2015年04月13日

コミックエッセイのコラム

今日、編集者さんから重版のご報告をいただきました。
『あきらめないで!ピアノ・レッスン』(ヤマハミュージックメディア)の、
第5版増刷が決まったそうです。
最近、発達障碍児へのピアノレッスンの広がりを感じています。
嬉しいなぁ♪

ところで、以前こちらで話題にした、
今年出版する予定のコミックエッセイ。(ヤマハミュージックメディア)
この本には章ごとにコラムがつきます。
発達障碍とひとくちに言っても、個性は様々。
10人いたら10通りの個性があります。

少しでも多くの個性に触れていただけたらと、
お2人の当事者の方にインタビューさせていただき、
それをコラムとして載せることにしました。
当事者の方にご自身について説明していただけるというのは、
私にとって、とても貴重なありがたい機会です。
それは読者の方々にとっても同じではないでしょうか。
コラムにご協力くださるお2人には、本当に感謝です。

面白いだけの漫画ではなく、意義深い本にしたい。
「当事者の方のコラムを添えたい」と編集者の方に願い出たのも、
そんな強い思いがあったからでした。

漫画家のかなしろ先生は、
お堅く考えがちな私を、
柔らかく包み込んでくださるように、
コミックとしても楽しく面白く読めるよう、
構成してくださいました。

面白いからといって中身にウソはなく、
私のレッスン風景そのものです。
読んでいて、私じゃない私がいる、
生徒さんらしくない生徒さんがいるという箇所はなく、
どこを読んでも「かなしろ先生現場にいたの?」と感じます。
私がひらめいたり、ずっこけたりする表現も、
まさに私の脳内そのもの。
かなしろ先生、私の脳内に侵入したのかな?(笑)

ピアノに詳しくない方にも楽しく読んでいただけて、
ピアノ指導者の方には、
レッスンアプローチのヒントにしていただける。
そんな仕上がりになりそう♪

s-ネームアップ用3



クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 20:03│TrackBack(0) 本の出版 | 障碍&幼児

トラックバックURL