ハイドン

2021年07月13日

子どもの頃習った古典派音楽からの脱却


なぜ毎日のようにFBでフォルテピアノ・アカデミーSACLAを話題にしているのか?それは私がいちピアノ指導者だから。

私たちが子どもの頃習った画一的な古典派音楽ではない、生命力に溢れた当時のスタイルを知る指導者が増えることを願っているから。

すでにピティナではコンペの課題曲講座やステップのミニ講座に小倉貴久子さんを招き、そのような方向に進み始めているようです。

しかし、当時のスタイルの根本は1曲だけを取り上げた課題曲講座だけでは理解に至らないことでしょう。

フォルテピアノ・アカデミーSACLAの素晴らしいところは、様々な生徒さんのレッスンが聴講できるという点にあります。今年の受講生レッスン曲目は、古典派だけでなくバロックも多く見られます。

少しでも多くのピアノ指導者が、子どもの頃学んだ古典派から脱却する重要性に気づき、音と知識を自らの感性に結びつけ、生徒さんに伝えていこうと、この聴講の機会を活用してくれたならと、みなさんと同じいちピアノ指導者として願っています。




ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。




ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042







emksan at 14:52|Permalink

2021年07月08日

小倉貴久子さんを迎えてFBライブ配信決定!

とっても贅沢なひとときになりそうです。インタビュアーは私。私のFBタイムラインからのライブ配信となります。

IMG_0143

https://www.facebook.com/profile.php?id=100060495273596






ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。





ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042









emksan at 10:55|Permalink

2021年07月07日

時代ごとの演奏スタイルを当時の楽器で学ぶ


第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLAは、受講生のレッスンが聴講できます。今日はクリストフォリ?それともクラヴィコード?ベートーヴェンはヴァルターかな?受講生は作曲者に応じた楽器を選びレッスンを受けます。

FullSizeRender
FullSizeRender


当時の演奏スタイルを当時の楽器で学べるのが、このアカデミーの素晴らしいところ!ピアノ指導者なら一度は聴講しておきたい内容ですよ〜。







ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。






ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042








emksan at 10:57|Permalink

2007年08月21日

ピアノの歴史14【ハイドン】

ピアノの歴史 銑は、ブログカテゴリ『音楽/ピアノの歴史』からご覧ください。


【ハイドン(1732〜1809)】

ハイドンは1761年から1790年まで、
エステルハージ侯爵家に福楽長および楽長として雇われました。
ハイドンが所有していた大型のハープシコードは、
ウィーンの芸術史博物館に所蔵されています。
 ・・・・・しかし、ホルスト・ヴァルターの研究によると、
     この楽器をハイドンが所有していたという痕跡は、
     全くないそうです。


1785年ごろまでにハイドンが使用していた楽器が何であったか、
エステルハージ侯爵家の楽器が何であったかは、
何もわかっていません。
ただ、エステルハージ家での合奏やオペラの指揮に、
ハイドンがハープシコードを使ったことはよく知られています。

1780年以前のハイドンのソナタには、
ダイナミック記号などは一切書き込まれていません。
ハープシコードを念頭に置いて作曲していたからでしょう。
しかし、1780年に出版された楽譜(第35-39)には、
フォルテ、フォルテシモ、クレッシェンド、テヌートなどの記号が、
記入されています。
この頃にはハープシコードだけではなくピアノフォルテという楽器も念頭に置きつつ、
作曲していたのではないでしょうか?

ハイドンがピアノを購入したのは1788年のこと。
5オクターブ(f3-F1)の音域を持つスクエア・ピアノでした。
このピアノを手に入れて作曲されたエステルハージ時代のソナタは、
第48番と第49番です。
第49番をゲンツィンガー夫人に献呈する際、
ハイドンが夫人に宛てた手紙にはこう書かれています。

『アダージョだけがまったく新しいもので、
とくにこの楽章があなたの気に入るようにと思います。
(中略)
かなり難しいですが、感情に満ちています。
あなたがシャンツのフォルテ・ピアノをお持ちでないことだけが残念です。
もしこのピアノであなたがお弾きになれば、
2倍もの効果を創り出すことができるでしょう。』


また、当時のフォルテ・ピアノについてのこのような記述もあります。

『私たちの間で率直に申すなら、
本当に良いものは時々10台に1台しかなく、
またヴァルター氏の楽器はとびきり高価でもあります。
私はまたフォン・ニクル氏のフォルテ・ピアノも知っています。
それは見事ですが、あなたの指にはキーが重過ぎます。
誰もこの楽器で優雅に弾くことはできません。
したがって私はあなたがシャンツ氏の1台を
試してごらんになることをおすすめします。
彼のフォルテ・ピアノは特別に軽く、
快適なアクションを持っています。』


ハイドンがシャンツのピアノを購入した後のピアノ曲には、
ダイナミック記号のほか、
ハープシコードにとっては意味のないクレッシェンドやディミヌエンド、
スタッカートやスラーなどが記入されるようになりました。

1790年にエステルハージ侯爵が没した後、
ハイドンはこのピアノを持ってウィーンに移り住みます。
そして、1795年までに2回ロンドンへ行きました。
ロンドンではブロードウッドのピアノに出会うことになります。
これまで使用してきた軽いタッチのウィーン式ではなく、
重いタッチで力強い音がでるイギリス式のピアノです。

このときのハイドンのピアノ演奏についての感想文が残っています。
交響曲第98番が初演されたときのもので、
この交響曲の第4楽章には「チェンバロ・ソロ」の部分が含まれています。
ハイドンはこれをピアノで弾いたのでした。

『彼のピアノ・フォルテの演奏は、
この楽器についての第1級の芸術家という刻印を押すほどではないにしても、
論議の余地なく整然としており、かつ明確なものであった。
ある交響曲のフィナーレには、
ピアノ・フォルテによる魅力的で華麗なパッセージがあり、
この部分を彼は最上の正確さと明確さをもって演奏した。』



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 



【ハイドン/本---Amazon.co.jp

ハイドンのエステルハージ・ソナタを読む
ハイドン―使い捨て作品と芸術作品
ハイドン・ピアノソナタ―演奏の手引き
吉田秀和作曲家論集〈6〉J・S・バッハ、ハイドン
古典音楽の父ハイドン (世界の音楽家たち 2期)
ハイドン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
ハイドン・モーツァルト―現代医学のみた大作曲家の生と死
作曲家と出会うハイドン その生涯と作品
大作曲家オリジナルピアノ連弾 ハイドンからモーツァルト
ハイドン ピアノ・ソナタ―演奏への助言


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック








emksan at 15:07|PermalinkTrackBack(0)