2014年08月09日

ハーモニーを感じて

先日投稿した贅沢な遊び。
昨日はもっと時間をかけて、
CDに入っているガンバソロ以外の楽曲、
すべての演奏と合わせてみました。

初見でサヴァールの呼吸に合わせるのは、
私にはとても無理だったので、
楽曲によってはハーモニーだけを抜き出し、
CDと合わせたのですが、それがよかった。
遊びがいつの間にか学びの時間となりました。

HP内の「ミューズ図書館」に、
『骨格を知る』という文章を載せたことがありますが、
私はブルグミュラーに限らず、
レッスンでこのようにハーモニーだけを抜き出して、
アプローチすることが多々あります。

ピアノというのは、
ハーモニー、主旋律、対旋律、
様々な役割を1人で演奏しなければならないため、
メロディへの意識は単旋律を受け持つ楽器より、
ハーモニーへの意識は通奏低音を受け持つ楽器より、
意識が薄れてしまいがちです。

そのためメロディだけを取り出してみたり、
骨格となるハーモニーだけを取り出してみたりすることで、
それぞれの意識が高まるようアプローチするわけですが、
今回CDと合わせてみて、
私のハーモニーへの感覚もまだまだなんだなぁと、
つくづく思わされました。

聴こえていなかったこと、
感じ切れていなかったことが
ハーモニーだけを弾くことでわかるんですよね。

特に今回合わせたオルティスの楽曲は、
楽譜にはない即興が多く加えられているため、
思わずハーモニーに対しての意識が薄れてしまいがち。
CDを聴くだけでもそうなんですね。
細かな装飾音符やメロディに耳がいってしまいがちで、
ハーモニーが聴きとりきれていないんだなぁと、
実感させられました。

サヴァールのガンバやコープマンのオルガンが奏でる
メロディや即興に耳を傾けながら、
ハーモニーだけを抽出し、CDの演奏と合わせる。
今まで見えてこなかった、聴こえてこなかった世界を
感じとることができ、
とても贅沢な学びの時間を味わうことができました。

こういうとき、
有意義な時間を過ごせた充実感に、
ホクホクとした幸せな気持ちになります♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  




emksan at 12:14│TrackBack(0) ピアノ/レッスン | ピアノ/練習&勉強

トラックバックURL