読書

2012年02月12日

”日本語は映像的である”を音楽に見て

草枕に想起して『湖面に揺らぐ月』を作曲したとき、
ようやく自分が求めていたものに出会えた気がしました。
一体私は音楽に何を求めているのか?
この線上にあるように思えたのです。

昨日本屋へ行きました。
あれこれ本をあさっていたとき、
目の前に『日本語は映像的である』という文字が飛び込んできました。


日本語は映像的である−心理学から見えてくる日本語のしくみ日本語は映像的である−心理学から見えてくる日本語のしくみ
著者:熊谷高幸
新曜社(2011-10-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


西洋の哲学や文学はいくら読んでも馴染まない、
しっくりこないという思いがありました。
客観的に眺めることしかできず、
共感するところまでいかないのです。
でも、草枕は違う。
私の中に何の迷いもなく、すうっと溶け込んできました。

それは西洋音楽についても同じ。
好きな作曲家や好きな曲があり、
様々な曲を演奏しているにもかかわらず、
自分で作りたいと思う曲は違う。
私の呼吸、私の表現は、そこにはないのです。

本屋でこの文字が目に飛び込んできたとき、
これだ!と思いました。
興奮しました。
パラパラとその場で本をめくりました。
きっとそう。答えはここにある。


「日本語の話し手は、
臨場感のある現場的な映像の中に聞き手を連れていく。
このように想像行為を共有するところに日本語の特性があるのである。
それに対して、英語の場合は、発話時点から見て、
この事件はここ、あの事件はあそこ、というように
時間的関係性を表していく。」

「俳句や短歌は、語ったり、論じたりするものではない。
それが求めているものは「共に視る」ことである。
わずかなことばで表された世界を共視することで、
その背景にある景色の広がりや心のひだを共有しようとする。」

「日本語は話し手と聞き手が場を共有することを前提として作られている。
場は点というより面である。
あるいは、面を越えて空気のような立体的な世界
(日本語では、これを「風」ということばで表すことが多い)である。
西洋の言語は、この立体から点や線を抽出して
モデル化した構築物と考えることができるだろう。」


159ページにある、
それぞれの語の視点と文の構成の図は、
とてもわかりやすく、あぁ私は膠着語なのだと実感させられました。
そして、音楽でも膠着語を用いたいのだと感じたのです。

ポリフォニーとホモフォニー。
私にはポリフォニーの音楽の方がしっくりきます。
そして、ポリフォニーの音楽は膠着語なのだなぁと思ったのです。
ホモフォニーは面ではなく点。構築物そのものです。
私はそこに、日本文学にみられるものと同質の
背景にある景色の広がりや心のひだを感じることができなかった。
それがしっくりこない要因だったのでしょう。

ロマン派以降の音楽でも、
ポリフォニーを感じるものが好きです。
たとえば、シューマンのトロイメライのような曲。
このようなポリフォーニーの扱いの楽曲には、
奥行きという立体感を感じるからです。
何故そこに立体を感じるのか?
何故ポリフォニーのない音楽に物足りなさを感じるのか?
答えは”背景”にあったようです。

ミシガン・フィッシュ課題と呼ばれる、
増田貴彦氏の実験の記述。


「水槽の中を泳ぐ三匹の魚の映像を参加者に見せたあとで、
それがどんなものだったかを答えさせるのである。
実験結果は、日本人とアメリカ人のあいだに大きな違いが表れるものになった。
日本人の答えは、「藻などが生えた池のようなところで」と、
まず背景を述べたあとに、三匹の魚に言及するものが主流だった。
ところが、アメリカ人の答えは、「三匹の魚がいて、一匹は大きかった」など、
映像の中心部についての説明が多く、
水草や水生動物などの周辺情報について触れることは少なかったのである。」


周辺から中心に向かう日本語の特性と、
中心から周辺に向かう英語の特性。
日本語の文型は映像中にあるものが列挙され、
次にそれらの関係を表しますが、
それに対し、英語の文型はコンセプト重視。
物事には基本的なコンセプトがあり、
それに目の前の事態を当てはめていくという言語。
私がホモフォニーの楽曲に感じる物足りなさは、ここに通じている気がします。
機能和声の上に単旋律を載せただけでは、奥行きを感じることができない。
私は背景も感じたい。

ところで、私はバッハのポリフォニーより、
ルネサンス音楽のポリフォニーの方がしっくりきます。
バッハの音楽は、私には和声的過ぎるのです。


ルネサンス音楽---バッハ---古典派以降


167ページに共同注視の視点を重視しているか、
普遍的な構造を重視しているかという、
世界の言語の両極的な分布図が載っています。
これをクラシック音楽に置き換えると、
ルネサンス音楽が共同注視の視点重視で、
古典派以降が普遍的な構造重視なのかなと。
そして、その中間にバッハです。

何故同じ西洋の音楽にも関わらず、
ルネサンス音楽には日本語と共通の共同注視の視点を感じるのか?
この本の165ページの「5つの指標からみた世界の16種類の言語」
という表を見てすっきりしました。

ルネサンス期の教会音楽の歌詞はラテン語でした。
ラテン語はこれまで述べてきた視点から見ると、非常に日本語と似ているのです。
共同注視の視点と普遍的構造の間に私が置いたバッハは、
ポリフォニーは使っていますが、
短調・長調という機能和声が発生する音階を使用しています。
しかし、ルネサンス音楽では短調・長調という機能和声を含んだ音階ではなく、
旋法という独特の音階が用いられているのです。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 05:13|PermalinkTrackBack(0)

2012年02月09日

最近話題の長沼毅氏の著書

千原ジュニアが好きで録画していた『ナダールの穴』。
ここにちょくちょく家庭教師としてやってくるのが、
科学界のインディー・ジョーンズ長沼毅氏。
とにかく話が面白い!
何時間でも聞いていたいくらい面白い!

この先生のゼミを受けられる学生さんが
とぉってもうらやましいくらいに面白いんですよ。
でね、今日の長沼毅氏のツィート。
http://twipple.jp/user/NaganumaTakeshi


私の初めての著書『深海生物学への招待』(NHKブックス)が売れなくて、ついに廃刊になるそうです。1996年の本ということで古いし、その後、カラー写真満載の類書が続々出たので、確かに売れる要素はありません。在庫300冊は裁断されると思うと切なくて、自分で買い取る事にしました。

『深海生物学への招待』、アマゾンなどでまだお買い求め頂けるかと思います。最終的な在庫を私が買い取った後、個別にお分けすることもあろうかと思いますが、個人商店ですのでご対応が遅くなるかもしれません、あらかじめお詫びいたします。


深海生物!!
水族館で私が一番ワクワクするのが深海生物のコーナーなんです。
廃刊になった上、長沼氏が買い占めちゃったら手に入らなくなっちゃう。
今のうちに買わなきゃ!と焦り、早速Amazonで購入しました。
私は明日から4連休。ゆっくり読めます♪楽しみっ


深海生物学への招待 (NHKブックス)深海生物学への招待 (NHKブックス)
著者:長沼 毅
日本放送出版協会(1996-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 19:55|PermalinkTrackBack(0)

2012年01月24日

太宰治

20数年振りに太宰治の作品を読み返しました。

・ヴィヨンの妻
・桜桃
・斜陽
・人間失格
・女生徒

人間失格を読んで以来、封印してきた太宰。
自己への罪意識がとても高い太宰の作品は、
罪意識の強かった思春期の私に、
深く入り込むもので、
その世界観から抜けきれなくなってしまう恐怖があったのです。

あれから20数年。
自分を律することを覚え、
自分の精神をコントロールすることを覚え、
必要以上に自分に罪意識を感じることがなくなり、
生きることがそれほど苦痛でなくなった今、
改めて太宰を読む気になったのでした。

私には無償の愛との出会いがありました。
自己への罪意識から逃れるためには、
無償の愛が必要と思います。
太宰には、そういう出会いがなかったのでしょうか。

共に入水自殺を図った山崎富栄は、
確かに太宰を愛していましたが、
はたしてそれを無償の愛と呼べるのか。
自己憐憫、自己陶酔愛ではなかったか。


私は太宰を越えた


思春期を通り過ぎた頃、こう思ったことがありました。
太宰が越えれなかった壁を越えたと感じたからです。
自己憐憫、自己への罪意識、
それから、本当の意味で素直に生きるということが、
建て前と本音の横行する社会では通用しないという、
社会と自分との摩擦。
すべては無償の愛さえ経験すれば解消することと、今なら思えます。

共鳴し、共感し、太宰を自分の内に感じ、内に籠り、
そこから抜け出ることのできなかった私が、
あれから20数年経って、冷静に太宰の作品を読んでいるなんて、
とても不思議な気持ち。

あの繊細な感性が、自分の内から消えてしまったことを悲しむべきなのか、
あの地獄のような苦しみから抜け出たことを喜ぶべきなのか。
芸術家としては悲しむべきことなのかもしれませんが、
私は抜け出られたことに喜びを感じます。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 14:23|PermalinkTrackBack(0)

2011年09月15日

音大に進んでもつぶしがきかない?なんて思っている人にお勧めの1冊

先日出版社の担当の方が家へいらして、
面白い本のゲラをいただいたと、
本を紹介するブログ記事を書きました。
http://musestown.livedoor.biz/archives/51964367.html

実は、もう1冊いただいた本があったのですヨ。
こちらはゲラではなく、もう発売中の本です。
これがね、面白いんだなぁ〜。
ピアノ業界に身を置く人間にとっては、
とてもとってもとぉ〜っても興味深い内容なのではと思います。


音大生のための就職徹底ガイド ~こんなにある、音楽の知識と経験が生かせる仕事~音大生のための就職徹底ガイド ~こんなにある、音楽の知識と経験が生かせる仕事~
著者:新村 昌子
ヤマハミュージックメディア(2011-08-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


音大生のための〜と書かれていますが、
これ、読み物としても充分に楽しめます。
著者の文章が面白いんですヨ。
その上、著者の経歴の面白いことったら。
(人様の経歴を面白いだなんて・・・ゴメンナサイ!)


そもそも私は、
もし音大に合格してもプロの演奏家としてやっていくことは無理だろうし、
どんなレベルであれ演奏を仕事にできるような才能はないな、
と割と早い時期から自分の能力は見切っていました。
さらに漠然とですがなんでもいいからバリバリに
「仕事」がしたいとも思っていました。
そういうわけで、念願の武蔵野音楽大学ピアノ科に入学したものの、
実は入学したときからあまりピアノの練習をしなくなっていました。
大学では、ピアノの練習や授業をサボって図書館で本を読み漁り、
オーディオ室で手当たり次第にレコードを聴きまくる毎日でした。
早稲田大学の多重録音芸術研究会という音楽サークルに入って、
夜中までシンセサイザーをいじりまわしたり、
進研ゼミの小論文添削(通称赤ペン先生)のアルバイトに没頭したりしていました。


ピアノ科にまで進み、かなりの変わり種。(笑)
そんな著者の経歴。

就職活動に熱を入れるも、数十社すべて不採用。

音楽教室の講師

ピアノを教えながら、中途採用試験を受けまくる

日本フィルハーモニー交響楽団事務局にアルバイト待遇で採用される

ポリドール・レコード(現ユニバーサルミュージック)の中途採用試験に合格。
ドイツ・グラモフォン・レーベルを担当し、その後日本人アーティストのディレクターとなる。

結婚退職し、フリーで日本コロムビアなどのレコーディング現場のアシスタント・ディレクターをする。

ネットワークレコード(洋楽系インディーズ・レコード会社)の契約社員となる。

高嶋音楽事務所でマネジメントの仕事を手伝う。
近藤嘉宏さん、青柳晋さん、幸田さと子さん、加羽沢美濃さんなど、
アーティストの活動をサポート。


この経歴に惹かれないわけがないでしょ?
でもね、音楽業界で転職というのは珍しいことではなく、
こんな風に転職を重ねている人は当たり前にいるようです。

ご自身の経験談を交えながら、
クラシック音楽業界についての紹介や、
音大生が狙い目の仕事は何なのか、
就職後に役立つ知識などが語られていきます。
また、業界へのアプローチ方法なんてのも面白かったですヨ♪

この本の有意義なところは、
実際に現場で働いている音楽大学出身の方々のインタビューが載っていること。
いやぁ、すごい経歴の方だらけなんですよぉ〜。
考えてみれば、私の書籍担当の方もそのお1人。
小さな街のピアノ教室だって業界を支える大切な土台ですが、
こういう方々が、日本の音楽界を支えてくださっているんだなぁ、
なんて感慨深いものがありました。

ちなみに、この本で語られている音楽業界の仕事はこんな感じ。


・オーケストラ事務局
・レコード会社
・音楽事務所
・パブリシスト
・ホールスタッフ
・ステージディレクター
・放送局
・出版社
・ピアノ講師
・楽器店販売
・CDショップ
・エンジニア
・写譜


レコード会社や音楽事務所などは、
もっと細分化されて詳しく紹介されています。

第3章の希望の仕事にめぐり合うための自分の磨き方は、
耳が痛いというか、
私もこんな風に自分を磨いていきたいな〜と思えるような内容で、
最後まで面白く楽しく読んだのでした。

音大に行ってどうなるの?
つぶしなんてきかないでしょ。
と心配している親御さんに勧めるのもいいかも。
実際私のお教室で1人、この本を勧めた親御さんがいらっしゃいます。
お父さんに読ませたい!とお母さんが息巻いてました。(笑)



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン

emksan at 20:50|PermalinkTrackBack(0)

2011年07月19日

インカ文明の貴重な記録

2007年に必死で探していた本。
もう諦めていた本。
http://musestown.livedoor.biz/archives/50983852.html
当時のブログ記事。

今日久しぶりに検索してみたら、
中古本が6冊も出ているじゃぁないの!!
当時は1冊しかなくて、
ボッタクリ価格だったのに。(笑)


アンデスの記録者 ワマン・ポマ―インディオが描いた「真実」アンデスの記録者 ワマン・ポマ―インディオが描いた「真実」
著者:染田 秀藤
平凡社(1992-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


これね、貴重な資料なのですよ〜。
インカ人が支配者スペインの国王に宛てた書簡です。
スペイン人はことごとくインカ人の文化を否定し、
ぶちこわしてくれちゃったけれど。(怒)
ワマン・ポマの書簡のお陰で、
当時のインカ人の暮らし振りや歴史がよくわかるのですよ。

この書簡『新しき記録と良き統治』という書簡なのですが、
この本は、これをそのまま翻訳したものではなさそう。
できれば解説など抜きにして、
この書簡をそのまま翻訳した本があればよいのだけれど。
ないんですよねぇ。

でもね。買っちゃった!
だって、ずっとずっと欲しいと思ってた本なんだもの。
必死で探してるときは手に入らなくても、
忘れた頃にこうして出てくるものなんですね〜。
レオンハルトのクラヴィコードリサイタルのCDもそうでした。

嬉しいな〜。
早く読みたいよぉ〜。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 13:06|PermalinkTrackBack(0)

2011年07月18日

今とっても欲しい本

のどから手が出るほど欲しい本。
絶版なので古本を探すしかない。(^-^;
Amazonに出品されているのはボッタクリなので手がでません。


プラトン全集〈12〉ティマイオス・クリティアス
クチコミを見る


ネットで探しまわりましたが、
どうやら4500円程度で手に入るっぽい。
もちろん出ていれば・・・の話。
ネットで探した限り、今出ているのはAmazonのこの1冊のみ。とほほっ
そりゃこの値段付けたくなるよね、デス。
アトランティスについての記述がある本なので、
人気があるんだろうなぁ。
全集、他の巻はあるのに、12巻だけないんだもの。

1巻からのセットで購入しようと思えば、
手に入りやすそうだけれど、
さすがにそこまで読めんですヨ。
私にとって全巻揃えるのは非現実的すぎ。
神田まで行く?
私はすこぶる出不精なので、それも非現実的なのですヨ。(^-^;

時々チェックするしかないんでしょうねぇ。
どなたか持っていらしていらないわ〜という方!
どうぞ譲ってくださいまし。m(__)m


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン



emksan at 15:16|PermalinkTrackBack(0)