ピアノ/練習&勉強

2021年07月17日

クリストフォリを体験してきました!

第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLA。今日は第一日目!体験コーナーでクリストフォリを弾いてきました♬



ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。





ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042








emksan at 22:31|Permalink

2021年07月07日

時代ごとの演奏スタイルを当時の楽器で学ぶ


第3回フォルテピアノ・アカデミーSACLAは、受講生のレッスンが聴講できます。今日はクリストフォリ?それともクラヴィコード?ベートーヴェンはヴァルターかな?受講生は作曲者に応じた楽器を選びレッスンを受けます。

FullSizeRender
FullSizeRender


当時の演奏スタイルを当時の楽器で学べるのが、このアカデミーの素晴らしいところ!ピアノ指導者なら一度は聴講しておきたい内容ですよ〜。







ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。






ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042








emksan at 10:57|Permalink

2021年07月05日

待ちきれない!のでFBでライブ配信しちゃいました。

もうすぐフォルテピアノ・アカデミーSACLA!あまりにも楽しみすぎてライブ配信したのものを編集してYouTubeへアップしました♬











ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042




ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。








emksan at 22:23|Permalink

フォルテピアノ・アカデミーSACLA小中学生ワークショップ



あと5名とありました。まだ間に合いますが早い者勝ちです。8台のフォルテピアノに触れられる機会、日本ではここだけ!博物館ではこんなに弾かせてもらえないですよー。聞いて聴いて見て触れて。

大人はこのワークショップをたった1000円で聴講できます。バッハやモーツァルト、ベートーヴェンの時代のフォルテピアノってどんな音色でどんな機構なの?知らないからこそ新鮮で面白い。知っているとこの貴重な機会がいかに贅沢なのかがわかって貪欲になる。

ーーーーー

フォルテピアノ・アカデミーSACLA
小・中学生ワークショップ

2021年7月18日(日)11:45〜12:45(受付は11:30から)
さいたま市プラザウエスト 多目的ルーム
定員:12名*5月28日より申込受付開始
参加費:1,000円(大人の方も同料金で聴講できます。大人の方同伴の未就学児は無料で見学可)






ピアノレッスンなんでも相談はこちら。
http://musestown.livedoor.biz/archives/52260026.html
IMG_0042



ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。








emksan at 09:24|Permalink

2021年06月01日

轟千尋作曲『目をとじて』



副交感神経が優位になるような、優しい曲。轟先生の作品を弾くと、轟先生ってと〜っても暖かな方なんだろうなと思います。轟先生のピアノへの愛情を感じる一曲です。



ピアノ指導者のための公式LINEを開設しました。お気軽に友だち登録してくださいね。










emksan at 21:22|Permalink

2021年02月02日

楽譜からの気づきに心が動かされるということ


🟠 今日のツイートより 🟠

一時期、曲に出てくる第3音全てに丸をつけて、その音をわざと目立たせて弾く練習をしていました。これがとてもよかった!『知っておきたいピアノ表現27のコツ』にも書いたけれど、第3音が意識できてるってとても大切。

分散和音は中の音が薄っぺらだと、モノクロなハーモニーに聴こえてしまう。5421とか、5321の指使いで弾く分散和音は、42、32の指が意識できているだけでハーモニーがカラフルになる。15指の鍵盤を弾いたまま4242や3232と弾く練習がお勧め♬

第3音以外に楽譜に丸をつけて練習した音ーそれはその楽曲の調にない音で、生徒さんには特別な音として見つけさせています。作曲家はここぞというときにそういう音を使うものですね。この特別な音への気づきがあるかないかで奏者の心の動きが違ってくる。

楽譜からの気づきというのは、奏者が心を動かされるかどうかが要で、頭で気づくだけじゃだめなんだよなぁと思ふ。


〜 講座 〜 
なんでも聞きたい!少人数制質問会 
http://musestown.livedoor.biz/archives/52256219.html 
「知っておきたい幼児の特性」シリーズ講座 
http://musestown.livedoor.biz/archives/52249060.html 


〜 書籍 〜










emksan at 18:52|Permalink