本の出版

2016年05月24日

幼児期のうちに拍子感を

FBに投稿したものの、
これはブログに投稿すべきだったかなと、
こちらにコピーすることにしました。


line


『知っておきたい幼児の特性』(音楽之友社)より 




 ―― 私は導入期の段階から、毎回の楽曲で「拍子打ちと歌詞で歌う」「拍子打ちとドレミで歌う」を徹底させています。弾くことよりこちらの方がずっと大切だと親御さんに説明をし、練習時間がとれないときは、弾くよりも拍子打ちと歌を優先していただくようお願いしています。 ―― 


私は子どもの頃、聴いただけでは
その曲の拍子がわからなかった記憶があります。
もちろん3拍子系なのか2拍子系なのかくらいはわかるのですが、
2拍子と4拍子の違い、3拍子と6拍子の違いを
聴き分けることができなかったのです。

この本に書いたノリの違いを体感できていれば、
演奏にもよるでしょうけれど、
演奏されている楽曲がどういうノリで演奏されているのかを
聴きとることができますし、
自分が演奏する際も意識的にノリを生み出すことができます。 

この本で「どんぐりころころ」を例に挙げたように、
楽曲のキャラクターと拍子って、
切っても切り離せない関係にあるんですよね。

導入期の教材には曲名のある曲が多いですが、
漠然とイメージするだけでは
その楽曲のキャラクターに応じた演奏にはなりにくいものです。
ところが、拍子打ちをしながら歌ってみると、
イメージとその音楽に繋がりが芽生え、
生き生きと表現できるようになるんですよね。

論理的思考が未熟で感覚が優れている幼児期のうちに、
表現を伴った拍子を”体感”しておくこと
(論理的に理解することではなく”体感”)が、
何年後かの瑞々しい演奏に繋がると信じています。

なによりバロック期の拍子と
ロマン派の拍子に私は体感の違いを感じますし、
同じ3拍子でもワルツとマズルカではノリが異なり、
これらは基本の拍子を体感できていなければ、
違いを体感することなどできませんよね。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:39|PermalinkTrackBack(0)

2016年05月08日

知っておきたい幼児の特性(音楽之友社)

今月音楽之友社から出版する予定の本が届きました。


s-DSCF0001


5部も届いてどうしよう?(笑)
とてもかわいらしい表紙になりました。


s-DSCF0002


ムジカノーヴァの連載を本にしたものですが、
大幅に加筆訂正しました。
第4章のスケールの細分化は連載にはなかった内容で、
23のステップに分けたアプローチをご紹介しています。

また、発達心理学者の小野寺敦子先生に、
ピアノを教えるのに役立つ心理学という
コラムを書いていただきました。
ピアノ指導者にとって興味深い内容を、
とてもわかりやすく書いてくださっています♪


s-DSCF0003

s-DSCF0004

s-DSCF0005

s-DSCF0006


下の写真は、第1章の冒頭です。


s-DSCF0007


店頭に並ぶのは10日後くらいではとのお話でした。
Amazonでは予約を開始しています。
こちらでは何故か楽譜扱いになっていますが、
ずいぶん前から訂正依頼をしているらしいので、
そのうち訂正されるのではと思います。

この本が、「なぜ?」と悩み苦しまれている方々を
解き放つ一冊となりますように♪


知っておきたい幼児の特性: ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に
中嶋 恵美子
音楽之友社
2016-05-11



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 22:15|PermalinkTrackBack(0)

2016年03月12日

発達障害でもピアノが弾けますか?(コミックエッセイ)17日発売

今月発売の本が手元に届きました。
これまでA3やA4の用紙に印刷された原稿で
校正してきているので、
こんな風に本として仕上がったのを見ると、
なんだか不思議な気持ちになります。
 

発達障害でもピアノが弾けますか?
中嶋 恵美子
ヤマハミュージックメディア
2016-03-18



発達障碍の生徒さんたちに出会って16年。
その時々の出来事をブログ記事に書きためてきました。
この本は、それらの出来事やレッスンアプローチの試行錯誤を、
かなしろにゃんこ。先生が漫画にしてくださったものです。

教室の仲間全員で共有したい思い出なので、
大人子ども、障碍あるなし関係なく、
全員の生徒さんにプレゼントさせていただくことにしました。

たくさんの方に
愛していただける本になったならと願っています。


s-DSCF0001

s-DSCF0002

s-DSCF0003

s-DSCF0004

s-DSCF0005

s-DSCF0006

s-DSCF0007


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:25|PermalinkTrackBack(0)

2016年02月17日

発達障害でもピアノが弾けますか?(ヤマハミュージックメディア来月出版予定)

来月出版予定のコミックエッセイ。
登場人物紹介ページを写真に撮ってみました。
教室の明るい雰囲気が伝わる漫画になり、
来月の出版がとても楽しみ!


s-DSCF0001

s-DSCF0002


今朝、発達障碍当事者の方に
インタビューさせていただいた
コラムのデザインを見て感動。
これまで原稿の文字列だけを見ていたので、
デザインを含めてみると、
また違った景色が見えてきます。

とにかくイイ!
想像以上にイイ! 

発達障碍の生徒さんとの
10数年に渡る関わりを漫画にするだけでなく、
もっと意義深いものにしたいと、
親御さんへのインタビューや
当事者の方へのインタビューを加えることにしたのですが、
編集の方のご尽力のお陰で
こんなにも良い仕上がりになりました。
嬉しくてたまりません。 

この本に持たせたい私のイメージを、
編集の方が120%理解してくださっているのが
伝わってくるデザイン。
読者の方々に気構えることなく読んでいただけるように、
心を砕いてくださったのが伝わってきます。
出版がとても楽しみです。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:59|PermalinkTrackBack(0)

2016年01月26日

3月出版予定のコミックエッセイ−当事者の方によるコラム

今年3月にコミックエッセイを、
ヤマハ・ミュージックメディアから出版する予定でいます。
(順調にいけば3月には出版できるとのこと)

この10数年ブログ記事にしてきた、
発達障碍の生徒さんとの軌跡を漫画にしたものです。
漫画家のかなしろにゃんこ先生が、


情景を見ていたの?
私の脳内を覗いたの?


とびっくりするくらい、
記憶と一致する漫画を描いてくださいました。
ここに描かれていることは全て事実。
レッスンアプローチにしても、
生徒さんや親御さんとの関わりにしても、
脚色はありません。

このコミックエッセイ、
少しでも内容を充実させたいと、
当事者お二人の方へのインタビューを載せています。


コラムその1
 ひと口に「発達障害」といっても、特徴はそれぞれ

コラムその2
 「日常生活で苦労することと、対処方法」   

コラムその3
 「“ピアノ”と、こんな風に付き合っています!」


このコラムにご協力くださった真由子さんが、
このインタビューについて、
ブログ記事を書いてくださいました。

http://ameblo.jp/tosipiano/entry-12121393577.html

少しでも多くの方に読んでいただける本になるよう、
出版まであと少し、頑張っていこうと思います。


【おまけ】

これまでのレッスンブログ記事は、
このブログ右サイドバー下記のブログカテゴリにあります。

・ピアノ/レッスン(定型発達の子へのレッスンも含む)



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:18|PermalinkTrackBack(0)

2015年04月13日

コミックエッセイのコラム

今日、編集者さんから重版のご報告をいただきました。
『あきらめないで!ピアノ・レッスン』(ヤマハミュージックメディア)の、
第5版増刷が決まったそうです。
最近、発達障碍児へのピアノレッスンの広がりを感じています。
嬉しいなぁ♪

ところで、以前こちらで話題にした、
今年出版する予定のコミックエッセイ。(ヤマハミュージックメディア)
この本には章ごとにコラムがつきます。
発達障碍とひとくちに言っても、個性は様々。
10人いたら10通りの個性があります。

少しでも多くの個性に触れていただけたらと、
お2人の当事者の方にインタビューさせていただき、
それをコラムとして載せることにしました。
当事者の方にご自身について説明していただけるというのは、
私にとって、とても貴重なありがたい機会です。
それは読者の方々にとっても同じではないでしょうか。
コラムにご協力くださるお2人には、本当に感謝です。

面白いだけの漫画ではなく、意義深い本にしたい。
「当事者の方のコラムを添えたい」と編集者の方に願い出たのも、
そんな強い思いがあったからでした。

漫画家のかなしろ先生は、
お堅く考えがちな私を、
柔らかく包み込んでくださるように、
コミックとしても楽しく面白く読めるよう、
構成してくださいました。

面白いからといって中身にウソはなく、
私のレッスン風景そのものです。
読んでいて、私じゃない私がいる、
生徒さんらしくない生徒さんがいるという箇所はなく、
どこを読んでも「かなしろ先生現場にいたの?」と感じます。
私がひらめいたり、ずっこけたりする表現も、
まさに私の脳内そのもの。
かなしろ先生、私の脳内に侵入したのかな?(笑)

ピアノに詳しくない方にも楽しく読んでいただけて、
ピアノ指導者の方には、
レッスンアプローチのヒントにしていただける。
そんな仕上がりになりそう♪

s-ネームアップ用3



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 20:03|PermalinkTrackBack(0)