発達障碍児レッスン相談

2014年12月08日

発達障碍児相談(6)の方からいただいたその後のご報告

嬉しいご報告♪ 
発達障碍児へのレッスンで相談があると、
みなさんいつも、その後の経過についてご報告くださいます。
それは1,2カ月後かもしれないし、直後かもしれないし、
時期については様々なのですが、
「今はこんな感じです」とご報告くださるのです。
それがとても嬉しくて。 

今日は、『発達障碍児レッスン相談(6)』の方からご報告をいただきました。
アプローチ前の動画と、アプローチ後の動画を見せてくださったのですが、
この短期間にリズムの難しい『ルパン三世』が安定していることにビックリ!
次の文章は、その方からいただいたメッセージの一部です。


先生のいう通り「一定の時間軸」ということが全然分かりませんでした。
有効だったと感じたのは、
先生が大事だと言っていた「1234と指で音符を追う」を、
息子に見せることだったと思います。

ずっと同じ間隔で、
1234の繰り返しだということが、分かるまで繰り返し見せました。
分かっても再現できるようになるのには、
繰り返し、見ること、言うこと、指で追うこと、が必要でした。



この短期間に身につけることができたのは、
アプローチが効果的だったというだけでなく、
お母さんと息子さんが一生懸命取り組んだからこそと思います。
息子さんがこの曲を大好きだったため、頑張れたとのことでした。
「何かおかしい」というのは本人も気づいていること。
それが解消されてスッキリ、
息子さんは気持ちの良い達成感を味わえたのではと感じました。
おかしい、できない・・・でもそれが何故なのかがわからない。
そう思い続けることほど苦しいことはないですよね。

新しい曲は2拍子で16分音符が入ってくるとのこと。
また振り出しに戻り、2拍子の曲がワルツに聴こえるそうです。(笑)
そのため、改めてこのアプローチ方法で取り組んでいるとのこと。
新しい曲に出会うたび、このアプローチで取り組んでいくことが、
とても大切なんですよね。
その積み重ねで、どの楽曲の中でも、
「一定の時間軸」を捉えられるようになってくる。

ちなみに、16分音符は「タタタタ」と唱えると、
タを何回言ったのかわからなくなるので、
(これは定型発達の幼児にも言えることですが)
「タカタカ」もしくは「タトトト」という唱え方がお薦めです。
タトトトよりタカタカの方がわかりやすいかな。

その際、声だけでなく、
必ず一度、音符と読み方が一致するよう、
下図を提示してあげてください。
声だけではなかなか理解してもらえないのではと思います。

16分音符





【相談者募集】

・相談者は匿名記載とします
・発達障碍児かわからないという子の相談も可です
・FBメッセージでやりとりできる方の募集となります

やりとりはFBメッセージとさせていただき、メールでのやりとりは不可とさせてください。メールチェックが2,3日おきになっているということが理由です。 (頻繁に使用しているパソコンではメールチェックができないので・・・。)

みなさんが抱える悩みは、発達障碍児、もしくは発達障碍児かもしれないという生徒さんを抱える、多くの先生方と共通した悩みと思います。悩みやアドバイスを多くの方と共有していくことで、これらのアプローチを誰もが知るようになり、知らない人も知りたいと思ったとき、気軽に当たり前に手に入る情報になったならと願っています。

相談には勇気がいる場合もあるのではと思いますが、ブログでは匿名記載となります。私が「あの相談は誰それからのものだよ」と、第三者に語るということも決してありません。どうぞお気軽にメッセージをください。

私のFBページ
https://www.facebook.com/emikopiano



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 12:54|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年01月13日

もう悩まない!発達障碍児レッスン座談会〜ともに語り合いましょう

3月1日に草津にて座談会を開くことになりました。

発達障碍児へのピアノ指導に悩まれている方々と、
おしゃべりをしながら悩みを共有し、
レッスンのヒントを見つけていただくという、
座談会形式のセミナーです。
そのため、少人数制にさせていただきました。
1回あたり定員15名で、1日に2回開催します。

現在、キャンセル不可能な予定を立てられずにいるのですが、
楽器店さんが参加者のみなさんにキャンセルの可能性があると、
お伝えしたうえで開催してくださるとおっしゃってくださり、
実現したセミナーです。

今のところキャンセルの可能性はかなり低いのですが、
私が伺えなくなった場合は、参加者のみでの座談会となり、
参加費はいただかないとのことです。
楽器店さんのご厚意に本当に感謝です。


2015年3月1日(日)
 12:30〜14:30
 15:00〜17:00
JEUGIA草津A・SQUARE店イベントホール
参加費3000円


【受付開始日】 
2015年1月20日(火)10:00〜
 (1回あたり定員15名 定員に達し次第締め切ります)


【受付TEL】 
077-561-6570

プロフィール写真と本の写真


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:23|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年02月18日

発達障碍児レッスンあるある〜トイレに行きたがる〜

発達障碍への理解を広めたいと願い、
FBにて「発達障碍児レッスンあるある」を投稿してくことにしました。
この投稿は公開投稿なので、
FBをしていない方にもご覧いただけるのではと思います。

今日の投稿は、
『1.トイレに行きたがる』 です。

多分・・・できれば・・・
2日に1回くらいのペースで投稿できたらなぁと思っています。

https://www.facebook.com/emikopiano

※友達は、ピアノ指導者の方に限らせていただいています。
どうぞご了承ください。m(__)m


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 




emksan at 20:46|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年11月02日

発達障碍ピアノレッスン

気づけばブログを1カ月も放置。
最近フェイスブック中心なので、
こちらがおろそかになってしまいます。(^_^;)

FBはコメント欄が充実する上、
投稿もしやすいので、
こちらより内容が深く突っ込んだものになりやすく、
発達障碍児へのピアノレッスンにしても、
定型発達の子へのピアノレッスンにしても、
どうしてもFB中心になってしまうんですよね。

9月下旬、FB内にグループを立ち上げました。
『発達障碍ピアノレッスン』というグループで、
このブログ右サイドバーにもリンクを貼っています。
あっという間に200名を越え、
現在235名のメンバーがいます。

条件はピアノ指導者であること。
非公開のグループです。

FBでは発達障碍児へのレッスンについてのやりとりが、
かなりオープンになってきて、
グループ投稿以外の個人的な投稿にも、
発達障碍児へのピアノレッスンについての投稿が
目立つようになりました。
私が公開投稿している文にも、
みなさん気軽にコメントしてくださいます。

グループ内には、ピアノ指導者であり、
当事者の親御さんでもある方が多くいらっしゃいますし、
音楽療法学会所属の先生方もいらっしゃいます。
知識や経験値の高い先生方がたくさんいらっしゃるので、
相談投稿には、温かで有意義なコメントがすぐにつきます。

グループのルールは、お互いを尊重するということ。
そのため、高圧的なコメントは一切見当たりません。
みなさん、ご自身の経験談をお話くださり、
情報交換し合うという感じです。

投稿欄だけでなく、
コメント欄が充実するというのが、
このグループの特徴です。
そのため、メンバーのみなさんは投稿だけでなく、
それぞれの投稿欄に寄せられるコメントもチェックしているようです。
コメント欄が情報の宝庫となっているんですよね。

私はあくまでも「管理人」という立場でいたいと思っています。
メンバーのみなさんが自由に発言し、
各自のスタンスで誰に気兼ねすることなく、
グループを活用することができるよう、
グループ内の環境を見守り、
整えていくのが私の役割です。

地域ごとの繋がりも生まれてきつつあり、
11月には大阪でオフ会もあります。
私は繋がりが生まれるための手助けはしますが、
常に私が間に入らなければならないという状況には
したくないと考えています。
私なしでも繋がりが生まれ、
繋がりが縦横無尽に広がっていくということが、
このグループの存在意義のひとつだからです。

グループを立ち上げてから、
毎日のように投稿やコメントがあり、
みなさん伸びやかに発言してくださっています。
有意義なイベントをご紹介くださったり、
ご自身のお子さんの成長の記録をご紹介くださったり、
あまり知られていない障碍についてお話くださったり。
オフ会への呼びかけがあったり、相談の投稿があったり。
毎日が充実しています。

このように、FBがあまりに充実しているので、
ブログへの投稿がおろそかになってしまうのですが、
こちらにも時々記事をアップせねば、ですね♪ m(__)m


【最近の私 : FBに投稿していること】

・ヘロドトス『歴史』の再読
・お勧めの書籍
・レッスンでの出来事
・幼児教育家立石先生の投稿へのコメントとシェア

https://www.facebook.com/emikopiano
FBはフォローしていただくことが可能です。
FBのお友達はピアノ指導者の方に限らせていただいています。



line


発達障碍児にピアノを指導している、
指導者仲間が欲しい人のためのコミュニティ。
ピアノ指導者限定の非公開コミュニティです。
ピアノ指導者であれば、
まだ発達障碍の生徒さんがいないという方でも
メンバーになることができます。

メンバーに属していることは公開されますが、
投稿の内容は非公開になります。

誰かがアドバイスする側で、
誰かがアドバイスを受ける側などといった上下関係なしに、
みんな同じ指導者だという平等なスタンス、
いつでも仲間がそこにいて、
何かあったらお互いに仲間に相談し合える、
もしくは「これよかったよ!」とヒットしたアプローチを紹介し合える、
そんなグループを目指しています。


【グループ参加の申請について】

https://www.facebook.com/yuka.kamino

Yuka先生がメンバー申請を受け付けてくださっています。
こちらまでご連絡ください。

もうすでにお友達になっていて、
ピアノ指導者だとわかっている方は、
すぐに登録させていただいているのですが、
そうでない方にはピアノ指導者かどうかの確認のため、
メッセージを差し上げています。

音大卒だということがわかっても、
現在のお仕事がピアノ指導者かどうかわからないような場合は、
念のためメッセージで確認させていただいています。
どうぞご了承ください。


発達障碍ピアノレッスン(指導者限定・非公開)
https://www.facebook.com/groups/458864134300478/?pnref=story


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:31|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年12月17日

FBグループ『発達障碍ピアノレッスン』のチラシ

s-12388311_817909858328198_184423156_n

FBに立ち上げたグループ『発達障碍ピアノレッスン』の
チラシが出来上がりました。
メンバーの先生とその先生の知人であるデザイナーの方が
作ってくださったチラシです。

少しでも多くの悩まれている先生に、
このグループの存在に気づいていただけたならと願って、
作成したチラシです。

このグループは会計が必要となるような
組織立った団体ではないので、
各自が印刷して配るという、
メンバーの善意に甘えさせていただく形となりました。

以下にPDFファイルをリンクさせていただきますので、
ご興味のある方、このグループの存在を広めてくださる方、
印刷して配っていただけたら幸いです。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m


〜 チラシPDFファイル 〜
http://musestown.livedoor.biz/fb.pdf


〜 FBグループ『発達障碍ピアノレッスン』 〜
発達障碍児にピアノを指導している、指導者仲間が欲しい人のためのコミュニティ。ピアノ指導者限定の非公開コミュニティです。ピアノ指導者であれば、まだ発達障碍の生徒さんがいないという方でもメンバーになることができます。メンバーに属していることは公開されますが、投稿の内容は非公開になります。
誰かがアドバイスする側で、誰かがアドバイスを受ける側などといった上下関係なしに、みんな同じ指導者だという平等なスタンス、いつでも仲間がそこにいて、何かあったらお互いに仲間に相談し合える、もしくは「これよかったよ!」とヒットしたアプローチを紹介し合える、そんなグループを目指しています。



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 14:35|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年04月26日

発達障碍レッスンアプローチ情報

先日投稿したものですが、
ネットでセミナーとレッスン風景動画のリンクを
開けない方がいるということがわかりました。
FBをしていない方が見られるようなURLの取得をし、
リンクをする必要があったため、リンクしなおしました。



line


最近出版した『発達障害でもピアノが弾けますか?』をきっかけに、
このブログへ訪れてくださった方も多いのではと思います。
そこで、私がネット上に挙げている、
発達障碍に関するピアノレッスンを、
こちらにまとめて紹介させていただくことにしました。


【 FBグループ『発達障碍ピアノレッスン』 】

ピアノ指導者限定の非公開グループです。
現時点のメンバー数は401名。
ピアノ指導者であれば、
まだ発達障碍の生徒さんがいないという方でもメンバーになれます。
メンバーに属していることは公開されますが、投稿の内容は非公開です。

私はあくまでも管理人なので、
私とFBで繋がっていなくてもお気軽にメンバーリクエストください。
どんなお立場の方も、
発達障碍児へのピアノレッスンに興味がある方であれば大歓迎です。
お互いの立場を越え、メンバー全員が平等な立ち位置で、
純粋に発達障碍児のピアノレッスンについて語り合っています。

【楽器店の方へ】 楽器店の方も紹介があればメンバーになることができます。ただし、メンバーが迷惑に感じるような営業行為はお控ください。苦情が出た場合、メンバー削除やブロックなどの対処をさせていただくことがあります。もちろん発達障碍に関する告知は、どんどんしていただいて構いません♪


【 ブログ右サイドバーにあるリンク 】

このブログ右側に、下のようなリンクを設けています。

無題


〜 セミナー内容詳細:打てば響く3つの視点 〜

今はセミナーは開いていません。
そのため、こちらにその内容をすべて紹介させていただいています。


〜 ネットでセミナー:どんな子にも自在にレッスン 〜

動画によるセミナーです。(無料)

(第1回)その子自身を知ろう
(第2回)心の扉を開く
(第3回)幼児の発展途上な認識力を知る
(第4回)生徒さんの焦点を誘導する
(第5回)時期を見極めてアプローチする
(特別回)ひとつのアプローチに目的はひとつ

 ・・・導入期幼児(定型発達)へのレッスンに焦点をあて、これらをさらに充実させた『知っておきたい幼児の特性』(音楽之友社)を5月に出版します。Amazonの情報は暫定的なもので、この記載より安くなるとのことです。先日1100円に決まったと編集の方から伺いました。


〜 悩んだらネットで相談:発達障碍児レッスン相談 〜

FBメッセージでやりとりした、
レッスン相談を公開しています。(相談者の承諾あり)
現在はFBグループ『発達障碍ピアノレッスン』があるため、
新たな内容は更新していません。


〜 多動な子へのレッスン:レッスンアプローチ例 〜

あきらめないで!ピアノ・レッスン』(ヤマハミュージックメディア)の各章になっている、
『個性を知る』『理解力を知る』『身体能力を知る』という視点で、
私がどのように生徒さんを観察し、レッスン目標を設定しているのか、
広汎性発達障碍で多動な4歳児を例に紹介させていただいています。


〜 レッスン風景の動画 〜

生徒さんのレッスン風景です。
ほとんどカットしていない素のままのレッスンを、
字幕解説付きで紹介させていただいています。

・重度知的障碍げんちゃん その1 その2
・軽度知的障碍なっちゃん その1 その2
・自閉症りつくん


〜 動画付き成長の記録 〜

発表会の動画を用いて、
ひとりひとりの生徒さんの成長の記録を
紹介させていただいています。

・重度知的障碍げんちゃん
 現在23歳。小学4年生から中学3年生までの記録

・軽度知的障碍なっちゃん
 現在23歳。小学4年生から高校2年生までの記録

・広汎性発達障碍SYOTAくん
 現在21歳。小学2年生から20歳までの記録

・自閉症りつくん
 今年高校を卒業。小学2年生から中学1年生までの記録

・自閉症スペクトラムの女の子
 現在高校1年生。年ごとの記録ではありません。
 全体を振り返ってみたものです。


【 ひまわりの丘リンク集 】

発達障碍の方を受け入れているピアノ教室のリンク集。
リンクしてくださる教室を常に募集しています。
http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/himawarinooka.html


【 お知らせ 】

あきらめないで!ピアノ・レッスン』の重版が決まりました。
これで第6版となります。
今回の重版では、mixiコミュニティ紹介部分をFBグループに置き換え、
巻末にFBグループ『発達障碍ピアノレッスン』のチラシを加えています。 


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 15:01|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック