読書

2013年07月29日

平野啓一郎『一月物語』

面白かった〜!!!
先程投稿した『日蝕』と一緒に収められていた、
『一月物語』を読みました。

『日蝕』は15世紀のキリスト教世界、
『一月物語』は明治の奈良十津川村。

時代背景も、登場人物も、ストーリーも、
全く異なる設定にも関わらず、
この2つには同じ視点があると感じました。
兄弟のような作品というか・・・。

これはきっと平野氏の思索の興味の現れと思います。
それがまたとても興味深くて、
日本人にとっては共感しやすい部分なのではと思ったり。

ひとつの小説としては、
『一月物語』の方が私の好みでした。
大満足♪
平野啓一郎氏の他の作品も
読んでみたくてたまらなくなっています。
今度は『葬送』かなぁ。

著者の思索の軌跡に興味があるので、
できれば、出版順に読みたいと思っています。
調べてみなきゃっ。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  




emksan at 15:08|PermalinkTrackBack(0)

平野啓一郎『日蝕』

NHK『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』という番組で、
作家平野啓一郎氏を知り、
この人の本が読んでみたい!という衝動に駆られたので、
早速デビュー作(1998年)『日蝕』を読みました。

日蝕・一月物語 (新潮文庫)
日蝕・一月物語 (新潮文庫) [文庫]

私にとってはとても親しみやすい文体。
その世界観をじっくり味わえる文体だったので、
冒頭から一気に惹きこまれました。

この文体や漢字の扱いについては、
賛否両論あるみたいですね〜。
私は15世紀の僧侶が語る文体なのだから、
この文体、漢字の扱いの方がしっくりくると感じました。

冒頭からグイグイ惹きこまれて、
この思索で、一体どこまで連れて行ってくれるんだろう?
と期待しながら読み進め、
途中、まさかこのシーンとキリストのシーンを重ね合わせるなんて、
誰もが思いつく陳腐な発想で終わらせちゃわないよね?と不安に駆られ、
その先の思索を読み、ホッとしたりして・・・。(笑)

NHKの番組で、平野氏はクリスチャンじゃない、
特定の宗教を持っていないと発言していました。
その平野氏がキリスト教の僧侶を通じて、
読者をどういう思想に連れて行ってくれるのか?
それが知りたくて知りたくて、最後までグイグイッと読まされました。

太陽と月、男性と女性、陰と陽、光と影、主観と客観、内と外

最後まで読んでの感想。
とてもとても面白くて、一気に読んでしまったけれど、
もう少しここから先を深めてもらいたかったかな・・・。

それにしても、この本は平野氏が20代に書いた本。
20代にしてこの情報量、思索の深さ、すごすぎです。
一体どんだけ博識なのか。
現代文学から遠のいていた私ですが、
平野氏は全部読んでみたい、と思いました。

平野氏の作品は、作品ごとに文体が変わるようですね。
それぞれの作品のテーマや世界観、キャラクターに応じて、
文体を変えるそうです。
それも面白そう♪

ショパンとドラクロワについて書いた小説があるそうで、
次はそれを読もうかな。
久々の小説、楽しかった〜。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:23|PermalinkTrackBack(0)

2012年10月17日

私に押し寄せる2つの波

私の人生には2つの波があります。
ひとつは発散の波。
ひとつは吸収の波。

毎年子どものための無料演奏会と
お教室の発表会が終わると、
発散の波は収まって、
吸収の波がやってくるのですが、
今年はその後、
研究発表の準備に追われてしまいました。

演奏会も発表会も研究発表もセミナーも、
私にとっては発散です。
言葉を換えるなら発信でしょうか。

研究発表が終わったら、
求めていた吸収の波がやってくるかな、
と期待していたのですが、
そのまえに作曲の波がやってきてしまいました。
作曲は発散の波。

多分、発散の波が長く続いたせいで、
ブレーキがうまくかけられなかったのだと思います。
作曲したくなったのは、その余波。

発散にはエネルギーが必要ですが、
吸収には精神的な余裕が必要です。
長期間に渡ってエネルギーを放出しまくったせいで、
なかなか精神的な余裕が訪れず、
吸収の波が生まれる環境が整わなかったようです。

ここ数日、ようやく吸収の波が訪れてきたのを感じ、
とても嬉しく、また、ホッとしています。
私の人生にとっては、
発散より吸収の方が重要だから。
感性にみずみずしい潤いを!

読書したいという欲求は、
私に吸収の波が訪れたということ。
嬉しくてたまらない!
思いっきりこの波を堪能したい。

朗読は、私にとって表現という発散ではなく、
感じるという吸収です。





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 12:04|PermalinkTrackBack(0)

2012年10月15日

朗読/ヴェルレーヌ『土星の子の歌』より”センチメンタルな散歩”

久々に趣味の朗読。
今回は詩です。

ここのところ読書から離れて過ごしていましたが、
こうしてのんびり読書する時間を持ち、
朗読していると気持ちが落ち着きます。


ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)
ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)
クチコミを見る






クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 14:45|PermalinkTrackBack(0)

2012年05月25日

お勧めの絵本

ピアノ教室の貸出コーナー。
先日ご紹介したヤマハミュージックメディアから出版された、
『メロディ』という絵本に触発されて、
もっと生徒さん達の感性を育む絵本が欲しい!と
絵本を集め始めています。(ちょこっとずつだけど)


メロディ 〜だいすきなわたしのピアノ〜メロディ 〜だいすきなわたしのピアノ〜
著者:くすのき しげのり
ヤマハミュージックメディア(2012-02-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


絵本を探すとき困るのは、
生徒さんのご家庭にすでにあるだろう絵本は除外する、ということ。
でもって、感性を育む・・・という、
私の方針に合っていると思えるものを選ぶこと。
ということで、先日購入した私のお勧め絵本です。


はりねずみのしろ (Powershovel books)はりねずみのしろ (Powershovel books)
著者:大森 秀樹
パワーショベル(2010-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


これはもう一目惚れ!!
書かれている言葉は、1ページあたり3〜5文字程度。
描かれている絵の主体は、
一本の線と一匹の小さなはりねずみだけ。
とても贅沢に紙面を使っている構図。
それがいい。

この無駄をとことん排除した言葉と絵からは、
音が聴こえてくるような気がします。
それは沈黙という音かもしれないし、
風のそよぎかもしれません。

読み終えたあと、じ〜んとする。
大人にも楽しめる味わい深さを感じる絵本です。



あさになったのでまどをあけますよあさになったのでまどをあけますよ
著者:荒井 良二
偕成社(2011-12-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


これも一目惚れした絵本。
文章はすごく短いんです。
いろんな朝の景色。
私は、これら景色の中をあちらこちらと散歩します。

田んぼのあぜ道では、太陽の光を体中に浴び、
丘の上では、向こう側に見える白波の音を感じます。
ポツリポツリと降ってくる雨粒を肌に感じたり、
山のふもとでは朝動き始める人々の息遣いを感じます。
そして、そこに音楽を感じるのです。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


emksan at 16:16|PermalinkTrackBack(0)

2012年05月01日

脳卒中から立ち直った脳科学者の手記「奇跡の脳」


奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)
著者:ジル・ボルト テイラー
新潮社(2012-03-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


先日楽しみにしていた本が届きました。
ある番組でこの著者のスピーチを聞き、感動したので、
即効ネット検索して、見つけた本です。
想像以上に得るところの多い本でした。

左脳で出血した著者は、右脳体験をしています。
脳科学者なので、自分の体験をそのまま
右脳によるものなのか左脳によるものなのか分析し、
左脳を取り戻すまでの道程が細かく描かれています。

この本を読んでいると、
幼児というのは右脳だけで生きているんだなぁと思う。
人間は最初右脳だけが発達していて、
環境や教育によって左脳が発達するのかもしれません。
そしてそれは、発達障碍の子にも共通しているように思えました。

右脳を意識し、右脳を土台として左脳を使いこなす。
これができたら、本当に理想的だなぁと、
読んでいてつくづく思いました。

特に、精神的に不安定に陥りやすい人は、
この本の13章以降がお勧めです。
脳はコントロールできる!
なんて心強い発言!!!
過去や未来に囚われるのは左脳の仕業。
右脳をもっと意識すべし!です。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  Twitter「つぶやく」ボタン


【引き続き・・・】

すみません。
忙しくてメールチェックやらmixiコミュへのレスやら、
ツィッターのレスが滞りがちです。m(__)m

なかなかパソコンに向かう時間が作れなくて、
申し訳ありません。
どうぞご了承ください〜。



emksan at 18:33|PermalinkTrackBack(0)