ピアノ/レッスン

2016年12月21日

ムジカノーヴァ連載開始 『表現のコツ』

ムジカノーヴァ1月号から、
『表現のコツ〜自分が求めている音楽を奏でるために〜』を
連載することになりました。

s-DSCF0005


第1回のテーマは ≪余韻をコントロールする≫ です。
楽器の特性を知り、
その可能性を耳や指で感じ取る力を養うことは、
表現する上でとても大切なことではないでしょうか。

先日、中学3年生の女の子に、
最終音のペダリングについてレッスンしました。
曲は、轟千尋さんの『雨上がりの朝』です。

ピアノ曲集 星降る町の小さな風景 -ピアノのための28の小品-
轟 千尋
全音楽譜出版社
2016-06-14


ソナタアルバムを弾いている子なので、
この子にとってはかなり易しい曲集なのですが、
対位法が多く使われている上、
バロックや古典派にはない、
ロマン派・近現代的な響きが豊富に扱われているので、
とてもいい経験になります。

「この曲を作った作曲家の轟千尋さんは、
ものすご〜くアーティキュレーションにこだわりがあったんだと思うなぁ。
ここは、どうしてこういうアーティキュレーションにしたのかな?」

アーティキュレーションの語尾は、
どういう余韻がこの曲のイメージに合うのか?
ペダリングはどうしたらよいのか?
楽器の特性や可能性を知らなければ、
表現しきれない繊細な曲。

生徒さんはこの曲が大好きで、
イメージは存分な広がりと奥行きを持っているのですが、
それを実際にピアノで表現するとなると、
これがなかなか。(笑)

楽器の特性や可能性がわかったところで、
今度は自分の耳を頼りに、
体をコントロールできなければならないのですから、
当然ですよね。

表現を抜きにすれば、
とりあえず楽譜通りに指は動く。
そういう意味でのテクニックはさほど難しくない。
音数も多くない。

こういう一見易しそうに見える曲で、
音楽表現の奥行きを学べるというのは、
本当にありがたいこと。
ロマン派以降の曲は難しい曲が多いですから、
なおさらこの曲集は貴重です。

話が少し逸れてしまいましたが、
この曲の最終音のペダリング。
何度試しても、
なかなか本人の納得がいくような余韻になりません。

そこで、譜面台をピアノから取り外し、
1月号の連載記事に書いたように、
ダンパーの動きを見ながら、
ペダルの実験をしてもらうことにしました。


s-DSCF0006


難しいのは、ダンパーと弦が、
触れるか触れないかという距離からの、
ペダルのコントロールです。

踏み込んだ足を半分上げる程度までは、
それほど難しくないんですよね。
問題はそこから。

ダンパーを覗き込みながら、
あれこれ試す生徒さんの横顔を見ると、
目をきらきらと輝かせて、
ペダルの実験にのめり込んでいるのがよくわかります。

私はこういう瞬間が大好き!
先生に言われたから・・・ではなく、
自分がそういう表現を求めているからこその目の輝き。

この連載では、この曲はこう弾くべき、
こう解釈して、こう弾かなければならない、
という視点で語るのではなく、
楽譜の読み込みから得たイメージを
ピアノで表現するにはどうしたらよいのか? 
という視点を大切に書いていきたいと思っています。

ピアノの練習や表現が、
苦役ではなく、喜びとなりますように。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 15:52|PermalinkTrackBack(0)

2016年11月30日

読譜指導に悩んだら・・・

発達障碍児に限らず、
定型発達児のレッスンについて、
ご相談を受けることがあります。

そういった中には、
発達障碍児に関する相談なのか、
定型発達児に関する相談なのか、
わからないこともあったり。
内容は定型発達の幼児に関する相談に見えるのだけれど、
相談をいただいた入り口は発達障碍関係からだったりするからです。

どうやら、こういったご相談に共通しているのは、
定型発達の幼児に対する知識が少ないことにあるようです。
そのため、障碍があるとかないとかいう以前に、
「どうしてこれができないんだろう?」と悩まれてしまうんですね。

「発達障碍があるから」というのではなく、
定型発達の子でも幼児ってこういうものだよ、
というのがわかってくると、
障碍あるなしに関わらず、
先を見通しながら、
今をどう指導したらよいのかが見えてくるのではないかな、と思います。

特に、ピアノ導入期は読譜について悩む先生が多いのではないでしょうか。
ドレミはすぐ覚えるのに、ドシラはなかなか覚えないとか、
ソの上の音は? シの下の音は? といった質問に答えられないとかetc.
読譜は、音の並びが反射にならないために、
つまづいてしまう子が多いように感じています。

せっかく勇気を持って、
私に相談してくださったのだから、
なるべくならその場でご説明をと思うのですが、
読譜に関しては、
説明しようとすると文字量がものすごいことになってしまい、
本を紹介するしかできなくて、申し訳なく思っています。

でも、第1章から第3章ほどの文字量なので、
これだけは仕方ないのかなと思ったり。
『知っておきたい幼児の特性』(音楽之友社)の
読譜指導に役立つ目次の一部を、
こちらにご紹介させていただきますね。

知っておきたい幼児の特性: ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に








知っておきたい幼児の特性: ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に [単行本]
中嶋 恵美子
音楽之友社
2016-05-11

第1章 幼児の特性を知る
1 7歳頃までの幼児の特性
2 ドレミはわかってもドシラはわからない
3 幼児はなぜ、文字を左右反転させて書くのか?
4 音楽は時間、楽譜は空間
5 手先の器用さは5歳から


第2章 幼児の特性に合わせた読譜指導
1 幼児は誤解をする
2 定着させる
3 音の並びを経験させる
4 音の高低を体感させる
5 拍子を体感させる
6 拍子を体感しながらリズムを学ばせる


第3章 情報量が多いと幼児は混乱する
1 幼児の眼球の動き
2 中心化
3 風船と指番号
4 ひとつのアプローチに目的はひとつ


第4章 どこに焦点を定めるのか
1 楽曲における読譜の細分化



以下の目次は、
読譜以外について書いているので、
省かせていただきますね。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:50|PermalinkTrackBack(0)

2016年10月17日

SYOTAくんの作品『夕日の笛』動画

広汎性発達障碍のSYOTAくん。
作品を録音して自宅のパソコンでCDを作ろうと、
1年以上前から取り組み始めています。

この1年は、SYOTAくんが
CDに残したいと思える曲数が少なかったので、
作曲をし続けてきましたが、
先々週くらいから録音を開始しました。

すべてを録音したら、
主人にCDを作ってもらって、
教室のみんなに配ろうね、とお話しています。

動画は『夕日の笛』です。
SYOTAくんのどの作品にも、
私の音はひとつも入っていません。
すべてがSYOTAくんの音、SYOTAくんの世界観です。

素敵なCDになりそう♪

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/625707970945520/?l=3938700295451421565


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:19|PermalinkTrackBack(0)

2016年08月06日

発達障碍ピアノレッスン・FB非公開グループ

FBに開設した『発達障碍ピアノレッスン』グループは、
ピアノ指導者・楽器店の方限定の非公開コミュニティです。
現在521名のメンバーがいます。

ピアノ指導者であれば、
発達障碍の生徒さんがいないという方でもメンバーになれます。
メンバーに属していることは公開されますが、投稿の内容は非公開。 
私はあくまでも管理人なので、
私とFBで繋がっていなくてもお気軽にメンバーリクエストくださいね。

どんなお立場の方も、
発達障碍児へのピアノレッスンに興味がある方であれば大歓迎です。
お互いの立場を越え、メンバー全員が平等な立ち位置で、
純粋に発達障碍児のピアノレッスンについて語り合っています。 

参加ご希望の方は、下記リンクからメンバーリクエストしてください。
https://www.facebook.com/groups/458864134300478/

ピアノ指導者かどうかわからない場合、
確認のために神野由香さんから
メッセージを送信させていただくことがあります。
由香さんと繋がっていない方、
共通の友だちが少ない方は、
受信箱にメッセージが入らない可能性があるので、
「もっと見る」⇒「フィルタ済み」を必ずご確認ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


【楽器店の方へ】

楽器店の方もメンバーになることができます。
ただし、メンバーが迷惑に感じるような営業行為はお控ください。
苦情が出た場合、
メンバー削除やブロックなどの対処をさせていただくことがあります。
もちろん発達障碍に関する告知は、どんどんしていただいて構いません♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 12:24|PermalinkTrackBack(0)

2016年07月29日

SYOTAくんの自作曲

SYOTAの部屋に自作曲をアップしている、
広汎性発達障碍のSYOTAくん新曲です。
リンクの動画は先月の発表会のものです。

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/589791837870467/?l=7328395243672247629

『荒野に立ち向かう』

仕事でストレスになることがあるので、
それに立ち向かうために作った曲です。
この曲を聴いたみなさんは、
きっと明るく前向きになれると思います。(本人より)


次のリンク動画はSYOTAくん演奏で、
ショパンのノクターン第1番です。

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/589803331202651/?l=4195385880125201330


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 20:24|PermalinkTrackBack(0)

2016年07月19日

戻ってきてくれる生徒さん

生徒さんたちとの出会いは一生ものと、
いつも思います。

けれど、趣味でピアノを続ける生徒さんにとって、
ピアノと生活が常に両立するとは限らないわけで、
やめたような、お休み中のような、
いや、お休みと思っているのは私だけで、
生徒さんはやめたつもりになっているのかも?
なんていう中途半端な時期が生まれます。

レッスンをしなくなっても年賀状のやりとりは続いていたり、
生徒さんによっては1年に1回といわず、
もうすこし頻繁にやりとりがあったり。
お付き合いは一生ものなので、
交流は続くことが多いんですよね。

中学1年生の男の子。
先月の発表会で花束を持ってきてくれました♪
家の事情やら何やらで、
小学3,4年生頃から定期的なレッスンはできておらず、
運が良ければ半年に1回くらいレッスンに来る、という子です。

中学生になったら
定期的なレッスンを復活させたいと言っていたのですが、
思った以上に中学生活が大変な様子で、
毎週のレッスンは無理そうとの話。
でも、夏休みを利用してレッスンを受けたいと、
メールをくれました。

中学にはピアノを弾く友人がいるようで、
「弾きたい曲がたくさんあります!」と
先日のレッスンで目をキラキラと輝かせながら教えてくれました。
夏休み中に何度かレッスンに来てくれる予定です。

中学3年生の女の子。
この子もいろいろと事情が重なり、
小学校高学年のときにレッスンをやめた子です。
年賀状のやりとりは続いていたのですが、
ほとんど音沙汰なしの状態に。

ところが先月、突然お電話があり、
再会することになったのです。
お茶とお菓子を囲んでのおしゃべり。
そこには何も変わらない以前のままの関係性がありました。

先日は数年振りのレッスン。
もう中学3年生だし、
久々のレッスンで様子がわからないから、
弾きたい曲を持っておいでと伝えていました。

持ってきてくれたのは、『ハロ・ハワユ』のピアノ・ソロ。
ネットで手に入れたという楽譜は
「こんな楽譜あり得ない〜!」と笑っちゃうくらいめちゃくちゃなもの。
売っている楽譜ではなく、
多分、愛好家の人が打ち込んだ楽譜なんですよね。

「楽譜が変なところは、聴きながら弾いてきたんですが、
わからないところだらけで」とのこと。

2人でめちゃくちゃな楽譜に笑いながら、
この子のスマホに入っているこの曲を聴きながら、
左右がどういう兼ね合いになっていて、
右手がどういうリズムになっているのかを検証。
「こりゃ、いいソルフェージュになるね〜!」と
とても楽しいひとときを過ごすことができました。

前述の子も、この子も、
変な癖はついておらず、
基礎を保持していてくれていたことで、
まっさらな状態からレッスンを開始することができます。

ピアノを再開したときに、
楽譜が読めて、基礎が身についているというのは、
本当に大切なことなのだと、
改めて思わされました。

後者の中学3年生の子は、
ピアノを辞めてからの数年間、
全くピアノを弾いていなかったにもかかわらず、
指が弱くなり、指の独立が多少甘くなっている程度。
基礎的な動きを忘れているわけではないので、
大して苦労せずにレッスンを進めていけそうです。

以前使っていたフィンガーウェイツを復活させ、
コルトーのピアノメトードの練習方法を伝授しました。

先月の発表会には、
18歳の子も遊びに来てくれたのですが、
この子は高校1年の頃、
ソナタアルバムでピアノを辞めました。
ソナタといってもソナチネの直後くらい。

発表会後の親睦会で、
ベートーヴェン『悲愴ソナタ』の一部を聴かせてくれました。
指も動いているし、なにせ読譜が苦手だったはずの子が、
こんなに読譜できるようになっていることに驚き。
読譜は苦手だったんじゃなくて、
ただ単に面倒だっただけなのよね・・・みたいな。(笑)

この子もレッスンを復活させたいと言ってくれているのですが、
なにせ朝から晩まで塾という受験生。
レッスン時間を捻出するのは、なかなか難しいようです。

私の教室は小さくこじんまりとした教室なので、
生徒さんがひとり、ふたりといなくなると急に寂しくなります。
一時期、寂しくなったなぁと思っていたのですが、
こうして再開してくれる生徒さんたちが現れると、
無理して新しい生徒さんを入れようとしなくてよかった、
空き時間があってよかったと思ってしまいます。(笑)

生徒さんたちの人生はいろいろ。
ピアノから離れる時期があったとしても、
私の教室は以前と変わらない空気感で、
存在しているということ。
戻ってきたときに「お帰り」と、
私だけでなく生徒さんたちみんなで喜び合える教室。

そんな、ひとりひとりの人生に寄り添える教室が、
私の求めている教室なんだなぁと思います。
音楽っていいですね♪
求めればいつでも寄り添ってくれる。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 12:21|PermalinkTrackBack(0)