ピアノ/知識

2016年04月04日

オルゴール共鳴実験その2(ダンパーペダルをつける)

先日投稿したオルゴール実験動画。

あの実験を通して、
響板というのは低音、中音、高音のバランス、
音のまろやかさや深みといった、
楽器の音色そのものに影響を与えるものなのだと、
実感することができました。

ピアノによって響板の性質は違うでしょうから、
各音域のバランスや音質も
ピアノによって異なるだろうと思うと、
いろんなピアノで試してみたくなっちゃいます。(笑)

ちなみに、今回ここまで実験が成功したのは、
発音機械が20弁(20音)だからだと思います。
黒鍵に相当する音はありませんが、
低音から高音までをバランス良く聴きとることができたんですよね。
高音だけのオルゴールでは、
ここまで響板の性質を感じることはできなかっただろうと思います。

ところで、先日は実験に夢中だったので、
響板の真下でしか聴くことができませんでした。
次の動画は、
主人にピアノの下にもぐってオルゴールを廻してもらい、
私はピアノの上で聴いたものです。

その後、弦の共鳴を加えるとどうなるんだろう?と、
ダンパーを踏んだ状態の実験に切り替わります。
音が濁ってしまうかなと思いきや!
私はこっちの方が断然好き♪

あなたのピアノがオルゴールに!

なんて宣伝文句で、
響板に取り付けるタイプのオルゴールが販売されたらなぁ。
手放しで聴けるようにセットする工夫さえあれば、
美しい装飾などいらないので、
5000円くらいで販売できないものだろぅか。

どんなに高いオルゴールだったとしても、
ピアノの響板ほど性能のよい共鳴体は
なかなか作れないだろうし、
響板と同じ大きさの共鳴体を持つオルゴールなんて、
大きすぎて売り物にならないだろうし。(笑)

しかも、ピアノをオルゴールにしてしまえば、
響板だけじゃなくピアノの箱そのものが鳴るんだもの。
響きの広がりが違う!

ああ、欲しいなぁ。
そしたら何曲か買い揃えてしまいそう〜。





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 21:54|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年04月02日

オルゴール(面白い実験動画付)

浜名湖へ一人旅。
浜名湖オルゴールミュージアムへ行ってきました。


s-DSCF0079


展示されている所蔵品を使用した、
解説員による約20〜30分間のオルゴールの実演会。
上の写真は手回しオルガン。
一度まわしてみたいと思っていたんですよね〜。


s-DSCF0080


まわしてみたい方・・・と言われ、
手を挙げたのは男の子と私だけ。(笑)
こんな機会は滅多にないのでまわしてきました♪
写真手前の小さなハンドルはカード巻き戻し用。
演奏は奥にある大きなハンドルを回します。


s-DSCF0081


中はこんな感じ。
穴を空気が通り音が鳴る仕組みです。
この楽器を初めて知ったのはアルプスの少女ハイジでした。
アニメを見るたび、
回してみたくてたまらなくなったことを覚えています。

実際にやってみると回し方がとても難しくて、
テンポを感じて回すと音楽が上手く流れないようです。
拍を感じた瞬間勢いがついてしまうからかな。
一定に回さないとダメなんですね。

下の写真は何だと思いますか?


s-DSCF0082


自動演奏ピアノです。
酒場やレストランでコイン1枚入れると聴けたそう。


s-DSCF0083


残念なのは、これは多分再生専用だろうということ。
浜松楽器博物館に置いてあるものとは違うのかなと思います。
あちらの中身もどうなっているのか見てみたい!
まぁ、見たところでタッチやらペダリングやら、
ピアニストが奏でる音楽を、
何故あそこまで繊細に記録することができるのか、
私には理解できないだろうけれど。(^_^;)

ところで、このミュージアムショップには、
リュージュの144弁のオルゴールが置いてありました。
もちろんガラスケースの中に。
高価過ぎて私にはとても手が出ませんが、
一度聴いてみたかったんですよね〜。

「私にはとても買えないのだけれど、
聴かせていただくことはできますか?」

年を重ねるって、図々しくなれるということですね。(笑)
思い切ってお願いしてみることにしました。
とっても親切で笑顔の素敵な店員さん。
72弁と144弁、どちらもたっぷりと聴かせてくださいました。


s-DSCF0092


上の写真は144弁。
聴かせていただいたときは聴くのに夢中で、
写真に撮るのを忘れてしまいました。(^_^;)
なので、ガラスケースに収まっている状態をパチリ。
あまりよく撮れていないのですが、すばらしい響きでした!
こればかりは録音では伝わらないのではと思います。

でも、面白い実験を店員さんにお願いして、
録画させていただいたんですよ。
私ってどこまでも図々しいですね。(^_^;)
こうしてネット上にアップすることも快諾してくださり、
録画させてくださった店員さんには、
本当に感謝です。

オルゴールをより豊かな響きで聴くために、
店内には動画のような特別な板がありました。
持ってみるとものすごく軽いんですよ。
乾燥していて響きやすそうな木材。
ピアノの響板のようなものです。

動画はヘッドフォンをつけて聴かないと、
違いがわかりにくいかもしれません。





さて、ここからは家に帰ってきてからの実験。
レッスンで生徒さんにアプローチしようと思い、
さっそく主人に付き合ってもらいながら実験を開始しました。


s-DSCF0200


これは私が買ってきたカード式オルゴールです。
ミュージアムショップでは製作キットも売られており、
そちらは蓋が開いて、
中の構造が見えるようになっていました。
でも、響きはこちらの方が断然よくて。

生徒さんたちに構造を見せたい!
でも、響きのよいオルゴールも欲しい!!!

こうお話すると、
店員さんがすばらしいアイデアをくださいました。
製作キットは部品を別売しているので、
音が鳴る機械だけを買うことができるというのです。
しかも、この機械があると共鳴の実験ができちゃう。
この共鳴実験も店員の方のアイデア♪


s-DSCF0197


カード式オルゴールはカードの孔が、
オルゴール本体のスターホイールという歯車を捉えて回転させ、
そのスターホイールが音源である櫛歯をはじく仕組みです。


s-DSCF0198


ちょっと見えづらいですが、
上写真の中央と右側の隙間を見ていただくと、
櫛歯があるのがわかります。
この櫛歯を、先ほどの写真の突起がはじくことで音が鳴ります。

でもね、これだけだとホント、かすかな音しかしないんです。
それが何故豊かな響きになるのか?
次の動画はピアノ指導者の方であれば、
みなさん生徒さんと実験してみたくなるであろう、
共鳴実験の動画です。
テーブルと、ピアノの響板を使っています。

オルゴールを通して、
ピアノという楽器がよくわかる実験です。
こういう実験をすると、
響きを実感しながら弾けるようになると感じています。





ところで、このカード式オルゴールは、
カードを替えれば自作曲を奏でることもできます。
まずは孔あけに慣れるため、
マークにしたがって孔をあければよいだけのカードを購入しました。


s-DSCF0201


右側の金具は専用の孔あけパンチャー。
これに慣れてきたら自作曲に挑戦かな。
生徒さんにも挑戦してもらえると思ったので、
多めにカードを購入しました。
カードは1枚100円程度と安いんですよ♪


s-DSCF0202


五線になっているのでわかりやすそうですが、
リズムが難しそうです。
慣れるとリタルダンドなども考えて作れるらしい。
使える音は20音。ただし黒鍵に相当する音は使えません。
ハーモニーにかなりの工夫が必要そう。
トロイメライなど豊かな響きでアレンジされた、
素敵なカードが売られているので、
アレンジ次第なのでしょうね〜。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 14:31|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年02月28日

フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんへのインタビュー記事




ムジカノーヴァ3月号に、
日本で第一人者のフォルテピアノ奏者小倉貴久子さんの
インタビュー記事が載りました。

2014年6、7月号のインタビューは4時間に及び、
貴重なお話にもかかわらず、
読者のみなさんにご紹介できないものもあったので、
いつか機会があればご紹介したいと願い続けてきました。

とうとう念願叶って、
小倉さんのワクワクする楽しいお話を
みなさんにお届けできることになり、
とても嬉しく思います。

ご興味のある方は、
是非手にとって読んでみてくださいね♪


s-DSCF0001

s-DSCF0002

s-DSCF0003


小倉貴久子
浜松市楽器博物館
2008-05-07




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:49|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2014年08月15日

ピアノの共鳴

先日レッスンで、
生徒さんと面白い遊びを堪能したのでご紹介♪
声でピアノを共鳴させる、という遊びです。

ペダルを踏んで、弦を解放させます。
ピアノの蓋は全開より半開がお薦めです。
繊細な響きなので・・・。
とはいえ、上手くいけばとても豊かに響きます。

上手く共鳴させるには、
声の響かせ方にコツが必要です。
しゃべり声ではダメ。
声そのものが響いていないと、
弦は豊かに共鳴してくれません。

ピアノの演奏と同じなんですよね。
体の力がいい具合に抜けて、
芯のあるポ〜ンとした響きのある声。

昨日ある子のソルフェージュで、
声がうまい具合に響いていなかったので、
このアプローチをしたら、
一気に声が伸びやかに響くようになりました。(笑)
響きを意識するということが、
声にしてもピアノにしても、
いかに重要かということなのだなぁと思います。

とはいえ、私は声楽専門ではないので、
ピアノが共鳴するように歌うのは、
とぉっても難しい。(^_^;)
バロックの発声法で、
共鳴させたところを聴いてみたいなぁ。

動画はカメラで録画したものです。
実際には豊かに共鳴していても、
繊細な響きまでは録音されにくいようです。
かなぁり耳を澄まさないと、
私の声ばかりが聴こえてしまふ。(笑)

ヘッドフォンで聴く方が、
ハーモニーの響きが
よく聴こえてくるのではと思います。


【おまけ】

ピアノの共鳴の補足。
母音の違いまできちんと共鳴してくれます!
アとウでは、明らかに響きが違うのですよ。
汚い声で歌えば、汚く共鳴しますし、
オンチで不安定な音程で歌えば、それをそのまま・・・
というかそれ以上に拡大させてオンチに響きます。(笑)

先程「面白い遊びを思いついたよ!」と、
主人をピアノの部屋に呼んで聴かせてみせました。

「音って減衰するじゃん?
だから、最初の音を大きく歌って、
後の音を小さく歌ったら、
もっとハーモニーがきれいに響くんじゃない?」 と言われました。

そうだよそうだよ〜!!!
なんで録画したとき気付かなかったんだよ〜〜〜っ!!!!
なんだかくやしい。(笑)
ピアノを弾くということは、こういうことなんだなぁとつくづく。





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 13:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2014年06月25日

モーツァルト時代の即興

ムジカノーヴァ7月号。
フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんへのインタビュー後篇。



6月号では、

・モーツァルトのトルコ行進曲の前打音
・フランスのバロックやモーツァルトにおけるイネガル
・フォルテピアノから学ぶモダンピアノの際のタッチ
・フォルテピアノという楽器の特性から生まれる表現


などについてお話いただきましたが、
7月号では、

・天才モーツァルトが育まれた背景
・モーツァルト時代の即興
・時代感を知るとはどういうことなのか


などについて、とてもわかりやすい語り口でお話くださっています♪
6月号も、今月号も、
小倉さんの以下のCDをお聴きいただくと、
さらに内容を深くご理解いただくことができるのではと思います。
私のお宝となっているCDです。




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年05月20日

オントモ・ヴィレッジ動画の解説(6月号)

ムジカノーヴァ6月号で、
フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんへ
インタビューさせていただいた際の様子が
動画配信されています。

小倉さんのご自宅はまるで博物館!
とても貴重な動画と思ったので、
こちらで解説をと思います。

http://www.ontomovillage.jp/cottage/musicanova/movie/5990


【音域による音色の違い】

最初に出てくる楽器、
私がド〜ミ〜ソ〜と音色を確かめている楽器は、
1795年製ヴァルターの復元楽器です。
ここで、低音域ドミソ〜中音域ドミソ〜と弾いています。
動画でも音域による音色の違いが、
明らかにおわかりいただけるのではと思います。

当時の楽器は、低音域、中音域、高音域が、
まるで違う楽器のように音色が違うんですね。
私はここまで違うとは思いもよらず、
本当に驚かされました。

この音色の違いを体感してから、
ソナチネ・アルバムなどを見ると、
そっか、そういうことか〜!と思わされます。
作曲家はこの音域の音色の違いを
生かすための作品を作っていたんですね。


【膝レバー】

ほんの一瞬ですが、
ヴァルターを弾く、
私の膝のあたりの動画が出てきます。
文字で「膝レバー」と解説が出ていますが、
これは、前述ヴァルターの膝レバーです。
当時は、このようにペダルと同じ機能が、
膝のところにあったんですよね。

実際にこの楽器に座って、
膝レバーを使ってみての感想は、
なんて楽器が身近なんだろう!ということでした。
鍵盤もモダンピアノより少ないですし、
膝を膝レバーに当てようと思うと、
かなりピアノと近づく形になるんですよね。

まるでピアノを抱きかかえているかのような感じ。
古楽器にヴィオラ・ダ・ガンバという、
抱えて演奏する弦楽器があるのですが、
その楽器を抱えたときと同じような感覚があり、
感動を覚えました。


【プレイエルの第2響板】

これはとても貴重。
こちらもプレイエルのオリジナルです。
小倉さんが最近手に入れた楽器とのことで、
小倉さんのご著書↓にも載っていない楽器なのですヨ。


私は第2響板という存在を、
この日初めて知りました。
動画内で第2響板の効果について、
小倉さんがお話くださっています。


【ナネッテ・シュトライヒャーの息子のオリジナル楽器】

これもオリジナル。
博物館に置いてあってもおかしくない楽器が、
見事に調整され、
資料として見るだけの楽器ではなく、
コンサートで弾くための楽器になっているというのは、
とてもとても貴重で、まるで夢のようでした。
しかも、すばらしい音色だったのですよ。

このすばらしい音色が、
動画だけでは伝わらないのが辛いところ。
是非小倉さんの演奏会をチェックしていただいて、
この楽器を使用するコンサートを逃さず、
聴きに行ってみてくださいね。

私は小倉さんのこの演奏で、
泣いてしまいました。
あまりに美しい響きのシャワーが、
私に降り注いできたので。

というのも、
その前に弾かせてもらったんです。
もちろんそれだけでも、
なんて美しい響きなんだろうと、
この楽器に感動していたんですよ。

ところが、その後小倉さんが弾いてくださったとき、
私とはまるで違う響きが、
この楽器から放出したんです。
まさに、放出という感じ。
全身がまばゆい光のハーモニーに包まれました。
それはもう、言葉にできない衝撃で、
ずっとこの響きを浴びていたい、
そう願わずにはいられないような響き。

この響きのシャワーを、
動画でお伝えできないのが残念。
響きの広がりというものは、
その場にいないと体感できないものですよね。
でも、音色の美しさは、
動画でも感じていただけるのではと思います♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック