音楽/本・CD

2016年02月09日

星の冠(小倉貴久子さんのCD)



聴き終えて、夢見心地。
小倉さんの演奏にはいつも、
息吹があります。
音楽って生き物なんだと実感できる。

素晴らしい。
本当に素晴らしい。
小倉さんはミューズに愛されている音楽家。

言葉にならないので・・・
2014年、このCDと同じプログラムの演奏会へ行ったとき、
FBに投稿した文章をこちらにもう一度と思います。

ライン


9月30日に聴いた小倉貴久子さんの、
1845年製のシュトライヒャー・ピアノによる
『クララ&ロベルト・シューマン 〜夢、そして愛〜』コンサートで、
忘れられない演奏があります。

それは、シューマン作曲のクライスレリアーナ。
全曲通して最後の音が鳴り終えた瞬間、
「ああ、この曲はこういう曲だったのか!」と思いました。
 2年前、シューマンについて勉強した時期があり、
中古でしか見つけることのできなかった、
ホフマンのクライスレリアーナを購入して読みました。

そのほかにもホフマンの作品を多数読んだのですが、
私の中ではシューマン作品とホフマンの小説が、
なかなか結びつかなかったんですよね。
ところが、小倉さんの演奏で繋がった気がしたのです。
とても感覚的なものですし、
まだ確実なものではないので、
言葉では上手く表現できないのですが、
手がかりがつかめたような気がしています。

これまでの私は視野が狭かったんだな、
もっと遠目で感じればよいのかもしれないと。
また、クララの作品を聴き、
そのあとにシューマンを聴くことで、
さらにシューマンの世界観が浮き彫りになってきている気がします。
これまた感覚的なことなので、
上手く言葉では表現できないのですが。
少なくとも、以前には見えなかった景色が見えてきた感覚があって、
ちょっと嬉しい。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 15:01|PermalinkTrackBack(0)

2016年01月05日

年初めの音楽

大好きな小倉貴久子さんのCDが届きました。


s-DSCF0003

s-DSCF0004


至福のひととき♪
1月7日にはもう一枚、
楽しみにしているCDが届きます。


星の冠(シュテルンビルト) 〜ロベルト&クララ シューマン〜
小倉貴久子
ALM RECORDS
2016-01-07



これは、私が持っている小倉さんのCD。

s-DSCF0002


このほかにも欲しいCDがたくさんあるんですよね〜。
今日聴いたCDは2枚組。
時間をかけて、ゆったりと音楽に身をゆだねることができました。
なんて贅沢な一日!
いい一年にしよう。

今年もどうぞよろしくお願いします♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 21:51|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月20日

ショパンとツェルニー、ピアノとチェロのための曲(CD)

ショパン:チェロとピアノのための作品集
平井千絵 鈴木秀美
BMG JAPAN
2008-10-22


すばらしいCDに出会っちゃった!
今とぉってもホクホクな気分♪
私のお宝CDになりました!
嬉しい〜!!!

フォルテピアノ奏者平井千絵さんと、
チェロ奏者鈴木秀美さんによる演奏。
ショパンは1840年製のプレイエル、
ツェルニーは1825年製ベームが使われています。

ピアノとチェロのためのソナタト短調作品65は、
私に『葬送』(平野啓一郎著)のシーンを思い起こさせます。
『葬送』はドラクロワとショパンを描いた小説ですが、
平野氏はショパンについての論文を1,2本書けるのではというほど、
詳細を徹底的に調べた上で小説を書いており、
第2部上巻冒頭の伝説のパリ演奏会シーンは、
本当にすばらしい!

この本は第1部上下巻、第2部上下巻と、
かなりの長編小説なので、
読むのを諦めた方も多いのではと思うのですが、
第2部上巻冒頭から104ページを読むだけでもお薦めです。
それでも長いようであれば、
伝説のコンサート第1曲目からのシーンとなる、
56ページ目からでも是非!

ショパンとフランショームはこの演奏会で、
第1楽章の演奏を控え、
第2、第3、第4楽章だけを演奏しました。
当時の人々にとって、この第1楽章は難し過ぎ、
受け入れられないだろうと思ったからです。

しかし、今こうして聴いてみると、
さほど難しい曲とは思われません。
確かに再現部で第1主題は省略されているものの、
提示部はとてもわかりやすいように思いますし、
第1主題はメロディックで耳に心地よく、
第2主題への移行部は本当に美しい!

このような楽曲でも、
当時の人々には難しいと拒否されがちだったということ。
そりゃ、シューマンの楽曲がなかなか受け入れられず、
クララやメンデルスゾーンによる啓蒙がなければ、
広まらなかったわけですよね。

当時の人々の感覚、時代感というものは、
私たちが抱いているロマン派の時代感とは、
ちょっと違うのかもしれない。
最近そう思うようになりました。
私たちが知っているロマン派は、
現代目線でのロマン派であり、
当時の人々の感覚とは少し離れたところにあるのではと、
感じるようになったのです。

私たちはロマン派の作曲家の一部しか知りません。
しかし、ロマン派時代に活躍した作曲家や演奏家というのは、
私たちが知らないだけでたくさんいるんですよね。
シューマンより活躍し、有名だった作曲家は、
たくさんいたということです。

最近、クララの作品を聴いたり弾いたりしています。
クララは当時、多くの人々に受け入れられた人でした。
ピアニストとしてだけではなく、作曲も出版もしています。
クララの作品を聴くと、
確かにシューマンの影響を受けてはいるのですが、
当時の人々の感覚を感じます。
これはシューマンには感じないもので、
どちらかというとショパンに通じる感覚です。
クララの作品に親しめば親しむほど、
シューマンの世界観が浮き彫りになってくる。
最近そんな感覚を得るようになってきました。

ショパンとフランショームは、
何故この曲の第1楽章を演奏しなかったのか?

『葬送』を読んだときにはよく理解できなかったのですが、
今こうしてクララの作品に親しみ、
シューマンの世界観が私の中で浮き彫りになってきて、
当時の人々の感覚を
以前より感じとることができるようになってきたことで、
少しわかってきた気がします。
今の私たちが聴いたら、
本当にすばらしい楽曲なのですが、
それがロマン派という時代だったのでしょう。

それにしても、平井千絵さんと鈴木秀美さんの演奏の
すばらしいことったら!
聴きながら興奮してしまいました。
いいCDを買っちゃった!
いい演奏に巡り合っちゃった!
私のお宝CDの一枚になりました♪

ところで、このCDにはツェルニー作曲の
ピアノとチェロのためのロンド・コンセルタント
ハ長調作品136の演奏も入っています。
ツェルニーというと私たちピアノを弾く者にとっては、
教材としての練習曲が身近ですが、
それ以外の楽曲を聴く機会はほとんどないので、
このCDはとても貴重と思います。

演奏を聴いて思ったのは、
ツェルニーはシューベルトと同世代なのだということです。
どうしてもツェルニーというと、
ベートーヴェンの弟子という一側面だけで捉えてしまいがちですが、
この演奏を聴いて、
ツェルニーの個性を垣間見た気がしました。
ベートーヴェンの弟子という一側面だけで、
ツェルニー30番や40番を眺めていたのでは、
見えてこない点がたくさんあると感じたのです。

そこには、当時ウィーンのオーケストラの響き、
次世代に繋がるピアノの響きがありました。
目の前が開けた感じがして、
新たな気持ちでツェルニーの楽譜を眺めることができそう♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 15:21|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月15日

お薦めの本やCDの投稿について

自分が勉強するために購入したり、
お薦めしたいと思う音楽本・CD・DVDについて、
最近ブログ記事にすることがめっきり減りました。

FBの方では購入した直後、
読了・視聴直後に投稿しているのですが、
ブログはFBに比べて気軽に投稿できないので、
FB一辺倒になっています。m(__)m

この半年ほど、
たくさんのお薦めしたいと思う本やCDに出会いました。
ご興味のある方は、私のFB投稿欄をご覧ください。
 ※最近はクララ・シューマンを話題にしています。

現在、FBの友達承認は、
ピアノ指導者or発達障碍関係の方だけにさせていただいます。
どうぞご了承ください〜。m(__)m

https://www.facebook.com/emikopiano


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 11:30|PermalinkTrackBack(0)

2014年08月04日

映画『めぐり逢う朝』

フランスの作曲家&ヴィオール奏者、
ルイ14世の宮廷音楽家だったマラン・マレと、
その師コロンブを描いた映画。
廃盤になっているDVDですが、
Amazonで中古扱いの新品があったので、
衝動買いしてしまいました。
ちょっと高かったけど。

めぐり逢う朝  HDニューマスター版 [DVD]
めぐり逢う朝  HDニューマスター版 [DVD] [DVD]

まるで絵画のような映像。
とても静かな映画です。
こういう映画は部屋を暗くして、
日常の喧騒から離れた空間で観たい。

途中から最後まで涙が止まらなくなりました。
観終えてからはしばらく放心状態に陥り、
この世界観から抜け出せなくなってしまったので、
平尾雅子さんのCDを聴きました。
今少し気持ちが落ち着いてきて、
現実に戻れそうな感覚になってきたので、
平尾雅子さんのCDをBGMにキーボードを打っています。

マラン・マレの横顔4 [万華鏡〜喜び、哀惜、官能 そして愛]
マラン・マレの横顔4 [万華鏡〜喜び、哀惜、官能 そして愛] [CD]


この映画を見たら、
サヴァール演奏のマラン・マレ4巻が聴きたくなったので、
早速Amazonで検索、購入しました。

マラン・マレ:異国趣味による組曲 ヴィオール曲集 第4巻 (1717年) より (全33曲) (Marin Marais : Suitte d'un Cout Etranger / Jordi Savall) [SACD Hybrid] [2CD] [日本語解説書付]
マラン・マレ:異国趣味による組曲 ヴィオール曲集 第4巻 (1717年) より (全33曲) (Marin Marais : Suitte d'un Cout Etranger / Jordi Savall) [SACD Hybrid] [2CD] [日本語解説書付] [CD]


7月に入ってからというもの、
CD、DVDの衝動買いが尋常じゃなく、
気違いじみてると自分でも思うのですが、
この半年ほどあまり購入していなかったので、
耳がかっ開いている今が購入時なのだろうと、
バカスカ買ってます。(笑)

10数年前、まだ生徒さんが数名だった頃から、
音楽書籍、CD、DVDは必ず買うようにしていました。
資料として手元に欲しかったからです。
これらの資料は、
「今聴きたい!」「今読みたい!」というとき、
とても助かっています。

私にとっては、いつも「今」が大切。
その機会を逃してしまうと、調べ忘れたり、
「ま、いっか」と諦めてしまうので。
時機を逃さないための資料。

”時期を逃さない”は、
レッスンにも生かせるんですよね。
今、この生徒さんに、この資料を見せたい、聴かせたい!
レッスン中思いついたその瞬間に、
すぐ出せるということ。

ということで、7月に入ってから、
気違いじみているとはいえ、
必要なものとも思うので、買っています。
今は、あれ聴きたい!これ読みたい!と、
私の感性が思いっきり開いている状態なので。
感性が開いている状態って、本当に気持ちがイイ♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 16:14|PermalinkTrackBack(0)

2014年08月03日

集中力

集中力が低下しているので・・・というお話。(^_^;)

ここ半年近く、様々な事情でとことん曲を仕上げる、
という機会を持てずに過ごしてきました。
久々に思いっきりピアノに向かえる気力と環境が整い、
講師演奏に向けて曲を仕上げているのですが、
集中力の低下に四苦八苦中です。(笑)

演奏する曲は、ソナタの1楽章だけ。
全楽章弾くわけじゃないのに、この集中力。
モーツァルトのイ短調ソナタを弾くのですが、
今回当時のスタイル通り、リピート後に即興を加えて演奏をします。
即興といってもその場で考えて弾くわけではなく、
きっちり練習してのものなのですが、
通常の倍以上の集中力が必要と感じています。
ただでさえ集中力が低下してるというのに!

でもね、全楽章じゃない。 1楽章だけ。
それなのに、この有様。とほほっ
ここ2週間ほど、集中力を高める意識を持って練習しています。
ずいぶんいい感じになってきました。
とはいえ、まだまだ精一杯な感じ。
余裕がない。(^_^;)
改めてピアニストってすごいなぁと思ふ。

こういう集中力持続の経験をたくさん積むこと。
だからこそピアニストは、1時間半も集中が持続するのでしょう。
もちろん集中のバランスをどう持っていくのかなど、
1時間半の集中力の使い方というコツはあるのでしょうけれど、
あくまでもこのような訓練を経てのものなはずです。
この程度の集中力も持てないようでは、
お話にならない世界と思うので。

今の私は、100%の集中力を1曲にかけるので精一杯。
ピアニストの次元は、
私の100%が10%くらいに相当するんだろうなぁ。
ピアニストはそれだけの努力をしているし、
それだけの経験を積んでいます。
集中力も訓練次第。

私は演奏するとき、音楽的なことだけでなく、
体の使い方にかなり集中力を要します。
これがうまくいかないと、
思い通りの表現ができなくなってしまうからです。
もう、これだけでどんなに未熟なのかバレてしまいますねぇ。(^_^;)

きっと、私がすばらしい!と心酔するピアニストは、
すでに表現と体の使い方は一体となっていて、
表現のことだけに集中していれば、
体は自在に動くようになっているのだろうと思います。

私はというと、全然そこまで至っていません。
10年前よりはずっとマシになっているとは感じますが、
まだまだだなぁと思ふ。
今の私が集中するときに必要なのは、

・音楽の方向性
・表現に応じた呼吸
・響き
・体の使い方

これらのバランスが崩れると、雪崩が起きてしまふ。(笑)
バランスがとれたときは、嬉しいくらいいい演奏になるのに。
これらのバランスが定着することの難しさったら!
自分の不器用さが嫌になっちゃいますが、
経験を積むしかないのだから、
不器用さのせいにしてはいけないのでしょう。

地道に一歩一歩。
こうしてピアノに向き合える環境になったということだけでも、
幸せなことなのだから、頑張ろふ。

ところで、この集中力。
練習するだけじゃ身につかないんだなと、
最近強く思うようになりました。
聴く機会を多く持つということ。
音楽に身を浸す時間を多く設ける、それだけで全然違う!!!

ということで、この1か月に聴いた音楽をご紹介。
どれもお勧めのCD、DVDばかりです。
これらのCDは1曲だけチョイスしたものも含め、
どれも集中して聴いたCD。
ちなみに、BGMとして聴いている最近のお気に入りは、
アーノンクールのバッハ『音楽の贈りもの』です♪
ピアノ曲に偏ることなく、いろんな音楽を聴きたいな。


emksan at 15:55|PermalinkTrackBack(0)