障碍&幼児

2017年09月12日

自閉症リョウくんの「よっしゃ!」

発達障害でもピアノが弾けますか? に登場する自閉症のリョウくん。小学高学年くらいから思春期に揺さぶられ、自傷行為がみられるようになりました。18歳くらいからレッスンでの自傷行為は見られなくなったものの、体をのけぞるように大きく痙攣させイスに足をぶつけたり・・・。 高校を卒業してしばらくの間は新しい環境に慣れるのに大変だったようで、不調な日々が続きました。
  
ところが、ここ半年変わってきたのですよ♪ これまでにも「落ち着きたい」という気持ちの表れはあったものの、願うだけで能動的なものではありませんでした。「落ち着く?落ち着いたほうがいい?」と私に言いながら、どんどん深みにはまっていくのがパターン。深みにはまる前に、深呼吸や落ち着くツールとなっているドラえもんの漫画を勧めることで落ち着けるようにはなりましたが、「落ち着くぞ」と自分で自分に働きかけることはできずにいたのです。それがこの半年、「気持ちを落ち着けよう」と自分に言い聞かせるようになり、声掛けしなくても深呼吸するようになりました。

そして今日。「よっしゃ!」という掛け声がリョウくんの口から飛び出しました。気持ちを落ち着けるツールとなっているドラえもんの漫画を、普段より長めに読む必要があったほど不調だったにもかかわらず、「こんな気持ちに負けてたまるか!」という気合のこもった「よっしゃ!」という掛け声でピアノに向かったのです。 ものすごい集中力で思ったように弾けたリョウくんは、腕でガッツポーズしながら達成感にあふれる声で、再び「よっしゃ!」と言いました。

毎日通っているH園の人が、リョウくんが前向きになれる声掛けをしてくれているのだろうと感じています。自己肯定感を高め、「やるぞ!」と気合を入れて取り組める、そんな環境を作ってくれているのでしょう。そして、成人を迎えた今、揺さぶられ続けてきた思春期から抜け出しつつあるのかもしれません。

今日FBにシェアした東田直樹さんのインタビューで最初の問いを読んだとき、真っ先に思い浮かんだのがリョウくんでした。リョウくんは聞いていないようで聞いている。そして、わかっている。リョウくんを1人の人間として尊重し、自己肯定感を高めてくれる環境が、H園にはきっとあるのでしょう。

柔道選手が自分の頬や胸のあたりを叩いて気合を入れる感じの「よっしゃ!」という掛け声。かっこよかった!


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 20:01|Permalink

2017年09月07日

発達障碍ピアノレッスン勉強会開催のお知らせ

9月21日、東京都大田区で開かれる勉強会のお知らせです。池上駅徒歩1分のところにあるスター楽器主催で、私や楽器店所属講師、地域の先生が運営している勉強会です。単発のご参加も大歓迎♪

池上駅へは山手線と都営浅草線が接続する五反田駅から20分程度、蒲田駅からだと4分程度です。スター楽器さんのご厚意で、なんと場所代は無料。そのため参加費はなく、初めてご参加の方のみネームプレート代の40円をいただいています。


9月21日(木)10時〜12時
場所 スター楽器池上店 池上ホール
お申込み 03−3755−2131 担当:佐藤
参加費 初回のみネームプレート代40円

 
スター楽器地図


今回はプロジェクターを用いて、自閉スペクトラム症で鉄オタクな子のレッスン風景動画を、40分ほどかけて、じっくりとI先生がご紹介くださいます。また、前回好評だったあるある話。こういう生徒さんいるよね、という共感の時間で、前回は「トイレに行きたがる子」がテーマとなりましたが、今回は「音に敏感」がテーマです。

その後の1時間は自由に語り合う談話の時間で、前回は普通学級に通うグレーや軽度の子のレッスンについて語り合うグループと、支援学級に通う子を中心に幅広く語り合うグループに分かれました。どのようにグループ分けするかは、当日みなさんのご意見を伺った上で決めています。

勉強会後は、自由参加でランチ会♪ ここでの話がかなり盛り上がるんです。特に、悩まれている方はどうぞお気軽にご参加ください。私に声をかけていただければ、ご相談に応じることもできます。

上下関係や派閥といった面倒なことが一切なく、同じピアノ指導者として平等な立ち位置で語り合える勉強会です。悩んだときはお互い様。誰もが心地よく過ごせる場を目指しています。

詳細は以下のチラシをご覧ください。参加人数に限りがありますので、ご希望の方はどうぞお早目にお申込みくださいね♪
http://musestown.livedoor.biz/benkyoukai4.pdf

また、このたび横浜分科会が発足しました。こちらはカワイ楽器横浜店主催の勉強会で、10月13日に開催します。近々チラシをブログにご紹介できたらと思いますので、池上が遠い方は、ぜひ横浜の分科会にご参加くださいね♪

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 15:07|Permalink

2017年06月28日

発達障碍児が普通に習い事できる社会の実現を

『あきらめないで!ピアノ・レッスン
〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ』
(ヤマハミュージックメディア)を出版したとき、
今までの私には力不足でできなかったことが
実現できるかもしれないと思いました。   

出版以前の10年間くらいでしょうか。
発達障碍への理解を広めたいと、ホームページに「ひまわりの丘」という
発達障碍ピアノレッスンに関するページを設けて発信し続けてきました。   
この10年で強く感じたのは、発達障碍児には音楽好きな子が多いため、
ピアノを習わせたいと願う親御さんが多いにも関わらず、
受け入れてくれるピアノ教室がほとんどない、ということでした。   

療育を受けたいという方もなかにはいらっしゃいますが、
その多くは趣味として
ピアノが子どもの人生の支えになってくれたならと思われていました。
しかし、当時は「発達障碍の専門知識がないから」と
断られるケースが多かったんですよね。

以来、発達障碍児が定型発達児と同じように習い事ができ、
趣味が持てる社会になったならと願うようになりました。   
そこで、「ひまわりの丘」に発達障碍児を受け入れている
ピアノ教室のリンク集を作成。
当時は数えるほどしかありませんでしたが、今ではずいぶん増えました。
ここから出会いがあったというご報告が数多く寄せられ、
そのたびに多くの親御さんたちに、
このリンク集が必要とされているのだと嬉しく思っています。   

この10年間に、多くのピアノの先生や親御さんから相談が寄せられましたが、
そこにあったのは発達障碍への理解のなさではなく、
お互いの立場がわからないという、すれ違いによる誤解でした。
『あきらめないで!ピアノ・レッスン』の冒頭、
ピアノの先生と親御さんに向けて書いた文章には、
そういった誤解をなくしたいという願いが込められています。   

出版後は、「発達障碍児がピアノ教室を
探さなくてよくなる社会の実現」を目指そうと心に決め、
FBなどを通じて発信し続けてきました。
私が願っているのは、
発達障碍専門のピアノ教室を増やそうというのではなく、
世間一般のピアノ教室に、発達障碍児が普通に通える社会を実現させることです。   

そのため、私の発信は発達障碍に限定することなく、
私自身の音楽追求、定型発達児や
大人の生徒さんのレッスンについても投稿しています。
(ブログは更新が大変なので、ほとんどの投稿はFBです)   

今ではこのスタンスに共鳴してくださり、
一緒に広めていこうと自ら発信してくださる仲間がいます。
FB非公開グループ『発達障碍ピアノレッスン』を開設してからは、
その広まるスピードが早まり、
とうとう楽器店が動いてくれるまでになりました。
これは本当に嬉しかった! 
大手楽器店の理解が深まらなければ、
発達障碍児がピアノ教室を探さなくてよくなる社会の実現は
ないと考えていたからです。   

最近では、各地域の先生方が運営する勉強会が発足し始めています。
「発達障碍児からの問い合わせを断りたくない」というのが、
多くのピアノ指導者の本音ではないでしょうか。
しかし、何もわからず、手探りでは教える自信がない。
そのせいで断るしかなくなってしまう。   
そんなとき、身近に支えになってくれる仲間がいて、
欲しいと思う情報が手に入りやすければ、
前向きに発達障碍児を受け入れられることでしょう。

今は京浜地区(東京)、千葉地区、広島地区にしか勉強会がないため、
京浜地区の勉強会には山形や栃木からの参加者がいるほどですが、
今後FBグループを通して地域の先生方がつながることで、
各地に勉強会が発足していくだろうと思います。  
   
社会は変えられる!
発達障碍児がピアノ教室を探さなくてよくなる社会の実現に向けて、
志を同じくする仲間たちとともに「響き合い」を大切に歩んでいけたならと思います。


【広島地区】

広島勉強会では現在11名の先生方と集まりあい、発達障害について、発達障害児・者へのピアノレッスンについて学びあっております。メンバーは、広島市、安芸郡、福山市、呉市、三原市、東広島市、安芸高田市などから長年音楽療法士として活動しておられる先生、当事者の親でもあり発達障害ピアノレッスンをされている先生方を始め、個人ピアノ講師など経験の深い方、まだ浅い方、これからの受け入れに備えたいと思われている先生方などが集まられています。

会場はメンバーのお一人の先生のお教室をお借りし、顔を合わせてのとてもあたたかな雰囲気の会ですので、初めましての先生、参加どうしようか…と迷われている先生もぜひ安心してご参加ください。

 〜問い合わせ先〜
なないろピアノスタジオ 石橋 ふみよ 090-2005-4864



【千葉地区】

島村楽器コルトンプラザ店を母体とした勉強会です。第1回勉強会は28名の先生方が集まりました。毎回参加しなければならないわけではなく、参加したいときに参加していただき、必要を感じていないときは参加しないなど、その時々に応じて気軽に活用していただける勉強会です。

楽器店所属のピアノ指導者も、楽器店と繋がりのある先生も、フェイスブックグループに関係あるピアノ指導者もそうでないピアノ指導者も、分け隔てなく参加できる勉強会です。ご経験のない方でもお気軽にご参加いただけます。

第3回勉強会日程決定!9月11日(月) 
参加費200円
 

〜問い合わせ先〜
島村楽器市川コルトンプラザ店  047-320-4590 


【東京京浜地区】

スター楽器を母体とした勉強会です。私、スター楽器専務と営業マン、スター楽器所属講師、レスナーの6名で運営しています。毎回参加しなければならないわけではなく、参加したいときに参加していただき、必要を感じていないときは参加しないなど、その時々に応じて気軽に活用していただける勉強会です。

お子さんが当事者という先生も複数名いるため、さまざまな経験談を伺うことができます。ご経験のない方もどうぞお気軽にご参加ください。また、池上駅は遠いという方のために溝の口分科会があり、横浜桜木町にも分科会を立ち上げる予定でいます。

次回勉強会日程決定!9月21日(木) 
参加費初回のみネームプレート代40円
 

〜問い合わせ先〜
スター楽器 03-3755-2131(担当:佐藤)   ikegami@stargakki.com



【FB非公開グループ】

FBには『発達障碍ピアノレッスン』という、ピアノ指導者・楽器店関係者限定のグループがあります。詳細は、以下のチラシをご覧ください。(現在、参加者744名)
http://musestown.livedoor.biz/fbchirashiver2.pdf


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 13:16|PermalinkTrackBack(0)

2017年06月23日

発達障碍ピアノレッスン勉強会

昨日の発達障碍ピアノレッスン勉強会、ものすごく充実しました。
運営メンバー一同、みなさんに自分の会と思っていただき、
自由に発言していただけるよう、
これまでの反省点をもとに、改善の努力をしているのですが、
それが実った回だったように思います。   

前半1時間は動画、教材、教具、アプローチ例の紹介。
後半1時間はグレーゾーンの子と、
発達障碍全般の2グループに分かれての談話会でした。
談話会は、悩み事のある先生中心に話を進めていくので、
相談会といった感じです。   

グループ分けしたのもよかったようです。
グレーゾーンの子など、普通学級に通う生徒さんで、
親御さんとのコミュニケーションも含め、
悩まれている先生は多いんですよね。
ここに焦点を当てた談話グループが必要なのだと、
改めて思わされました。   

次回も、グレーゾーンの子中心の談話がよいという人が、
半数近くいた場合は、
このようなグループ分けにしようと運営メンバーで話しています。

次回の日程は、9月21日木曜日。
どうぞお気軽にご参加くださいね♪


◆日時      9月21日(木)
◆場所     スター楽器(株)池上ホール   03-3755-2131 担当:佐藤
◆お申込み  FAX  03-3755-2129  メール  ikegami@stargakki.com
◆参加費   初回のみネームプレート代40円
◆主催     発達障碍ピアノレッスン京浜地区

詳しくはチラシをご覧ください。
http://musestown.livedoor.biz/benkyoukai4.pdf


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 16:18|PermalinkTrackBack(0)

2017年06月13日

生徒さんの興味を惹く

広汎性発達障碍で多動な小学2年生男児。
知的障碍は伴っておらず、通常学級に通っています。
音の並びの可逆性への取り組みを、
鍵盤把握への理解とともに2年ほど続けてきました。

知らないことへの不安感が強いため、
教えようとすると拒否してきたり、
多動が激しくなったり、
頑張り過ぎるとトイレに行きたくなったり、という子です。

幼児期はわからないことにちょっとでも挑戦すると、
「頭が痛いんだ」と言っていました。
これは嘘ではなく、本当に頭が痛くなるんですよね。
それくらい集中力を要するということなのだと解釈しています。
小学2年生になった今では、そういうことがなくなりました。
物事を理解するのに必要な概念が以前よりわかり、
理解しやすくなってきたからだろうと思います。

半年ほど前から、これなら読譜に挑戦できそうだと、
このブログ記事右サイドバーに置いている、
無料読譜教材「図形の把握」を始めました。
ト音記号のドレミは楽勝。
ヘ音記号のドレで壁に当たりました。

このとき、壁を乗り越えてもらえたアプローチを、
こちらにご紹介しようと思います。

この子は、全体像を見せてから、
小さなステップでアプローチするほうが、
理解してくれることが多いので、
まずは、次の写真のように五線譜にシールを貼っていきました。
 ※理想的なのは、五線の幅に合ったもう少し大きなシールですが、
  このときはまだ用意できていなかったので、この大きさのシールになりました。

五線譜シール1


アプローチ直後のこの子の様子から、
まったく理解できずに拒否反応が現れそうだったので、
線上→線間と順番にシールを貼るアプローチは、
時期尚早だと判断し、


「線と線の間にシールを貼ったり〜
ほら、こんな風に線の上にシールを貼ったり〜」



と自由さをアピールすることに。


「ぼくも貼る!」


この子は興味のあることであれば、
多動がなくなり夢中になってくれます。
また、この前の週に音符を書くところを見せたばかりで、
音符への興味が芽生えてきていたところでした。
次の写真は、このときこの子が貼ってくれたものです。


五線譜シール2

左側の上行していく音符が最初に貼ってくれたもの。
線間の音ばかりだったので、
 

「線の上にも貼ってみたら?」


と声掛けしたところ、
言葉の意味が通じていない様子。
「上」というのはとても漠然とした言葉ですね。
下イラストも「線の上」と言えるわけですから、
線間の音符を思い浮かべてしまっても仕方ありません。

線の上


「ほら、シールの真ん中に線がきているでしょう?」

「あ〜!ズキュ〜ン!いたぁい!突き刺さってる!」

「そうそう、突き刺さっている音符だよ♪」



このやりとりで、一気に理解が深まりました。
その後、上写真の右側上行音符を貼ってくれました。
ここには線上の音符がたくさん並んでいますね。
線上と線間を自らの選択で貼れるようになりました。

シールを貼っただけでは、
それ以上の理解には至りにくいため、
この子が貼ってくれたシールを読んであげることにしました。


「ト音記号で読んでもらいたい? それともヘ音記号?」


同じ位置に置かれた音符でも、
ト音記号とヘ音記号では読み方が異なるということを、
この段階でわかっていてもらうと、
混乱をきたすことなく、今後の読譜アプローチが進められるからです。

自分が作った楽譜を、先生が音名をつけて歌ってくれる。
これはとっても楽しいワクワクすること♪


「おうちでもシールを貼ってきてね!
Kくんが作った楽譜を先生が歌ってあげるよ♪」



次の写真は、この翌週に持ってきてくれた楽譜です。


五線譜シール3


この楽譜を見たとき、
これでひとつ壁を越えられるかも!と思いました。
前週のレッスンでは、
最初に全体像を把握させようと上行でシールを貼ってみせました。
しかし、実際の楽譜は上行だけではありませんよね。

発達障碍の子に限らず、幼児においても、
音の並びの可逆性が育まれていないうちは、
楽譜を左から右に読んだとき、
音の並びも逆行せずに、
ドレミファソラシ〜と順番に進むと思い込んでしまうものです。

ここに鍵盤が伴っていたらなおさら!
楽譜は左から右に読むにもかかわらず、
鍵盤上の動きは右から左(高音から低音)だったりするのですから。
この子は特に、この点で混乱するタイプの子。
そのため、この楽譜を私が音名をつけて歌ってあげることで、
理解を深めてもらえると思いました。

この点については、
この1年ほど様々な角度からアプローチしてきているのですが、
まだ反射的な理解には至っていないのが現状です。
もしかしたら、このアプローチが最終的なものになり、
これまで混乱しがちだったことが、完全な理解に至るかもしれません。


「ト音記号で歌う? ヘ音記号で歌う?」


この子は、その両方で歌ってもらいたがりました。
理解したいという欲求があるんですね。
理解するのに必要なパズルのピースがすべて揃ったら、
昨日まであんなに悩んでいたのに、
どうして突然できるようになったの? という時がくるはず。

発達障碍の子が理解に至る道筋は、
定型発達の子とは違うところがあります。
そのため、まるで魔法がかかったかのように、
今までさっぱりだったことが、突然できるようになったりするんですね。

でも、これは突然なことではなく、
着々と脳内で育まれてきたことなのだと感じます。
脳内で理解に必要なピースを集め、必死で組み合わせているようです。
すべてのピースがピタッとはまると、
私たちには突然できるようになったように見えるんですね。

FB非公開グループ『発達障碍ピアノレッスン』では、
現在733名のピアノ指導者&楽器店関係者が集い、
今日私がブログ記事にしたような、
ピアノレッスンにおける様々な投稿がされています。
お勧めの教材、ヒットしたアプローチ、
親御さんとのコミュニケーションなど、その話題は多岐に渡っているうえ、
コメント欄はお互いへの思いやりで満たされています。

一人で悩まれている先生、
どうぞお気軽にご参加ください。
https://www.facebook.com/groups/458864134300478/

また、顔の見えないところでのやりとりが不安な方には、
下記のような勉強会があります。
講師が一方的に話すセミナーとは違う、
双方向性のある交流を大切にした勉強会です。

私にご質問のある方は、
どうぞお気軽に勉強会で声をかけてくださいね。
また、この勉強会では毎回ランチ会をしています。
私も毎回参加しているので、
人前では相談しづらいという方は直接私までご相談ください♪


《東京京浜地区 発達障碍ピアノレッスン勉強会日程》     

日時 6月22日(木)10時〜
場所 スター楽器池上店(東京都大田区)
参加費 初回参加者のみネームプレート代の40円
お申込み ikegami@stargakki.com 
お問い合わせ 03-3755-2131 担当:佐藤   
※必ず『発達障碍ピアノレッスン勉強会』と件名にご記入ください。
※参加者全員へメールを配信しています。 メールが届かない場合はお電話ください。

http://musestown.livedoor.biz/benkyoukai3.pdf


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 13:50|PermalinkTrackBack(0)

2017年06月02日

レッスン風景動画はわかりやすい♪

大人の生徒さんのレッスン。
第2回発達障碍ピアノレッスン勉強会に参加してくださった
発達障碍児へのレッスンは未経験のピアノ指導者なのですが、
動画がとてもよかったとのことでした。   

この方は、発表会で私の生徒さんを何度も見てきていますが、
発表会の様子と実際のレッスンでの様子はかなり違うものなので、
やはりレッスン風景動画があるとわかりやすいみたい♪ 

第3回でレッスン風景動画をご紹介くださる
お二人の先生が決まりました。
それぞれ20分ずつ説明付きで動画をご紹介くださいます。
    
グレーや軽度で普通級に通う生徒さん、
重い障碍を持つ生徒さん、
発達障碍児レッスンの経験者と未経験者とでは
必要な情報が異なっていることがありますが、
この勉強会は、いらした方々に応じた柔軟な勉強会を目指しています。  

第3回から参加者に未経験者が多い場合は、
動画や談話時間前に、
テーマに沿った経験談を語り合う時間を設けることになりました。
たとえば、感覚過敏などですね。
経験者による体験談は、未経験の方にとって
立体的に障碍を理解するよい機会になるのではないでしょうか。    

また、今回の談話時間は、

・普通級に通う生徒さん
・支援級や支援学校に通う生徒さん

と、対象を2つに分けてグループを作るつもりです。
ご自身が必要としている、
もしくは興味のある方のグループに参加していただけたらと思います。   
もちろん、この日集まったメンバーによるので、
分ける必要性を感じない場合は分けません。
その時々に応じて、柔軟に対応していこうと思います♪

《東京京浜地区 勉強会日程》     

日時 6月22日(木)10時〜
場所 スター楽器池上店(東京都大田区)
参加費 初回参加者のみネームプレート代の40円
お申込み ikegami@stargakki.com 
お問い合わせ 03-3755-2131 担当:佐藤   
※必ず『発達障碍ピアノレッスン勉強会』と件名にご記入ください。
※参加者全員へメールを配信しています。 メールが届かない場合はお電話ください。
http://musestown.livedoor.biz/benkyoukai3.pdf
 

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 13:47|PermalinkTrackBack(0)