ピアノ/練習&勉強

2021年02月02日

楽譜からの気づきに心が動かされるということ


🟠 今日のツイートより 🟠

一時期、曲に出てくる第3音全てに丸をつけて、その音をわざと目立たせて弾く練習をしていました。これがとてもよかった!『知っておきたいピアノ表現27のコツ』にも書いたけれど、第3音が意識できてるってとても大切。

分散和音は中の音が薄っぺらだと、モノクロなハーモニーに聴こえてしまう。5421とか、5321の指使いで弾く分散和音は、42、32の指が意識できているだけでハーモニーがカラフルになる。15指の鍵盤を弾いたまま4242や3232と弾く練習がお勧め♬

第3音以外に楽譜に丸をつけて練習した音ーそれはその楽曲の調にない音で、生徒さんには特別な音として見つけさせています。作曲家はここぞというときにそういう音を使うものですね。この特別な音への気づきがあるかないかで奏者の心の動きが違ってくる。

楽譜からの気づきというのは、奏者が心を動かされるかどうかが要で、頭で気づくだけじゃだめなんだよなぁと思ふ。


〜 講座 〜 
なんでも聞きたい!少人数制質問会 
http://musestown.livedoor.biz/archives/52256219.html 
「知っておきたい幼児の特性」シリーズ講座 
http://musestown.livedoor.biz/archives/52249060.html 


〜 書籍 〜










emksan at 18:52|Permalink

2021年01月15日

フランスの作曲家ケクラン

最近、ケクランというフランスの作曲家の楽譜が音楽之友社から出版され、「やさしい」という言葉に惹かれて購入。笑


どれくらい「やさしい」のだろうかと、今日全曲さらっと弾いてみました。やさしいとはいえ初心者向けではなく、いきなり近現代はステップが高すぎる、なんてケースに良さそう。

フォーレ、ドビュッシー、ラヴェルとはまた違った音響を感じ、弾いていて楽しい!この楽譜には、対位法におけるペダリングの工夫や、フランスの響きを作るタッチなど、丁寧な解説も付いています。2声のやさしい曲もあれば、多声の難しめの曲もあり、レッスンに使うだけでなく、ピアノが趣味な人も、ピアノ指導者も味わえる作品集ではと思いますよ♬

早速録画してみました。

次の動画はテンポが遅くなってしまったので、アップしようか迷ったのですが、響きと演奏が気に入っているのでアップすることにしました。



emksan at 19:35|Permalink

2020年12月19日

10年

Twitterより



今は家族に病人がいるため、徒歩圏内だけの生活。電車に乗らず、レッスンはZOOMのみ、コンサートもネットで見るだけだけれど、また小倉さんのコンサートをたくさん聴いて、レッスンもたくさん受けたいな。






 

emksan at 22:25|Permalink

2020年11月28日

「上手」は褒め言葉じゃない?!

上手だったね
頑張ってたね
あんなすごい曲よく弾けるね

いろんな褒め言葉があるけれど、これらの褒め言葉は私にとっては落ち込む原因でしかありませんでした。

音楽としては耳に届いていないんだ。
魅力がないんだ。

私にはセンスがないと思っていたのでなおさら。表現豊かな演奏とはどういう演奏のことをいうのか?私の演奏は「間違いなく楽譜通り」に弾けているけれど無味乾燥。でも、なぜ無味乾燥に聴こえるのかがわからない。なにがどうセンスがないのかがわからない。

指導者になってからもそれは続きました。テクニックがテクニックにしか聴こえない。私のテクニックは表現とは別物。切り離れされている。第一、テクニックと表現がどう一致するのかがわかっていないのだから手に負えない。

指導者になって以来、暗中模索の20年。いつの間にかテクニックと表現が一致するようになりました。ここから先はセンスがないと嘆くのではなく、一生続く自分熟成の楽しみなのでしょう。

ところで、私にセンスがなかったのは「こう表現したい」がなかったからなのかもしれません。先生に言われた通り弾けることが大切で、それぞれの楽曲には「こう表現すべき」という答えがあると思っていました。そこから外れてしまうことが怖かったし、何が外れた演奏で、何が外れていない演奏なのかの区別もつかなかった。再現音楽における自由とは何なのか?再現音楽における表現って何なのか?わからないことだらけ。自分の意見、意思を持っていませんでした。

私を自由にしてくれたもの、私に意思をもたらしてくれたもの。それは「指導者」という立場でした。楽譜を読んだとき「どんな表現ができるのか?」「どんな表現が考えられるのか?」という選択肢がないと、自由にはなれないものですね。私は生徒さんに自由でいてもらいたかった。生徒さんに自分の意見を押しつけたくなかった。

そのためには、生徒さんに表現の選択肢を提示できる能力が必要で、選択肢を提示するには楽譜を読み込む能力が不可欠でした。このとき初めて自分に足りないものがはっきりと見えたのです。

今もまだまだ自分に足りないものはあるけれど、若かりし頃のような焦りはなく、のんびりと一歩一歩を味わいながら、その時々を楽しむゆとりがあります。

20代、30代の人に伝えたい。遠くを見過ぎるのではなく、今の一歩一歩を大切に。大きな一歩ではなく、小さな一歩の積み重ねが本当の力になるものです。「こんな地道で面倒な」と思うことほどたくさんのエネルギーを注ぎ込む。そのエネルギーは40過ぎたら持てないのだから。若いからこそ必死になれるパワーというのがあって、50を目の前にした今、あのパワーは一体どこから出ていたんだろうと思います。若いってすごいこと。

とはいえ、現代の50はまだまだ若い。20代30代の若いパワーには敵わなくても、それまで積み重ねてきた素材がたんまりと手元にあるので、学びの効率ははるかにいいのです。知れば知るほど、点と点は線になりやすい。若い頃は点集めで精一杯でしたが、今は点と点が線になり、たくさんの線と線が交差する広がりの中で学んでいけます。

どうぞ「上手」を目指すのではない奥行きある歩みを大切にしてください。そこには点と点が線になり、線と線が面になる、どこまでも広がり続ける自由があるのだから。






emksan at 15:59|Permalink

2020年11月20日

小倉貴久子さんのオンラインセミナー

音楽之友社がオンラインセミナーを始めました。なんとその第5回にフォルテピアノ第一人者の小倉貴久子さんがご登場!小倉さん大ファンな私が見逃せるはずもなく、早速チケットを購入。音楽之友社オンラインショップは、Amazonアカウントで購入できるのが便利ですね!

教材は、これまた私お気に入りの貴重な楽譜、小倉さん監修のコレ↓。




この楽譜は解説も素晴らしいのですが、講座はこれらの解説をさらに深く掘り下げたものになるのだろうと、今からワクワク。

ちなみに、この楽譜で取り上げられている曲はどれも以下のCDで聴くことができます。演奏はもちろん小倉さん。この講座を受講する人は、是非これを聴いてから受講するのがお勧めですよ〜。当時のスタイルは聴いてみないと理解しにくいことが多々あると思うので。


ソナチネ・アルバム
ソナチネ・アルバム
小倉貴久子
2006-06-07


こんなにも素晴らしいセミナーを企画してくださった音楽之友社には、感謝しても感謝しきれません。感激!来年の3月が待ち遠しい〜!

ピアノの歴史についてもっと知りたいという方は、このブログカテゴリにあるピアノの歴史をご覧くださいね。







emksan at 09:31|Permalink

クラヴィコード版インテルメッツォ〜秋〜

以前FBには投稿したのですが、こちらへもと思います。先ほどの投稿はグランドピアノ。こちらは同じ曲をクラヴィコードで。この楽器での演奏も轟先生にご了承を得てアップロードしています。(現在FBはしていません。乗っ取り後にアカウント停止になったままなので。)








emksan at 00:33|Permalink