2020年08月30日

三体恐軸

先日投稿した『わたしの名は赤』を読み進めていたものの、予約していた『三体供戮硫軸が手に入り、続きがどうしても気になるので、こちらを先に読み進めることに。

中国人作家による話題のSF小説。一気に『わたしの名は赤』の1951年イスタンブールからSFの世界へひとっ飛び。読書はこれだから面白い♬




emksan at 12:27│ 読書