2017年09月24日

フォルテピアノ第一人者小倉貴久子さんへのインタビュー(8)

ムジカノーヴァ2014年6、7月号に掲載された、小倉貴久子さんのインタビュー記事全文掲載も、今回で最後となります。最後は胸が熱くなる、小倉さんからピアノ指導者へのメッセージです。

私の手元にも届きました!
20170924090102-4682199

目次にワクワク!「フォルテピアノを活用したピアノレッスン」の内容は、想像をはるかに超えて素晴らしいです。1行読むたびに、このような本が出版されたことを奇跡のように思い、感激しています。
20170924090127-3201210

DVD付属という贅沢さ! 小倉さんご所有のフォルテピアノやチェンバロの動画です。フォルテピアノを聴いたことがなく、文字だけではピンとこないという方も、DVDがあることで理解が深まるだろうと思います♪
20170924090235-3293901 20170924090359-3364229



【小倉貴久子さんへのインタビュー】
ムジカノーヴァ2014年7月号より インタビュアー中嶋恵美子

―― 最後に、読者のみなさんにアドバイスをお願いします。

 私はコンクールの審査をさせてもらうことも多いのですが、指がよく動いて、ミスのない演奏という点では、レベルはすごく上がっていると思います。ただ、伝えたいものがよくわからない、音楽が感じられない演奏に出会うこともよくあります。ピアノはテクニックを身につけるために、ものすごい練習が必要な楽器ですから、練習時間の確保は大変です。でも、耳が育っていないと、どんなに練習を積んでも、結局は頭打ちなんですね。あるところから上に行けなくなってしまう。だから、やっぱり狡阿“ということを並行して行うことが大切だと思います。先生方には、生徒さんたちに、さまざまな音楽、演奏を聴く機会をたくさん持つことがいかに大切かを伝えてほしいですね。聴くことに気づいて「こういう風に弾きたい」という気持ちが生まれると、知識欲もでてきますから、そうなったらしめたもの! あとは放っておいても大丈夫です。(笑)

 ピアニストは誰もがなれるわけではないですけど、音楽を楽しむことなら誰にでもできる。時々「小さいときにものすごく練習させられた苦しい思い出があるから、もうピアノなんて聴きたくない」という人がいますけれど、これは本当にもったいないことだと思います。ピアノの先生方ご自身がいろんな音楽を聴き、心から楽しんでいる姿を通して、音楽が身近にある豊かな人生のすばらしさを生徒さんに伝えていっていただきたいなと思います。







ヒンデミット:ヴァイオリン&ヴィオラ・ソナタ集 作品11
桐山建志
マイスター・ミュージック
2014-02-25



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 09:30│ 音楽/本・CD | ピアノ/練習&勉強