2021年02月28日

指導の立ち位置

あるお母さんが、ご自身もピアノを習い始めたときのこと。「先生!ピアノって週に一度レッスンに来るだけで弾けるようになるわけじゃないんですね!家で練習しないと忘れちゃう。ビックリしました!」と目をまん丸くさせながら言いました。


ピアノ指導者になりたての私は、頭をガツンとやられた気がしました。そんな視点があったのかと。それまでの私には練習しないという発想がなかったからです。けれど、このお母さんの率直な驚きに、一般的にはそう見えているものなのだと素直に受け止めることができたのでした。


以来、体験レッスンの段階できちんとお話することにしています。せめて家で30分は練習してきてもらわないと、弾けるようにしてあげられない。お月謝分の私の責任を果たすことができないと。


音大へ進んだ人間にとっては、これでもかなりの譲歩だろうと思います。たったの30分なのですから。私は子どもの頃、1年生は1時間、2年生は2時間、3年生は3時間〜と、母から説教されたものですが、これではキツすぎる。レコードを聴くわけでもコンサートへ行くわけでもないので、ピアニストに憧れを抱くはずもありません。馬車馬のように理由なく、次々と与えられる試練に取り組むだけだったので、なおさらでした。これではピアノ嫌いになって当然ですよね。


こういう苦痛を経験しているので、生徒さんには同じ苦痛を味わってもらいたくなかった。でも!いざ生徒さんが大きくなって音大に行きたいと言い出したとき手遅れだったら?私はそれも嫌でした。


幼児教育を基礎としている私にとって、子どもの意思なく一方的にやらせることは論外。幼児教育では子どもの興味を尊重し、その興味に応じた環境を整え、その興味が能動的に発展していくよう見守ることを大切にしているからです。興味の素材は無限にあるわけで、ピアノはそのひとつでしかありません。数字に興味を持つ子、魚に興味を持つ子、文字に興味を持つ子、絵に興味を持つ子、踊りに興味を持つ子、物の構造に興味を持つ子etc.


ピアノに興味を持ち、こちらが何も言わなくともずっとピアノを弾いている子に出会える確率は一体どれくらいなのか?大抵の子は練習を日課として定着させないと、自ら進んでの練習はしませんよね。


また、音大に進ませたいとピアノを習わせている保護者も少ない。世間でピアノを習っているほとんどの生徒さんは、ピアノ以外の道へ進み、ピアノは趣味となります。ピアノが趣味として人生に寄り添えるようになったらよいけれど、そこに至る確率もさほど高くなさそう。受験だなんだと途中でやめてしまい、一切ピアノを弾かなくなる人が多いように感じています。


ピアノ指導者は、ピアノに興味を示している生徒さんばかりを指導できるわけではない上、音大を目指すどころか、練習に拒否反応を示す保護者すらいるのが現状です。コンクールに参加する生徒さんや音大を目指す生徒さんを中心に据えたいのか?それぞれの生徒さんに応じたピアノとの付き合い方を尊重したいのか?


私は後者タイプなのですが、それでもやはり弾けるようになるための一線、譲歩できない部分というのは出てきてしまいます。それが幼児教育とピアノ教育の違いで、私が最も悩んだところでした。ピアノには教えなければならないこと、というのがどうしても出てきてしまう。その上、ピアノに興味を示し、こちらが何も言わなくても毎日夢中でピアノを弾く子などほとんどいないのですから、その時点で私が共感している幼児教育とはズレが生じているんですよね。


そこで徐々に見出していった私の一線が、毎日30分の練習と、小学高学年になったら音大を目指すつもりがあるのかの確認をし、音大へ入るために学んでおかなければならないこと、どの程度の楽曲が弾けないと行けないのかなどを説明すること、でした。


頑張りすぎることでピアノ嫌いになりたくないのだけれど、音楽の道には進みたい。こういう棚からぼた餅を求める生徒さん、意外といるのではないかと思うのですが、こういうタイプでピアニストになれる人がいたとしたら、それはよほどの才能がある人で、こんな甘いことを言っていたら凡人はコンサート一回分のプログラムすら弾けるようにはなりません。


でも、音楽の道って演奏家になることばかりではないんですよね。音大受験にピアノはつきものですが、今は本当にいろんな学科がある。その先の就職に繋がる学科も多いようです。「ピアノを教える以上、音大演奏科に行けるよう指導しなければならない。ピアノを習っている以上そのつもりで習ってもらいたい。」と思うのか、「さまざまな人生があり、音楽の道へ進むにしてもたくさんの選択肢がある。」と思うのか。


指導者がどう思うのかによって、教室の在り方は変わってきますし、生徒さんへの対応も変わってきますね。私は後者だけれど、後者タイプにもそれなりの一線はあるわけで、自分はこの一線でいこう、という認識が持てないまま指導するのは難しい時代だなと思います。


〜 講座 〜 

なんでも聞きたい!少人数制質問会
http://musestown.livedoor.biz/archives/52256219.html
「知っておきたい幼児の特性」シリーズ講座
http://musestown.livedoor.biz/archives/52249060.html

〜 書籍 〜




emksan at 10:56│ ピアノ/レッスン