2015年11月12日

生徒さんの調べ学習(J.Sバッハ)

小学3年生の女の子。
プレインベンションでJ.Sバッハの曲を弾くことになったので、
譜読み前に、「これは誰の作品?」と確認することにしました。
作曲家名が記載されているところを、
毎回チェックするよう促しているんです。


「バッハって名前の作曲家、たくさんいるんだよね〜。」
「このJ.Sバッハはその中でも、一番有名な作曲家だよ。」
「J.Sバッハにはね、たっくさん息子がいたの。パパバッハだよ。」



と、本棚にある本を取り出し、
バッハには前妻がいて、
その後その前妻が亡くなってマグダレーナと結婚して、
子どもたちが何人生まれて、何人亡くなっちゃってetc.
なんて話で盛り上がりました。


「J.Sバッハについて調べてきて♪」


と宿題を出し、ノートにまとめてきてくれたのがコレ↓。

s-DSCF0001


ものすごくしっかりまとめてきてくれていてビックリ!
でもって、バッハの絵が笑えます。
かつらに興味を抱いたようだったので、
ムジカノーヴァの記事をコピーしてあげました。


s-DSCF0003


ムジカノーヴァの「今月の1曲」って、
ものすごくレッスンに使えるんですよね。
クレメンティを弾く生徒さんにはクレメンティの記事を、
ポロネーズを弾く生徒さんにはポロネーズの記事を。
その時々のタイミングに応じて渡すようにしています。


s-DSCF0004


こんな風に、当時の絵を丸ごと1ページ使い、
紹介してくれているので、
カラーコピーで渡しています。


s-DSCF0005


ルビ付きなので、小学生の子でも易しく読めます。
ルビ付きって、ものすごぉく重要!
文章もわかりやすい上に、
結構広範囲な情報が紹介されているのですよ♪


s-DSCF0002


その時々の生徒さんに応じて渡すので、
「あれはどの号の記事だっけ?」と探すことになるのですが、
背表紙に「今月の1曲」が記載されているので、
探すのに手間取ることはありません♪
その場ですぐに取り出せるので助かっちゃう。

今回生徒さんに使ったバッハの企画は、昨年の10月号。

s-DSCF0006


昨年10月号から開始した、
この「今月の曲」という企画、ずっと続けてもらいたい〜。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:11│TrackBack(0) ピアノ/レッスン 

トラックバックURL