アーノンクール

2012年02月23日

オペラで感情と音楽の関係を感じる

モーツァルトのドン・ジョヴァンニ。
家にあるDVDはフルトヴェングラーとムーティのもの。
でもね、どっちも私にはピンとこなかったのです。

先日観たアーノンクールのコシ・ファン・トゥッテがよかったので、
アーノンクールはバロックだけでなくモーツァルトもいいな〜と、
アーノンクールのドン・ジョヴァンニを購入することにしました。


モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 [DVD]モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2002-06-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アーノンクールの演奏はとても立体的で、
すべての音(旋律)が耳に入ってきます。
その上、どの歌手も素晴らしい!
歌も演技もピカイチ。

テンポ設定も、台詞と音楽の関係も、
台詞から台詞に移り変わる間合いも、
どれもこれも素晴らしすぎて、言葉では表現しきれません。


モーツァルトは人間感情を表現するとき、
どのような音楽表現を用いたのか?


それを知りたければオペラを観るのが一番♪
特に、アーノンクールのそれは、
とてもわかりやすくて勉強になります。
動き、台詞、感情により変化する声質へのアプローチが、
とにかく細かいのですよ。
音楽と人間感情の関係が手に取るようにわかる。

私はモーツァルトのため息の表現が大好きなのですが、
アーノンクールのため息の演奏は本当に美しい〜!
聴いているこっちがため息ついちゃいます。

それにしても、やっぱりモーツァルトの細かな音の動きによるアンサンブルは、
これくらい抑え気味なビブラートじゃないと、楽しめないですね。
特にアーノンクールの音の整理術(なんて言ったら怒られそうですが)は、
それぞれの役柄の感情に合わせた声質の変化、
ハーモニーや旋律のバランスが絶妙なので、
全てがはっきりと聴きとれるのです。
聴いていてとても気持ちよい♪

ところで、最近衝動買いしまくっている私は、
持っているアーノンクールのコシ・ファン・トゥッテとは
違うバージョンのコシ・ファン・トゥッテがとても気になっていて、
そちらも購入することに。

以前購入したコシ・ファン・トゥッテはこれ。
このDVDに関する私の感想はこちら

モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2000-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


今回購入したのはこれ。

モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》 [DVD]モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》 [DVD]
出演:アーノンクール(ニコラウス)
UNIVERSAL CLASSICS(P)(D)(2009-11-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


なんかね、違う視点で演奏してそうな表紙だったので、
今度はどんな視点のコシ・ファン・トゥッテなのか気になっちゃって。(笑)

コシ・ファン・トゥッテは人間感情と音楽を
モーツァルトがどのように結び付けて作曲していたのか、
特にわかりやすい題材と思うので、
そのような目線で勉強したいわ〜という人にお勧めですヨ♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 20:52|PermalinkTrackBack(0)

2012年02月16日

贅沢な半日〜音楽DVDを聴きまくる〜

昨日はなんとも贅沢な半日を過ごしました。
6時間近くぶっ通しで音楽が聴けるなんてっ!!
1年振りくらいかもしれません。
吉松隆氏のCDについては、
昨日ブログにしているので、
今日はそれ以外に観たDVDをご紹介♪


Music of the French Baroque [DVD]Music of the French Baroque [DVD]

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


器楽合奏だけでなく、
バロックダンスを見ることもできます。
リュートのソロもいい♪

ただ・・・願わくば、カメラよ、もっと落ち着いてくれ!です。
とにかくカメラワークが激しくて、落ち着きがないのですよ。
こういうのを脳内ロココ調とでもいうのでせうか。(笑)
そんなに激しく動いたら酔っちゃうよ・・・デス。

この中に、テレマンの楽曲があるのですが、
とてもとても美しい器楽曲!!
テレマンをもっと聴いてみたくなりました。
演奏はとても質が高く、
やはり本場の古楽はレベルが高いな〜です。



モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588 [DVD]
出演:ニコラウス・アーノンクール
Naxos(2000-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


2000年2月のチューリヒ歌劇場でのライブ映像。
バロック以前のアーノンクールは、
70年代までが好き・・・と思っていた私。
というのも、最近のアーノンクールは
古楽であっても現代歌手を起用しているからです。
どうにもあのビブラートの発声が、私には耐えられないんですよ。
器楽演奏はあんなにすばらしいのに・・・です。
バロック音楽は、バロック歌手で堪能したい。

このDVDは2000年の収録ですが、
題材がモーツァルトということで、
何の違和感も感じずに楽しむことができました♪
ソプラノがすばらしかった〜。

ちなみに、解釈はかなり真面目な解釈になっています。
笑えるところもあるんですが、
全体的にはかなり真面目な解釈と思います。
その分美しいアンサンブル、美しい響きを堪能することができて、
モーツァルトが「人間の感情」と「音楽表現」を、
どんな風に結び付けて作曲したのか、
わかりやすいかもしれません。

アーノンクールの演奏は、
いつも感情豊かなんですよね。
かといって流されるわけではありません。
間の取り方、音の切り方が絶妙といつも思います。
そして、音の強弱の表現豊かなことったら!

また、このオペラですばらしかったのは演技♪
細部にいたるまで動きが計算されているんですよ。
動きがとても自然で、ぼうっと立って歌うなんてことはありません。
歌手の表情も豊か!
もし、このDVDを100%満喫できない理由があったとしたら、
侍女の歌のレベルがもう少し高かったらなぁ・・・くらいでしょうか。
そこだけがどうしても気になってしまいました。

うちには、他のコシ・ファン・トゥッテのDVDもあるので、
そちらをもう一度見てみたくなりました。
聴き比べてみたい。
アーノンクールの表現は、結構個性的と思うので。

久々の音楽漬けな半日。
ほんっと贅沢な時間でした♪幸せっ


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 15:01|PermalinkTrackBack(0)

2008年03月20日

モーツァルト:歌劇《ポントの王ミトリダーテ》/アーノンクール

先日ご紹介したアーノンクールのオペラ。
演出家ポネルと組んだシリーズですが、
嬉しいことにもう1本録画していたのを見つけました。

数ヶ月くらい前から、
録画したのを観るのに追いつかなくなっていたので、
ここのところクラシカチャンネルの受信を止めており、
今はバカスカ録画しまくっていたものを観ているのデス。

オペラ音痴な私は、
どのオペラがよいかなどわかりようがないので、
とにかく気になるものをバカスカ録画していたのですヨ。(笑)

で、運のいいことに、
ポネル=アーノンクールの作品を、
もう1本録画していたのですね〜♪ラッキ〜!!

とはいえ、2本あるってことは、
もしかしたら録画していたこの時期、
ポネル=アーノンクールの特集をしていた可能性があり・・・。
他の作品は放映されていたにも関わらず、
録画していなかったのかもしれません。とほほっ
無知っていうのは、こういうとき損をしますね〜。


モーツァルト:歌劇《ポントの王ミトリダーテ》

イェスタ・ウィンベルイ(ミトリダーテ)
イヴォンヌ・ケニー(アスパージア)
アン・マレー(シーファレ)
アンネ・イェヴァン(ファルナーチェ)
ジョーン・ロジャース(イズメーネ)
ピーター・ストラ−カ(マルツィオ)
マッシミリアーノ・ロンカート(アルバーテ)、他

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
指揮ニコラウス・アーノンクール
演出・装置:ジャン=ピエール・ポネル
収録:1986年 ヴィツェンツア、テアトロ・オリンピコ[ライヴ]



この『ポントの王ミトリダーテ』は、
モーツァルト14歳のときの作品です。
改めて、モーツァルトの天才ぶりがわかるってもんで・・・。
これほどの天才が、
この世に生を受けていたってこと自体が奇跡ですよね〜。

ところで、このDVD。
と〜っても興味深いのが、
テアトロ・オリンピコでの撮影ってところなんですヨ。
これはヴェネチアから1時間ほどのところにある劇場で、
ルネサンス期に古代ローマ時代の円形劇場スタイルで建築されたものです。
ルネサンスの人々は、古代ギリシャやローマ時代に憧れを抱き、
”古代再生”(ルネサンス)
を目指しました。
それが、このような劇場建築にも見られるんですネ。

15世紀に、ヴィトルヴィウスという人の建築書が再発見されました。
 ・・・・ヴィトルヴィウスはローマ時代に建築の理論化を進めた人です。

その中には劇場建築に関する記述もあるそうで、
 ・・・・ローマ時代、皇帝は民衆に支持されるため、
    スタジアムや劇場など公衆の場をたくさん作りました。
    民衆に支持される皇帝であるためには、
    民衆を楽しませなければならなかったんですね〜。
    ちなみにコンクリートってこの時代に発明されたんですヨ!

ルネサンス期の人々は、見つかったヴィトルヴィウスの書を解読しようと、
いろいろ試行錯誤したそうです。


テアトロ・オリンピコには外部にも円形劇場があるそうですが、
このDVDで使われているのは、より興味深い内部に作られた劇場です。
ルネサンスの人々は、屋内に円形劇場を作っちゃったんですね。
さらに、ここではローマ時代にはなかった新しい技法も使われているんですヨ。
それは、透視画という技術です。

ここから先は、写真などがないとなんとも説明しがたいのですが、
大きなアーチの向こう側に、奥行きある街並みが見えるんです。
これは絵画ではなくて、立体的な透視画法を用いたもので、
すっごい奥行きを感じるんですよ。
騙されていると気づかないくらいに!!

モーツァルトの題材がローマ時代の小国なので、
この劇場がすごく生かされているんですよね〜。
ただ、私としてはオルケストラも撮って欲しかったなぁ。
ここでは演出上わざと撮っていないのだろうけれど・・・、
もうちょっとテアトロ・オリンピコを全体で感じたかった。
モンテヴェルディのDVDより、ライヴ感がないんですよね〜。

ヨーロッパの劇場建築 (建築巡礼)


この本に、テアトロ・オリンピコについてもう少し詳しく載っています。
写真もあるので、イメージしやすいと思いますよ〜。
ちなみにインターネットで”テアトロ・オリンピコ”と検索すると、
いろんな写真に出会えます。面白いですヨ♪
私もいつか行ってみたいなぁ〜!



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【アーノンクール/DVD---Amazon.co.jp
アンナ・マクダレーナ・バッハの年代記 (公開題「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」)
アーノンクール指揮 モーツァルト 《レクイエム》
ベートーヴェン 歌劇《フィデリオ》チューリヒ歌劇場
アーノンクール指揮 J.S.バッハ 《マニフィカート》
モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》
モンテヴェルディ:歌劇《オルフェオ》
モーツァルト:歌劇《ポントの王ミトリダーテ》
モーツァルト 歌劇《にせの女庭師》
モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》
ウェーバー:歌劇《魔弾の射手》
モーツァルト 歌劇《皇帝ティートの慈悲》ザルツブルク音楽祭2003年
モーツァルト 《レクイエム》 ウィーン楽友協会大ホール 1981年
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」
アーノンクール指揮の秘密《こうもり》を振る


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック


 



emksan at 04:30|PermalinkTrackBack(0)

2008年03月17日

モンテヴェルディ『ポッペアの戴冠』/アーノンクール

モンテヴェルディ:『ポッペアの戴冠』(DVD)
アーノンクール指揮、ポネル演出
日本語字幕付き


オペラ上演史に燦然と輝くプロダクション、
ポネル=アーノンクールのモンテヴェルディ・シリーズ。
耽美的な映像で再現したモンテヴェルディ最後の傑作オペラ『ポッペアの戴冠』です。

 ラシェル・ヤカール(ポッペア)
 エリック・タピー(ネロ)
 トゥルデリーゼ・シュミット(オッターヴィア)
 ポール・エスウッド(オットーネ)
 マッティ・サルミネン(セネカ)
 ジャネット・ペリー(ドルシッラ)
 フィリップ・フッテンロッハー(ルカーノ)
 レナーテ・レンハルト(運命の神)
 ヘルルン・ガードウ(美徳の神)
 クラウス・ブレットシュナイダー(愛の神)、他
 チューリヒ歌劇場モンテヴェルディ・アンサンブル&合唱団

ニコラウス・アーノンクール(指揮)
 演出・監督:ジャン=ピエール・ポネル
 収録:1978年、チューリヒ歌劇場
 制作:ユニテル
 収録時間:162分
 画面:カラー、4:3
 音声:PCMステレオ、DTS 5.1
 字幕:日本語、イタリア語(on/off)
 NTSC


クラシカチャンネルでずっと以前録画していたものを、
先日や〜っと観ました。
なぁんで今まで観ずにいたんだろぉ。(_ _;)
これはすごい!本当にすごい!!!
必見DVDでしょう。今頃おバカな私。

器楽演奏もすばらしい、歌手もすばらしい、
そして演技も舞台演出もすばらしい!
すべての完成度が異常に高いのですヨ。
アーノンクールって、やっぱりすごいんだなぁを実感。
もっとアーノンクールを聴かなきゃっ!
今まで名前ばかり知っていて、
実はあんまり聴いていない。
こりゃ、もったいない!

Monteverdiクラウディオ・モンテヴェルディは、
1567年-1643年の人。
ルネサンス期からバロック期への
過渡期に活躍した、
イタリアの作曲家です。
1613年ヴェネツィアのサン・マルコ寺院の
楽長を就任し、
ヴェネツィアで活躍しました。

この作品は、そんなモンテヴェルディが晩年、
1642年に書いた作品です。
ローマ皇帝ネロはポッペアに夢中になり、
ポッペアは皇后の座を狙って、
ネロを誘惑します。

アーノンクールは、オーストリアの指揮者です。
チェロやヴィオラ・ダ・ガンバの奏者でもあります。
1929年にベルリンで生まれ、
ウィーン国立音楽院でチェロを学びました。
なんと、ウィーン交響楽団にチェロ奏者として
17年も在籍していたんですね〜。
私は指揮者としてのアーノンクールしか知らなかったデス・・・。(^_^;)

その後、グスタフ・レオンハルトと共同でバッハのカンタータ全集を作り上げたり、
 ・・・・レオンハルトは古楽界の巨匠です。
チューリッヒ歌劇場でオペラに取り組み始めます。
このDVDはその時代のものです。

演出家のポネルとは、
モンテヴェルディやモーツァルトに取り組んだようです。
私が観たのは、そのうちのひとつなんですね〜。
こうなると全部観てみたくなっちゃうなぁ。

1980年以降は古楽に留まらず、
モダン・オーケストラも指揮しています。
バルトークのCDとか出てますもんね〜。
いやぁ、アーノンクールの世界は広い!!
これだけいろんな時代に深く取り組めるというのは、
よほどの能力ですよね〜。
羨ましい・・・と思いつつ、すっごい努力家なんだろうなぁ、とも思ふ。

この『ポッペアの戴冠』は、
いかにもルネサンス音楽!という響きもあれば、
どことなくバロックを感じさせる響きもあり、
とても興味深く面白い作品です。
ポッペアとネローネ(皇帝ネロ)の最後の2重唱が、
とてもとても美しいっ!



・・・・・私のお勧め音楽本・CD・DVDはこちら


ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【アーノンクール/DVD---Amazon.co.jp
アンナ・マクダレーナ・バッハの年代記 (公開題「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」)
アーノンクール指揮 モーツァルト 《レクイエム》
ベートーヴェン 歌劇《フィデリオ》チューリヒ歌劇場
アーノンクール指揮 J.S.バッハ 《マニフィカート》
モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》
モンテヴェルディ:歌劇《オルフェオ》
モーツァルト:歌劇《ポントの王ミトリダーテ》
モーツァルト 歌劇《にせの女庭師》
モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》
ウェーバー:歌劇《魔弾の射手》
モーツァルト 歌劇《皇帝ティートの慈悲》ザルツブルク音楽祭2003年
モーツァルト 《レクイエム》 ウィーン楽友協会大ホール 1981年
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」
アーノンクール指揮の秘密《こうもり》を振る


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




ちょっと忙しくなってきたため、
しばらく更新頻度が低くなる予定です。m(__)m
この合間に未読の
ブログorHPに載せている様々な文章を
読んでいただけたら幸いです。
 ・・・・もうすでに読まれている方は、ごめんなさい。

coffee-time2発達障害児レッスンアプローチ
伝えたいこと(発達障害について)
表現ピアノテクニック
ミューズ図書館(音楽エッセイ)
ピアノ史メモ年表
ピアノの歴史
教材を眺めて
HowTo
音楽知識




 



emksan at 14:51|PermalinkTrackBack(0)