音の階段 を含む記事

2020年08月20日

鈴木友恵先生からいただいたご感想

シリーズ講座を受講なさっている鈴木友恵先生からご感想をいただきました♬ 

ライン

ご著書『知っておきたい!幼児の特性』こちらの本のファンで、既にバイブルのように困ったら読む!ことをしておりましたので、内容自体は知識としては知っていることも多かったのですが、先生のレッスンでの体験談や、「このくらいの時期でやる」といった目安、またつまづいたときに役立ったグッズなどが体系的にご紹介いただけたのでとても為になりました!

また私を含め、参加者の質問にピンポイントでこたえていただくコーナーがあるのですが、それがまた、皆さんの悩みにうんうんあるある!と頷いたり学べたり、心強く感じることも多かったです。

実は先日ご紹介した通り(受講者LINEグループに紹介してくださったもの。別枠でブログ記事にしますね!)、講座を受けてひらめいた教材があるのですが、これが導入期のメンバーに大ヒットしており、『音の階段』と『リズムのことば(たん、たーあん、と音符を結びつける)』を終わらせた生徒がスムーズに、1〜2週で楽譜型の導入教材(ぴあのどりーむやラーニング・トゥ・プレイなど)に入ってしまいました。

指導者としてついつい『どうやってわからせるか』にばかり目が行ってしまいがちでしたが、それを考えるためにはそもそも『子どもの心身の成長段階によって理解力が異なる』ことを前提に置いた方がお互い楽に、楽しくなるのだということを学んでいる最中です。

これからも楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

ライン
山形県山形市にある、鈴木先生のお教室「とーん・まーれ」のサイトはこちら♬




emksan at 10:30|Permalink

2020年08月18日

音符カードでトランプのスピード

シリーズ講座のLINEグループに、受講した方がこんなアプローチもあるよ!とご報告くださることがあります。「音符カードでスピード」は、野澤陽先生がLINEグループに投稿してくださったもので、お願いしたら録画もしてくださいました!

line

野澤先生よりーーーー

音の階段図形(2段、3段)で、反射的にドレミのならびを身につけるトレーニング、中嶋先生の教材と平行して、以前から私がやっている「音符カードでスピード」をするのも効果的です。トランプゲームの「スピード」を音符カードでやるだけですが、反射の練習になるだけでなく、うちの生徒でこのゲームを嫌がる子はいないのでオススメです。

一つ目は、ひらがな「どれみ」表記の面、二つ目は5線の面を使っています。これはドレミ、ドシラのステップの並びですが、スキップ(一つとばし、3度)でやるバージョンもあります。




line

音符カードは、くおん出版のおんぷカード(S)です。なんと発達障碍の生徒さん発案とのこと!この生徒さんがピアノを習い始めた頃、カードゲームにハマっており、他のことはやってくれなくてもこれだけは嬉々としてやってくれたそうです。数字に強いこだわりがあった子で、ドレミの並びも同様に興味を持ってくれたとのことでした。

音の並びの反射については、講座Cでお話しています。


emksan at 11:30|Permalink

2018年02月21日

大槌町、宮古市、石巻への旅:1日目/大槌町

岩手県大槌町と宮古、宮城県石巻へ行ってきました。電子ピアノ支援は終了しましたが、未来に繋がる交流を深めることができて、充実した感謝の3日間となりました!

【1日目/大槌町】

1日目は東京(新幹線)⇒新花巻(JR釜石線)⇒釜石(車)⇒大槌町へ。初めて乗った釜石線は1両編成で線路は1本。新幹線は途中で飽きてしまう私も、釜石線は最初から最後まで楽しめました♪ 内陸の雪深さは雰囲気抜群。途中に遠野駅もあり、まさに宮沢賢治の世界。写真に撮りたかったのですが、ほとんどの乗客が地元の人だった上、座った席が通路側だったこともあり、撮れませんでした。   

「いつかレッスンを受けたい」と大槌町のK先生がおっしゃってくださったことで実現した今回の旅。家の事情で3か月以上先の予定は立てられないので、「今なら!」とこの1月に急遽決定。急だったにもかかわらず7名もの生徒さんたちにレッスンさせていただくことができました♪ 私の得意分野は「どうしたら弾けるようになるのかな?」と指導者側が悩むような生徒さんへのアプローチなので、1曲を仕上げるレッスンではなく、それぞれの子が普段レッスンで使用している教材で、いつも通りに30分から40分のレッスンをする、という一風変わった単発レッスン。   

「リズムが苦手な子、拍子感をなかなかつけてあげられない子、今停滞している子、手の形をみてもらいたい子」   

小学生から中学生まで、K先生から事前にLINEで伺っていたので、リズム教具、鍵盤幅の音の階段、3玉と5玉のカウンタービーズ、そのほか思いつくものをいくつか持参。K先生にはタンバリンとミニボンゴをご用意いただきました。その時々の生徒さんの状況に応じて使う教具なので、すべて使ったわけではないのですが、この日はリズム教具とカウンタービーズ、タンバリンを使いました。   

面白かったのは、まだ1度も譜読みしていない新曲をレッスンできた子がいたこと。私は「譜読みをしておいで」と宿題に出す前のアプローチをとても大切にしているのですが、それをK先生にお伝えできたのが嬉しかった。一人の子には花丸もあげられたし。(もちろんK先生の了承付きで♪)   

弾きにくいところ、どうやったらよいのかわからないところは、一緒に私に聞いてみようと、K先生が事前に生徒さんたちにお話しくださっていたので、とてもレッスンしやすく、あっという間に打ち解けることができました♪  

そうそう、持っていけばよかったと後悔したのはオルゴール。

    

オルゴール共鳴実験ブログ記事

オルゴールはなかったので、声で弦を共鳴させる実験だけすることに。こういう実験ってみんな目がきらっきらになるんですよね〜。みんなかわいかった〜!   

この日の夜はピアノ指導談義にK先生と花を咲かせ、夜10時頃チェックイン。朝起きたら、中庭から海が見えてびっくり。これなら朝日が見える時間に起きるんだったと、後悔してしまうほどの立地。  

s-20180219075207-5095007

s-20180219075221-3752308

この写真は2階の中庭から撮っているのですが、3階まで津波で骨組みだけになったそうです。5年前にリニューアルオープン。1年前にはペッパーを導入。



軽くホラーなこのペッパーちゃんは、ロビー入口にいます。以前はまつげもつけていたそうなのですが、動いているうちに取れてしまったとか。(笑) ちなみに、これは社長さんのアイデア。おばさんになるとあれこれ聞けるようになるもので、受付の方にあれこれ聞いてきちゃいました。私が面白がって録画していたら、そのあとに団体のおじさまたちがやってきて、ペッパーちゃんと戯れておりました♪   

s-20180219075327-3742348

上の写真も、同じ場所から撮ったもの。以前は砂浜が広がっていたそうです。震災前は、ホテルからそのまま泳ぎに行けたんですね。今は地形が変わって砂浜がなくなりました。その代わり、サーファーが波に乗っています。確かに波が大きくて、サーファーが喜びそうな綺麗な波の形をしているんですよ。   

・・・2日目/宮古市へつづく

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ



emksan at 11:12|Permalink

2018年01月31日

発達障碍ピアノレッスン情報交換会・池上

昨日はスター楽器池上店で発達障碍ピアノレッスン情報交換会がありました。2、3か月に1回のペース、今回で5回目となります。単発の参加も大歓迎。昨日はなんと、会津若松と仙台から参加してくださった方がいらっしゃいました♪

この会が大切にしていることは、お互いの経験を共感し合える空気感です。そのため、2時間のうち後半1時間はフリートークタイムにしています。自己紹介をして、お互いの悩みを打ち明け合い、みんなでそのことについて考え、アイデアを出していきます。打ち解け合える時間になるので、いつの間にか朗らかな笑顔に包まれるんですよ。

ここ何回かの前半は、お二人の先生にレッスン風景動画を紹介していただきました。昨日は私の番。広汎性発達障碍で多動な男の子の、2013年から最近までの成長の記録、読譜、手の形、音の並びといったアプローチ、それらを使ったレッスン風景の動画を紹介させていただきました。私はそれほど教具を多用するタイプではないのですが、それでも5年分となると結構な教具の数。
  
・音の階段(佐野先生製作)
・2段の音の階段(ムジカノーヴァ付録)
・リズム教具
・ウッドブロック(赤青シール付)
・読譜教材(私がワードで作ったもの)
・動物指輪(佐野先生製作)
・手を置く台と手のひらを置く台
・音の高低用鍵盤シート
・カワイ出版の楽譜
・鍵盤把握用教具

s-20180131111251-2052408

パワーポイントで作成したものをプロジェクターで映しながら説明させていただいたのですが、結構な分量になったので、今回1回だけではもったいないかなと、今後講座としてではなく、各地の先生方の集いにお邪魔させていただくという形で、お話しに伺わせていただくことにしました。少人数の集まりでもご負担にならないよう、交通費と地域によっては宿泊費だけはいただきますが、受講料はいただきません。ご興味のある方は、FBで私までお気軽にお問合せください♪ さっそく4月に池袋の集いへ伺わせていただくことになりました。詳細が決まり次第、こちらのブログ『発達障碍ピアノレッスン』に投稿されるだろうと思います。
 
このブログは、各地の先生方が自主的に運営している会の告知版です。昨年は首都圏に多くの情報交換会が立ち上がりました。私が運営に携わっているのは池上だけで、ほかの地域はその地域の先生方が独自に運営なさっているのですが、それぞれが地域に根差したよりよい会にしていくため、お互いに支え合い、助け合っています。

特に、首都圏は電車であらゆる方面に移動できるので、こちらの情報交換会と日程の都合が合わなければ、あちらの情報交換会に参加する、なんてことができるんですよね。そのため、お互いの開催日時を交換し、発信し合うことで、「そのときどきに応じて参加できる地域に参加する」体制にすべく、協力し合っています。

また、まだ認知度が低く、お近くの地域に情報交換会があるのに、それを知らないまま、遠くの地域の情報交換会に参加なさる方もいらっしゃるため、当日参加してくださった方々には、ほかの地域の日程をお知らせしています。2月は結構あちらこちらであるので、ご興味のある方は、各地域のピアノ指導者が自主運営している会からのお知らせ『発達障碍ピアノレッスン』をご覧くださいね♪

最近、FB非公開グループ『発達障碍ピアノレッスン』では、山形や仙台といった東北で集おうという呼びかけをしてくださった先生がいらして、そこには多くの方からのコメントが寄せられていました。どうやら実現しそうです。こちらもご興味のある方は、ぜひFBグループへいらしてくださいね。参加にはFBへの登録が必要ですが、ピアノ指導者(他楽器指導者)や楽器店の方であれば、グループに入っていただくことができます。ピアノ指導者かどうかわからない方からのリクエストは、管理人の神野先生の方から確認させていただくためのメッセージが届きますので、どうぞメッセージの受信を見逃さないようお願いいたします。確認でき次第、メンバー登録させていただきます♪ どうぞお気軽にご参加くださいね。

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 12:35|Permalink

2018年01月25日

発達障碍ピアノレッスン情報交換会・池上

今月の『発達障碍ピアノレッスン情報交換会・池上』で、広汎性発達障碍で多動な男の子の年少から小学2年生現在までのアプローチを、動画を使ってお話しさせていただく予定です。音の並び、手の形、音の高低、読譜、リズム譜などのアプローチ方法や教具の紹介をたっくさんします。   

1回挑戦してくれればラッキーで、「できなさそう」「難しそう」「わからない」という不安感から、こちらが提案することをなかなかやってくれず、他のことをやりたがったり(レッスンとは関係なく思えるようなこと)、どうレッスンを進めたらよいかわからない生徒さんで悩まれている方の参考にしていただける話になるだろうと思います。この子に使用してきた教具も持参していきますね!

その後は、いつもの通り2、3のグループに分かれてのフリートークです。それぞれが抱える悩みを打ち明け合い、みんなでアイデアを出し合いましょう♪ 単発のご参加も大歓迎です。ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加くださいね♪   

日時   1月30日(火)10:00〜12:00
場所   スター楽器蝓|咯絅曄璽
      東京都大田区 東急池上線池上駅徒歩1分です♪
参加費  初回のみネームプレート代40円

《お申込みはスター楽器池上店まで》
03-3755-2131 ikegami@stargakki.com

詳細はこちらをご覧ください
http://hattatsu-piano.blog.jp/archives/cat_122278.html  


【当日の内容】当日に向けて以下の内容をパワーポイントで作成中♪

2013.12

年少

1

クリスマス会初の人前演奏 
人前で楽しく弾ければ
OK

2014.5

年中

写真

クレーン現象

2015.2

年中

ワード

頭が疲れることへの対応(手紙)

2015.11

年長

22

1年半後も続くクレーン現象

アビニョンの橋(私が弾いていた箇所は自由に)

2015.11

年長

115

音の階段(音の並び)

2015.11

年長

1

音の階段(下降と強弱)

2015.11

年長

115

発想豊かで自由なたいこ

音の階段をやろうと思ったが、頭を使い過ぎて疲れてしまった様子。こういうときは無理やりやらせようとはせず、この子のやりたいことに付き合うようにしている。もちろん、レッスンに関係のあることに限る。

曲の終わりはこの子の合図(この子の要求による)

2015.11

年長

2

言葉遊び(音の高低) 

2本指で弾くのは難しいのでなるべくならやりたくないため、別のことをやろうと私に提案してくる。この子の発想に付き合いつつ途中から音の階段へ移行

赤青のシールとウッドブロック、鍵盤シートによるアプローチ方法 トランスフォーマーなど本人が単語を決め、音の高低を自分から探るようになった

2015.11

年長

1分半

即興(強弱、模倣)

5本指どころか2本指で弾くのも疲れてしまうが、本心は弾きたくてたまらない。即興はそのストレスを発散してくれる。

途中から私が表現の提案として、いろんなことをしているが、その模倣を始めた。音の強弱はこの子の合図でつけている。

2016.6

1

写真

第九アプローチ1〜2

1枚の用紙にすべて載せると、目も頭も情報量に追いついていけなくなり、イライラとやりたがらなくなってしまうが、4文字程度なら「できそう!」という気持ちになり、取り組んでもらえる。

2016.6

1

写真

五線タックシールアプローチ(1)

線⇒間の順番をやってみせる⇒難しかったので⇒

線上だけ線間だけ(「刺さってる!」で理解

2016.6

1

写真

五線タックシールアプローチ(2)

宿題で作ってきてくれたものを私がト音記号やヘ音記号で歌ってあげる

2016.6

1

30

ホームコンサート(1本指)

2016.7

1

45

自宅にて即興(手の形、腕の脱力)

2016.9

1

1分半

ウッドブロック(音の高低)

この子の音を私がピアノで真似

2017.2

2

1

動物指輪(指の独立、指番号)

2017.7

2

1

ホームコンサート(字幕スーパー付)

2017.7

2

写真

ゴジラの譜面写真

左右を色分け、指番号付、
1枚の用紙による提示でOK

2017.7

2

写真

チェックシート

非可逆的な音の並び「ドシラ」をゴジラと同じだ!ということで、この曲を弾くことになった

2017.7

2

写真

練習の説明

1回でできないとイライラしたり怒り出したり、家では悔しくて泣いたりしていたので

2017.8

2

3分半

リズムで作曲(動画内で説明)

2017.8

2

7分半

手の形のアプローチ方法(動画内で説明)

2017.10

2

2

2段の音の階段(ムジカ付録)

2017.11

2

4分半

楽譜を書く

リズム譜を作る⇒音をつける⇒楽譜にする

音符カードをヒントに

2017.12

2

1

ママと連弾「あひるのこ」

転調(本人がドから弾き始めたので)

嫌がっていた連弾ができるように(自分が弾く以外の音がすると混乱するため)

2018.1

2

40

ほたるこい

歌詞と同じノリで弾きたがった

スタッカートの説明⇒自分で楽譜に書き込む



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 17:38|Permalink

2017年04月11日

発達障碍ピアノレッスンの具体的なレッスンアプローチについては・・・

コミックエッセイ『発達障害でもピアノが弾けますか?』を読み、
具体的なアプローチが書かれていなくて、
あまり参考にならないという感想を持たれる方がいらっしゃるようなので、
その件についての投稿をと思いました。

コミックエッセイは、
「発達障害児にも趣味を」という主旨で、
音楽をよく知らない方にも楽しく読んでいただけることを目指した本なので、
詳細な試行錯誤、アプローチについては、サラッと描かれています。

実際、その詳細を伝えようと思ったら、
漫画では無理なんですよね。
1つのアプローチには、
さまざまな思考錯誤と意味、
指導における視点があるからです。

コミックエッセイを読み、
もっと具体的なアプローチを知りたいと思ってくださった方には、
『あきらめないで!ピアノ・レッスン
〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜』を
ご一読いただけたら幸いです♪


【この本の目次】

序章 お教室に発達障害の子がやってきた

   「うちの子、発達障害児なのですがレッスンしていただけないでしょうか?」
   「お月謝をいただいている以上、レッスンらしいレッスンがしたい」
   「レッスンらしいレッスンとは、目的がはっきりしているということ」

第1章 その子の個性を知ろう

幼児の世界

 (1)自己中心性と中心化
 (2)アニミズム

自閉症スペクトラムの子

(1)具体的に伝える
   _箸任領習方法を伝える
   ▲譽奪好鵑慮通しが立つ
   H表会のための練習を説明する
   げ士未鮨値化する
   ァ閥饌療!はすべての生徒さんに通じること

(2)視覚に訴える
   ‘虻遒畔源による説明
   音の長さを視覚化する
   レッスンそのものを視覚で説明する
   っ躇佞鯊イ靴燭た搬琉媼韻鮖覲个冒覆┐

(3)新しいことへの不安を取り除く
   _箸涼罎魄篤發垢
   ¬詰のない新しい要素の取り入れ方
   H表会の準備
   い教室お引っ越しの準備

(4)完璧主義な子へのアプローチ
   〆能蕕ら完璧に弾けないとイライラする子
   間違えるのを極度に恐れる子
   4岼磴い鮖愿Δ気譴襪肇ぅ薀ぅ蕕垢觧
   ご岼磴┐襪肇ぅ薀ぅ蕕垢觧

(5)こだわりの強い子へのアプローチ
   〇間に固執する子
   曲に執着する子
   重度の知的障害を持った子のこだわり
   た靴靴ぅ櫂献轡腑鵑鮗け入れられない子
   ジ納垢防佞合う

(6)多動の子へのアプローチ

(7)感覚異常のある子への理解
   ゞ貅蠅焚擦ある子
   靴下が嫌いな子
   触られるのが苦手な子

(8)睡眠異常がある子への理解 

(9)おかしくない状況で笑う子への理解

知的障害の子
 (1)がんばりたいのにがんばれない子
 (2)理解力と精神年齢がアンバランスな子
 (3)ダメ!が通じない子


第2章 その子の理解力を知ろう

言葉が通じますか?

(1)発語がなく、こちらの言っていることが伝わらない子
   .團▲里亡靴譴襦複泳椹悗罵靴屐
   属音を利用する(1本指で遊ぶ)
   4蔽韻淵螢坤爐伐擦魴茲瓩特討(1本指で弾く)
   ぅ疋譽澆亡靴譴A(1本指で弾く)
   ゥ疋譽澆亡靴譴B(1本指で弾く)
   ξ昭蠅巴討(両手とも1本指で弾く)
   Ч鍵に慣れる(2・3・4指をのばす)
   ┌海弔旅鍵で演奏する(2・3・4指で弾く)
   親指を使う(1・2・3・4指で弾く)

(2)発語がある、もしくは、発語は少ないがこちらの言っていることが伝わっている子

文字が読めますか?

2つの黒鍵と3つの黒鍵の区別がつきますか?

(1)区別がつかない
(2)区別がつく
   々鍵把握へのアプローチ
   ◆屮疋譽漾廖屮侫.愁薀掘彷聴へのアプローチ
   それぞれの音名と鍵盤一致へのアプローチ
   ね諭垢淵櫂献轡腑鵑悗離▲廛蹇璽

リズム譜が読めますか?

(1)リズム教具によるリズム譜導入
   _刺笋猟垢気鮓た目で把握する
   拍子の基本音符を変身させる
   これから取り組む楽曲のリズムを読み取る
(2)リズム譜は読めるのに、5線譜に書かれた音符のリズムがわからない子
   
指番号を覚えられますか?

(1)指番号による指の運動
   〇愴峭罎隼悗琉戝
   ∋愴峭罎鰺用した指の運動
(2)指番号の読譜
   ヽ敝茲暴颪れた数字に気づいてもらう
   楽譜に書かれた指番号を読み取ってもらう

線上と線間の区別がつきますか?

(1)区別がつかない
   _悉猗
   ▲譽奪好鵑修裡
   レッスンその2
(2)区別がつく
   _擦粒段を書く
   見本の音符と見比べる
   3敝茲慮廚隆を利用する
   
音の長さを理解できますか?

(1)理解できているが、鍵盤上で音を伸ばせない子
(2)理解できているが、テンポが安定しない子


第3章 その子の身体能力を知ろう

幼児の身体発達の順番

それぞれの身体能力に応じたアプローチ方法

(1)握力がない

(2)指が弱い ○○ちゃん、なぁに(2音間スラーの指の形)
   。泳椶困弔了悗鮹辰┐
   ■臆惨屮譽ートのために指を鍛える

(3)指が思うとおりに動かない
   〇悗某┐譴道惻┐垢
   ∋悗某┐譴困忙惻┐垢

(4)それぞれの部位への意識が弱い
   〇慇茲飽媼韻いかない
   ▲撻瀬襪鯑Г爐箸かとへ意識がいかない

(5)手首が下がる
   /道悗龍化
   ⊃道悗離灰鵐肇蹇璽
   “つま先”という声かけ
   ぞ指の強化とコントロール
   コ擽米發任亮茲蠢箸

(6)鍵盤から指が離れない

(7)スタカートができない
   仝鞍廚ら指を離す
   ⊆蠎鵑鮟斉陲砲垢

(8)“右は繋げて左は切れる”ができない
   〆犬鮹討ながら、右メロディを歌う
   体で覚える

(9)両手ユニゾンで混乱してしまう
   _仕てゲームで即時反応を養う:レヴェル1
   音当てゲームで即時反応を養う:レヴェル2


お教室Q&A

 適度なレッスン時間は何分?
 お月謝の設定は他の生徒さんと同じがよい?
 発達障害児にピアノ指導している先生が情報交換し合える場はある?
 発表会にどうやって参加させたらよい?
 左手と右手の混乱を防ぐ方法はある?
 単調な練習を飽きさせないコツは?
 障害とわがままの区別がつかないとき、どうけじめをつける?




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  




emksan at 20:55|PermalinkTrackBack(0)