ピアノ/練習&勉強

2017年09月10日

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんへのインタビュー(2)

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんのMOOK本「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」が、9月20日に出版されます。あまりの嬉しさに大興奮。以前インタビューさせていただいた記事を抜粋でご紹介しています。第2弾となる今回は「ノート・イネガル」についてです。

先日投稿した予告編動画を観ると、「ノート・イネガル」を詳しくお話くださっているようでとても楽しみ! 「イネガルって何?」 もっと知りたくなった方は、ぜひこの書籍と付属DVDでイネガルを体感してみてくださいね。


20170908101931-4000562

【小倉貴久子さんへのインタビュー】
ムジカノーヴァ2014年6月号より インタビュアー中嶋恵美子

―― ところで、そもそもノート・イネガルというのは?

 フランスのバロック、ラモー、リュリ、クープランあたりからですね。当時のフランス人が「ドイツ人はノート・エガール(均等)に弾く」と書いた文書が残っています。もちろん、ここで言う「エガール(均等)」は、21世紀スタイルのエガールとは違いますけれど、17、18世紀には、「ノート・イネガル」奏法を相当やっていたようです。2対1くらいでターヤターヤ(ドーレミーファ)と弾いたり。

―― 3連符くらいですよね。

 ただ、2対1にすればフランスのバロック音楽の雰囲気が出るかといったら、そんな単純なものではない。フランス文化とドイツ文化は全然違うものですから、やはりそこにはセンスが求められます。

―― ノート・イネガルにルールはあるのですか?

 北伊イタリアのロンバルディア地方のイネガルは、「タヤータヤー(短長・短長)」と反対だったと言われていますね。でも、これはある特定の地域だけで、「ターヤターヤ(長短・長短)」が一般的です。

―― 楽譜に書かれた音符すべてを長短で弾くとおかしいですし、実際同じ曲でも、こっちは長短、こっちは均一でとチェンバロ奏者によって違いますよね。その規則性がわからないのですが・・・。

 例えば、クープランには「イネガルをしないで均等に弾くように」とわざわざ書いてある曲もあります。つまり、イネガルは即興的に、その時々の気分で行うものなので、決め事があるわけではないんです。もし、本当に作曲家が「ターヤターヤ」と弾いてほしかったなら、そう書けばよかったわけで、でも、そうは書いていない・・・。

―― ニュアンスなんですね。バッハのフランス組曲も、イネガルで弾けたら素敵なんでしょうけれど、素敵に弾けるかというと・・・。

 恐れずに挑戦してみることです。「いい感じになってきた」と思える瞬間が来るまでには、ある程度、年月はかかると思います。


―― まずは模倣ですね。ラモーやクープランを弾くときには、チェンバロの演奏をそのまま模倣して弾いてはきたのですが・・・。

 それでいいと思います。それを続けることです!





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:46|Permalink

2017年09月08日

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんへのインタビュー(1)

9月20日にフォルテピアノ第一人者の小倉貴久子さんがMOOK本「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」を出版されます。小倉さんからご快諾いただき、以前私がインタビューさせていただいた記事の抜粋をご紹介していくことにしました♪  
  



【小倉貴久子さんへのインタビュー】
ムジカノーヴァ2014年6月号より インタビュアー中嶋恵美子


20170908101931-4000562

―― 小倉さんのCD『輪舞』に入っている《トルコ行進曲》は、冒頭が「シラーソラド」と短前打音で始まり、中間に来て私たちの聴き慣れた長前打音「シラソラド」が出てきます。おそらく読者の誰も聴いたことのない《トルコ行進曲》なのではないかと。なぜ、冒頭を短前打音で弾かれたのですか?

 モーツァルトは短前打音と長前打音を書き分けていない人なんですね。長前打音は、その記された音価で演奏するのが決まりですけど、モーツァルトは比較的そのあたりをラフに書いていて、繰り返しのときには短前打音で弾いてみたり、ということがあったようです。しかも、長前打音で弾くとはいっても、当時はノート・イネガル(不均等奏法)という重要な演奏スタイルがあって、長前打音で「シラソラド」と弾く場合でも、完全に均一の音価で弾くことはありませんでした。レオポルト・モーツァルトが和音外の音は小さな音符で書く、という決まりを書いていますが、それはその他の音とは違う形で弾く、つまり、そこに何かしらのメッセージがあるということになるんですね。
 「シラソラ」と均一に弾くのも素敵ですけど、シンバルを「ジャ〜ン!ジャ〜ン!」と鳴り響かせて行進するトルコの軍楽隊の模倣とは、ちょっと違うような気がしたんです。



このインタビューで話題にしているCDです。




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 10:17|Permalink

2017年09月06日

フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法

フォルテピアノの第一人者である小倉貴久子さんが、音楽之友社からONTOMO MOOK本を出版なさいます。なんとDVD付!このDVD、予告編を見るだけでもどれだけ素晴らしいかがわかります。「付属といわず、DVDだけでも発売できるんじゃなかろうか?」と思わされるほど内容が濃い。紙面では「フォルテピアノの特性を活かすために現代ピアノではどのように弾いたらよいか」をテーマとした誌上レッスンが展開されるとのこと! 私はもう予約済み。早く届かないかな♪



予告編のプログラムはこんな感じ♪

・モーツァルトが活躍した時代のフォルテピアノのアクション

・ハイドンのソナタを当時のピアノと現代のピアノで聴き比べ

・チェンバロの響きが想定されているハイドンのソナタ第2楽章をチェンバロで演奏

・すべての音を平等に弾くエガールと不均等に弾くイネガルの聴き比べ

・フォルテピアノと現代ピアノの減衰の違いを悲愴ソナタ冒頭の和音で聴き比べ

・モーツァルトのトルコ風について

 

このMOOK本とともに、小倉さんのCD「輪舞(ロンド)」をぜひ聴いてみてください。この予告編に使われているフォルテピアノで演奏しているCDで、モーツァルト曲集となっています。トルコ行進曲については、多分このDVDや誌上で語られているだろうと想像しますが、このCDを聴くことで、より楽しさが倍増するだろうと思います。




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 10:43|Permalink

2017年07月26日

久々に作曲して遊びました

久々に作曲をして遊びました。曲調が先に思い浮かんでしまったため、適当な詩を見つけることができず、苦手にもかかわらず自分で作詞することにしました。


鈍色の空の向こう側   

通り雨 にわか雨
霧雨 小雨 村時雨
雲のまにまに 身を寄せて
ぽつぽつ しとしと こんこんと

通り雨 にわか雨
地雨 氷雨 横時雨
風のまにまに 身を寄せて
やおら しずしず たおやかに
    
鈍色の空の向こう側
おてんとさまが わらってる




クリックで応援してネ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 22:12|Permalink

2017年01月20日

久々に作曲しました

1週間くらい前から、
また作曲して遊びたいなぁと思うようになりました。
癒されるような曲を作りたくて。

今日一日ピアノに向かっていたら、
気持ちがとても暖かくなりました♪


『優しい言葉』

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/674785056037811/?l=2088903813701065882



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 17:37|PermalinkTrackBack(0)

2016年04月05日

教会カンタータ

バッハの教会カンタータ。
アーノンクールとレオンハルトの共作。
2人とも亡くなってしまったけれど、
こんなにも素晴らしい演奏を遺していってくれたんですよね。

 

J.S. Bach: The Sacred Cantatas
Warner Classics
2015-09-24



何年もかけて録音した60枚組が、
14000円ちょっとだなんて申し訳なく思うけれど、
とってもありがたい。


s-DSCF0001


勉強不足で未熟な私は、
こういった資料がなければ右も左もわからない状態。
もちろんすばらしい演奏なので、
聴くだけでも楽しいのですが、
もっとバッハを知りたいと思うと、
どうしてもこういう資料が必要になってきます。

聖書は私にとってそれほど遠いものではなく、
身近なものではあるのですが。
母がクリスチャンだったので、
小さい頃から日曜教会に通っていたのです。
私はクリスチャンにはなりませんでしたが、
聖書の中身はなんとなく体の中に入っているんですよね。

でも、外国語はからきしダメ。
教会カンタータを聴いただけでは、
何が歌われているのかわかりません。
そこで購入したのがこの本でした。




クリスチャンの方が読んだら、
なんだこれ?と思う訳もあると思いますが、
この訳の本意は聖書をひも解くことではないんですよね。


音楽は時間と共に流れていくものですから、
「その時々に歌われている言葉の意味を即時的に理解する」
ことの助けとなることが望ましいと思います。

純粋な日本語からすると
文章や語順が前後しているところが多々ありますが、
原語と見比べ、考えながら読むことで、
原語とそれに作曲された音楽の理解の助けになると確信しています。



こう序文に書かれている通りの訳で、
音楽と言葉が同時進行で入ってきやすく、
韻を踏んだ言葉やその意味、
それらに応じた音楽に
耳が届きやすくなる気がしています。

下の2枚の写真は同じ訳の部分です。
上側の写真はこの本。
下側の写真は岩波文庫の福音書です。


s-DSCF0004

s-DSCF0005


未熟な私にとって、
これだけでは理解するのに足りないので、
下の本も手元に置いています。




教会カンタータ全曲を網羅しているわけではないのですが、
歌詞が聖書のどこからきているのかが書かれていますし、
意味も対訳本よりわかりやすいんですよね。

Eテレ音楽白熱教室の第1回放送で、
当時は毎週日曜日朝10時から3時間の礼拝があり、
説教のあとにカンタータを聴いたとありました。
説教の内容に応じたカンタータが演奏されたのです。

クリスチャンではない現代人の私は、
3時間もの礼拝には耐えられそうにありませんが、
せめてカンタータを聴く前に、
その箇所の聖書を読んでから聴きたいと思いました。
そうすれば当時の空気を感じることができるでしょうし、
カンタータを聴く耳も、
演奏会で聴くのとは全く違って聞こえてくるのではと思って。

教会カンタータを聴くようになって、
ここで使われているコラールの原曲を
知りたいと思うようになりました。
でも、私が持っている讃美歌集には入っていないものが多くて。
そこで見つけたのがこの本です。




バッハが教会カンタータなどに使用したコラール集。
歌詞の対訳だけでなく楽譜もあるというので、
購入することにしました。
今日Amazonで購入したばかりなので、
まだ手元には届いていません。

楽譜は4声ではなく旋律だけのようですが、
ルターの楽譜はもともと旋律だけだったでしょうし、
16世紀半ばくらいから4声になったといっても、
現代歌われている讃美歌では
バッハのハーモニーが使われていることもあるようなので、
旋律だけでもよいのかもしれないと思いました。

これらの旋律に、
バッハがどのようなハーモニーを創造したのか、
という目線で聴くのも面白そう。

ミサ曲に比べると、
教会カンタータは規模が小さく短いですが、
さすがに60枚ともなるとなかなか聴き進みません。
でも、私が求めているのは頭での理解ではなく、
バッハを感じるという体感なので、
急いでも意味がないと自戒しつつ、
ゆっくり聴き進めていこうと思います♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 22:36|PermalinkTrackBack(0)