2016年02月03日

ピアノをオーバーホールしました

ピアノをオーバーホールしました。
とても貴重な機会となったため、
写真に説明を加えて、
生徒さんにメールで添付させていただきました。
それをこのままこちらにご紹介させていただこうと思います。


line-tamablue2


4日かけてピアノをオーバーホールし、
全ての弦を張り替えました。
そのときの写真と説明を添付しています。
雑音がなくなり、このピアノの本領発揮です。
レッスンを楽しみにしていてください♪

中古でピアノを購入なさっている方。
オーバーホール、とってもお勧めです。
オーバーホールは期間を要するので、
個人調律師の方は、時間が取れなくて無理だろうと思います。

スター楽器タカギクラヴィア
お願いするのがよいのではと思います。

今回、私のオーバーホールは弦の張り替えで、
ハンマーは以前のものを使用しています。
数年以内には、
ハンマーも取り換えなければならなくなるだろうと想像しています。

ピアノは音響板や箱そのものが響きのよいものであれば、
中身を取り換えることで、
こうしてずっと付き合っていける楽器なのですよ♪

 〜 お願い 〜

弦の張り替えたては半年ほど音が下がりやすくなります。
弦が安定するのに期間を要するので、
半年の間に数回調律してもらう予定でいますが、
それでも気になることがあるかもしれません。
どうぞご了承ください。



【弦をすべて取り外した状態のピアノ】

s-1


【弦の震えを止めているダンパー】
ダンパーは新しくしていませんが、弦を取り外した関係で取り外しています。

s-2


【作業中のピアノ】
傷がつかないように新聞にくるまれています。

s-3


【8時間後のピアノ】
ピカピカに磨き上げられました。
弦折り返し地点のピンは、3段階に分けて磨いてくださいました。


s-4


【弦が触れる部分をやすりにかけました】
ここにガタつきが出ていたせいで、音に雑音が出ていました。
弦と触れる部分すべてを滑らかにしていただいたおかげで、
雑音が消えました。


s-5


【鍵盤ではなくジャッキを取り付け】
弦を巻くピンを取り付けるのに、
ガンガンッと打ちつけて取りつけなければなりません。
衝撃でピアノが折れてしまわないように、
ジャッキで支えています。


s-6


【新品のピン】
ピンを全て新しいものに取り換えました。ピッカピカです。

s-7


【タカギクラヴィアさんに依頼しました】
1、2日目の作業は10時から夜8時まで。
昼食は20分程度で済ませ、
作業に集中するタカギクラヴィアの女性3名。
誇り高き職人さんたちです。
3人がピアノを取り囲む姿は壮観!

s-8


【弦を張っているところ】
改めて、ピアノは箱次第なのだと思いました。
ピアノという入れ物自体がホール。
弦を叩かなくても箱そのものに響きがあります。
作業中の雑音が洞窟の中のように響き渡り、
このピアノの素質の良さを実感させられました。
弦やハンマーがよくなれば、
必然的によいピアノに生まれ変わります。


s-9


【レッスンをお楽しみに!】
4日かけて新品同様になったピアノでのレッスン。
きっと素晴らしい響きに感動してくれることと思います。
どうぞお楽しみに!



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 14:59│TrackBack(0) ピアノ/How to 

トラックバックURL