その他

2013年08月28日

神童12歳の作家によるスピーチ『大人は子どもから何を学べるか』

アメリカで年に1回、大規模な世界的講演会を開いているTED。
発明家、学者、政治家、作家、映画監督、音楽家etc.
その贅沢な顔ぶれには本当に驚かされます。
会場で聞くには70万円以上かかりますが、
ネット上で動画配信してくれるので、
私たちも手軽に聞くことができます。

これは神童12歳の女の子のスピーチ。
教育の真髄を語っていると感じました。



『生徒だって先生を教えるべきなのです。
大人と子どもの間の教育は、相互的であるべきです。』


まさに!ピアノレッスンは相互的であるべきですよね。
先生からの一方通行ではレッスンは成り立ちません。
生徒の反応があるから、先生はそれに応じた対応ができる。
生徒の反応を無視して、
先生の都合だけでレッスンしても、
生徒さんに先生の声かけは響かないでしょう。

私が出版した本の副題に、
”発達障害児に学ぶ”という言葉がありますが、
それは、この視点がこの本の土台となっていたからです。
私たちピアノ指導者は、
多くのことを生徒さんたちから学んでいるんですよね。




『信頼関係の欠如に大きな原因があります。
人を信頼しないとき、その相手を制限することになります。 』
『歴史が示す通り、管理に不安があるときほど体制は圧政になります。』


何かを生徒さんに伝えたいと思った時、
その根底に生徒さんを信頼するという気持ちがなければ、
上手く伝わらないものなのだと、
私は自閉症スペクトラムの生徒さんたちから教わりました。
制限や制約、管理という教え込みは、
生徒さんを信頼していないから起きることなのかもしれません。




『制限よりもっと悪いのは、
大人たちが子どもの能力を過小評価することです。』


これは障碍あるなしにかかわらずと思います。
障碍があるから・・・と過小評価してしまう。
まだ5歳だから・・・と過小評価してしまう。
子どもの理解力に応じた噛み砕いた説明は、
必ず必要になってくるものですが、
「まだこの子には無理だろう」と、
最初から教えようとしないのは、違うかなと。

このスピーチをした少女の父親は、
4歳のこの子にアリストテレスの本を読み聞かせたそうです。
もちろんそれを理解できたこの子の能力も、
大きく左右しているとは思いますが、
「子どもだからこういう内容はまだ無理」というのではなく、
お父さんが当たり前のように読み聞かせたということが、
とても有意義なことだったのではと思うのです。


ピアノレッスンでいえば、
倍音について知るということ、
ハーモニーについて知るということ、
楽譜からアーティキュレーションを読み込むということ、
カデンツについて知るということ、音色への気づき・・・。

いろんな場面が想定できるのではと思いますが、
子どもの体感による理解は、
大人の比ではなくすばらしいもので、
子どもだからまだ無理だろう・・・というのは、
大人の勝手な都合という気もしてきます。

4歳のこの子は、
アリストテレスの内容全てを
理解できたわけではなかったでしょうが、
その雰囲気を体感し、
体感を通しての理解はあったのではと思います。
それが、その後の知的な理解へと繋がっていったのだろうと。


子どもの能力を理解し、
それに応じたアプローチをするということと、
子どもを過小評価するということは同一ではありません。
子どもを過小評価し、
与える”素材”を子ども向けにするのではなく、
素材はあらゆるものを、
与える”アプローチ方法”を、
それぞれの子どもに合わせるということ。




この少女のスピーチは、
教育の原点と感じました。
「子どもだから」ではなく、子どもを信頼するということ。
子どもを圧政するのではなく、
子どもから多くを学ぼうと思うこと。

このスピーチ、本当にすごいです。
是非聞いてみてください。
以下のURLは、翻訳付きの動画です。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/adora_svitak.html?source=facebook#.UhyHfrSJnn9.facebook


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:40|PermalinkTrackBack(0)

2013年04月01日

人生のおとし物

谷川俊太郎の詩に『かなしみ』という詩があります。


あの青い空の波の音が聞えるあたりに
何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまったらしい



この詩に出会ったのは10代の頃。
中学生だったのか高校生だったのか・・・。
あぁ、これは私のことだ。
そんな強烈な印象がありました。

この詩の題名も覚えておらず、
暗唱していたわけでもなかったのですが、


何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまったらしい



という一節を忘れたことはありませんでした。
そして、拾えるものなら、
いつか拾いたいものだと思い続けてきたのです。

あれから20年以上経ち、
先日『谷川俊太郎詩集』を購入したら、
最初のページにこの詩がありました。
当時この詩を読んで感じた、
自己の喪失感を感じていない私がいました。


あぁ、私は拾うことができたんだ


そんな風に思いました。
10代の頃、家出先で極度のうつに侵され、
半年以上家出先の部屋から出ることができませんでした。
ようやく動けるようになっても、
粉々になった自分のかけらが、
そこらじゅうに散らばっているのを、
茫然と立ち尽くして眺めることしかできませんでした。

粉々になったかけらをひとつひとつ拾い上げ、
以前の自分に近づいたと実感できるようになったのは、
それから10年後のこと。
大検を受けて、音大へ入って、卒業して、ピアノ指導者になって。
喪失感という悲しみを感じながら、
ひとつひとつ拾い上げてきた10年間。
30歳の頃、ある程度拾うことができたのかなと思えました。

しかし、喪失感がなかったわけではありません。
あれだけ粉々になってしまった自己の全てを拾うなんて、
どんなに腕のいい考古学の学者さんにも無理。
一度壊れたものは、完全には元通りにならないのです。

ところが、35歳を過ぎた頃から、
新しい自分の存在に気付き始めました。
あぁ、過去の自分を乗り越えることができたんだ。
そう思えるようになりました。

10年かけて拾い上げてきたバラバラのパーツは、
全てを拾い上げることができたわけではありませんでしたが、
過去以上に輝きを放ち始めていました。
そして、喪失したパーツは、
新しい新鮮なパーツで埋められていることに気づいたのです。

この詩を読んで胸を突かれ、
喪失感からくるかなしみに溺れていた私が嘘のように、
あぁ、この喪失感を乗り越えることができたのだと、
この詩を読みながら喜びを感じている私がいます。

私がおとし物を無事拾い上げることができたのは、
発達障碍の子どもたちとの出会いがあったからと感じています。
彼らの新鮮な感性、素直な心。
私が喪失したものとは、そういうものだったのでしょう。

自己を解放することはとても難しい。
でも、彼らと接していると、
それはそんなに難しいことではなく、
当たり前のことなのだと感じます。

現代社会において、
自己を解放し、
新鮮な感性を素直な心で表出させて生きようと思うと、
孤独と向き合わざる得なくなることがあります。
はたから見ると、そういう人の人生はとても不器用なものに見えるでしょう。

以前は、そんな不器用な私が嫌いでした。
でも、今はそんな不器用な自分に愛着を感じています。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 16:19|PermalinkTrackBack(0)

2011年12月27日

見通しを立てる

私は自分ほど付き合っていくのが難しい人間はいないと思いながら、
思春期以来自分と付き合ってきました。
いやぁ、ほんっと手がかかるんですよ、私って。
その理由と経過については、
2007年のブログ記事「メリハリのある人生」に書いています。
http://musestown.livedoor.biz/archives/51212931.html

こんな風に自分と付き合うのが大変な私ですが、
見通しを立てると、ずいぶんと気持ちがラクになるんです。

先日25日にお教室のクリスマス会が終わりました。
数年前の私は、行事翌日から数日は布団の中から動くことができなかったのですが、
ここ1,2年違うのですよ。
行事もある、支援活動もある、それなのに行事後1日も休めば、
もう動きたくなっている自分がいるのです。

義父と過ごす中で、お教室の行事への見通しだけでなく、
仕事と主婦業の兼ね合いを考えた上での見通しが立てられるようになりました。
また、義父との関係を一番に考えるようになったため、
自分の精神状態の安定を保つための見通しを、
かなり厳しく見積もるようになったのです。

私の場合、見通しを立てるとき超甘く見積もらないと失敗します。
なので、ここでいう厳しく見積もるとは、自分に甘く見積もるという意味です。(笑)
主婦業はどの程度手抜きにするのか、
行事への準備はいつから開始するのかなどなど。
これに加えて今年は支援活動もあるので、
かなり余裕をもって見通しを立てないと、
自分の首を絞めてしまいかねません。

これが成功したせいか、
25日のクリスマス会終了後、昨日一日休んだだけで復活しました。
しかし、最近精神的には大丈夫と思っていても、
体に変調をきたすことがあるので、
今後の見通しは、体のことも考えながら立てなければなりません。
 ・・・・・精神が少し強くなってある程度のことに耐えられるようになると、
    今度はそれが体に出てくるようになるんですね〜。
    自覚していないままにストレスをため込んでいることがあるようで、
    それが体にきてしまうようです。

今日はお正月までの見通しを立てることにしました。
私に与えられた余暇は、残り明日と明後日だけ。
30日には義妹家族がうちへ来てくれます。
私がみんなと楽しい気持ちで過ごすためには、
すべての準備を整えて、
気楽な気持ちでいられる状態を作る必要があるのですヨ。

とはいえ、明日と明後日に目いっぱい予定を詰め込んでしまうと、
30日にはヘトヘトになり兼ねません。
ということで、掃除を分割、料理を分割といった具合に、
1日の中でのんびりする時間をたっくさん設けることのできる方法で、
予定を立てることにしたのでした。

大掃除といっても、普段やらない部分は主人と義父がやってくれているので、
私は普段の掃除に毛が生えた程度のことをすればいいだけです。
お正月の料理の準備は、家族に好評の角煮を作るだけだし。(笑)
その上、お正月の食材のほとんどはもうパルに注文済み♪

今日はトイレと玄関をいつもより念入りに掃除し、カーテンを洗濯しました。
まだ25日の疲れが少し残っているので、今日はこれだけでおしまい。
あとはコーヒーを飲みながらのんびり過ごし、
夕飯の準備をするだけです。

明日は、1,2階の掃除と食材の購入。
気持ちに余裕があれば、角煮をここで作っちゃおうかなと。

明後日は、3階の掃除と、義妹家族が泊まりにくる準備。
お布団とかタオルとかね♪
それから、前日角煮を作っていないようであれば角煮を作る。

たったこれだけ。
普通の主婦に比べたら、なぁんてラクチンな主婦業!ですね。
とても年末の主婦とは思えない。(笑)
しかも、30日の夜はお鍋だし、
31日は彼がお寿司をにぎってくれるので、
私は夕飯の準備などしなくて済むんですヨ♪

いかに自分に甘く見通しを立てることができるか。
私は天才かもしれない。(笑)
実はね、義妹家族とともに過ごす日の夕飯、
ぜぇんぶ見通しが立ってるんですよん。
夕飯のメニューが全て決まっているって、これ重要!
これだけで気持ちがすっごくラクになるので。

明日明後日の予定も、お正月の食事のメニューも、
全部メモ書きして置いてあります。
”先のことを考えなくていい”・・・これが私の精神安定の秘訣なのデス。

ここまで決まったら、
あとは1月4日の1泊2日旅行のことを思い浮かべればいいだけ♪
久々の温泉旅行。自然を満喫できる旅館です。
渓流沿いの旅館で、川床料理が食べられるんです。
掘りごたつに入ってね、ちゃんちゃんこを着て、川床料理を楽しむんですよ。
晴れるといいな〜。

お正月明けには5月と6月に向けて、
見通しを立てる予定です。
5月も連弾、6月も連弾があるので、
曲を仕上げる見通しくらいは立てておきたいな。

正月明けまでの見通しが立った今日は、
とてもすがすがしくて、のびやかで気持ちイイ♪


最近購入したお気に入りお掃除グッズ
http://www.shopjapan.co.jp/prod/MOP1
100℃をこえる高温ドライスチームモップ♪
9800円で買いましたヨ。
掃除していてとっても気持ちがいいです!



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 16:27|PermalinkTrackBack(0)

2011年08月02日

NHKスペシャル 映像の世紀

私の大好きなヒストリーチャンネル。
地上波では流さない歴史映像の宝庫です。
このチャンネルでは夏になると、
第1次世界大戦から第2次世界大戦にかけての
ドキュメンタリーが多く放映されます。

今年の夏。
衝撃を受けたのが「映像の世紀」。
1995年NHKの放送開始70周年記念番組として、
アメリカABCと国際共同制作し放送されたものです。

第1集はワクワクする映像ばかりでした。
1900年初頭の映像。
あのモネの動画が残っていたなんて知りませんでしたヨ。
ルモアーヌもいました。
それからパリ万博の様子も!!

ところが、第2集以降はおぞましい映像ばかり。
第1次世界大戦、日中戦争、ホロコースト、太平洋戦争、原爆。
すべて映像として残されているんです。
ひとつひとつ見るのに勇気がいる。
そんな映像ばかりです。
時々、一時停止ボタンを押して息抜きしないと、
見続けることができない。
苦しくて息ができなくなるほどの映像。

これが現実。
教科書じゃわからない生々しい歴史。
確かに子どもには衝撃が強すぎるかもしれない。
でも、中学生以上の子には是非見てもらいたいとも思うのです。
目をそらしちゃいけない歴史だと思うから。
これ以上おろかなことを繰り返さぬように、
こういう歴史に蓋をしちゃいけないですね。
眼を開いて現実を受け止めなければ。


・ヒストリーチャンネル 映像の世紀 8月の放映
http://www.historychannel.co.jp/search/index.php?keyword=%89f%91%9C%82%CC%90%A2%8BI


NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD]NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD]
アーティスト:加古隆
NHKエンタープライズ(2005-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 12:12|PermalinkTrackBack(0)

2011年04月19日

支援物資を求めています

・原発の放射能で水道水が飲めない、
給水車の水は飲み水として安心して飲めない。
水の支援をお願いします。
http://b.volunteer-platform.org/spn/132

・石巻避難所で自転車を必要としています。
http://b.volunteer-platform.org/spn/133

・福島から埼玉に避難してきました。
車もなく自由が利きません。
アパートを借りて住むことになり、
生活用品、家電全て必要になってしまいました。
http://b.volunteer-platform.org/spn/134

・宮城県石巻・牡鹿半島への自宅避難者の方々へ
物資を運んでいます。食品など支援してください。
http://b.volunteer-platform.org/spn/135

・南三陸町の自宅避難者への支援お願いします。
半壊の2階で暮らしている、小屋で暮らしているなど、
近所で20件ほど、90名います。
http://b.volunteer-platform.org/spn/137

・岩手県沿岸部を支援しています。
携行缶、毛布、ラジオをお願いします。
http://twitforyou.org/register/view.php?id=435

・東松島被災者支援を行っています。
ポットを必要としています。
Amazonの欲しいものリストにアップしています。
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1AS579GIZCGIN

・仮設図書館を被災地に設立します。
1館につき5000冊程度の規模になる予定です。
書籍の支援をお願いいたします。
http://twitforyou.org/register/view.php?id=444


【避難所への支援物資を東北のお店で購入しよう!】

こちらに支援品となりそうなものを売っている東北のネットショップをリンクしています。
http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/touhokushien.html
下着・タッパー・紙皿などを取り扱っているお店を、まだ見つけていません。
東北でネット注文再開したこのような取扱店をご存じでしたらお知らせください。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 15:14|PermalinkTrackBack(0)

2011年03月30日

宮城県:被災した方へ情報一覧(朝日新聞社会ツィートより)

【宮城県:被災した方へ】
 情報元:朝日新聞社会ツィート


災害など非常時の子育てについて、ベネッセが携帯サイト(http://care.shimajiro.co.jp/)とツイッター(@shimajiro_care)で発信しています。0〜6歳児とその親向けで、食事、睡眠のほか、すぐできる遊びなど。それぞれ専門家が監修。


勤め先が休業、廃業した場合、実際に離職していなくても失業給付が受けられます。住所地以外のハローワークでも認定や相談ができます。


千葉県銚子市は、東北各地から300人規模の避難を受け入れると表明しました。同市内では、外国人研修生などが震災で帰国し人材不足になっている水産加工業者もあるそうで、就労支援も検討中とのことです。問い合わせは同市秘書政策課(0479−24−8343)。


3月31日(木)10:00 気仙沼中学校にガチャピン・ムックが来てくれます。 災害のショックを少しでもやわらげることができればと思います。 お近くの方は徒歩でおねがいします。
http://twitpic.com/4erqk5


被災者向けの避難住宅を全国の自治体が用意しています。全国知事会のホームページでは、各都道府県の相談窓口の一覧を公開しています。ご参照ください。http://www.nga.gr.jp/news/2011/post-693.html


全日本ろうあ連盟は、震災にかんする聴覚障がい者関連の情報をまとめたサイトを開いています。携帯サイトはhttp://jfd.or.jp/k/teq/ 、 パソコンからはhttp://www.jfd.or.jp/tohoku-eq2011


大津市のNPO「多文化共生マネージャー全国協議会」は、外国語での電話相談を受け付けています(午前9時〜午後8時)。ポルトガル語080−3486−2768/スペイン語080−3454−7764


大津市のNPO「多文化共生マネージャー全国協議会」は、外国語での電話相談を受け付けています(午前9時〜午後8時)。英語080−3503−9306/中国語080−3691−3641/韓国・朝鮮語080−3598−5837


写真についた汚れの落とし方などについて、富士フィルムがホームページで紹介しています。問い合わせ窓口(03・5786・1712)もあります。ご参照ください。
http://fujifilm.jp/information/articlead_0094.html


あしなが育英会が、震災で保護者が死亡または重度の障害を負った高校生以上の学生に特別奨学一時金を支給する。高校生30万円、大学・専門学校などは40万円。返済不要。専用ダイヤル0120・77・8565 http://d.hatena.ne.jp/ashinagaikueikai/20110314/1300102562


全国里親会(03・3404・2024)は、被災家庭の18歳以下の子どもを、全国約1700世帯の里親家庭で一時的に預かる。


神奈川県が被災地の小中高校生を一定期間同県の家庭で受け入れる「ホームステイ」希望者の募集を始めました。子どもに必要な生活スペースや食事が無料で提供され、近くの学校に通えます。問い合わせは同県企画調整課(045・210・3615)へ。


阪神大震災時に土地問題などに携わった「兵庫県司法書士会」が無料の電話法律相談に応じます。土地・建物の被災、会社・法人関連、相続、労働問題、高齢者・障害者の権利擁護、財産管理など。平日午後1〜4時。フリーダイヤル(0120・319・052)へ。


被災地などで母乳やミルク、育児に悩んでいる人を対象に、日本母乳の会が相談電話(080・3419・2280/2827)を設置。小児科医や助産師が受け付ける。午後1〜6時。土日も実施。


北日本銀行は30日、県立大槌高校と山田町役場の会議室に臨時窓口を開きます。営業は午前10〜午後2時。大船渡市の「サン・リア」入り口の臨時窓口も午前9〜午後3時に開いています。


東北財務局は被災者から預金や融資、証券、保険などに関するトラブルの相談を受け付けています。電話(022・721・7078)は平日午前9〜午後5時45分。盛岡財務事務所(盛岡市内丸)は同午前8時半〜午後5時15分に窓口でも。


銭湯ファンでつくる団体が、東北の被災地各県で現在利用できる入浴施設を独自に電話で調べてウェブサイトで公表しています。
http://sairosha.com/furo/furoikoka/hisaitijoho.htm 重油切れなどの事情で臨時休業している場合もあるので、事前に確認を。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 16:46|PermalinkTrackBack(0)