音楽/本・CD

2017年09月11日

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんへのインタビュー(3)

ムジカノーヴァ編集部に相談させていただき、抜粋ではなく全文掲載することにしました♪ 今回は第3弾! 第3弾と第4弾は、ピアノを弾く者なら誰もが興味を持つ内容だろうと思います。フォルテピアノの奏法や表現はモダンピアノと何が違うのでしょう? そして、それをモダンピアノに生かすにはどうしたらよいのでしょう? 9月20日に発売される「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」のイントロダクションになるような内容ですね。9月20日が待ち遠しい!

フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法 (ONTOMO MOOK)
音楽之友社
2017-09-20







【小倉貴久子さんへのインタビュー】
ムジカノーヴァ2014年6月号より インタビュアー中嶋恵美子

20170911114953-2850376


―― 『輪舞』のCD(記事最下部参照)を聴いて強く感じたことがあります。「これこそがモーツァルトのアーティキュレーションだ!」って。重力がフッと抜ける瞬間があって、それがモダンの抜けとは違うんです。管楽器専門誌『パイパーズ』388号のインタビュー記事の中で、小倉さんは「フォルテピアノは自然にアーティキュレーションがかけやすい」とおっしゃっていましたが、奏法や表現というのは、フォルテピアノのどういった特性から生まれるものなんでしょうか?

 まず、鍵盤が軽いというのは大きいですね。ちょっとした指先の動きで音が出てしまう。モダンピアノでも、例えば、タカギクラヴィアの社長、高木裕さんがホロヴィッツの専属調律師だった方にお聞きして、ホロヴィッツが使っていたのと同じ仕様に調整したスタインウェイをお持ちなのですが、そのピアノはとにかく軽い。でも、軽いということは危険も伴います。ミスをしやすくなるんですね。
 高木さんは、そのピアノのことをF1仕様だとおっしゃっていましたが、F1の車は、ほんのちょっとハンドルを動かすだけで操作できるけれど、乗用車がその仕様では事故が続発して危険すぎる。乗用車はハンドルに遊びの部分がたくさんあることで安全性を高めていますからね。フォルテピアノもF1カーと同じ。事故、つまりミスタッチしやすい反面、ちょっとした動きでいろんなことができるんです。


 そのひとつが、自然なアーティキュレーションですね。アーティキュレーションの切れ目で、音を切り上げた(手首をフワッと上げて鍵盤から指を離す動作をした)とき、モダンピアノだとアーティキュレーションによってフレーズが分断されやすい。音を切り上げるためには、フォルテピアノより大きな動作が必要となりますからね。そうなると、古典派の作品や、ロマン派でもショパンは古典的な人でしたし、シューマンの音楽も言葉と密接な関係がありますから、そういった作品の演奏ではフレーズは分断したくないけれど、アーティキュレーションをつけないと何を言っているのかわからなくなってしまう。その点、作曲家たちが生きていた時代の楽器だと、アーティキュレーションによってフレージングが分断される危険性はぐっと減るわけです。
 でも、モダンピアノをずっと勉強してきた学生は、フォルテピアノのレッスンで私からよく言われていますね。切るという動作を手首でやってしまうと、フレーズはそこで分かれてしまいますよ、と。


―― ひとつのフレーズに、手首の動きはひとつ。

そうです。フォルテピアノでは、指の第1関節のちょっとした動きだけでアーティキュレーションが表現できる。でも、モダンをずっと弾いてきた人は、フォルテピアノならではの音の反応、奏法に慣れるのにどうしても時間がかかりがちですね。

パイパーズ388号 パイパーズオンラインショップに1冊在庫があるようです。パイパーズのバックナンバー情報はこちら。バックナンバーの在庫がない場合は、希望の記事をコピーし、1ページ108円で販売してくれます。





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 13:37|Permalink

2017年09月10日

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんへのインタビュー(2)

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんのMOOK本「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」が、9月20日に出版されます。あまりの嬉しさに大興奮。以前インタビューさせていただいた記事を抜粋でご紹介しています。第2弾となる今回は「ノート・イネガル」についてです。

先日投稿した予告編動画を観ると、「ノート・イネガル」を詳しくお話くださっているようでとても楽しみ! 「イネガルって何?」 もっと知りたくなった方は、ぜひこの書籍と付属DVDでイネガルを体感してみてくださいね。


20170908101931-4000562

【小倉貴久子さんへのインタビュー】
ムジカノーヴァ2014年6月号より インタビュアー中嶋恵美子

―― ところで、そもそもノート・イネガルというのは?

 フランスのバロック、ラモー、リュリ、クープランあたりからですね。当時のフランス人が「ドイツ人はノート・エガール(均等)に弾く」と書いた文書が残っています。もちろん、ここで言う「エガール(均等)」は、21世紀スタイルのエガールとは違いますけれど、17、18世紀には、「ノート・イネガル」奏法を相当やっていたようです。2対1くらいでターヤターヤ(ドーレミーファ)と弾いたり。

―― 3連符くらいですよね。

 ただ、2対1にすればフランスのバロック音楽の雰囲気が出るかといったら、そんな単純なものではない。フランス文化とドイツ文化は全然違うものですから、やはりそこにはセンスが求められます。

―― ノート・イネガルにルールはあるのですか?

 北伊イタリアのロンバルディア地方のイネガルは、「タヤータヤー(短長・短長)」と反対だったと言われていますね。でも、これはある特定の地域だけで、「ターヤターヤ(長短・長短)」が一般的です。

―― 楽譜に書かれた音符すべてを長短で弾くとおかしいですし、実際同じ曲でも、こっちは長短、こっちは均一でとチェンバロ奏者によって違いますよね。その規則性がわからないのですが・・・。

 例えば、クープランには「イネガルをしないで均等に弾くように」とわざわざ書いてある曲もあります。つまり、イネガルは即興的に、その時々の気分で行うものなので、決め事があるわけではないんです。もし、本当に作曲家が「ターヤターヤ」と弾いてほしかったなら、そう書けばよかったわけで、でも、そうは書いていない・・・。

―― ニュアンスなんですね。バッハのフランス組曲も、イネガルで弾けたら素敵なんでしょうけれど、素敵に弾けるかというと・・・。

 恐れずに挑戦してみることです。「いい感じになってきた」と思える瞬間が来るまでには、ある程度、年月はかかると思います。


―― まずは模倣ですね。ラモーやクープランを弾くときには、チェンバロの演奏をそのまま模倣して弾いてはきたのですが・・・。

 それでいいと思います。それを続けることです!





クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:46|Permalink

2017年09月08日

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんへのインタビュー(1)

9月20日にフォルテピアノ第一人者の小倉貴久子さんがMOOK本「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」を出版されます。小倉さんからご快諾いただき、以前私がインタビューさせていただいた記事の抜粋をご紹介していくことにしました♪  
  



【小倉貴久子さんへのインタビュー】
ムジカノーヴァ2014年6月号より インタビュアー中嶋恵美子


20170908101931-4000562

―― 小倉さんのCD『輪舞』に入っている《トルコ行進曲》は、冒頭が「シラーソラド」と短前打音で始まり、中間に来て私たちの聴き慣れた長前打音「シラソラド」が出てきます。おそらく読者の誰も聴いたことのない《トルコ行進曲》なのではないかと。なぜ、冒頭を短前打音で弾かれたのですか?

 モーツァルトは短前打音と長前打音を書き分けていない人なんですね。長前打音は、その記された音価で演奏するのが決まりですけど、モーツァルトは比較的そのあたりをラフに書いていて、繰り返しのときには短前打音で弾いてみたり、ということがあったようです。しかも、長前打音で弾くとはいっても、当時はノート・イネガル(不均等奏法)という重要な演奏スタイルがあって、長前打音で「シラソラド」と弾く場合でも、完全に均一の音価で弾くことはありませんでした。レオポルト・モーツァルトが和音外の音は小さな音符で書く、という決まりを書いていますが、それはその他の音とは違う形で弾く、つまり、そこに何かしらのメッセージがあるということになるんですね。
 「シラソラ」と均一に弾くのも素敵ですけど、シンバルを「ジャ〜ン!ジャ〜ン!」と鳴り響かせて行進するトルコの軍楽隊の模倣とは、ちょっと違うような気がしたんです。



このインタビューで話題にしているCDです。




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 10:17|Permalink

2017年08月20日

読み継いでいきたい音楽本12冊♪

5年以上前に刊行された、本当にお勧めしたい音楽本だけを紹介するサイト「読み継いでいきたい音楽本」にご寄稿いただいている方々です♪ 先日の更新で12冊となりました。今後も増えていく予定ですので、どうぞお楽しみに!
 
【藤 拓弘(とう たくひろ) 】
株式会社リーラムジカ代表取締役。東京音楽大学ピアノ科卒業、東京学芸大学大学院修了。ハンブルク音楽院(ドイツ)修了。全国のピアノ指導者に価値ある情報を提供する「ピアノ講師ラボ」主宰。「ピアノ講師のつながるプロジェクト」を展開し、メルマガ「成功するピアノ教室」の読者数は5,000名を超える。「成功するピアノ教室〜生徒が集まる7つの法則」(音楽之友社)、「レッスン力を上げる55の言葉」(ヤマハミュージックメディア)など著書多数。ピアノ指導者のための「レッスン手帳」など監修も数多く手がける。
ピアノ講師ラボ https://www.pianoconsul.com/labo/

【愛野 由美子(あいの ゆみこ) 】
大分県別府市に在住し、「クラシックをもっと身近に」をテーマに演奏活動を行う。2006年にはCD「やわらかな時」を発表。2010年および2013年にはiichiko 総合文化センター「音の泉ホール」にて、ソロ・ピアノリサイタルを成功させた。2016年には別府市ビーコンプラザで行われたピアニスト本多昌子との2台ピアノデュオ演奏会が好評を博した。「愛野由美子ピアノ教室」主宰。別府溝部学園短期大学非常勤講師。日本ピアノグレード認定協会(PIARA)コンクール審査員。九州山口ジュニアピアノコンクール審査員。
愛野由美子ピアノ教室  http://www.ctb.ne.jp/~yusato/index.html

【辻 有里香(つじ ゆりか) 】
東京でユリカミュージック(バイオリン)スクール主催。バイオリン、ビオラ指導者。古楽好きでバロックバイオリンとビオラ・ダ・ガンバを教室に置く。合奏を通して、「人との協調」「音楽」を教えるレッスンを続けている。
ユリカミュージックスクール http://www.yurikaviolinschool.jp/

【金田 陽子(かねだ ようこ) 】
ピアノ指導者。感じとる力や感動する心を育てる金田音楽教室主宰。
金田音楽教室 http://www.kaneda-piano.com/index.html
クリスタリーヌ http://kaneda-piano.cocolog-nifty.com/

【塚田 聡(つかだ さとし)】
古典派音楽をこよなく愛するホルン奏者。フラウト・トラヴェルソを愛奏。
ラ・バンド・サンパ http://kikuko-mdf.com/sympa.html
古典派シンフォニー百花繚乱 http://www.ab.auone-net.jp/~symcla/18/biao_zhi.html
シューベルト研究所 http://schubertinstitut.com/index.html


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 14:29|Permalink

2017年07月29日

7冊目の読み継いでいきたい音楽本

新サイト「読み継いでいきたい音楽本」が軌道に乗り始め、今日の更新で7冊となりました。これまでに寄稿してくださった方々をご紹介しましょう♪


塚田 聡(つかだ さとし)さん
古典派音楽をこよなく愛するホルン奏者。フラウト・トラヴェルソを愛奏。
ラ・バンド・サンパ 
http://kikuko-mdf.com/sympa.html
古典派シンフォニー百花繚乱 http://www.ab.auone-net.jp/~symcla/18/biao_zhi.html
シューベルト研究所 http://schubertinstitut.com/index.html

金田 陽子(かねだ ようこ)さん
ピアノ指導者。感じとる力や感動する心を育てる金田音楽教室主宰。
金田音楽教室 
http://www.kaneda-piano.com/index.html
クリスタリーヌ http://kaneda-piano.cocolog-nifty.com/

辻 有里香(つじ ゆりか)さん
東京でユリカミュージック(バイオリン)スクール主催。バイオリン、ビオラ指導者。古楽好きでバロックバイオリンとビオラ・ダ・ガンバを教室に置く。合奏を通して、「人との協調」「音楽」を教えるレッスンを続けている。
ユリカミュージックスクール  
http://www.yurikaviolinschool.jp/

  
音楽の専門書はどんな良書でも絶版になることが多く、手に入れたいと思ったときには時すでに遅し・・・ということがよくあります。私たちの目に留まりやすいのは、発売当初の広告が主だからでしょう。そういった絶版になりがちな音楽本の良書を広め、読み継いでいくことを目的に立ち上げたサイトです。今後も、このサイトの主旨に共感してくださる方々とともに、意義ある充実したサイトに育んでいきたいと思います♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 09:23|Permalink

2017年07月21日

聴きながら読む本

読み継いでいきたい音楽本に、ホルン奏者の 塚田 聡 さんが寄稿してくださった「バッハ=魂のエヴァンゲリスト/礒山雅著」、さっそく購入して読み始めています。この本は読む本ではなく聴く本なのですね。読んでいると、とにかく聴きたくてたまらなくなります。

クラシック音楽はオーディオで聴きたい派なのですが、読書は布団の中が好き。寝室にオーディオはないのでスマホで聴くことにしました。スマホでもイヤホンを付ければ、読みながら聴くにはちょうど良いですね♪ 読んだその場で検索できる上、「こんなに素晴らしい演奏家がいたのか!」という発見にもつながり、世界が広がる気がします。

この本のために、YouTubeが聴きやすくなる無料アプリをダウンロード♪
  
IMG_0387

プレイリスト名は本の題名♪ こういうのって大好き! 宝箱ができたみたいでワクワクしちゃう。本を読んでいて聴きたい曲が出てきたら「検索→聴く」、聴き終えたら再び読み進め、また聴きたい曲が出てきたら検索・・・の繰り返し。聴いているときは読まずに聴くだけ。

今朝も、起きてすぐこのリストを聴きました。昨日読んだ文面を思い出しながら、バッハの若かりし頃に思いを馳せて。「深い淵から、主よ、私はあなたに呼びかけます」BWV.131など、作曲された背景がわかると当時の人々の「深い淵」に胸が痛み、この音楽の美しさに心奪われます。当時の人々は、礼拝で涙しながら聴いたことでしょう。

こんな風に音楽とともにある本っていいですね! 聴きながらゆっくりと読み進めたい本なので、まだまだしばらく楽しめそう♪

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ



emksan at 10:41|Permalink