2017年03月03日

第2回発達障碍ピアノレッスン勉強会日程決定(東京京浜地区)

第1回発達障碍ピアノレッスン勉強会が盛況だったので、
2か月に1回くらいのペースがよいだろうと、
第2回勉強会は4月開催となりました。


日時  4月27日(木) 10時〜12時
場所  スター楽器(株)池上ホール  〒146-0082 大田区池上3-41-12
参加費 40円(ネームプレート代)

下記までメールかFAXでお申し込みください
  http://musestown.livedoor.biz/benkyoukai2.pdf  


【第1回勉強会の様子】


1)教具紹介 
  
参加者による持ち寄りコーナー。どういう生徒さんにアプローチしているのか、というお話込みで、ご紹介いただきました。みなさんどんどん質問してくださったので、話が発展し、とても有意義な時間になりました。

 § リズム教具   

s-第1回勉強会リズム教具

まだ音符を使ったリズムアプローチができない生徒さん向けのもの。1枠が1拍。写真は、ウン・タン・ウン・タン・ウン・タンとなります。表の向きを変えることで4拍子の枠にすることも可。オレンジと緑の組み合わせは、集中しやすいという心理士のアドバイスによるそうです。小さい磁石は「HEY!」など、そこで何かをする、という遊び心。      


§ 順序立てカード  

s-教具順序立てカード

I先生が やすこ先生のお店に依頼して製作してもらった教具。かなり具体的な生徒さんの様子、アプローチについてご説明くださいました。鉄オタクの生徒さんに応じたレッスンアプローチは、目の前の子に応じたアプローチとはどういうアプローチのことをいうのか? 教材がまだ使えない子にはどうアプローチしたらよいのか? というひとつの例だったのではないでしょうか。      


§ 3玉カウンタービーズ  

s-3玉カウンタービーズ

私がご紹介したやすこ先生のお店の教具。おもちゃになりそうで生徒さんに使うことを控えていたこと、使えるタイミングがあり使ったら大成功したこと。定型発達の生徒さんでは「成功回数」で使っていること。20歳の発達障碍の生徒さんにも使用していることなど。いただいた質問に応じて、あれこれお話しさせていただきました。


§ 鍵盤教具その1   

s-第1回勉強会鍵盤教具その1

K先生お手製教具。エクセルで作成。      


§ 鍵盤教具その2   

s-第1回勉強会鍵盤教具その2

こちらもK先生お手製教具。ぴったり鍵盤サイズ。2オクターブというのがいいですね。その1を卒業した子に、その2というのもいいねと、みんなで話しました。

下の写真は教具紹介の様子。みなさん興味津々。

s-教具紹介シーン


2)談話会   

s-第1回勉強会3つのグループ

3つのグループに分かれての語り合い。それぞれのグループに、経験値のある方を2名ずつ配置。楽器店所属のピアノ指導者の方は1箇所にかたまらないように、分かれていただきました。1時間では足りなくて、予定より12,3分時間を延ばしました。それでも足りないと感じるくらい、どのグループも盛り上がったようです。


 3)書籍紹介   

談話会の時間が延びたので、こちらはササッと1,2分で紹介し合いました。今はみなさんスマホで写真が撮れるので、こういうとき良いですね。場が和んでいたので、みなさん大声で書籍の内容をご紹介くださいました。(笑)



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 12:46│TrackBack(0)mixiチェック 障碍&幼児 | 発達障碍児レッスン相談

トラックバックURL