美術

2007年11月12日

フィラデルフィア美術展〜印象派と20世紀の美術〜

久々に美術展へ行ってきました♪
bijyutsuten1.bmp見ごたえ充分すぎるほどの美術展でしたヨ!

これは、モネの「ポプラ並木」。
水面に映ったポプラがいいんですよね〜。
こういう絵は1,2メートル離れて見たいっ!!
そこにいる人たちみんなが、
1,2メートル離れて見る・・・なんて決まりでもあれば、
のぉんびり楽しめたと思うんですが。

・・・そんなわきゃないですね。(^_^;)
ということで、
人と人の間に隙間を見つけながら遠くから眺めた次第。
本当はもっとゆっくり水面を眺めていたかったのですが・・・。
もうちっと背が高けりゃなぁ〜。
こういうとき、背の低い人は損ですねぇ。とほほっ

bijyutsuten2これまた有名な絵でしょう?
ルノワールの描く少女は本当に愛らしい!!
ルノワールって磁器に描かれた絵のようは肌感を、
絵画で目指していたんですって。
それを聞いて以来、
ルノワールの絵を見ると肌をじぃ〜っと見ちゃう私。

この少女の肌も、
まるで磁器に描かれた人の肌のように
真っ白でなめらかぁ〜な質感でした。
でね、髪の毛がふわっふわなんですよね〜。
思わず触ってみたくなっちゃうような髪です。

ルノワールの人物画には2種類あるように思うんですヨ。
この絵のように、ただただ美しいor愛らしいと思う人物画と、
絵の中に描かれた人に内在する何かを感じる人物画と。
私はその人物から何かを感じるような肖像画が好きなのですが、
ルノワール夫人の肖像は、
生き生きとした前向きな活力がみなぎっていて、とても魅力的な絵でした。

そして20世紀の絵画。
こういう世界が苦手な私・・・。
あんまり良さがわかんないんですヨ。(_ _;)
とはいえ、めちゃくちゃ惹かれて何度も何度も眺め回した作品がありました。

コンスタンティン・ブランクーシという人の「接吻」という彫刻です。
アフリカ美術に影響を受けた作品だそうです。
シンプルだからこそ伝わってくるものっていうのが、ここにはあるんですよね〜。

なんかね、ジーンとしちゃったんですよ。
このシンプルな作品の中に、真実の愛が詰まっているんです。
ずっとずっと見ていたい。
見ていると幸せな気持ちになれる。
そんな作品でした。

それから、キュビズム。
これの良さがいまいちわからない素人な私。
だからピカソのすっごい絵が目の前にあるのに、
なにやらよくわからずに通り過ぎてしまう。(^_^;)

そんな私の足を止めた作品がありました。
デュシャンという人が描いた「チェス・プレイヤーの肖像」という絵です。
2人の人物が何手も先を読みながら、
相手はどう出てくるか?自分はどう打つか?と
頭をフル回転させているのが伝わってくる絵なんです。

デュシャンはプロ並のチェスを打つ人だったそうです。
実際にチェスができ、何手も先を読める人でなければ描けない絵。
そんな絵でした。

シュルレアリスムもよくわからんちんな私ですが、
音声ガイドを聴きながら”なるほど〜”と楽しめた絵がありました。
ジョルジュ・デ・キリコ「占い師の報酬」
という絵です。

絵の中に”音”を感じるんです。
目の前に現実にはありそうもない静かな景色。
時が止まっているかのような広場の向こうに、
汽車が走り抜けていくのが見えます。

この絵を見ていると、
自分の頬に太陽の暑い日差しを感じ、
シーンとした音のない広場に自分が立っているような、
そんな錯覚に陥ります。
そして、遠くの方から汽笛の音が聞こえてくるんです。
この”音”の感覚に懐かしさを覚えたんですよね〜。

ずっとこの広場に立っていたいと、
美術館の中の喧騒を、一瞬忘れさせてくれた絵でした。

こういう美術展へ行くと、
一度回ったはずの絵をもう一度戻って見に行きたくなる、
そんな絵に出会います。
そして、私はそういう絵が好きみたい。
ずっとずっと自分の手元に置いて、
コーヒーでも飲みながら眺め続けたいと思う絵。
時間を忘れさせてくれる作品。

今回の美術展では、
コローの「テルニの山羊飼い」という絵やモネの「ポプラ並木」、
ブランクーシの「接吻」やキリコの「占い師の報酬」が、
その場でずっとずっと眺め続けたいと思う作品でした。

フィラデルフィア美術展



ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【美術館/本---Amazon.co.jp
アメリカにわたった仏教美術―フィラデルフィア美術館を中心に
印象派から20世紀名画に隠れた謎を解く!―フィラデルフィア美術館の至宝から
見えない敵ー伝染病―フィラデルフィア美術館所蔵の版画24点による (1985年)
東京美術館案内―名画から現代アートまで比べてわかりやすい東京の美術館徹底ガイド本 (エイムック 1351 東京生活別冊)
ニューヨーク美術案内 (光文社新書)
パリ オルセー美術館 (別冊太陽)
東京の美術館・博物館選りすぐり200を歩く (「月刊旬なテーマ」別冊)
西洋美術館
ルーヴル美術館 (別冊太陽)
ルーヴル美術館の歴史 (「知の再発見」双書)
全国美術館ガイド (美術ガイド)


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 14:18|PermalinkTrackBack(0)

2007年09月16日

インカ・マヤ・アステカ展

国立科学博物館で9月24日まで開催されている、
インカ・マヤ・アステカ展へ行ってきました。
NHKスペシャル「失われた文明」と連動している企画です。

NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ DVD BOX

インカ文明展などは、ちょこちょこ見に行く機会があったのですが、
マヤとアステカの歴史をこの目で見るのは初めてのこと。
すごく新鮮でした。

マヤなどは、いつも本で見たりテレビで見たりしている、
あの独特な線で描かれた絵や彫り物。
すごくエキゾチックで、心弾かれるその曲線と模様、絵柄が、
自分の目の前にあるという興奮!
本当は手で触りたいのに触れないもどかしさ。
目で見るだけだと、どうも実感が湧かない。
目の前にあるのに!!!不思議なものですね。

ところで、今回一番新鮮だったのはアステカの展示です。
死の神ミクトランテクートリワシの戦士像は驚きでした。
私の背の丈より大きい今まで目にしたことのない世界。
写真では伝わらない圧倒的なインパクトがあります。

aztec1

展示の順番が、マヤ→アステカ→インカだったのですが、
アステカの後にインカがあってよかった!と心底思わされました。
アステカで展示が終わってたら、
たぶんすっごく暗い重たぁ〜い気持ちで出口を出ることになったでしょう。
アステカからインカ文明展に入ったとき、
なんだかすっごくホッとしました。

どちらの文明にも人身供養はあります。
でも、アステカのそれはあまりにむごい。
行き過ぎた新興宗教が巨大国家になったような・・・。
そんなグロテスクなおぞましさがあります。

しかし、インカにはそれがない。
人身供養はそれ自体とてもむごいものですが、
インカのそれにはそんな中にも人の心を感じるのです。
私はインカのミイラ文化にとても惹かれます。
エジプトのそれとは全く趣の違う世界。

ミイラの髪や洋服の手入れを普段からしてあげ、
食事を与え、ミイラとともに過ごします。
スペイン人はその内容を知ろうともせず、
ミイラを破壊し尽くしました。
なんと残酷な!と思わされます。
愛する人のミイラを破壊された当時の人々は、
どんなに心を引き裂かれる思いがしたことでしょう。

今回展示されていた親子のミイラは、
とても穏やかな面持ちでした。
こうやって未来に人々の目にさらされるとは思いもしなかったでしょうし、
それは気の毒な気もしますが、
それを目の当たりにした私は、なんだかとても暖かな気持ちになったのでした。

今月24日までの展示です。
とぉっても混んでいるので、
思った以上に見るのに時間がかかります。
私は2時頃入館して、5時直前に見終わりました。
平日だったらもっとラクに見られたのかも。


上野にある美術館全体に言えることなのですが、
  混んでいそうな展示会のチケットは、
  JR公園口のチケット売り場で購入することをお勧めしますヨ。
  チケットを持って会場に行った方が早いですから。



ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


【マヤ・アステカ・インカ文明/DVD---Amazon.co.jp
失われた文明 空から見たインカ・マヤ・アステカ ~悠久の古代文明紀行~
NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ 密林が生んだ二千年の王国
NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ マチュピチュ 天空に続く道
NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ アンデス ミイラと生きる
失われた文明(8) マヤ 神聖なる王家の血
四大文明 第五集「地球文明からのメッセージ 謎のマヤ・アンデス〈エピローグ〉」
失われた文明(9) インカ アンデスの興亡


【マヤ・アステカ・インカ文明/本---Amazon.co.jp
古代メソアメリカ文明――マヤ・テオティワカン・アステカ (講談社選書メチエ)
アステカ・マヤ・インカ文明事典 (「知」のビジュアル百科 36)
アステカ王国―文明の死と再生 (「知の再発見」双書)
図説 アステカ文明
驚異の世界史 黄金帝国の謎―インカ・アステカ・マヤ
コルテス征略誌―「アステカ王国」の滅亡
沈黙の古代遺跡 マヤ・インカ文明の謎 (講談社プラスアルファ文庫)
マヤ文明を掘る―コパン王国の物語 (NHKブックス 1086) (NHKブックス 1086)
マヤ文明―失われた都市を求めて (「知の再発見」双書 (07))


楽天楽譜ランキング  楽天クラシックCDランキング  Amazonトップセラークラシック




emksan at 16:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年02月21日

ドラリオン(シルク・ド・ソレイユ)

今日はレッスンをお休みして、
半年くらい前から楽しみにしていたドラリオンを観に行ってきました。
この記事のブログカテゴリは「美術」。
シルク・ド・ソレイユは、舞台そのものがアートだから。

やっぱりイイ!!
アレグリア以来、毎回楽しみにしている公演。
今回は、自然がテーマでした。
水、空、火、土。
太鼓とマリンバ(木琴)による楽曲もよかったな〜。
シルク・ド・ソレイユは毎回バンドによる生演奏なのです。

それにしても進化してる!!
新しい技術を取り入れることで可能になった、
驚きや感動というものがあるんですね〜。
毎回驚かされ続けてきた舞台装置ですが、
今回はさらにバージョンアップしていたように思います。

胸にじぃ〜んときたのは、第2部の始まり。
真ん中の丸い舞台に沿って丸いシルクスクリーンが下ろされています。
真っ赤な照明の中、美しい影がゆっくりとうごめくのです。
シルク・ド・ソレイユ独特の、あの美しくしなやかな動きが影で表現されます。
音楽も幻想的で、ずっと見ていたかった!

それから感動したのが、シングル・ハンド・バランシング。
細い棒が床から突き出ていて、
その棒に全身を支えている片腕を載せ、
考えられないようなポーズをするという演目です。
これまで何度か目にしてきた種目ですが、
今回のようにしなやかで安定した動きのバランシングは初めて。
少女が演じているのですが、こりゃ天才だ!・・・です。

普通、片腕で全身を支えるので、
腕がプルプルしているのが見えるのですが、
この子にはそれがないんです。
しかも、動きが驚くほどしなやか!
あまりの美しさに見惚れてしまいます。
その子の世界に惹き込まれる。
すごい表現力でした。

また、初めて見た演目も。
ジャグリングなんですけどね。
今まで見てきたジャグリングとは違う。
最初は新体操系なのか、はたまたジャグリングなのか?
わからずに見てたんです。

それくらい体の動きがしなやかで派手。
そういう激しい動きの中で、ジャグリングをするんです。
ここまでボールを使いこなす人を見たのは初めて。
体と一体化してる。
すごすぎです。

シルク・ド・ソレイユの公演は、
毎回演目が少し入れ替わるので、
今回見られなかった演目も。
気になる演目もあるんですよね〜。
見てみたいっ!!

あぁ、ラスベガスに行きたいなぁ!!
ラスベガスでしか見られないシルク・ド・ソレイユの公演があるのです。
シンクロナイズド・スイミングが取り入れられた特別の舞台装置。
「O(オー)」という舞台があるのです。

シルク・ド・ソレイユの公演は、
毎回行くたびに日記に書いてご紹介していますが、
ほんっと、お勧めですヨ。
ただ、スポーツ的な意味合いだけでサーカスを楽しむ人は、
「なんか違う・・・」と思うかもしれません。

音楽、衣装、舞台、演目、すべてが一体化となった作品なので、
一つ一つの演目も流れるように進んでいきます。
最初から最後までが1つの舞台なのです。
彼らの動きは、しなやかで人間というアートなんですよね。
だから、美しい動きにすごいこだわりがある。
そこにはスポーツを超えた、芸を超えた、アートがあるんです。

ということで、アートを楽しむ、舞台を楽しむ、
そういうのが好きな人に向いている舞台かなぁと思います。

ラスベガス行きたいよ〜〜〜!!!!


♪ランキングに参加してます。クリックで応援してね♪
banner_03 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

リストの本や楽譜がたくさん!


【ベートーヴェン/本】
ベートーヴェンの生涯
ベートーヴェン〈不滅の恋人〉の探究 決定版
ベートーヴェン事典
DVDブック 歓喜!ベートーヴェンを楽しもう
ベートーベン―「楽聖」と呼ばれた大作曲家
ベートーベン―生きる喜びと情熱を作曲した大音楽家
ベートーベン―古典派音楽を完成したドイツの作曲家
ベートーベン―マンガ音楽家ストーリー〈3〉
「楽聖」ベートーヴェンの誕生―近代国家がもとめた音楽
ベートーヴェン大事典
ベートーヴェンへの旅
ゲーテとベートーヴェン―巨匠たちの知られざる友情
ベートーヴェン―音楽の哲学
西洋音楽演奏史論序説―ベートーヴェン ピアノ・ソナタの演奏史研究
漱石が聴いたベートーヴェン―音楽に魅せられた文豪たち



emksan at 21:56|PermalinkTrackBack(0)

2006年11月10日

和紙人形

祖母は盆石だけではなく、
和紙人形も作っていました。

wasiningyou-1wasiningyou-2



のっぺらぼうですけど・・・。
今はいろんな和紙人形があるみたいで、
お鼻の形がしっかりしている人形もあるようですネ。

これ、針金や綿を使って形を整え、
着物を着せていくんですヨ。
髪も和紙です。
鉛筆にグルグル黒い和紙を巻いて、
ぎゅぅ〜〜〜っと押して縮めるんです。
そうすると和紙がシワシワになって髪の質感になるんですよね。

私が好きだったのは、たくさんの和紙が入った祖母の棚
いろぉんな着物の柄があるんです。
例えばこんな感じ。

機械友禅紙 松竹梅にうさぎ 7459 機械友禅紙 金魚 水色 6763 機械友禅紙 紺地に金の青海波 大 528
機械友禅紙 黒地に矢と鶴 機械友禅紙 干支いのしし 8 機械友禅紙 松竹梅にうさぎ 7459

祖母はとってもセンスがよくて、
私はしぼりちりめんの柄が好きでした。

和紙人形のテーマにはいろんなものがあります。
能をテーマにお面をした人形とかね。
怖いんだけど迫力があり、好きだったんですよね〜。
このHPにいろんなテーマの和紙人形がアップされてます。

この和紙人形、盆石のときと同様に「小物」が楽しい!
かんざし、鞠、かざぐるま、凧、扇子、刀、鼓、・・・。
藤の花も好きだったな〜。
市販されていないものも多いので、
祖母はこういった小物まで手作りしてました。

和紙人形は江戸時代の光景が
とても生き生きと表現されていて楽しいですヨ。

・・・・・ちなみに、和紙人形にはこぉんな大作もあります。
・・・・・
江戸時代の芝居小屋中西京子作)

♪毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪  ミューズ美術館へ行く
banner_03にほんブログ村 美術ブログへ 


【和紙人形】
かんたん、かわいい 和紙のお人形
はじめて創る和紙人形
野村了子 創作和紙人形
和紙人形を創る
観 平家―和紙人形による平家物語の世界
能姿和紙人形―上田英子作品集
和紙で作る人形―日本のわらべと西洋の子供達
和紙夢幻―阿部夫美子人形集
和紙人形日本結髪278種 (1977年)
人形愛哀―きふじ早苗和紙人形作品集 (1981年)
和紙人形―江戸風俗 (1973年)
歌舞伎風俗和紙人形 (1974年)




emksan at 11:54|PermalinkTrackBack(0)

2006年11月01日

盆石

いつも西洋のお話ばかりなので、
今日は趣向を変えて、日本文化のひとつ盆石のコト。

黒塗りのお盆に白い砂で絵を描く盆石。

bonseki

細かい砂から大粒の石まで。
鳥の羽を使って描くんです。
祖母が羽をす〜っと動かすと波が生まれる。
・・・・・私にも出来そう!と思って真似してやると、
・・・・・ヨレヨレの足跡ができるだけです。(_ _;)


山々の尾根や海のしぶき、滝、流れゆく雲・・・。
自然のあらゆる風景がお盆の上に描かれます。
立体感があるのも盆石のいいところかなぁ〜。

カラフルな盆石もありますが、
私は黒と白のコントラストが好き。

細川流盆石

例えば上記HPのコレ
ちっちゃなお家や人がいるでしょう?
こういうのを祖母は集めていたんですよね〜。
もみじの木、かやぶき屋根のお家。
釣りをする人とか。鳥居とか。
子どもの頃、こういうのを見るのが大好きでした。

今度はココ

盆石ができるまで。
羽ですすすぃ〜〜っと。
器用なもんです。
この砂(石)、お片づけするときはふるいにかけて、
石の大きさごとに片付けられるんですヨ。

もう1つ私が好きだったのは、大きな石
小さな写真しか載っていませんでしたがココの作品をば。
こういった様々な形の石を使って、
断崖絶壁
岩にぶつかりしぶきをあげる波
岩に囲まれた滝のある風景が描かれます。

祖母は船を漕ぐ人の人形も持っていて、
断崖絶壁に囲まれた川を下る船の風景なども描いていました。

石からいろんな風景が見えてくる。
私は祖母の集めた様々な石を見るのが大好きでした。

日本人のこういう感性、好きだなぁ〜。
久々に盆石展を見に行きたくなっちゃった。

♪毎日ひとポチッ よろしくお願いします♪  ミューズ美術館へ行く
banner_03にほんブログ村 美術ブログへ 


【盆石/本】
細川流盆石―家元勝野友禧子,家元嗣勝野功子作品集第二編 (1974年)
細川流盆石 (1980年)
細川流盆石―家元勝野友禧子作品集 (1975年)
藤井雪峰先生のこと―明治期・盆石細川流の先達 (1979年)

【日本の伝統文化/本】
すぐわかる日本の伝統文様―名品で楽しむ文様の文化
日本の伝統工具  日本の伝統文化・芸能事典
和のこころ―日本伝統芸術へのいざない
和文化―日本の伝統を体感するQA事典
ザ・伝統芸能―歌舞伎・文楽・能・狂言・大衆芸能の入門書
伝統文化の心―歳時・習俗に学ぶ  日本の藍―染織の美と伝統
日本の心―文化・伝統と現代  日本庭園の伝統施設―鑑賞と技法の基礎知識
日本の伝統文化を生かした音楽の指導


11月の飛び石連休

emksan at 11:42|PermalinkTrackBack(0)

2006年10月14日

ベルギー王立美術館展

国立西洋美術館の展覧会。
今まであまり気にかけていなかったベルギー。
フランドルといえば音楽にとっても身近な地域なのに、
今までずっとノーチェックでした。(_ _;)
私好みの雰囲気で、はまってしまいそうです。

ここでも動物画を見ることができました。
ヤン・フェイトの「鳥と七面鳥」
迫力満点!躍動感緊張感があります。
今にも激しい羽音と甲高い鳴き声が聞こえてきそう。
やっぱりいいなぁ動物画、と再確認。

また、オウムのいる静物画もありました。
このオウム、ブラジルから来ていたそうで・・・。
西洋人は1500年にブラジルを知ったのですね。
この絵が描かれたのは1636年
この頃にはあらゆるものが西洋に持ち込まれ、
貴族たちはこぞって収集したのでしょうね。

・・・・・・今回はいなかったけれど、
・・・・・・サルのいる静物画もあるんですよね〜。
・・・・・・サルはどこから来たんだろう?インドかな?

フランドルの静物画を見ると本当に面白い。
時代がとてもよく反映されていて。
大航海を経て東インド会社設立。
植民地化が進み、今まで見たことのない文化が西洋に入ってくる。
中国の磁器が描かれていたりもするんです。
東洋の磁器は貴族に大人気。
その半透明の白く薄い磁器の製作法を必死で研究、
1710年にマイセンドレスデンに磁器工房)が設立されたのでした。

心癒されたのが、16,17世紀風景素描の空間。
スケッチっていいですね〜。無駄がない。
インクとペンだけで、どうしてこんなに奥行きのある絵が描けるんでしょ。
スケッチで感じる光と影も好き。
部屋に飾るなら油絵よりスケッチがいいな。

Khnopff

これは、クノップフの「シューマンを聴きながら」
面白いのは写真のような「焦点」を感じること。
中央女性の右手に焦点が当てられ、
背景がぼやけているんです。
シューマンの楽曲を聴きながら、
自分だけの世界に入り込んでいる女性。
私には女性が泣いているようにも、
苦しんでいるようにも見えました。
一体この女性は何を思いシューマンを聴いているのか・・・。

ヨーロッパ旅行するなら、
メジャーな国よりベルギーの方がいいかも。

↓ランキングに参加中。ポチッとよろしくお願いします♪   ミューズ美術館へ行く
banner_03にほんブログ村 美術ブログへ 


【フランドル絵画】
フランドルの祭壇画 個の礼讃―ルネサンス期フランドルの肖像画
名画への旅(13) 豊かなるフランドル フランドルの美術―カンパンからブリューゲルまで
フィレンツェ文化とフランドル文化の交流

【ベルギー】
ルネ・マグリット 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕
ベルギービールという芸術 旅の指さし会話帳 (66) ベルギー ここ以外のどこかへ!
オランダ・ベルギー・ルクセンブルク―海外自由旅行の道具箱
ヨーロッパの世界遺産〈2〉フランス・イギリス・ベルギー・アイルランド
ペーテル・パウル・ルーベンス―絵画と政治の間で
オランダ・ベルギー絵画紀行―昔日の巨匠たち〈上〉
ベルギー南部ロマン紀行―ワロンの小さな町と古城・グルメの旅
ベルギー・フランダース―中世ヨーロッパ史の縮図




emksan at 22:20|PermalinkTrackBack(0)