ZOOM講座

2020年09月11日

栗原希先生のブログ

栗原希先生が、講座Dの感想をブログ記事にしてくださいました♬


ーーー抜粋ーーー

中嶋先生がこれまで、指導してきた生徒さんたちとのやり取りの中で感じたことや考えたことなどから見つけた指導案・指導方針は、多くの先生が悩んでいることだけど生徒さんの年齢的な成長とともに風化されたように思えるようなものを見過ごすことなく、生徒さんのせいにすることなく、向き合ったからこそ見つけたものなのだと思います。
そして中嶋先生のレッスンは、とても細かく、本当に丁寧なレッスンってこういうことだなと勉強になります

line

オンラインレッスンにも対応している栗原先生のお教室情報はこちら




emksan at 16:19|Permalink

2020年08月31日

参加者同士でディスカッション

知っておきたい幼児の特性シリーズ講座D。シリーズなので合わせる顔はいつも同じ。お互いに打ち解けてきて、今日の相談コーナーでは参加者から参加者への質問、参加者の使用教具や教材が出てきて、とても色鮮やかな時間となりました。

今日したようなディスカッションはZOOMならではですね。みなさんご自身のレッスン室で講座を受けているからこそ、教材や教具を出してきてお話ができる。ホストの私はZOOMのスポットライト機能を使用し、みなさんがその方の画面を大きく見られるように配慮。これなら楽譜も見やすい!

F01F6185-CDCD-4BE0-BE2E-96F202E0ABE5

講座Dでは、幼児の特性である中心化や視線の動きの実験についてお話したあと、指導したい焦点を一点に定めるため不必要な情報を省き、その焦点へ幼児の注意を誘導する方法を、指番号の指導を例にお話します。(9月3日にも開催します)

講座D以降はこのことを念頭に置いた上で、さらに様々な具体的アプローチについて話を進めていくことになるのですが、相談コーナーでは、受講者のみなさんが現在使用している教材や教具、アプローチ方法で「まだ不必要な情報はある?これで充分焦点を一点に定めているといえる?」と、自分だけの判断では不安が残るものを見せていただき、幼児を惑わす不必要な情報があるようであれば、それを具体的にお教えする、という内容が増えていくのではないかなと思いました。

(相談コーナーでは、私が使っていない使用教材やアプローチ方法が出てきて、そこにはそこならではの幼児の特性が表出していて、そんなお話を聞くのもとっても楽しい!どんな教具、教材を使ってもいいんですよね。幼児の特性は、教具や教材によって表出の仕方が異なりますが、根本的な視点は同じ!)

そしてさらに、「質問し忘れちゃった!」ことがあれば、参加者のグループLINEに投げかけていただく。これは講座の補足となり、さまざまなケースをみんなで共有できる機会となります。

シリーズならではの進展!1人ひとりのニーズに合わせた柔軟性と、さまざまなケースをみんなで共有するという、私が求めていた講座になってきたのがとても嬉しい!


emksan at 16:04|Permalink

2020年08月27日

講座Dの準備終了

パワポによるスライドショー作成が終わりました。講座の間にスクリーンショットを撮るのは、話に集中できなくなるのでPDFファイルが欲しい、というご要望が多かったので今回からPDFを用意することにしました。

講座終了後はなにかとやらなければならないことが多く、一斉送信する時間がないので、ZOOMのリンク先をお知らせするときに添付しちゃおうかな。

講座D以降は、具体的なアプローチの目白押しとなります。いずれも講座Aと講座Dの幼児の特性を踏まえた上でのアプローチです。

「本を読むだけでは、情報量が多すぎてまとまらず、俯瞰して自分のレッスンが見渡せない」という方のためになる講座を目指しています。

講座Dの詳細はこちら

FullSizeRender



emksan at 13:28|Permalink

2020年08月25日

講座D『指導の焦点を定める』のお知らせ(更新)

※講座AからCについてはこちら


  講座 

《指導の焦点を定める》

話を聞いていない。集中してくれない。やっているそばから今すべきことを忘れる。これらを生徒さんが不真面目だからと思い込んではいませんか?

このシリーズ講座の基本的視点となるため、これに続く講座を参加ご希望の方は、まずは講座Dをご受講ください。

講座Dは、講座Aの幼児の特性を踏まえた上でのお話になるので、ご興味のある方は講座A動画を先に受講してくださいね♬ 講座B、Cは受講していなくても大丈夫です。


【開催方法】ZOOM

【日時】どちらかを選んでください。

831()10時〜

    (講座1時間+質問相談最大1時間)

93()10時〜

    (講座1時間+質問相談最大1時間)

【講座料】3千円

【定員】15

【申込】ブログの講座お問合わせフォームからお申込みください。


73F978F8-3509-40B1-9EB0-2345ED8E5E51

F01F6185-CDCD-4BE0-BE2E-96F202E0ABE5
7D5C5693-2A7E-49E2-8953-721DB746046A
CD71F630-C759-409F-8E83-AEFCD5D2A5CB
A2225130-AD7F-4F31-9C7A-922E4B51E165



emksan at 16:00|Permalink

2020年08月21日

講座Dの準備

ZOOMによるシリーズ講座は、パワーポイントで作成したスライドショーを活用しています。パワポはワードより柔軟性があってラク!ZOOMでスムーズに共有する方法も覚えたので、便利に使っています。

講座Dのテーマは『指導の焦点を一点に定める』。今何を指導したいのか?を導き出し、不必要な情報を省き、ピンポイントのアプローチをするということ。

講座Dに続く講座Eはこの応用編、実践編となるため、講座D以降を受講するには講座Dの受講が必須となります。(講座B、Cを受講していなくても、講座Aさえ受講していれば講座Dは受けられます。)

講座Aの受講は動画をダウンロードしていただくという方法になります。詳細はこちら。

講座Dの日程、お申し込み方法はこちら。

73F978F8-3509-40B1-9EB0-2345ED8E5E51
F01F6185-CDCD-4BE0-BE2E-96F202E0ABE5
7D5C5693-2A7E-49E2-8953-721DB746046A



emksan at 14:58|Permalink

2020年08月20日

リズム譜と五線譜を一致させるアプローチ

シリーズ講座のLINEグループに、鈴木友恵先生がご紹介くださったアプローチです。講座を受けての発案!この講座は根本的なところをやるので、この子にはコレ!とピンポイントのアプローチが発案できるようになるんですよね。目の前の子一人ひとりに応じた臨機応変なレッスン。

リズム譜は読める。カードで1音ずつの音符も読める。それなのに楽曲の五線譜になると読めなくなってしまう生徒さん。このアプローチをすれば即座に「そういうことだったのね!」と目を輝かせてくれることでしょう!

これを発展させて、自分で作ったリズム譜を使って作曲もできますね。適当に五線に音符を置いていくだけで、自分が作ったリズムに音の高低がついていく。そうしたら「弾いてみようよ!」と、どんな音の並びでどんなメロディになったのかを確認。楽譜が身近になり、面倒なものではなくなっていくのではないでしょうか♬ご紹介くださった鈴木先生に感謝です!line
山形県山形市にある鈴木先生のお教室サイトはこちら



line

〜 講座 〜 

なんでも聞きたい!少人数制質問会 
http://musestown.livedoor.biz/archives/52256219.html 
「知っておきたい幼児の特性」シリーズ講座 
http://musestown.livedoor.biz/archives/52249060.html 


〜 書籍 〜




emksan at 18:00|Permalink