2014年06月25日

モーツァルト時代の即興

ムジカノーヴァ7月号。
フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんへのインタビュー後篇。



6月号では、

・モーツァルトのトルコ行進曲の前打音
・フランスのバロックやモーツァルトにおけるイネガル
・フォルテピアノから学ぶモダンピアノの際のタッチ
・フォルテピアノという楽器の特性から生まれる表現


などについてお話いただきましたが、
7月号では、

・天才モーツァルトが育まれた背景
・モーツァルト時代の即興
・時代感を知るとはどういうことなのか


などについて、とてもわかりやすい語り口でお話くださっています♪
6月号も、今月号も、
小倉さんの以下のCDをお聴きいただくと、
さらに内容を深くご理解いただくことができるのではと思います。
私のお宝となっているCDです。




クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:57│TrackBack(0) ピアノ/知識 

トラックバックURL