2017年03月01日

複雑なリズムへのアプローチ

ある先生からリズムの指導法についてご相談があったので、
私のアプローチ方法を動画に録画してFBにアップしました。
下のリンクは、FBをしていない方にもご覧いただけます。

https://www.facebook.com/emikopiano/videos/696446343871682/?l=3000776816306115879

この教具を製作したのは2005年のこと。
私がエクセルで作ったものを、
作業所の自閉症の子が丁寧にハサミで切ってくれました。
  
今の私がいるのは、
金田理恵子先生という福祉大卒のピアノ指導者で、
レッスンアプローチの引き出しを
たくさん持っていらっしゃる先生との出会いがあったからです。

ちょうどこの頃、この先生が作業所を立ち上げ、
「作業所で作れるよ」と快く引き受けてくださったのでした。
マグネットにできるのか悩んだのですが、
さすが金田先生! 
可能にしてくださったのでした。

この教具は発達障碍の子以上に、
ブルグミュラーを弾く定型発達の子、
ピアノ愛好家の大人の生徒さん、
ピアノ初心者の大人の生徒さんに活躍しており、
誰でもその場でスッと理解してくれる、
私にとっては手放すことのできない、
ありがたい教具となっています。

自閉症の子が一枚一枚丁寧にハサミで切っていくので、
商品化はされていませんが、
エクセルファイルは私が作成したので、手元にあります。
音符はペイントツールで描きました。

あの頃の私は若かった!
このファイルを作るのに、
かなり手間取った記憶があります。
なにせ、いろんな長さのタイまで用意したので。
このタイもかなり使えるんですよ。
ポピュラーを弾く生徒さんに、大活躍しています。

すべて切るのは大変な作業だろうと思うのですが、
欲しい方もいらっしゃるのではと思い、
こちらにPDFファイルをリンクさせていただくことにしました。
どうぞご自由にお使いください♪


rhythm1) 4分音符
http://musestown.livedoor.biz/rhythm1.pdf

rhythm2) リズムパターン1拍分:8分音符、付点のリズム、16分音符
http://musestown.livedoor.biz/rhythm2.pdf

rhythm3) 8分音符、4分休符、8分休符
http://musestown.livedoor.biz/rhythm3.pdf

rhythm4) 2分音符、リズムパターン2拍分
http://musestown.livedoor.biz/rhythm4.pdf

rhythm5) タイ、アクセント
http://musestown.livedoor.biz/rhythm5.pdf

rhythm6) 付点4分音符、16分音符、16分休符
http://musestown.livedoor.biz/rhythm6.pdf

rhythm7) リズムパターン:シンコペーション、連符など
http://musestown.livedoor.biz/rhythm7.pdf


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 21:04│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL