本の出版

2017年11月22日

耳が追いつくように

大人の生徒さんのレッスン、ブラームスの間奏曲作品118。写真の部分は繰り返し弾くことになりますが、1回目はソプラノを響かせ、2回目はテノールを響かせたい生徒さん。ところが、2回目の演奏が切羽詰まったあわただしい演奏に聴こえてしまいます。


118


「この音域はソプラノより耳に届きにくいんだよね。今の弾き方だと、ようやく耳に届いたと思ったら、もう次の音が鳴るものだから、聴いていてものすごくあわただしく聴こえてしまう。1回目よりゆったりした気持ちで、テノールの音がきちんと聴く人の耳に追いついてから次の音を弾くようにすると、あわただしさがなくなるよ。」  


こうアドバイスしたところ、見違えてよい演奏になりました。
写真の青部分。生徒さんは左手から右手へと繋いでいく旋律の動きは意識できるようになっており、指も迷うことなく正しい音で弾けるようになっていたので、こちらも楽譜の読み込みや体の使い方ではなく、「耳の使い方」という角度からアプローチ。


「耳がこの音域に慣れたところで急に音が高くなる。こんな風にいきなり音域が高くなると、その変化に耳が追いついていけなくなっちゃうんだよね。そうすると、耳が迷子になって(ド??ファ)みたいに穴あきのメロディに聴こえちゃう。耳が(ラ)に追いついてから(ソ・ファ)を弾くと、きちんとメロディが耳に届くようになるよ。」  



こちらもこのアドバイスで一気によくなりました。
1回目のテンポと2回目のテンポ、テノールが耳に届くことを意識して弾くと、メトロノーム的には2回目の方が1回目より少し遅くなります。でも、聴く側の体感としてはそのほうが同じテンポに聴こえるんですよね。逆に、メトロノーム通り1回目と2回目を同じテンポで弾くと、耳がテノールに追いついていけなくなるので、体感としては2回目の方がより速く、焦って弾いているように聴こえるのです。  

ここで大切なのはテンポを意識することではなく、耳に届く音を意識することだろうと思います。こういうときは「耳が追いついてから次の音を弾く」を意識できれば、自然なテンポ感で歌心を感じる演奏になるだろうと思います。  

このような耳の錯覚については、近々発売予定の《知っておきたい!ピアノ表現27のコツ〜センスがないとあきらめる前に〜》(音楽之友社)の第3章『そう聴こえるということ』に書いたのですが、「耳が追いつく」には触れていなかったので、ブログ記事にしました。   

表現豊かに聴こえてこない原因は、楽譜の読み込みなのか、体の使い方なのか、耳の使い方なのか、さまざまですが、その原因を突き止め、「なるほど!」と思ってもらえるレッスンができたならと思います♪





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:07|Permalink

2017年09月14日

『表現のコツ』出版へ向けて・・・

ムジカノーヴァに連載した『表現のコツ』が出版に向けて本格始動! 編集者のお話では「年内に出版できたなら」とのことでした。ムジカノーヴァの告知に今秋出版予定とあったので、楽しみにしてくださっている方には大変申し訳なく思っています。出版までもうしばらくお待ちください。

この原稿の原動力は、連載第1回の冒頭(下写真)にあります。私も「私の演奏はいつもダサイ」「私の演奏はいつもツマラナイ」と思っていたひとりでした。そんな私が試行錯誤しながら得てきたことを、少しでも多くの方に「わかりやすい」「読みやすい」「これなら私にも挑戦できそう!」と思っていただけるよう、心を尽くして取り組んでいます。


無題


全体のデザインが見渡せる稿が届きました。中身の公開はまだNGとのことで、これだけパチリ。「知っておきたい幼児の特性」よりページ数が多くなりそう。ムジカノーヴァに連載したのは6項目だけでしたが、書籍は28項目ある上、文章だけでは伝わりにくい体感を、図や写真を使うことで伝わりやすくなるよう工夫しているからです。


20170914212542-3296380


まだ表紙も決まっていませんし、すべての図やイラストが仕上がっているわけではないので、これからどんな風になっていくのかワクワク。2、3か月前に終えた校正ですが、一番大変な校正を終えると、あとはこうして仕上がってゆくのを楽しみに待つだけ♪ 頑張ってきた自分へのご褒美のような期間です。年内にはお届けできますように!


第1章 ピアノにできる音楽表現の基本

 1 歌心のある演奏とは?
 2 脳から指令を出す
 3 余韻をコントロールする
 4 タイミングで音色は変わる?!
 5 左右を異なる音量で弾けるようになるコツ
 6 片手で異なる音量を弾けるようになるコツ
 7 強弱が思うようにつけられない初心者のために
 8 ペダルの踏み替えが身につく3つのステップ


第2章 拍子と呼吸を感じるだけで表現は変わる

 9 拍子を感じるってどういうこと?
10 同音連打に表情を
11 時代に応じた拍子感
12 スタッカートが一本調子にならない方法
13 細かいアーティキュレーションをひと息に
14 ブレスの位置を大切に
15 曲想の変化は呼吸次第


第3章 そう聴こえるということ

16 クレッシェンドに聴こえるためのクレッシェンド
17 音量に幅を持たせるための工夫
18 音の切り方で印象は変わる
19 音の繋げ方で印象は変わる
20 分散和音の響かせ方
21 ペダルで生み出すリズム感
22 ワルツのペダリング


第4章 楽曲を知る

23 音楽の句点
24 第3音でハーモニーに彩りを
25 骨格を知る
26 楽曲を和音で弾いてみる
27 音の動きに敏感になる
28 音の密度の効果を知る



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 22:27|Permalink

2016年11月30日

読譜指導に悩んだら・・・

発達障碍児に限らず、
定型発達児のレッスンについて、
ご相談を受けることがあります。

そういった中には、
発達障碍児に関する相談なのか、
定型発達児に関する相談なのか、
わからないこともあったり。
内容は定型発達の幼児に関する相談に見えるのだけれど、
相談をいただいた入り口は発達障碍関係からだったりするからです。

どうやら、こういったご相談に共通しているのは、
定型発達の幼児に対する知識が少ないことにあるようです。
そのため、障碍があるとかないとかいう以前に、
「どうしてこれができないんだろう?」と悩まれてしまうんですね。

「発達障碍があるから」というのではなく、
定型発達の子でも幼児ってこういうものだよ、
というのがわかってくると、
障碍あるなしに関わらず、
先を見通しながら、
今をどう指導したらよいのかが見えてくるのではないかな、と思います。

特に、ピアノ導入期は読譜について悩む先生が多いのではないでしょうか。
ドレミはすぐ覚えるのに、ドシラはなかなか覚えないとか、
ソの上の音は? シの下の音は? といった質問に答えられないとかetc.
読譜は、音の並びが反射にならないために、
つまづいてしまう子が多いように感じています。

せっかく勇気を持って、
私に相談してくださったのだから、
なるべくならその場でご説明をと思うのですが、
読譜に関しては、
説明しようとすると文字量がものすごいことになってしまい、
本を紹介するしかできなくて、申し訳なく思っています。

でも、第1章から第3章ほどの文字量なので、
これだけは仕方ないのかなと思ったり。
『知っておきたい幼児の特性』(音楽之友社)の
読譜指導に役立つ目次の一部を、
こちらにご紹介させていただきますね。

知っておきたい幼児の特性: ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に








知っておきたい幼児の特性: ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に [単行本]
中嶋 恵美子
音楽之友社
2016-05-11

第1章 幼児の特性を知る
1 7歳頃までの幼児の特性
2 ドレミはわかってもドシラはわからない
3 幼児はなぜ、文字を左右反転させて書くのか?
4 音楽は時間、楽譜は空間
5 手先の器用さは5歳から


第2章 幼児の特性に合わせた読譜指導
1 幼児は誤解をする
2 定着させる
3 音の並びを経験させる
4 音の高低を体感させる
5 拍子を体感させる
6 拍子を体感しながらリズムを学ばせる


第3章 情報量が多いと幼児は混乱する
1 幼児の眼球の動き
2 中心化
3 風船と指番号
4 ひとつのアプローチに目的はひとつ


第4章 どこに焦点を定めるのか
1 楽曲における読譜の細分化



以下の目次は、
読譜以外について書いているので、
省かせていただきますね。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:50|PermalinkTrackBack(0)

2016年10月24日

あきらめないで!ピアノ・レッスン〜発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ〜



この本を出版した当時は、
まだまだ発達障碍児への理解や関心が低かったのですが、
最近、理解が高まりつつあり、
関心に広がりがみられるようになりました。

そこで、改めてこの本の目次、
Amazonなか見検索で見られるページを
ご紹介させていただこうと思います。


【Amazonなか見検索で読める内容】

・はじめに

  「ピアノ講師のみなさんへ」...
  「ご両親の方へ」

・序章 教室に発達障害の子がやってきた

  「うちの子、発達障害なのですが
       レッスンしていただけないでしょうか?」
  「お月謝をいただいている以上、レッスンらしいレッスンがしたい」
  「レッスンらしいレッスンとは、目的がはっきりしているということ」

・第1章より 幼児の世界

  (1)自己中心性と中心化
  (2)アニミズム

・第1章より 自閉症スペクトラムの子

  (1)具体的に伝える

     _箸任領習方法を伝える
     ▲譽奪好鵑慮通しが立つ
     H表会のための練習を説明する
     げ士未鮨値化する
     ァ俵饌療”はすべての生徒さんに通じること

  (2)視覚に訴える

     ‘虻遒畔源による説明
     音の長さを視覚化する
     レッスンそのものを視覚で説明する
     っ躇佞鯊イ靴燭た搬琉媼韻鮖覲个冒覆┐

・ピアノ教室 Q&A より
  適度なレッスン時間は何分?
  お月謝の設定は他の生徒さんと同じがよい?
  発達障害児に指導をしている先生が情報交換し合える場はある?
  発表会にどうやって参加させたらよい?
  左手と右手の混乱を防ぐ方法はある?
     単調な練習を飽きさせないコツは?


【この本の目次】

序章 お教室に発達障害の子がやってきた

   「うちの子、発達障害児なのですがレッスンしていただけないでしょうか?」
   「お月謝をいただいている以上、レッスンらしいレッスンがしたい」
   「レッスンらしいレッスンとは、目的がはっきりしているということ」

第1章 その子の個性を知ろう

幼児の世界

 (1)自己中心性と中心化
 (2)アニミズム

自閉症スペクトラムの子

(1)具体的に伝える
   _箸任領習方法を伝える
   ▲譽奪好鵑慮通しが立つ
   H表会のための練習を説明する
   げ士未鮨値化する
   ァ閥饌療!はすべての生徒さんに通じること

(2)視覚に訴える
   ‘虻遒畔源による説明
   音の長さを視覚化する
   レッスンそのものを視覚で説明する
   っ躇佞鯊イ靴燭た搬琉媼韻鮖覲个冒覆┐

(3)新しいことへの不安を取り除く
   _箸涼罎魄篤發垢
   ¬詰のない新しい要素の取り入れ方
   H表会の準備
   い教室お引っ越しの準備

(4)完璧主義な子へのアプローチ
   〆能蕕ら完璧に弾けないとイライラする子
   間違えるのを極度に恐れる子
   4岼磴い鮖愿Δ気譴襪肇ぅ薀ぅ蕕垢觧
   ご岼磴┐襪肇ぅ薀ぅ蕕垢觧

(5)こだわりの強い子へのアプローチ
   〇間に固執する子
   曲に執着する子
   重度の知的障害を持った子のこだわり
   た靴靴ぅ櫂献轡腑鵑鮗け入れられない子
   ジ納垢防佞合う

(6)多動の子へのアプローチ

(7)感覚異常のある子への理解
   ゞ貅蠅焚擦ある子
   靴下が嫌いな子
   触られるのが苦手な子

(8)睡眠異常がある子への理解 

(9)おかしくない状況で笑う子への理解

知的障害の子
 (1)がんばりたいのにがんばれない子
 (2)理解力と精神年齢がアンバランスな子
 (3)ダメ!が通じない子


第2章 その子の理解力を知ろう

言葉が通じますか?

(1)発語がなく、こちらの言っていることが伝わらない子
   .團▲里亡靴譴襦複泳椹悗罵靴屐
   属音を利用する(1本指で遊ぶ)
   4蔽韻淵螢坤爐伐擦魴茲瓩特討(1本指で弾く)
   ぅ疋譽澆亡靴譴A(1本指で弾く)
   ゥ疋譽澆亡靴譴B(1本指で弾く)
   ξ昭蠅巴討(両手とも1本指で弾く)
   Ч鍵に慣れる(2・3・4指をのばす)
   ┌海弔旅鍵で演奏する(2・3・4指で弾く)
   親指を使う(1・2・3・4指で弾く)

(2)発語がある、もしくは、発語は少ないがこちらの言っていることが伝わっている子

文字が読めますか?

2つの黒鍵と3つの黒鍵の区別がつきますか?

(1)区別がつかない
(2)区別がつく
   々鍵把握へのアプローチ
   ◆屮疋譽漾廖屮侫.愁薀掘彷聴へのアプローチ
   それぞれの音名と鍵盤一致へのアプローチ
   ね諭垢淵櫂献轡腑鵑悗離▲廛蹇璽

リズム譜が読めますか?

(1)リズム教具によるリズム譜導入
   _刺笋猟垢気鮓た目で把握する
   拍子の基本音符を変身させる
   これから取り組む楽曲のリズムを読み取る
(2)リズム譜は読めるのに、5線譜に書かれた音符のリズムがわからない子
   
指番号を覚えられますか?

(1)指番号による指の運動
   〇愴峭罎隼悗琉戝
   ∋愴峭罎鰺用した指の運動
(2)指番号の読譜
   ヽ敝茲暴颪れた数字に気づいてもらう
   楽譜に書かれた指番号を読み取ってもらう

線上と線間の区別がつきますか?

(1)区別がつかない
   _悉猗
   ▲譽奪好鵑修裡
   レッスンその2
(2)区別がつく
   _擦粒段を書く
   見本の音符と見比べる
   3敝茲慮廚隆を利用する
   
音の長さを理解できますか?

(1)理解できているが、鍵盤上で音を伸ばせない子
(2)理解できているが、テンポが安定しない子


第3章 その子の身体能力を知ろう

幼児の身体発達の順番

それぞれの身体能力に応じたアプローチ方法

(1)握力がない

(2)指が弱い ○○ちゃん、なぁに(2音間スラーの指の形)
   。泳椶困弔了悗鮹辰┐
   ■臆惨屮譽ートのために指を鍛える

(3)指が思うとおりに動かない
   〇悗某┐譴道惻┐垢
   ∋悗某┐譴困忙惻┐垢

(4)それぞれの部位への意識が弱い
   〇慇茲飽媼韻いかない
   ▲撻瀬襪鯑Г爐箸かとへ意識がいかない

(5)手首が下がる
   /道悗龍化
   ⊃道悗離灰鵐肇蹇璽
   “つま先”という声かけ
   ぞ指の強化とコントロール
   コ擽米發任亮茲蠢箸

(6)鍵盤から指が離れない

(7)スタカートができない
   仝鞍廚ら指を離す
   ⊆蠎鵑鮟斉陲砲垢

(8)“右は繋げて左は切れる”ができない
   〆犬鮹討ながら、右メロディを歌う
   体で覚える

(9)両手ユニゾンで混乱してしまう
   _仕てゲームで即時反応を養う:レヴェル1
   音当てゲームで即時反応を養う:レヴェル2


お教室Q&A

 適度なレッスン時間は何分?
 お月謝の設定は他の生徒さんと同じがよい?
 発達障害児にピアノ指導している先生が情報交換し合える場はある?
 発表会にどうやって参加させたらよい?
 左手と右手の混乱を防ぐ方法はある?
 単調な練習を飽きさせないコツは?
 障害とわがままの区別がつかないとき、どうけじめをつける?




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  




emksan at 10:28|PermalinkTrackBack(0)

2016年05月24日

幼児期のうちに拍子感を

FBに投稿したものの、
これはブログに投稿すべきだったかなと、
こちらにコピーすることにしました。


line


『知っておきたい幼児の特性』(音楽之友社)より 




 ―― 私は導入期の段階から、毎回の楽曲で「拍子打ちと歌詞で歌う」「拍子打ちとドレミで歌う」を徹底させています。弾くことよりこちらの方がずっと大切だと親御さんに説明をし、練習時間がとれないときは、弾くよりも拍子打ちと歌を優先していただくようお願いしています。 ―― 


私は子どもの頃、聴いただけでは
その曲の拍子がわからなかった記憶があります。
もちろん3拍子系なのか2拍子系なのかくらいはわかるのですが、
2拍子と4拍子の違い、3拍子と6拍子の違いを
聴き分けることができなかったのです。

この本に書いたノリの違いを体感できていれば、
演奏にもよるでしょうけれど、
演奏されている楽曲がどういうノリで演奏されているのかを
聴きとることができますし、
自分が演奏する際も意識的にノリを生み出すことができます。 

この本で「どんぐりころころ」を例に挙げたように、
楽曲のキャラクターと拍子って、
切っても切り離せない関係にあるんですよね。

導入期の教材には曲名のある曲が多いですが、
漠然とイメージするだけでは
その楽曲のキャラクターに応じた演奏にはなりにくいものです。
ところが、拍子打ちをしながら歌ってみると、
イメージとその音楽に繋がりが芽生え、
生き生きと表現できるようになるんですよね。

論理的思考が未熟で感覚が優れている幼児期のうちに、
表現を伴った拍子を”体感”しておくこと
(論理的に理解することではなく”体感”)が、
何年後かの瑞々しい演奏に繋がると信じています。

なによりバロック期の拍子と
ロマン派の拍子に私は体感の違いを感じますし、
同じ3拍子でもワルツとマズルカではノリが異なり、
これらは基本の拍子を体感できていなければ、
違いを体感することなどできませんよね。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:39|PermalinkTrackBack(0)

2016年05月08日

知っておきたい幼児の特性(音楽之友社)

今月音楽之友社から出版する予定の本が届きました。


s-DSCF0001


5部も届いてどうしよう?(笑)
とてもかわいらしい表紙になりました。


s-DSCF0002


ムジカノーヴァの連載を本にしたものですが、
大幅に加筆訂正しました。
第4章のスケールの細分化は連載にはなかった内容で、
23のステップに分けたアプローチをご紹介しています。

また、発達心理学者の小野寺敦子先生に、
ピアノを教えるのに役立つ心理学という
コラムを書いていただきました。
ピアノ指導者にとって興味深い内容を、
とてもわかりやすく書いてくださっています♪


s-DSCF0003

s-DSCF0004

s-DSCF0005

s-DSCF0006


下の写真は、第1章の冒頭です。


s-DSCF0007


店頭に並ぶのは10日後くらいではとのお話でした。
Amazonでは予約を開始しています。
こちらでは何故か楽譜扱いになっていますが、
ずいぶん前から訂正依頼をしているらしいので、
そのうち訂正されるのではと思います。

この本が、「なぜ?」と悩み苦しまれている方々を
解き放つ一冊となりますように♪


知っておきたい幼児の特性: ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に
中嶋 恵美子
音楽之友社
2016-05-11



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 22:15|PermalinkTrackBack(0)