2015年04月10日

Amazonの『なか見!検索』大幅に変更

Amazonの『なか見!検索』で読める内容を、
大幅に変更していただきました。
読めるページ数を大幅に増やしていただいたのです。
変更できてよかった〜!


なか見!検索を変更したいと思うようになったのは、
FBでピアノ指導者と親御さんとのすれ違いについて、
語り合ったことがきっかけでした。
お互い上手くやっていきたいと思っているのに、
親御さんは先生に遠慮し、
先生は親御さんに遠慮し、すれ違ってしまうのです。

原稿を書いているときから、
このような可能性があるということを感じていました。
そこで本の冒頭に、

”ピアノ講師のみなさんへ”
”ご両親の方へ”

という文章を載せることにしたのです。
私にとって、とてもとても大切な文章です。

本を買わない人たちにも読んでいただけたらと思い、
早速編集者さんに相談したところ、
変更可能だとのお返事をいただくことができました。

せっかく変更するのであれば、
一番悩みが多いと思われる「自閉症スペクトラムの子」の項目も、
なか見検索で読めるようにしたい!と思い、
変更していただくことにしました。

本を買うほどではないのだけれど、
興味がある、悩みがあるという方、
どうぞお気軽に覗いてみてくださいね♪


〜 なか見!検索で読める内容 〜

・はじめに

  「ピアノ講師のみなさんへ」...
  「ご両親の方へ」

・序章 教室に発達障害の子がやってきた

  「うちの子、発達障害なのですが
       レッスンしていただけないでしょうか?」
  「お月謝をいただいている以上、レッスンらしいレッスンがしたい」
  「レッスンらしいレッスンとは、目的がはっきりしているということ」

・第1章より 幼児の世界

  (1)自己中心性と中心化
  (2)アニミズム

・第1章より 自閉症スペクトラムの子

  (1)具体的に伝える

     _箸任領習方法を伝える
     ▲譽奪好鵑慮通しが立つ
     H表会のための練習を説明する
     げ士未鮨値化する
     ァ俵饌療”はすべての生徒さんに通じること

  (2)視覚に訴える

     ‘虻遒畔源による説明
     音の長さを視覚化する
     レッスンそのものを視覚で説明する
     っ躇佞鯊イ靴燭た搬琉媼韻鮖覲个冒覆┐

・ピアノ教室 Q&A より
  適度なレッスン時間は何分?
  お月謝の設定は他の生徒さんと同じがよい?
  発達障害児に指導をしている先生が情報交換し合える場はある?
  発表会にどうやって参加させたらよい?
  左手と右手の混乱を防ぐ方法はある?
     単調な練習を飽きさせないコツは?
  

クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:44│TrackBack(0) 本の出版 | 障碍&幼児

トラックバックURL