楽しい!
でもね、線を引いてしまうとアーティキュレーションが見えなくなってしまう。
その楽曲の持つ個性が見えなくなってしまうんですよね。
そうすると、この楽しい思索にふけることができなくなってしまう。

例えば、順次進行と跳躍進行。
バッハはこの扱いをすごく心得た作曲家だなぁといつも思います。
優れたメロディには、優れた順次進行と跳躍進行があると感じます。
これは作曲家のセンスが問われるところと思うのですが、
私はバッハの跳躍する瞬間が大好き。

インベンションの第4番。
このテーマには減音程の跳躍があります。
順次進行の中にあって、ひときわ目立つ減の音程。
もうたまらんですね。(笑)
この減の音程に何も感じずに演奏するなんて無理!
しかもこれだけ順次進行が続いた中で、減の跳躍!!
みなさんはこの減に何を感じますか?
私は厳しさと切なさを感じます。

でもね、このテーマ、ゼクエンツとしてあらゆるところに出てきますが、
その際の跳躍、すべてが減音程ってわけじゃないんですよねぇ。
そこが面白い。

この順次と跳躍の音程を肌で楽譜から感じるには、
符頭と符頭を結ぶ線は、邪魔でしかないんですよね。
音程が見えにくくなってしまう。
私はそれよりも、跳躍する瞬間の2音をカギカッコで結び、
そこに「減」と書き入れる方が好きです。
本当は、何も書きこまずに感じるのが一番いいのでしょうけれど。

また、どのようなアーティキュレーションで演奏するかの思索。
インベンション第5番。
このテーマを線で結んでしまったら、
この楽曲の個性が見えてこなくなっちゃいますよね。
線で結んだ瞬間に、
ミレミーファーソーーラーー、と生き生きしたリズムが失われてしまう。

楽譜にはいろんな情報が書き込まれています。
その情報を1点に集約してしまう線引きは、
他の情報に対して盲目になってしまいがち。
本当に、楽譜ってすごいんですよ。
あらゆる情報が詰め込まれているのですから。
それを1点に集約しちゃうなんてもったいないと、私は思うんですヨ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 14:23|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月27日

平均律をクラヴィコードで

今感動しています。
今日は眠れないかも、というほどに感動しています。
待ちに待ったCDが今日やっと届きました。
平均律のCD。クラヴィコードによる演奏です。


ピアノの歴史◆撻ラヴィコード機
ピアノの歴史【クラヴィコード供


ずっとクラヴィコードのCDが欲しいと思い続けてきた私。
mixiで知り合いになったバッハ好きの先生で、
チェンバロを習っていらっしゃる方がいらしたのですが、
その方に情報をいただくことができ、
念願のCDを探し出すことができたのですヨ♪

でね、気付いたこと。
私っておバカだったのね、ということ。
検索のかけ方、「クラヴィコード」って日本語でやっちゃってたんですよねぇ。
Clavichord」で検索すれば、結構出てきたのね。(^_^;)
ということで、カークパトリックとトゥーマのCDを購入したのでした。

インベンションや平均律は、
きっとチェンバロよりクラヴィコード向きに違いない!と思い続けてきましたが、
やっぱり!やっぱりやっぱりやっぱり!!です。
チェンバロでは見えてこないことがたくさん見えてくる!

それにしても、2人の解釈の違いはすごい。(笑)
カークパトリックはどれもテンポが速い。
テーマを出すという意識がとっても強くて、男性的。
教材としてインベンションや平均律をやってきた私たちにとっては、
カークパトリックの演奏の方がしっくりくるかもしれません。

しかししかし、私はトゥーマの演奏がお気に入りです。
テンポは緩め。
でも、そこには美しいフレージングと同時にハーモニーがあります。
音色も美しい!
録音がいいということもあると思いますが、
ひとつひとつのタッチがとても丁寧なのだと感じます。
だから、とてもとても心地がいい!

バッハはインベンションに
「とりわけカンタービレの奏法を習得し」
とインベンションの意義について書いています。
カンタービレ、カンタービレ、カンタービレ!
バッハのカンタービレとは?!
私はトゥーマの演奏に豊かなカンタービレを感じました。
それはとても美しく繊細で、私の心は震えます。


ところで、あることに気付きました。
トゥーマは1980年バッハ国際コンクールオルガン部門で、第2位になってるんですよね。
でね、このコンクール第1回の1950年ピアノ部門第1位に輝いているのは、
私が大大大好きなニコラーエワなのですねぇ。
ちなみに、第1回オルガン部門優勝者は、あのカール・リヒター。
ふむふむ。
ってことは、第3回ピアノ部門で優勝している、
ヴァレリー・アファナシエフはもしかして私好みのピアニストなのかも?!
これは聴いてみなければ。


【今回私が購入したCD/HMV】

カークパトリック 平均律第1巻
カークパトリック 平均律第2巻
トゥーマ 平均律第1巻、第2巻


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


【ピアノ歴史---Amazon
カラー図解 ピアノの歴史---作曲家が愛した、当時のピアノで奏でるCD付
クチコミを見る
新版 ピアノの歴史 楽器の変遷と音楽家のはなし (オルフェ・ライブラリー)
クチコミを見る
音楽史叢書 ピアノ大全 <.ピアノを読む―ピアノの誕生とその改良をめぐる歴史―>
クチコミを見る
ピアノ―誕生とその歴史
クチコミを見る
ピアノ音楽史
クチコミを見る
チェンバロ フォルテピアノ
クチコミを見る




emksan at 22:28|PermalinkTrackBack(0)

2011年01月29日

SYOTAくんの編曲『G線上のアリア』

広汎性発達障碍の高校1年生のSYOTAくん。
SYOTAの部屋に新たに1曲加わりました。
G線上のアリアの編曲です。
この曲は演奏も耳コピーも難しかったようですが、
ここまでがんばって仕上げてくれました。

今日はショパンのノクターン第2番もレッスン。
見違えてよくなっていたのでびっくりしちゃいました。
「コレ」という世界観が見えてしまうと、早いんですよね~。
そこまでいきつくのに、ショパンのノクターンは3か月くらいかかっているかも。
片手だけのレッスンに、かなぁり時間をかけました。
それでもコツコツとがんばってくれています。

この曲が終わったら、6月発表会の曲を渡さなきゃかな。
前回、前々回はカバレフスキーと古典だったから、
今回はロマン派かなぁ~。
選曲が難しいデス。




クリックで応援してネ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


【発達障害---Amazon
発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
クチコミを見る
もしかして、うちの子、発達障害かも!?
クチコミを見る
そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガ
クチコミを見る
私たち、発達障害と生きてます―出会い、そして再生へ
クチコミを見る
発達障害と子供たち - アスペルガー症候群、自閉症、そしてボーダー
クチコミを見る
俺ルール!―自閉は急に止まれない
クチコミを見る
自閉っ子、こういう風にできてます!
クチコミを見る
続々自閉っ子、こういう風にできてます!―自立のための環境づくり
クチコミを見る
自閉っ子、深読みしなけりゃうまくいく
クチコミを見る




emksan at 17:30|PermalinkTrackBack(0)