本の出版

2022年06月06日

セミナー内容の詳細「あきらめないで!ピアノ・レッスン」発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ

「あきらめないで!ピアノ・レッスン〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ」(ヤマハミュージックメディア)を出版した際の、2012年以前のセミナー内容をまとめたものです。

あきらめないで!ピアノ・レッスン

≪発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ≫ 打てば響く3つの視点
〜個性を知る・理解力を知る・身体能力を知る〜


【ピアノレッスンのスタンス】

・障碍名に固執しない

例えば自閉症には知的障碍を伴った自閉症もあれば、知的障碍を伴わない自閉症もある。また、自閉症といえば言語の発達に遅れがみられるのが特徴だが、中には遅れがみられないアスペルガー症候群などもある。これらをひっくるめて自閉症スペクトラムと呼ぶが、その中には自閉症の特徴を少しずつかいつまんでもらっている広汎性発達障碍という障碍名もある。

また、当日お配りしたレジュメには自閉症の特徴をずらりと箇条書きにしているが、これらの特徴すべてを併せ持つ子はそうそうおらず、ほとんどの子はその中のいくつかの特徴がみられるという子ばかり。しかも、この特徴は強くみられるが、この特徴は少ししかみられないなど、その特徴の度合いはそれぞれ異なる。10人いたら10通りの個性があり、障碍名について知ろうと思ったところで良いレッスンはできない。

障碍名を知ろうと思うのではなく、その子と向き合い、その子自身を知ろうと思うことが、レッスンの第一歩だと考えている。

・音楽療法ではない

音楽療法は発達を促すために音楽を利用する“療法”である。「うちの子の発達を促してください」とやってくるお母様は1人もいない。音楽が大好きな子どもにとってピアノが人生の支えになってくれたらと願い、みなさんピアノ教室へやってくる。そのため、私の指導スタンスは障碍のない定型発達の生徒さんと全く同じ立ち位置である。


【観察】

幼児教育では子どもを観察し、子どもたちがどのような発達段階にあるのかを分析し、それに応じた環境を整えるという考え方がある。私はその視点をピアノ教育に応用している。

・できることを教える

私が一方的にこの子ならできそうと思うことではダメで、生徒さん自身に「僕、それならできそう!」と思ってもらえることをレッスンアプローチとして提示していく。生徒さん自身に「それならできそう!」と思ってもらえることは何なのか?それを知るために生徒さんを観察する。そのための3つの視点が個性、理解力、身体能力を知る、である。

・個性を知る

時間にこだわりを見せる自閉症の生徒さんが、レッスンが時間通りに終わるか不安でちらちら時計を見ることに対し、「時計ばかり見ていないでレッスンに集中しなさい!」などという声かけを私がしてしまったら、この子と私の信頼関係は築けなくなってしまう。

この人は自分を理解してくれない、信頼できない人だと思われてしまったら、生徒さんの私の声かけに対する受け入れ口はあっという間に閉ざされてしまう。そうなると、私がどんなに心を尽くして声かけしたところで、すべて跳ね返されてしまい、レッスンがうんでもないすんでもないと、一歩も前へ進まなくなってしまう。

生徒さんの私の声かけに対する受け入れ口を広げるため、私はその子自身を知ろうと思う。個性を知るという視点はレッスンの第一歩、生徒さんの受け入れ口を広げることである。生徒さんが抱えるバックグラウンドを理解してあげた上で声かけするのと、全くそういうものを見ようともせずに一方的にレッスンするのでは、定型発達の子でも私の声かけに対する受け入れ口は変わってくる。

打っても響かないなどということはなく、私の声かけ次第で打てば必ず響くと私は信じている。

・理解力を知る

ピアノ指導する上で知っておきたい生徒さんの理解力。文字はどの程度読めるのか?ひらがなしか読めない子にカタカナを交えて説明しても理解してはもらえない。数字に出会ったことのない子に、突然指番号を教えたところで生徒さんはチンプンカンプン。

発達障碍の子には記憶力の弱い子というのがいるが、暗譜ができない子に対し発表会があるからと無理やり暗譜させようとすることに意味があるのか?また、生徒さんの注意力がどの程度あるのかを知らずに、生徒さんの注意をひくレッスンは不可能である。発達障碍の子の中には図形が弱く、線上と線間の音符の区別がつかない子がいる。

こういう子に5線のドレミファソを教えたところで、原点である線上と線間の区別がつかないので生徒さんはわけがわからないだけである。このように図形の弱い子は鍵盤把握も苦手である。私たちが88鍵盤からドの鍵盤を導くことができるのは、2つの黒鍵と3つの黒鍵の不平等があるからだが、この区別がつかない子にドの鍵盤を探し出すことはできない。

線上線間の音符にしても、鍵盤の把握にしても、それぞれの区別がつくまでに成長してからアプローチすればよいことと私は思う。また、発達障碍の子は焦点を定めるのが苦手である。そのため、私は生徒さんの目の動きを観察しながらレッスンする癖がついた。生徒さんの焦点を一点に絞ってあげただけで、今までできなかったことができるようになる、ということが山ほどある。

そのため、私は生徒さんがどの程度焦点を定めることができるのか、また、その焦点を導くためにどういうアプローチが可能なのかを常に探るようにしている。

・身体能力を知る

子どもは体の中心から外側に向かって発達していく。肩の関節が使えるようになると点を描き、肘の関節が使えるようになると直線を描き、手首が使えるようになると曲線を描く。最終的に曲線の描き始めと描き終わりが繋がり、円が描けるようになる。これは指が使えるようになったということである。

この子どもの体の発達の最後にくる指を使う楽器がピアノである。そのため、定型発達の3,4歳の子がお教室へやってきたとき、その子がどの程度の体の発達段階にあるのか実験をすることにしている。テーブルの上にパーの手を載せてもらい、指の少し上を指して「この指動くかな?」と聞く。そうすると発達がまだ進んでいない子は他の指が動く。

こういう子がピアノに向かうと何が起こるか?その子は3の指を使ってミを弾こうと思った。しかし実際に動いた指はその子の意に反して2の指で、鳴った音はレだった、ということになりかねない。また、自閉症の子の中には鉛筆が持てないほど筋力の弱い子というのがいる。ダウン症の子は筋力が弱いのが特徴で、ダウン症の子用のリコーダーが開発されているほどである。


【分析】

このように3つの視点を通して生徒さんを観察しても、すぐに生徒さんにできそうと思ってもらえることを提示できるわけではない。この大きな円を教えたいと思ったとき、3つの視点からまだこれは生徒さんに無理だと判断することになっても、私は“できない”と諦めるのではなく、この大きな円を分析し細分化した一部分を生徒さんに提示している。

できることを教える図

(この大きな円は、1つの楽曲、読譜、音の並びの把握、鍵盤の把握、リズムの把握、手の形、指の筋力、指のコントロール、あらゆる円が考えられるが、私はあらゆる円を分析し細分化して生徒さんに提示する。)

 ・指の強化の分析と細分化例

(『あきらめないで!ピアノ・レッスン〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜』ヤマハミュージックメディア、第3章133〜140ページ、148〜149ページ)

 ・指のコントロールの分析と細分化例
(同上、第3章140〜145ページ、149〜152ページ)


【時期を見極める】

小学2年生で線上線間の区別がつかなかった子がいた。この子が高校生になった頃、この区別がつくようになっていたので読譜へのアプローチを導入したが、5線を数えることができていないことがわかった。音符が何本目に刺さり、何本目に載っているのかが判別できなかったのである。

そのため、読譜へのアプローチは時期尚早と判断し、その時点での読譜アプローチはすぐにやめた。その後、社会人になってこの区別がつくようになっていることがわかった。そこで、それまで時期尚早とやらずにいた色音符表と楽譜を見比べ、自分の力で色音符の楽譜を作成するという読譜へのアプローチを開始した。

理解できることに喜びを覚え、色音符の楽譜を作成する楽しみに目覚めたこの子は、今では細かな音符、加線の音符がたくさん出てくる自分が弾く楽曲の楽譜を、お母さんの手を借りずに自分1人で色音符の楽譜に作成できるようになっている。現時点で無理でも、無理とあきらめるのではなく時期がくるのを待つ。

丁度良い時期に丁度良いアプローチをするということが大切と思う。


【生徒さんの紹介VTR】

(1)げんちゃん
重度知的障碍を持った子。自閉傾向がある。発語がないためコミュニケーションがとりづらい。新曲への拒否反応が強く見られ、レッスン中よく寝ころぶ子だった。
 2003年/2004年/2005年/2006年/2007年

(2)りつくん
自閉症で、本に書いた自閉症スペクトラムの様々な特徴を持っている子。時間へのこだわりが強く、思春期には自傷行為が激しかった。
 2005年/2006年/2008年/(2009年)/2010年
  ※( )は、セミナー時間によってはカットの場合あり

(3)Sちゃん
通常学級に通っている、知的障碍を伴わない自閉症スペクトラムの男の子。感覚異常が強く見られた。饒舌な子だったので、自閉症の子の理解の仕方や物の見え方といったことを知る手掛かりをくれた子。
 2005年/2006年/2007年/(2008年)/2010年

(4)しょうくん
広汎性発達障碍の子。なんでも聴いた曲を耳コピーできるタイプの子で作曲をする。音量の概念は数値で理解し、音色や構成という概念は数年かけて少しずつ理解してくれた。(自閉症の子は、音量や音色という漠然としたものを理解するのが苦手なため。)
 2002年/2003年/(2005年)/2008年/2009年/2010年

(5)なっちゃん
軽度知的障碍の子。(小学3年生〜中学3年生までは中度と診断されていた)線上と線間の区別がつかない子だったので色音符でレッスンしている。小学生時代は嫌なことがフラッシュバックしやすく、数ヶ月前のことでもさっき起こったかのようにぐずりだし、一度ぐずるとなかなか気分を切り替えることができない子だった。
 2002年/2003年/(2004年)/2005年/2006年/2009年


ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042

ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 12:44|Permalink

2021年05月27日

発達障碍児へのレッスン

気づけば第11版。


出版当初はさほど知られていなかった発達障碍児へのレッスンも、今では珍しくなくなってきました。


ピアノという視点から発達障碍児へのレッスンについて書かれた本は、もう私が書いた本だけではありません。これは本当に嬉しかった!

このような広がりは本だけでなく、ピアノ指導者向けの講座にも見られます。講座を探してもなかなか見つからず、1人悩んでいた指導者が路頭に迷わなくてよくなってきました。

FBに作った発達障碍ピアノレッスングループには、1300名以上のピアノ指導者が集い、情報を交換しています。また、指導者のスキルアップのために活動する先生も出てきました。

これからは発達障碍への理解に留まらず、その理解をいかにレッスンアプローチに生かし、よりよいレッスンをしていけるかへと、シフトしていくだろうと思います。これは発達障碍児やグレーゾーンの子に限らず、すべての生徒さんに生かせるスキルです。より柔軟で豊かなレッスンになるはず!

これからもたくさんの先生方と、障碍あるなしに関わらず、一人ひとりに応じたレッスンを共有していけますように。

FB発達障碍ピアノレッスングループはこちら。

https://www.facebook.com/groups/458864134300478/


ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042










emksan at 10:00|Permalink

2018年04月16日

Amazonのなか見検索(無料)で読んでみる

この本は、「今まさに悩んでいてすぐ情報が欲しい!」という方に向けて、即レッスンに活用していただけそうな部分を無料で読めるようにしてあります。無料で読める部分を、目次からご紹介させていただきますね。

特に《第1章より 自閉症スペクトラムの子 》の(1)具体的に伝える  銑イ函◆複押忙覲个冒覆┐ の 銑い蓮∈まさに悩んでいてどうしたらよいかわからずにいる方に、すぐ試してみようと思っていただけるアプローチだろうと思います。



・はじめに   
 「ピアノ講師のみなさんへ」   
 「ご両親の方へ」   

・序章 教室に発達障害の子がやってきた   
 「うちの子、発達障害なのですが レッスンしていただけないでしょうか?」   
 「お月謝をいただいている以上、レッスンらしいレッスンがしたい」   
 「レッスンらしいレッスンとは、目的がはっきりしているということ」   

・第1章より 幼児の世界   
 (1)自己中心性と中心化   
 (2)アニミズム   

・第1章より 自閉症スペクトラムの子  
 (1)具体的に伝える      
  _箸任領習方法を伝える      
  ▲譽奪好鵑慮通しが立つ      
  H表会のための練習を説明する      
  げ士未鮨値化する      
  ァ俵饌療”はすべての生徒さんに通じること   
 (2)視覚に訴える      
  ‘虻遒畔源による説明      
  音の長さを視覚化する      
  レッスンそのものを視覚で説明する      
  っ躇佞鯊イ靴燭た搬琉媼韻鮖覲个冒覆┐   

・ピアノ教室 Q&A より   
 適度なレッスン時間は何分?   
 お月謝の設定は他の生徒さんと同じがよい?   
 発達障害児に指導をしている先生が情報交換し合える場はある?   
 発表会にどうやって参加させたらよい?   
 左手と右手の混乱を防ぐ方法はある?   
 単調な練習を飽きさせないコツは?

※増刷後、情報交換し合える場の紹介をmixiからFBのグループに訂正しています。


【FB発達障碍ピアノレッスングループ】
非公開、ピアノ指導者と楽器店の方限定のグループです。気軽に悩みが相談でき、たくさんの情報が得られます。コメントや投稿には参加せず、読むだけの方も大歓迎。どうぞお気軽にご参加くださいね♪
https://www.facebook.com/groups/458864134300478/


【発達障碍ピアノレッスン告知ブログ】
各地域のピアノ指導者が自主運営している会からのお知らせです。カテゴリーを地域ごとに分けています。お近くの地域を選んでご活用くださいね♪
http://hattatsu-piano.blog.jp/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 16:54|Permalink

2017年12月17日

体感を伴った理解へ

s-20171217095609-4430591

先日手元に本が届きました。発売日はクリスマス♪ 12月25日です。

・演奏に生きる楽典とは?
・表現のための練習とは?

ピアノ指導者になってから常に問い続けてきました。その試行錯誤をまとめたのがこの1冊。これらの理解には体感が伴うものなので、本書では次のような工夫を随所に施しました。

・「どう聴こえるのか?」の実験
・「どう体感が異なるのか?」の比較実験
・図やイラスト、写真を使った視覚的な説明

この本が、愛好家のみなさんや生徒さんたちの「こう弾きたい」という想いを実現させるための助けとなりますように♪

s-20171217095919-3936786

s-20171217100114-3455666

s-20171217100137-3598769

s-20171215184826-2827756


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 10:19|Permalink

2017年11月22日

耳が追いつくように

大人の生徒さんのレッスン、ブラームスの間奏曲作品118。写真の部分は繰り返し弾くことになりますが、1回目はソプラノを響かせ、2回目はテノールを響かせたい生徒さん。ところが、2回目の演奏が切羽詰まったあわただしい演奏に聴こえてしまいます。


118


「この音域はソプラノより耳に届きにくいんだよね。今の弾き方だと、ようやく耳に届いたと思ったら、もう次の音が鳴るものだから、聴いていてものすごくあわただしく聴こえてしまう。1回目よりゆったりした気持ちで、テノールの音がきちんと聴く人の耳に追いついてから次の音を弾くようにすると、あわただしさがなくなるよ。」  


こうアドバイスしたところ、見違えてよい演奏になりました。
写真の青部分。生徒さんは左手から右手へと繋いでいく旋律の動きは意識できるようになっており、指も迷うことなく正しい音で弾けるようになっていたので、こちらも楽譜の読み込みや体の使い方ではなく、「耳の使い方」という角度からアプローチ。


「耳がこの音域に慣れたところで急に音が高くなる。こんな風にいきなり音域が高くなると、その変化に耳が追いついていけなくなっちゃうんだよね。そうすると、耳が迷子になって(ド??ファ)みたいに穴あきのメロディに聴こえちゃう。耳が(ラ)に追いついてから(ソ・ファ)を弾くと、きちんとメロディが耳に届くようになるよ。」  



こちらもこのアドバイスで一気によくなりました。
1回目のテンポと2回目のテンポ、テノールが耳に届くことを意識して弾くと、メトロノーム的には2回目の方が1回目より少し遅くなります。でも、聴く側の体感としてはそのほうが同じテンポに聴こえるんですよね。逆に、メトロノーム通り1回目と2回目を同じテンポで弾くと、耳がテノールに追いついていけなくなるので、体感としては2回目の方がより速く、焦って弾いているように聴こえるのです。  

ここで大切なのはテンポを意識することではなく、耳に届く音を意識することだろうと思います。こういうときは「耳が追いついてから次の音を弾く」を意識できれば、自然なテンポ感で歌心を感じる演奏になるだろうと思います。  

このような耳の錯覚については、近々発売予定の《知っておきたい!ピアノ表現27のコツ〜センスがないとあきらめる前に〜》(音楽之友社)の第3章『そう聴こえるということ』に書いたのですが、「耳が追いつく」には触れていなかったので、ブログ記事にしました。   

表現豊かに聴こえてこない原因は、楽譜の読み込みなのか、体の使い方なのか、耳の使い方なのか、さまざまですが、その原因を突き止め、「なるほど!」と思ってもらえるレッスンができたならと思います♪





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:07|Permalink

2017年09月14日

『表現のコツ』出版へ向けて・・・

ムジカノーヴァに連載した『表現のコツ』が出版に向けて本格始動! 編集者のお話では「年内に出版できたなら」とのことでした。ムジカノーヴァの告知に今秋出版予定とあったので、楽しみにしてくださっている方には大変申し訳なく思っています。出版までもうしばらくお待ちください。

この原稿の原動力は、連載第1回の冒頭(下写真)にあります。私も「私の演奏はいつもダサイ」「私の演奏はいつもツマラナイ」と思っていたひとりでした。そんな私が試行錯誤しながら得てきたことを、少しでも多くの方に「わかりやすい」「読みやすい」「これなら私にも挑戦できそう!」と思っていただけるよう、心を尽くして取り組んでいます。


無題


全体のデザインが見渡せる稿が届きました。中身の公開はまだNGとのことで、これだけパチリ。「知っておきたい幼児の特性」よりページ数が多くなりそう。ムジカノーヴァに連載したのは6項目だけでしたが、書籍は28項目ある上、文章だけでは伝わりにくい体感を、図や写真を使うことで伝わりやすくなるよう工夫しているからです。


20170914212542-3296380


まだ表紙も決まっていませんし、すべての図やイラストが仕上がっているわけではないので、これからどんな風になっていくのかワクワク。2、3か月前に終えた校正ですが、一番大変な校正を終えると、あとはこうして仕上がってゆくのを楽しみに待つだけ♪ 頑張ってきた自分へのご褒美のような期間です。年内にはお届けできますように!


第1章 ピアノにできる音楽表現の基本

 1 歌心のある演奏とは?
 2 脳から指令を出す
 3 余韻をコントロールする
 4 タイミングで音色は変わる?!
 5 左右を異なる音量で弾けるようになるコツ
 6 片手で異なる音量を弾けるようになるコツ
 7 強弱が思うようにつけられない初心者のために
 8 ペダルの踏み替えが身につく3つのステップ


第2章 拍子と呼吸を感じるだけで表現は変わる

 9 拍子を感じるってどういうこと?
10 同音連打に表情を
11 時代に応じた拍子感
12 スタッカートが一本調子にならない方法
13 細かいアーティキュレーションをひと息に
14 ブレスの位置を大切に
15 曲想の変化は呼吸次第


第3章 そう聴こえるということ

16 クレッシェンドに聴こえるためのクレッシェンド
17 音量に幅を持たせるための工夫
18 音の切り方で印象は変わる
19 音の繋げ方で印象は変わる
20 分散和音の響かせ方
21 ペダルで生み出すリズム感
22 ワルツのペダリング


第4章 楽曲を知る

23 音楽の句点
24 第3音でハーモニーに彩りを
25 骨格を知る
26 楽曲を和音で弾いてみる
27 音の動きに敏感になる
28 音の密度の効果を知る



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 22:27|Permalink