2020年08月18日

音符カードでトランプのスピード

シリーズ講座のLINEグループに、受講した方がこんなアプローチもあるよ!とご報告くださることがあります。「音符カードでスピード」は、野澤陽先生がLINEグループに投稿してくださったもので、お願いしたら録画もしてくださいました!

line

野澤先生よりーーーー

音の階段図形(2段、3段)で、反射的にドレミのならびを身につけるトレーニング、中嶋先生の教材と平行して、以前から私がやっている「音符カードでスピード」をするのも効果的です。トランプゲームの「スピード」を音符カードでやるだけですが、反射の練習になるだけでなく、うちの生徒でこのゲームを嫌がる子はいないのでオススメです。

一つ目は、ひらがな「どれみ」表記の面、二つ目は5線の面を使っています。これはドレミ、ドシラのステップの並びですが、スキップ(一つとばし、3度)でやるバージョンもあります。




line

音符カードは、くおん出版のおんぷカード(S)です。なんと発達障碍の生徒さん発案とのこと!この生徒さんがピアノを習い始めた頃、カードゲームにハマっており、他のことはやってくれなくてもこれだけは嬉々としてやってくれたそうです。数字に強いこだわりがあった子で、ドレミの並びも同様に興味を持ってくれたとのことでした。

音の並びの反射については、講座Cでお話しています。


emksan at 11:30│ ZOOM講座 | ピアノ/レッスン