2017年01月23日

2拍子と4拍子の体感の違い(動画)

ムジカノーヴァ連載第2回の拍子感について、
動画で説明したものをネット上にアップしました。

念のため1拍子と私が呼んでいる、
拍子感を感じない唱え方も入れているのですが、
これはどうも慣れず、
少し2拍子に近い唱え方になってしまいました。
しかし、2拍子、4拍子、裏打ちの違いは、
はっきり感じ取っていただけるのではないかと思います。

拍子ごとに説明を加えているため、
それぞれの違いを聴き比べられるように、
タイムを表示しておきますね。

1拍子・・・00:20
2拍子・・・01:06
4拍子・・・01:40
裏打ち・・・02:10

特に、最後に説明している、
数字を唱えるだけで拍子を感じる方法は、
生徒さんにとても伝わりやすい方法だと感じています。

手の動き、言葉の抑揚、
すべてで拍子感を表現できると、
レッスンが生き生きとした音楽的なものになるのではないでしょうか。

・2拍子と4拍子の違い
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/676434275872889/?l=6978219981058427002

・連載第2回補足動画バイエルより
https://www.facebook.com/emikopiano/videos/676468355869481/?l=3470967699666551268


【補足】

動画内で使用しているソルフェージュ教材は、
「リズム練習とソルフェージュ(1) リズムを叩きながら歌おう」(全音)です。

普段、導入期からの生徒さんには、
この教材は使用しておらず、
呉暁さんのソルフェージュ教材(音楽之友社)を使用しています。

しかし、ソルフェージュ教材を用いてのリズムや視唱は、
ピアノレッスンの冒頭に1曲やり、宿題にするだけで、
拍子感へのアプローチは、
弾いている曲を用いての指導を主としています。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


emksan at 13:49│TrackBack(0)mixiチェック ピアノ/レッスン 

トラックバックURL