2017年07月14日

読み継いでいきたい音楽本

新しくブログを立ち上げました。
  
こういう内容の本が読みたいと調べたときには、時すでに遅し。絶版で手に入らないという憂き目を多く見てきた私は、良書の絶版を防ぐ手立てはないものかと長年思い続けてきました。

出版社や広告媒体が本を宣伝するのは、発売当初だけ。時間が経つと宣伝されなくなり、その本は読者の目に留まりにくくなります。結果、それ以上売れずに絶版になってしまう。この悪循環をなんとか断ち切れないものかと願い、立ち上げたのが今回のブログです。

5年以上前に刊行された、本当にお勧めしたい音楽本だけを紹介するサイトで、もうすでに読み継がれている本だけでなく、再刊してもらいたい本なども取り上げていきます。専門書籍は絶版になりやすいものですが、専門書籍だからこその奥深さ、読み継がれていくべき内容が詰め込まれているわけで、絶版になってしまうのは本当に惜しい!

そこで、十分に読者の目に留まりやすい新刊は取り扱わず、「5年以上前に刊行された本」という条件を設け、私に限らず、ほかの方からの推薦書も取り上げていくことにしました。

できれば各出版社の編集の方から、「この本をぜひ読み継いでいってもらいたい!」という熱い思いを語っていただけたならと願っているのですが、これは可能かどうか? それぞれの会社の思惑やご都合もあると思うので、私の願いむなしく叶わないかもしれません。

音楽書籍を出版している編集の方で、このサイトの主旨にご賛同いただき、推薦書とその本の推薦文を書いてくださる方がいらっしゃいましたら、私までご連絡いただけましたら幸いです。その際には、個人的サイトのため、お礼代はお支払いできないことをどうぞご了承ください。
 ※FBにてメッセージをください
  https://www.facebook.com/emikopiano

また、演奏家、研究者、作曲家の方からもご自身に影響を与えてくれた本とその本の推薦文をいただけたならと願っています。「たくさんの人に読んでもらいたい」「絶版になったけれど再刊して多くの人に読んでもらいたい」といった熱い思いを語っていただけましたら嬉しく思います。

こちらもまた、お礼代はお支払いできないことをどうぞご了承ください。ご賛同くださる方は、上記FBにて私までご連絡ください。多くの専門家の方からご協力をいただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

読み継いでいきたい本トップ画像
http://blog.livedoor.jp/emksan-book/


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 11:12│ 音楽/本・CD