2014年05月19日

明日が待ち遠しくて

ムジカノーヴァ6月号がとうとう明日発売。
こんなに自分の記事を待ち遠しく思うのは、
初めてのことかもしれません。
フォルテピアノ第一人者、小倉貴久子さんの
お話くださった内容があまりにも深くて楽しかったので、
少しでも早くみなさんにお届けしたくって。

私はインタビュアーがお仕事なわけではありません。
今回は質問したいことが山ほどでてきちゃって、
それを編集長にお話したところ、
インタビューという機会を与えていただけたという次第。
多分、今後誰かにインタビューするなんて機会は、
ないだろうなぁと思います。
よほど今回と同じように「知りたい!聞きたい!」
という衝動に駆られない限り。(笑)

今回のインタビューは、
私にとって1000回の授業を受けるより有効で、
有意義な機会となりました。
インタビュー時間は3時間強。
私が知りたかったこと、聞きたかったことを、
全てお聞きできたからです。

普通、大学の授業って受動的なものですよね。
先生が一方的に話したいことを話す。
生徒はそれを聞いて、ノートに書きとる。
ところがインタビューは違います。
ありがたいことに、主導権はこちらにある。

質問したいことだらけで、
脳内がいっぱいになっている私を、
小倉さんは広い受け入れ口で優しく受け止めてくださり、
しかも一切出し惜しみせず、
わかりやすく丁寧に、非常に豊かな感性で、
私が立体的にお話の意味を理解できるよう
説明してくださったのです。

こんな贅沢な授業ってある?ですよね。
私だけのための特別集中講義、みたいな感覚。
あれもこれも!の質問に、
まるでドラえもんの四次元ポケットように
ポンポンッと答えが返ってくるんですから。

私1人がこぉんな贅沢をしたのでは、
あまりにも申し訳がない。
「インタビュー」という、
読者の方々に対する責務があるのですから、
少しでもこの有意義だった時間を、
みなさんにお届けしなければ!と、
心を砕いて原稿を書きました。

私が特別集中講義を受けてワクワクしたように、
読者のみなさんにも、
ワクワクしていただけたらと願っています。

3時間強に渡ったインタビュー。
編集長のご厚意で、6,7月号の2号に渡り、
お届けできることになりました。
今月号も来月号も、
とても興味深いテーマでお話いただいています。

また、動画も配信される予定です。
明日には配信されるのかな・・・。
記事で文章化されていない部分の動画です。
この動画、私は確認していないのですが、
多分・・・かなり興奮しちゃっているのではないかなと。(笑)
私のワクワクがみなさんに伝わる動画だろうと想像しています。

オントモ・ヴィレッジ内の、ムジカノーヴァコーナー。
http://www.ontomovillage.jp/cottage/musicanova/top
ここのどこに動画がリンクされるのかわからないのですが。
取材現場をチラリ・・・というコーナーかな。


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 10:52│TrackBack(0) ピアノ/知識 

トラックバックURL