2018年07月13日

もっと知りたい!フォルテピアノ・アカデミーSACLA(12)



今年の夏、歴史的な幕開けになるであろう第1回フォルテピアノ・アカデミーSACLAが開催されます。フォルテピアノの第一人者である小倉貴久子さんがプロデュースする、古典派時代のフォルテピアノにどっぷり浸れる贅沢な3日間です。主催は《知っておきたい!トレンド古典派音楽》の塚田聡さんが代表のメヌエット・デア・フリューゲル

line

小倉貴久子さんの古典派音楽を聴くと、その瑞々しい生命力に驚かされます。ピアノ学習者にとって、古典派音楽はソナチネ・アルバム、ソナタ・アルバムと順に取り組む、定石の《教材》と呼べる音楽です。しかし、そこに生き生きとした新鮮な驚きはあったでしょうか? ただただ正確に指を動かすことだけに主眼が置かれてはいなかったでしょうか?
  
小倉さんのCD《輪舞(ロンド)〜モーツァルトの輝き〜≫に入っている、モーツァルトの「トルコ行進曲」を聴いたとき、この生命力の秘密が知りたくてたまらなくなり、ムジカノーヴァの誌面でインタビューさせていただいたことがありました。私がこれまで勉強してきた古典派音楽は一体何だったのか? 「楽譜通りに演奏する」「作曲家の意図を楽譜から読み取る」とは一体どういうことなのか?
  
今年から、小倉さんのレッスンを受けています。CDやコンサートの演奏を聴くだけでは気づけない点がたくさんあり、教えていただくことすべてが、小倉さんの演奏の生命力に繋がっているのを感じます。イネガルにしても、拍の感じ方にしても、子音をはっきりさせるための直前の音の抜きにしても、かなり繊細なコントロールが必要で、身につけるには何年もかかりそうです。
  
何年かかろうと、なんとしてでも身につけたい。《教材》として指を動かすだけ、表情をつけたとしても当時のスタイルとはかけ離れたもの、というピアノ指導は私の代でおしまいにしたい。少なくとも私は、私の生徒さんに私が学んできた古典派音楽をそのまま伝授するなんて、自分に許すことができないのです。音大へ行くわけでもない、コンペに出るわけでもない、愛好家としての生徒さんばかりですが、だからこそ生命力溢れる、表現することの楽しさが存分に味わえる古典派音楽を伝えていきたい。

最近、ロマン派音楽には古典派時代の名残があると思うようになりました。これは、まだちょっと垣間見えてきただけで、はっきりと見えているわけではないのですが、小倉さんから学ぶ古典派音楽のスタイルを知ることでしか見えてこないロマン派音楽があるような気がしています。
 
前座としての文章がかなり長くなってしまいましたが、今回はフォルテピアノ第一人者であり、このアカデミーをプロデュースなさっている小倉貴久子さんにコラムを書いていただけることになりました。テーマは《フォルテピアノに触れる意義》です。
  
《フォルテピアノに触れる意義》小倉貴久子

 私がフォルテピアノに初めて触れたのは、オランダ留学中のことです。それまで、現代ピアノで演奏することに何の疑問も持たず、どちらかと言えば、「昔の楽器はモノクロで、現代の楽器は色彩豊かなもの」と、何となく思っていた当時の私にとって、モーツァルトの時代のフォルテピアノを弾いた時の驚きは、それまでの価値観を覆す衝撃的なものでした。

 モーツァルトの音楽そのものの音色、現代のピアノでモーツァルトらしさを研究していた表現方法が、フォルテピアノで演奏すると何と等身大に可能なのでしょう!作曲家の作品への想いと作曲家の目前にあった楽器のマッチ度に、目から鱗が落ちるようでした。ベートーヴェンの楽譜への綿密な書き込みも、現代のピアノではなく、当時のフォルテピアノから表現される音色を元に記載されているということに興奮し、まさに作曲家から直接レッスンを受けているような錯覚を感じるほどでした。 「このような素晴らしい世界をみなさまに知っていただきたい!」という想いが、私の帰国後の活動の原動力でした。

 ヨーロッパでは身近にあるフォルテピアノですが、日本では西洋音楽の歴史が浅いため、フォルテピアノはまだまだ希少です。ぜひ、たくさんの方にフォルテピアノを体験して、作曲家が生きていた時代の空気を味わっていただきたい!

 今回のアカデミーでは古典派時代の打弦楽器が勢揃いします。古典派は試験やコンクールの課題で扱われることも多く、「お勉強」というイメージが強い方もいらっしゃるかもしれません。でも、実はとっても自由で、楽しく、刺激的な世界なのです。当時のルールや価値観を手に入れたら、それがその素敵な世界への扉を開く鍵となること間違いなしです! 


アカデミーリンク用画像

《フォルテピアノ(ピアノ指導者限定)》
FBに非公開グループを作成しています。小倉貴久子さんもメンバーに加わってくださっている、とても贅沢なグループです。フォルテピアノについてよく知らないという方も大歓迎。投稿を読むだけでも面白いグループなので、どうぞお気軽にメンバーリクエストしてくださいね♪
https://www.facebook.com/groups/189358371794097/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 09:23│ フォルテピアノ・アカデミーSACLA