2014年01月06日

明けましておめでとうございます

明けまして おめでとうございます


横浜の三が日はとても暖かく、
かわいい甥っ子たち、
孫に目じりの下がった義父、
朗らかな兄妹たちと、
にぎやかで楽しい三が日を過ごしました。

昨日から作曲を始めています。
このところ作曲が楽しくてたまらなく、
気が付くとピアノに向かっています。

昨年右手薬指を窓のサッシに挟み、
軽く捻挫したのをきっかけに、
その隣の小指付け根が
腱鞘炎になってしまいました。

ピアノが弾けないわけではないのですが、
オクターブの4和音や5和音を弾くと、
痛みが出てきてしまうので、
小さな音量の場合はまだよいですが、
和音をフォルテで押さえるのは、
なるべく控えたほうがよさそう。

手を痛めたことのある経験者の話によると、
1年以上かかることもあるようなので、
これは長い目で付き合っていかなきゃなんだなぁと、
覚悟するようになりました。

とはいえ、手を広げる和音以外は、
弾いていてどこも痛くないので、
ラモーやクープランあたりであれば、
負担なく弾けるかな、といった感じです。
ピアノが弾けないわけではないので、
作曲に気持ちが向いているのかもしれません。

短調の響きの中の長三和音。
長調の響きの中の短三和音。

短三度と長三度の響きを交錯させた、
繊細な響きの作品を作りたいと、
いつも思います。

人間の感情は、
いつも揺れ動いていて、複雑で、
いろんな思いが交錯しています。
そんな微妙な色合いを感じさせる、
内省的な曲が作れたなら。

まだまだ未熟でその道のりは遠いですが、
今の手の状態は、
内省的な曲を弾いたり、作曲したりするのに、
丁度良い状態とも言えるわけで(笑)、
これを生かせる一年を過ごせたらと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします♪


クリックで応援してネ♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  


emksan at 12:51│TrackBack(0) ピアノ/練習&勉強 

トラックバックURL